「阿部進」とは?

関連ニュース

山田孝之がプロデューサー専念の映画「デイアンドナイト」18年公開!主演は阿部進之介 - 08月20日(日)05:00 

人気俳優・山田孝之がプロデューサーを務める映画「デイアンドナイト」が、2018年に公開予定であることがわかった。山田が一切出演せず、プロデューサーに専念するのは初めて。脚本会議を定期的に主催する...
カテゴリー:

山田孝之、裏方に徹し映画プロデュースに挑戦! - 08月18日(金)19:00 

俳優として数々の作品に出演し、国内外でも高い評価を受ける山田孝之。 そんな山田が挑戦するプロデュース作『デイアンドナイト』。 選んだテーマは「人間の善悪とは」。 実直で正義感が強かった父親の自殺をきっかけに、実家に帰ることになった主人公が、父親の死の真相を探るうちに裏の顔があったことを知る。昼と夜、表と裏、善と悪、人間の持つ二面性に振り回されるうちに、やがて自分も裏稼業に染まっていく……。 自分の定義する善悪によって翻弄される人間を描き、観る者の「善悪」の定義について一石を投じる。 主演は、山田と同じ事務所でありかつ長年の親友でもある俳優・阿部進之介。阿部にとって長編映画初主演となる本作で、自ら企画・原案も務めている。 山田と阿部は、本作の脚本開発会議を積極的に主催し、自らセリフを読み上げ演技を交えながら、言い回しなどの細かい部分まで確認しながら進めている。脚本会議は12時間以上に渡るときもある。 山田にとって、連日の長時間にも及ぶ脚本会議、プロモーションプラン、キャスティング、スポンサー集めなど、1から企画に携わったオリジナル作品は初めてとなり、気合いのほどが感じられる。 また、一切出演せず、“裏方”に徹するのも初! 撮影期間中の約1ヵ月間、ロケ地である秋田に出向き、プロデューサーとして現場を支えていく。 本作で監督を務めるのは、ドラマ『100万円の女たち』や映画『7s...more
カテゴリー:

教育評論家の阿部進氏死去 - 08月13日(日)09:05 

阿部進氏(教育評論家)10日午前3時38分、胃がんのため横浜市の病院で死去、87歳。小学校教員の経験を基に「現代子ども気質」を執筆。「現代っ子」という言葉を生み出し、注目された。
カテゴリー:

教育評論家の阿部進氏死去=「現代っ子」生みの親 - 08月12日(土)22:30 

 阿部 進氏(あべ・すすむ=教育評論家)10日午前3時38分、胃がんのため横浜市の病院で死去、87歳。同市出身。葬儀は14日午前11時30分、同市金沢区釜利谷東2の13の12のセレモホール金沢文庫で。喪主は長男昌浩(まさひろ)さん。 小学校教員の経験を基に「現代子ども気質」を執筆。「現代っ子」という言葉を生み出し、注目された。退職後に教育評論家となり、「カバゴン」の愛称でテレビやラジオ番組に出演。TBSラジオ「全国こども電話相談室」の回答者を長年務めた。 【時事通信社】
カテゴリー:

【訃報】阿部進さん87歳=教育評論家 愛称「カバゴン」で人気 「現代っ子」という言葉の生みの親 - 08月12日(土)20:54  newsplus

阿部進さん87歳=教育評論家 「カバゴン」で人気 毎日新聞:2017年8月12日 19時52分 http://mainichi.jp/articles/20170813/k00/00m/040/066000c  阿部進さん87歳(あべ・すすむ=教育評論家)10日、胃がんのため死去。 通夜は13日午後7時、葬儀は14日午前11時半、横浜市金沢区釜利谷東2の13の12のセレモホール金沢文庫。 喪主は長男昌浩(まさひろ)さん。  川崎市で小学校の教員を務めた後、教育評論家に。 「カバゴン」の愛称で親しまれ、テレビで活躍するほか、TBSラジオ「全国こども電話相談室」...
»続きを読む
カテゴリー:

山田孝之がプロデューサー専念の映画「デイアンドナイト」18年公開!主演は阿部進之介 - 08月20日(日)05:00 

 人気俳優・山田孝之がプロデューサーを務める映画「デイアンドナイト」が、2018年に公開予定であることがわかった。山田が一切出演せず、プロデューサーに専念するのは初めて。脚本会議を定期的に主催するほか、ロケ地やスポンサーとの交渉、オーディション審査なども自ら行い、今年11月から秋田県鹿角市および三種町で開始予定の撮影に向け、準備を進めているという。  山田が今作のテーマに選んだのは、「人間の善悪とは」という根源的な問いだ。実直な父親の自殺をきっかけに帰郷した主人公が、父親には裏の顔があったことを知り、昼と夜、表と裏、善と悪、人間の持つ二面性に振り回されるうちに、やがて自身も裏稼業に染まっていく姿を描く。  「優しさと厳しさ、理想と現実を見せたとき、そこに善と悪を決めつけることで自分を保つ人は多いのではないかと思う。善と悪など答えはないけれど、自分の中で決めなくては生きていられない」と話す山田。「しかし、それでも問いたい。生かされることを人生と思って欲しくないから。そんな映画を作りたくてデイアンドナイトは始まりました」と説明し、「荒削りかもしれない、下手くそかもしれない、でも挑戦しないなんて賢い生かされ方はしたくない」と熱い思いを吐露している。  主演は、山田と所属事務所が同じで、旧知の仲である阿部進之介。阿部にとって長編映画初主演で、自ら企画・原案も務めている。山田とともに脚...more
カテゴリー:

山田孝之、映画プロデュース3作目で初の裏方専念 秋田でロケ - 08月18日(金)06:00 

 俳優の山田孝之(33)が、今年6月公開の映画『山田孝之3D-山田孝之 全告白-』、漫画原作の映画『ハード・コア』(18年公開予定)に続く、3作目の映画プロデュースに挑戦することがわかった。同じ事務所でありかつ旧知の仲である俳優・阿部進之介(35)が主演を務める映画『デイアンドナイト』(2018年公開予定)で、今回は俳優として出演することは一切せず、初めてプロデューサーに専念する。 【写真】藤井道人監督、阿部、山田の3ショット  今回、選んだテーマは「人間の善悪とは」。実直で正義感が強かった父親の自殺をきっかけに、実家に帰ることになった主人公が、父親の死の真相を探るうちに裏の顔があったことを知る。昼と夜、表と裏、善と悪、人間の持つ二面性に振り回されるうちに、やがて自分も裏稼業に染まっていく…。自分の定義する善悪によって翻弄される人間を描き、観る者の「善悪」の定義について一石を投じる野心作だ。  山田は「優しさと厳しさ、理想と現実を見せたとき、そこに善と悪を決めつけることで自分を保つ人は多いのではないかと思う。善と悪など答えはないけれど、自分の中で決めなくては生きていられない。しかし、それでも問いたい。生かされることを人生と思って欲しくないから。そんな映画を作りたくて『デイアンドナイト』は始まりました。荒削りかもしれない、下手くそかもしれない、でも挑戦しないなんて賢い生かされ方...more
カテゴリー:

教育評論家・阿部進さん死去 こども電話相談室で回答者 - 08月12日(土)23:55 

 教育評論家の阿部進(あべ・すすむ)さんが10日、胃がんで死去した。87歳だった。通夜は13日午後7時、葬儀は14日午前11時30分から横浜市金沢区釜利谷東2の13の12のセレモホール金沢文庫で。喪主…
カテゴリー:

教育評論家の阿部進氏死去 「カバゴン」の愛称、87歳 - 08月12日(土)22:10 

阿部進氏(あべ・すすむ=教育評論家)10日午前3時38分、胃がんのため横浜市金沢区の病院で死去、87歳。横浜市出...
カテゴリー:

訃報:阿部進さん87歳=教育評論家 「カバゴン」で人気 - 08月12日(土)19:52 

 阿部進さん87歳(あべ・すすむ=教育評論家)10日、胃がんのため死去。通夜は13日午後7時、葬儀は14日午前11時半、横浜市金沢区釜利谷東2の13の12のセレモホール金沢文庫。喪主は長男昌浩(まさひろ)さん。
カテゴリー:

もっと見る

「阿部進」の画像

もっと見る

「阿部進」の動画

訃報

阿部進氏 教育評論家 (東京新聞)

阿部進氏(あべ・すすむ=教育評論家)10日、胃がんのため死去、87歳。横浜市出身。通夜は13日午後7時から、葬儀・告別式は14日午前11時半から横浜市金沢区釜利谷東2の13の12、セレモホール金沢文庫で。喪主は長男昌浩(まさひろ)氏。 川崎市の小学校で教員を務めた後、教育評論家に。テレビや、TBSラ...   東京新聞

Wikipedia

阿部 進(あべ すすむ、1930年6月11日 - )は、教育評論家

略歴

神奈川県川崎市出身。神奈川県立神奈川工業高等学校(機械科)・横浜国立大学学芸学部特殊教員養成課程卒。川崎市内で小学校教諭を務めたあと、1964年(昭和39年)に教職を退き、創造教育センターを設立し野生学園を主宰。1980年(昭和55年)には児童文化の活性化を目標に劇団はかせを主宰。麻布科学実験教室を創設。評論家の道へ進む。

カバゴン」を自称し、高度経済成長期から現在まで精力的に教育活動をさかんにおこなっている。現在でも使われる「現代っ子」は、1962年の阿部の造語。日本教育新聞2007年5月28日日本教育新聞

「カバゴン」は、日清ちびっこのどじまんに出演した際に、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる