「阿川佐和子」とは?

関連ニュース

阿川佐和子、『陸王』で堂々演技! プロデューサー明かす"なるほど"な起用理由とは? - 10月17日(火)17:17 

作家でエッセイストの阿川佐和子が、15日にスタートしたTBS系日曜劇場『陸王』(毎週日曜21:00~)に、舞台となる老舗足袋業者「こはぜ屋」の中心人物として出演。連続ドラマ初レギュラーの阿川を、重要な役どころで起用した理由とは? 伊與田英徳プロデューサーに話を聞いた。
カテゴリー:

池井戸潤ドラマ「陸王」今夜スタート。試写会場はすすり泣きの嵐、なんでこんなに泣けるのか - 10月15日(日)10:00 

本日夜9時からスタートする日曜劇場『陸王』。原作は同枠の大ヒット作『半沢直樹』や『下町ロケット』などを生み出した池井戸潤のベストセラー小説。これまで池井戸作品のドラマ化を手がけてきたスタッフが再集結し、鉄壁の布陣で送る秋ドラマの四番バッターだ。ヒロインは阿川佐和子!? 個性的なキャスト陣足袋の町・埼玉県行田市にある創業100年の足袋の老舗「こはぜ屋」社長・宮沢紘一が、周囲の人々と協力しながら新規事業としてランニングシューズ「陸王」開発に悪戦苦闘するという物語。キャッチフレーズは「感動の企業再生ストーリー」だ。主演の宮沢紘一役は、連続テレビドラマ出演は15年ぶりとなる役所広司。業績が先細りになる中、資金繰りに苦悩する地方零細企業の四代目社長を演じる。異様なオーラも放たず、しょぼくれすぎでもない、本当に等身大の演技が見事。主要キャストは、宮沢に反抗的な態度を取り続ける長男の大地役に山崎賢人、ダイワ食品の陸上競技部員・茂木裕人役に竹内涼真、宮沢の長女・茜役に上白石萌音、こはぜ屋を支援する埼玉中央銀行の融資担当・坂本太郎役に風間俊介、こはぜ屋の縫製課リーダー・正岡あけみ役に阿川佐和子、世界的なシューズメーカー・アトランティス社の営業担当・佐山淳司役に小籔千豊、アトランティス社の日本支社営業部長・小原賢治役にピエール瀧、「陸王」開発の鍵を握る男・飯山晴之役に寺尾聰という布陣。ほかに、カリスマ...more
カテゴリー:

役所広司主演『陸王』いよいよスタート!山﨑賢人、竹内涼真、風間俊介ら出演 - 10月15日(日)06:00 

役所広司主演の新ドラマ『陸王』(TBS系列、毎週日曜21:00~)が、10月15日に初回2時間スペシャルで放送。初回は、主人公の宮沢(役所)が、物語の軸となるランニングシューズの開発を閃く。池井戸潤の同名小説をドラマ化した本作は、会社の存続を危ぶむ老舗足袋業者が、培った技術を活かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ「陸王」の開発に挑戦する姿が描かれる企業再生ストーリー。役所が20年ぶりにTBS連続ドラマで主演することでも話題となっている。役所は、創業100年以上もの歴史を誇る、埼玉県行田市の老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一を演じる。このほか、山﨑、竹内、上白石萌音、風間、音尾琢真、和田正人、佐野岳、馬場徹、内村遥、天野義久、阿川佐和子、小籔千豊、桂雀々、志賀廣太郎、光石研、檀ふみ、キムラ緑子、市川右團次、ピエール瀧、寺尾聰といった豪華出演者がドラマを彩る。第1話は、年々先細る足袋の需要から、今日も資金繰りに頭を悩ませていた宮沢は、メインバンクである埼玉中央銀行へ、追加融資の相談に訪れるところからスタート。何とか今回の稟議は受け付けてもらえた宮沢だが、融資担当の坂本(風間)から、「新規事業に踏み出してみてはどうか」と提案される。突飛な話だったためその場は軽く答えたが、「こはぜ屋」の存続がかかっているテーマだけに、真剣に考え始める。するとほどなく、あるきっかけで新...more
カテゴリー:

役所広司主演『陸王』いよいよスタート!山﨑賢人、竹内涼真、風間俊介ら出演 - 10月13日(金)14:20 

役所広司主演の新ドラマ『陸王』(TBS系列、毎週日曜21:00~)が、10月15日に初回2時間スペシャルで放送。初回は、主人公の宮沢(役所)が、物語の軸となるランニングシューズの開発を閃く。池井戸潤の同名小説をドラマ化した本作は、会社の存続を危ぶむ老舗足袋業者が、培った技術を活かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ「陸王」の開発に挑戦する姿が描かれる企業再生ストーリー。役所が20年ぶりにTBS連続ドラマで主演することでも話題となっている。役所は、創業100年以上もの歴史を誇る、埼玉県行田市の老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一を演じる。このほか、山﨑、竹内、上白石萌音、風間、音尾琢真、和田正人、佐野岳、馬場徹、内村遥、天野義久、阿川佐和子、小籔千豊、桂雀々、志賀廣太郎、光石研、檀ふみ、キムラ緑子、市川右團次、ピエール瀧、寺尾聰といった豪華出演者がドラマを彩る。第1話は、年々先細る足袋の需要から、今日も資金繰りに頭を悩ませていた宮沢は、メインバンクである埼玉中央銀行へ、追加融資の相談に訪れるところからスタート。何とか今回の稟議は受け付けてもらえた宮沢だが、融資担当の坂本(風間)から、「新規事業に踏み出してみてはどうか」と提案される。突飛な話だったためその場は軽く答えたが、「こはぜ屋」の存続がかかっているテーマだけに、真剣に考え始める。するとほどなく、あるきっかけで新...more
カテゴリー:

【オールスター感謝祭】星野源、千鳥・大悟のくすぐりにもん絶「やめて…」 - 10月07日(土)23:05 

 53回目を迎えたTBS系恒例、秋の新ドラマや人気バラエティー・情報番組の出演者160人が集結する『オールスター感謝祭’17秋』で、一流俳優の演技を見破る人気企画「クイズ!ホンモノだぁ~れ」を放送。くすぐられているのをがまんしている人は誰かを当てるコーナーで星野源、塚本高史、ピエール瀧、武田鉄矢の4人が挑戦した。 【写真】『コウノドリ』チームは昼間の試写会から駆けつけた  くすぐり人に選ばれたお笑いコンビ・千鳥の大悟は「こんな大役、私でいいの?」と戦々恐々。「肌が弱くて敏感なので…」と心配していた星野に見事ヒット。「乳首やめて…」ともん絶する星野に、大悟も「本当に源さんの乳首がコリコリ。子どもの乳歯みたい」と笑わせていた。  からくない麻婆豆腐をいかにもからそうに食べているのは誰かを当てるコーナーでは、綾野剛、坂井真紀、阿川佐和子、渡辺いっけいの4人が挑戦。一番予想の少なかった渡辺が正解に挙がると、スタジオ中がどよめいていた。 【関連記事】 竹内涼真、激戦オーデション勝ち抜き『陸王』出演「運命的なものを感じています」 (17年09月07日) 伊勢谷友介、民放連ドラ初出演 “逃げ恥枠”『監獄のお姫さま』で極悪イケメン社長役 (17年08月15日) 上白石萌音『陸王』で役所広司の娘役「全力で走ります!」 (17年09月26日) 佐々木蔵之介、綾野剛と初共演 『コウノドリ』新シ...more
カテゴリー:

【芸能】山崎賢人、『陸王』で超売れっ子・竹内涼真との「人気格差」露呈の危機 - 10月15日(日)23:20  mnewsplus

TBS系連続テレビドラマ枠「日曜劇場」の今クール(10~12月期)作、『陸王』の第1話が8日、放送される。 同作は池井戸潤の同名小説が原作で、創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」が会社の存続をかけてランニングシューズの開発に挑む企業再生ストーリー。 こはぜ屋の四代目社長で主人公の宮沢紘一を演じるのは役所広司。そのほか、脇を固めるのは寺尾聰や連ドラのレギュラー出演は初となる作家・阿川佐和子など、注目度は高い。 日曜劇場といえば『半沢直樹』や『ルーズヴェルト・ゲーム』など“働く男”を題材にした作品が...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】檀ふみ、「火宅の人」の内実を明かす「ドメスティックバイオレンスですよね」 - 10月15日(日)08:22  mnewsplus

2017.10.14. 檀ふみ、「火宅の人」の内実を明かす「ドメスティックバイオレンスですよね」  女優の檀ふみ(63)が14日放送のTBS系「サワコの朝」に出演し、30年来の親友である作家の阿川佐和子氏(63)に、父で人気作家だった故檀一雄さんの「火宅の人」ぶりを「ドメスティックバイオレンスですよね」と明かした。  一雄さんは自身の奔放な婚外の女性関係を描いた「火宅の人」で知られる。  檀は「家庭は本当に大変でしたよ。父と母が大変なことになっている時に、学校に行ってみんなの顔を見てると、世の中はなん...
»続きを読む
カテゴリー:

偉大な祖父&父と同じ道へ! 緒形敦「陸王」で俳優デビュー決定 - 10月15日(日)05:00 

 故緒形拳さんの孫で、緒形直人の息子である緒形敦が、役所広司主演、山崎賢人共演のTBS系日曜劇場「陸王」で俳優デビューを果たすことがわかった。テレビ初出演となる緒形は「この度は『陸王』という大きな、素晴らしい作品に関わらせていただけたことを心から嬉しく思います」と喜びを爆発させている。  原作は、人気作家・池井戸潤氏の同名小説。創業から100年以上の歴史を誇る老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一(役所)が、息子・大地や従業員たちとともに、裸足感覚を追求したランニングシューズ“陸王”の開発に打ち込む姿を描く。  緒形が扮するのは、山崎賢人が演じる大地の同級生で、就職活動の苦楽をともにしている青年・広樹役。自身も就職活動で苦労しながらも、老舗足袋屋の息子であることに反発して上手くいかない日々を過ごす大地を気に掛けている心優しい人物だ。  大地が心を許せる友人という重要なキャラクターを演じることになった緒形は「今回初めてドラマに出演させて頂くのですが、僕がやるべきことは、何事にも本気で、全力で挑戦するのみと思っています。一つ一つのシーンに全てを懸けて、力を入れて取り組んでいるつもりです」と意欲十分。偉大な祖父や父の背中を見て育ってきたことから「両親、祖父と同じ道を進むことは覚悟がいることでしたが、このような環境の中で育ったことにとても感謝し、僕も全力で俳優として頑張りたい...more
カテゴリー:

「陸王」役所広司、20年ぶりのTBS連ドラ主演に「今すごく楽しい」 - 10月08日(日)20:47 

 役所広司が主演し、山崎賢人と親子役を演じるTBS系日曜劇場「陸王」の特別試写会が8日、都内で行われ、役所、山崎と共演の竹内涼真、上白石萌音、風間俊介、小藪千豊、ピエール瀧が舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  原作は、人気作家・池井戸潤氏の同名小説。100年以上の歴史を誇る足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一(役所)が、息子・大地(山崎)や従業員たちとともに、裸足感覚を追求したランニングシューズ“陸王”の開発に打ち込む姿を描く。  TBSの連続ドラマ出演は「オトナの男」以来20年ぶりとなる役所は、「今すごく楽しいです。(演出の福澤克雄氏率いる)福澤組とキャストの人たちが魅力的な人ばかりなので、ドキドキしながら刺激をもらいながらやっています」とニッコり。「これからもこのメンバーだけではなく、本当に個性的で、良いやつも悪いやつもたくさん出てきて、それぞれが人間臭く演じながら、バトルが続きます。こはぜ屋がいつ叩き潰されるか、また立ち上がるかわかりませんけれども、毎週盛りだくさんな面白いドラマができあがっています」とアピールした。  役所の息子役を演じた山崎は「(劇中の紘一とは)ケンカばっかりしてるんですが、すごく役所さんが優しいです」と隣に立つ“父親”を照れ臭そうに見上げ、「(『陸王』は)いい話ですね(笑)。改めて。これから...more
カテゴリー:

『オールスター感謝祭』小泉今日子、綾野剛、山崎賢人、竹内涼真ら出演 - 10月07日(土)18:06 

 TBS系恒例、秋の新ドラマや人気バラエティー・情報番組の出演者160人が集結する『オールスター感謝祭’17秋』が、このあと午後6時30分より5時間半にわたって生放送される(一部地域は後6:25~)。午後4時すぎから出演者たちが続々と東京・赤坂の同局に入り、名物企画のミニマラソンの準備などが着々と進んでいる。 【写真】『コウノドリ』チームは昼間の試写会から駆けつけた  53回目となる今回は、火曜ドラマ『監獄のお姫様』(17日スタート、毎週火曜 後10:00)から感謝祭初登場の小泉今日子のほか、菅野美穂、伊勢谷友介、夏帆らが参加。金曜ドラマ『コウノドリ』(13日スタート、毎週金曜 後10:00)から綾野剛、松岡茉優、星野源、吉田羊。日曜劇場『陸王』から山崎賢人、竹内涼真、上白石萌音、阿川佐和子。舞台『劇団☆新感線 髑髏城の七人Season月』から福士蒼汰、三浦翔平。先日行われた『キングオブコント』で優勝したかまいたち、一躍注目の的となったにゃんこスターの参加も決定している。  名物企画の「赤坂5丁目ミニマラソン」(1周約950メートルのコースを1人4周=約3600メートル走る)には、今夏の世界陸上10000メートル優勝、5000メートルも2位だったモハメド・ファラーに、『陸王』チームの和田正人(箱根駅伝出場経験あり)と佐野岳(15年秋のミニマラソンで優勝)、前回優勝した森脇健児...more
カテゴリー:

もっと見る

「阿川佐和子」の画像

もっと見る

「阿川佐和子」の動画

Wikipedia

阿川 佐和子(あがわ さわこ、1953年11月1日 - )は、日本のエッセイスト、タレント

経歴

作家阿川弘之の長女として東京都に生まれる。幼少期(2歳)の1年間は広島市伯母宅で育ったRCC被爆70年プロジェクト 「未来へ」〜局報 阿川佐和子さん、CGアニメ全盛のいま、熊野筆がピンチ!? - ORICON STYLE、自著「ときどき起きてうたた寝し」1991年、文藝春秋、21-22頁。その後、東京の中野区鷺宮、新宿区四谷へと移る。

東洋英和女学院中学部・高等部を経て、慶應義塾大学文学部西洋史学科卒業。卒業後は織物職人を目指し、その過程で様々なアルバイトを経験する。

1981年(昭和56年)、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる