「阿波踊り」とは?

関連ニュース

こども寄席や絵本作家の講演会、語りと体験のわくわくパーク…横浜9/17・18 - 08月18日(金)19:07 

 文字・活字文化推進機構は9月17日と18日の2日間、TKPガーデンシティ横浜にて「日本を見つけた!語りと体験のわくわくパークin神奈川」を開催。子ども向け落語会や絵本作家の講演、ワークショップなど日本の伝統文化とことばの魅力を体験する。入場無料。申込みは9月6日まで。 文字・活字文化推進機構は、親子向けの読書推進イベントを全国各地で毎年実施している。「日本を見つけた!語りと体験のわくわくパークin神奈川」では、子ども向け落語会や絵本作家の講演、ワークショップなど日本の伝統文化とことばの魅力を体験できる。 講演会の第1部では、古今亭文菊による「親子のためのはじめて落語会『THEこども寄席』」を、第2部では、絵本作家の飯野和好氏による「おっと、痛快絵本の読み語りの旅でい!横浜の宿」と題した講演会が開催される。定員はどちらも各日300名。 ワークショップは、「とびだす絵本づくり」や「遊んで作って!紙切りカルタ」「漢字で缶バッジを作ろう」「絵本専門士の『読み語り』」などが開催されるほか、講演会の第2部終了後には、絵本のひろばにて飯野和好氏のサイン会が実施される。いずれも当日入場が可能。 申込方法は、文字・活字文化推進機構のWebサイトまたはFAXにて申し込む。申込締切は、9月6日まで。申込み多数の場合は抽選となり、結果は後日通知する。◆日本を見つけた!語りと体験のわくわくパークin神奈川...more
カテゴリー:

今週末に行ける!東海エリアの注目イベント5選 [2017年8月18日(金)~20日(日)編] - 08月17日(木)14:57 

今週末に行ける、東海エリアのおすすめイベント情報をピックアップ!今週は広小路通の夏を飾る「第66回広小路夏まつり」や、国内外のビール100種類以上が集結する「ビアフェス名古屋2017」が開催。「今週末に行ける注目イベント10選」をチェックして、おでかけの予定を立てよう! 【写真を見る】ビアフェス名古屋2017 ■ 8月19日(土)・20日(日)「第66回広小路夏まつり」 夏まつりパレードでは、音楽隊や山車、阿波踊りなどが、広小路通をにぎやかに練り歩く。栄広場などのステージイベントでは、多彩なライブやショーを予定している。 【会場:広小路通一帯(栄~伏見間)/電話:052-962-7143(広小路夏まつり実行委員会)/時間:17:00~21:00/料金:観覧無料】 ■ 8月19日(土)・20日(日)「ビアフェス名古屋2017」 クラフトビールをはじめ国内外のビール100種類以上が、入場料のみで何度でも試飲できる。テイスティング専用のグラスは持ち帰りOK。 【会場:名古屋国際会議場 白鳥ホール/電話:0798-70-7171(クラフトビア・アソシエーション)/時間:15:00~19:00(LO18:45)、8月20日(日)は12:30~16:30(LO16:15) /料金:入場料前売り券4400円、当日券4800円】 ■ 開催中~9月3日(日)「進撃の巨人FESTA」 アニメ「進撃...more
カテゴリー:

徳島の阿波踊り、熱狂のうちに閉幕 - 08月16日(水)18:46 

【8月16日 AFP】徳島市で15日、4日間の日程で行われた阿波踊りが熱狂のうちに閉幕した。≫続きを読む
カテゴリー:

空港や機内番組で観光名所など紹介=全日空徳島支店〔地域〕 - 08月16日(水)10:10 

 全日本空輸徳島支店は8月から、観光振興や移住促進などを目的とした徳島県との包括協定の一環で、徳島空港や国際線および国内線の機内で、県内の観光名所や食、文化を紹介する番組の上映を始めた。 25分にまとめた自主制作番組で、タイトルは「スカイアイ~空からのメッセージ~アワにアイして徳島編」。日本語のほかに英語の字幕入りでも配信する。同空港と国内線の機内では8月いっぱい、国際線は10月まで上映する。 番組では空港スタッフの女性が案内役として出演し、鳴門海峡の渦潮や世界三大土柱の「阿波土柱」などの名所のほか、阿波踊りや藍染め工場などの伝統文化、鳴門鯛や地酒などを紹介している。 同徳島支店の鈴木敦副支店長は「海外の人たちが番組を見て、羽田経由で徳島に足を運んでもらい、地域振興につなげていきたい」と話している。 【時事通信社】
カテゴリー:

徳島で阿波踊り開幕 - 08月13日(日)14:45 

【8月13日 AFP】徳島市で12日、阿波踊りが開幕した。≫続きを読む
カテゴリー:

約400年の歴史、徳島夏の風物詩「阿波踊り」…おこりや特徴を調べよう【夏休み自由研究】 - 08月17日(木)17:15 

 徳島県徳島市は8月12日から15日の期間、「徳島市阿波おどり」が開催された。阿波踊りは徳島県発祥の伝統芸能で、「日本三大盆踊り」のひとつに数えられるお祭りだ。 2017年も、お祭りのために日々練習を重ねた踊り子たちが徳島市に集い、楽器の生演奏とともに力強く艶やかに舞った。踊り子は約10万人が出場し、徳島市の街全体が熱気に包まれた。本番期間は8月12日から15日までの4日間。 本番前日の8月11日に行われた「選抜阿波おどり大会前夜祭」に続き、期間中は連日、昼と夜に分けて阿波踊りを開催。昼には「選抜阿波おどり大会」が行われ、屋内のステージで有名連の熟練した踊りが披露された。夜の阿波踊りは「徳島市阿波おどり」のメインイベントにあたり、演舞場を中心に徳島市のいたるところで阿波踊りが披露された。 夏休みも後半であることから、お祭りを題材とした研究に利用できるよう、阿波踊りの歴史や目的、お祭りとしての見どころなどを紹介する。◆阿波踊りの歴史◆阿波踊りの起源となる3つの流派「阿波踊り三大主流」◆豪快な「男踊り」と艶やかな「女踊り」◆阿波踊りに欠かせない楽器「鳴り物」◆「徳島市阿波おどり」の見どころ◆全国に広がる阿波踊り◆阿波踊りの歴史 阿波踊りの始まりは約400年前に遡り、その起源はおもに3つの説が有力とされている。 ひとつめは、徳島藩の武将が徳島城の城主となった際に、城下の町民が踊ったことを...more
カテゴリー:

阿波踊り:踊る阿呆に無我夢中 挑戦した記者が感じたこと - 08月17日(木)09:50 

 「徳島ってどこだっけ……」。赴任地を知らされた日、徳島の位置を思い出せず、暗記が苦手とはいえ恥ずかしさを感じた。初めて徳島に来てみると「徳島阿波おどり空港」に「阿波尾鶏」と“阿波踊り”づくし。そこで阿波踊りが徳島の伝統行事であると知った。その程度の自分が「踊る阿呆(あほう)」となって踊り込むとは、数カ月前は想像もしていなかった。【大坂和也】
カテゴリー:

SQUEEZE、阿波踊りイベント民泊において株式会社パソナが『suitebook』を導入。Airbnb 社と協業開発契約を締結し、システムの連携及び運営支援ツールの開発・提供を強化。 - 08月16日(水)14:00 

[株式会社SQUEEZE] 株式会社SQUEEZE (本社:東京都港区、代表取締役:舘林 真一、以下 SQUEEZE)は、株式会社パソナ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 COO 佐藤司)が阿波踊りイベント民泊※にて実施する自宅提供者向け業務代行...
カテゴリー:

【芸能】清水富美加が阿波おどり参加「踊るぜ踊るぜ~!!!」 - 08月14日(月)06:29  mnewsplus

 宗教法人「幸福の科学」に出家した女優・清水富美加(法名・千眼美子=22)が12日、徳島市の阿波おどり(12~15日)に「幸福の科学連」のスペシャルゲストとして参加した。  清水は12日夜、自身のツイッターで「阿波踊りでます!!! 徳島県なう!!!!!! 踊るぜ踊るぜ~!!! 舞うぜ~!!祭りじゃ!! 今夜は徳島駅周辺であいませう!!」と報告。  さらに13日未明には「日付け変わっちゃったけれども感覚的には本日はせんきゅー徳島!!! 阿波踊り!!!! 来年、もっと上手になってまた出させていた...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】徳島ヴォルティス連が徳島市の阿波踊りに出演 ロドリゲス監督も乱舞 - 08月13日(日)10:32  mnewsplus

徳島市の阿波踊りが開幕した12日、サッカーJ2の徳島ヴォルティスの選手、スタッフらでつくる連が藍場浜演舞場に繰り出した。  青い法被姿のロドリゲス監督を先頭に約80人が乱舞。徳島ヴォルティス特別応援大使の女優・上野優華さんも選手と一緒に爽やかな笑顔を振りまいた。  演舞を終えた後、多くの選手が観客やサポーターと記念撮影。ロドリゲス監督は「ホームタウンの街の雰囲気を肌で感じられた。サポーターとの関係も非常に良好で、次の試合への活力になった」と気持ち良さそうに汗を拭った。 https://this.kiji.is/2...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「阿波踊り」の画像

もっと見る

「阿波踊り」の動画

Wikipedia

阿波おどり(あわおどり、Awa Odori)は徳島県(旧・阿波国)を発祥とする盆踊りである。日本三大盆踊りであり、江戸開府より約400年の歴史がある日本の伝統芸能のひとつである。夏季になると徳島県内各地の市町村で開催され、なかでも徳島市阿波おどりは踊り子や観客数において国内最大規模である。

概要

徳島市阿波おどり(水玉連の女踊り)動画。
2016年8月13日撮影。22秒を129フレーム(約13秒)に分割ループ。 三味線太鼓鉦鼓篠笛などの2拍子の伴奏にのって連(れん)と呼ばれる踊り手の集団が踊り歩く。

えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆(あほう)に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々…と唄われるよしこののリズムで知られる。しかし、よしこのは大手の有名連以外はあまり使われず、主にヤットサーヤットサーという掛け声のほうが多用されている。

徳島県内の小・中・高等学校では体育の授業や...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる