「阿部渉」とは?

関連ニュース

美保純の「大自然MC」 NHK帯番組起用で発揮される底力 - 04月12日(水)07:00 

 4月からスタートしたNHKの3時間の生ワイド番組『ごごナマ』。船越英一郎、阿部渉アナと司会を務めるのは美保純(56才)だ。美保の司会ぶりには「自然体」「自由すぎる」と注目が集まっている。コラムニストのペリー荻野さんが解説する。  * * * 「NHKが打倒『ミヤネ屋』を目指す!?」などと注目を集めた昼の新番組『ごごナマ』。私などは『ミヤネ屋』対抗説よりも、カタカナとひらがなの違いこそあれ、タイトルが『ゴゴスマ』と一字違いって!とびっくりだったが、それはほとんど話題にもならず…。  その『ごごナマ』は、フタを開けてみれば、ゲストとのトークや生活情報など、ニュースや芸能情報を追いかける『ゴゴスマ』、『ミヤネ屋』、『直撃LIVEグッディ!』とは当然ながら、まったく違う内容。『ごごナマ』がコンセプトとして掲げる「オトナの井戸端会議」「ゆったりと午後のおしゃべりを楽しむ」そのものである。    しかし、見ていると、とても「ゆったり」とはいえない、聞き捨てならないトークも多いのだ。そもそも第1回。朝ドラ『ひよっこ』のヒロイン有村架純と父親役の沢村一樹が出演。その日は『ひよっこ』も放送初日。番組としては一番外せないゲストである。  そんなゲストを前に美保純はまだドラマを見てないと発言。何かが木端微塵になった空気だったが、あまりに自然な発言だったために、そーかそーかと進んでしまった。やるなー。そ...more
in English
カテゴリー:

【音楽】小田和正(69)「キーを下げなきゃ歌えなくなったら、潔く身を引くのがいいな」 - 03月15日(水)10:41 

 歌手の小田和正(69)が15日、NHKの「おはよう日本」にインタビュー出演。今年9月で70歳となることや、 今もキーを下げることなく歌っていることに、ネットでは驚きの声が上がった。  番組では、オフコース時代から現在に至るまでの小田の映像を流しながらインタビュー。オフコース時代は 孤高のアーティスト”のイメージが強かったが、1998年に自動車事故で重傷を負った際に、ファンから 「とにかく生きてくれているだけで良かった」という手紙がたくさん届き、考え方が変わったという。 「こんな風に思ってくれ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【音楽】小田和正(69)「キーを下げなきゃ歌えなくなったら、潔く身を引くのがいいな」★2 - 03月16日(木)14:13 

 歌手の小田和正(69)が15日、NHKの「おはよう日本」にインタビュー出演。今年9月で70歳となることや、 今もキーを下げることなく歌っていることに、ネットでは驚きの声が上がった。  番組では、オフコース時代から現在に至るまでの小田の映像を流しながらインタビュー。オフコース時代は 孤高のアーティスト”のイメージが強かったが、1998年に自動車事故で重傷を負った際に、ファンから 「とにかく生きてくれているだけで良かった」という手紙がたくさん届き、考え方が変わったという。 「こんな風に思ってくれ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「阿部渉」の画像

もっと見る

「阿部渉」の動画

Wikipedia

阿部 渉(あべ わたる、1967年10月7日 - )は、NHKのアナウンサー

人物

岩手県立水沢高等学校を経て早稲田大学法学部卒業後、1990年入局。(初任地は秋田局)これまで報道番組音楽番組司会などのバラエティ番組の両方をこなす。 NHKニュースおはよう日本のエンディングの締めでは「それではみなさん、今日も1日お元気で!」と挨拶することが通例となっている朝ドラの放送時間が変更された2010年度以降は関東・甲信越ローカルのみ。ただし、東日本大震災や熊本地震などが発生した時は当面の間「今朝のおはよう日本、これで失礼します」に差し替え。。

現在の担当番組

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる