「防衛省」とは?

関連ニュース

【THE PAGE】《安倍政権5年》NSC設置に秘密保護法、共謀罪……防衛体制を整備[10/20] - 10月20日(金)22:50  seijinewsplus

10/20(金) 22:30配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171020-00000012-wordleaf-pol 約5年にわたる安倍政権で、日本の安全保障政策は大きく変わりました。2014年7月に集団的自衛権の行使を容認する方針を閣議決定。翌2015年9月には、その方針を盛り込んだ安保関連法を成立させました。同法は10法案を一括改正した平和安全法制整備法と国際平和支援法からなるものでした。そのほか、特定秘密保護法(2013年)、共謀罪の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法(2017年)が成立、2014年には武器輸出三原則も見直しました。安全保障問題...
»続きを読む
カテゴリー:

統幕長が「再発防止に努める」 相次ぐ空自機事故に - 10月19日(木)17:14 

防衛省制服組トップの河野克俊統合幕僚長は19日の定例記者会見で、航空自衛隊浜松基地のUH60J救難ヘリコプターが墜...
カテゴリー:

ヘリ炎上、放射線量異常なし=県など調査で確認-沖縄 - 10月18日(水)18:19 

 沖縄県東村で米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属のCH53E大型輸送ヘリコプターが炎上、大破した事故で、県と防衛省沖縄防衛局は18日、事故現場の放射線量について、「異常な値は検出されなかった」との調査結果を発表した。 防衛局によると、炎上したヘリの部品に放射性物質が使われているが、米軍は「安全に全て取り除くことができている」と日本側に説明したという。 調査は17日に実施し、炎上現場から3メートルの地点など7カ所で地表の放射線量を測定した。現場から約11.5キロ離れた地点と大差がないことから、県は異常はないと判断した。防衛局が測定した地上1メートルの空間線量も、一般の環境と差がなかった。 【時事通信社】
カテゴリー:

首相動静―10月18日 - 10月18日(水)18:15 

 【午前】9時14分、官邸。28分、北村滋内閣情報官、鈴木哲外務省総合外交政策局長、防衛省の前田哲防衛政策局長、河野克俊統合幕僚長。10時58分、東京・九段南の千代田区役所。衆院選の不在者投票。11時…
カテゴリー:

航空自衛隊百里基地 誘導路を移動中の戦闘機から出火 - 10月18日(水)13:07 

防衛省や航空自衛隊によりますと、18日昼前、茨城県小美玉市にある航空自衛隊の百里基地で、離陸しようとしていた戦闘機1機から火が出たということです。火はすぐに消し止められましたが戦闘機には隊員2人が乗っていて自衛隊がけがをしているかどうか確認しています。
カテゴリー:

安倍首相は本当に、米軍の北朝鮮攻撃にブレーキをかけられるのか - 10月20日(金)04:45 

選挙戦只中の今、自民系候補者の口からよく聞かれる「安倍政権なら他国の脅威から日本を守れる」という主張。果たしてそれは正しいのでしょうか。元全国紙の社会部記者の新 恭さんはメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』で、田原総一朗氏が防衛省幹部から入手した「トランプ大統領が北朝鮮に武力行使する可能性あり」という情報を紹介するとともに、平和を死守する空気が希薄な自民党ではかえって危険が増すだけではないかとの見方を示しています。 安倍首相はトランプ大統領の武力行使にブレーキをかけられるのか メディアの調査を信じるなら、選挙後も「安倍一強」が続きそうな気配である。森友・加計疑惑に象徴される政権の体質に国民は倦んでいるはずなのに。 小池都知事は国政のブラックボックスを攻めきれず、安倍首相は悪玉・北朝鮮の核ミサイル脅威を「国難」として、国民を味方につけたということだろうか。 どうやら多くの国民は、安倍首相、トランプ大統領の表面上の蜜月が、北朝鮮の脅威から日本を救うと幻想を抱いているようだ。そして、イージス艦やPAC3のミサイル迎撃システムが本当に有効だと信じ込んでいるのかもしれない。 だが、日米同盟の強化をはかる安倍政権なら日本を守れるという自民党の主張にどんな根拠があるのだろう。むしろ、危険ではないか。いわゆるハト派が影を潜めた今の自民党には、平和を死守する空気が希薄だ。安倍首相の心一つで、この国...more
カテゴリー:

空自ヘリ不明:複数の部品発見、墜落と断定 浜松基地沖 - 10月18日(水)19:25 

 航空自衛隊浜松基地(浜松市西区)所属のUH60J救難ヘリコプターが同基地沖で消息を絶った事故で、空自などは周辺海域で乗員のものとみられるヘルメットや、ヘリのものとみられるドアや回転翼など複数の部品を発見した。防衛省はヘリが墜落したと断定し、乗員4人の捜索を続けている。
カテゴリー:

空自ヘリの4人依然不明 防衛相は墜落と断定 - 10月18日(水)18:16 

17日、静岡県浜松市の沖合を飛行中の航空自衛隊のヘリコプターと連絡が取れなくなり、18日も現場付近の海上で乗っていた隊員4人の捜索が続けられましたが、行方はわかっていません。海上ではヘリコプターのドアなどが見つかり機体が強い衝撃を受けたと見られることから、防衛省は墜落したと断定して詳しい状況を調べています。
カテゴリー:

【不明の空自ヘリ】捜索続く 直前の点検で異常確認されず - 10月18日(水)15:48  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171018/k10011181391000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_020 17日、静岡県浜松市の沖合で飛行中に連絡が取れなくなった航空自衛隊のヘリコプターについて、防衛省は現場付近の海上で乗っていた隊員4人の捜索を続けています。このヘリコプターは、8月に行われた定期点検や飛行直前の点検でも異常は確認されなかったということで、防衛省は詳しい状況を調べています。 17日午後6時ごろ、静岡県浜松市の沖合およそ22キロの海上で4人の隊員が乗った航空自衛隊のUH60救難ヘ...
»続きを読む
カテゴリー:

F4EJ戦闘機さん「もう限界やああああああ」 - 10月18日(水)12:55  news

F4戦闘機、離陸直前に出火 隊員にけがなし 百里基地 防衛省に入った連絡によると、18日午前11時47分ごろ、航空自衛隊百里基地(茨城県)の滑走路 付近で、同基地所属のF4戦闘機の機体から出火した。すぐに鎮火し、乗っていた隊員2人にけがは ないという。F4は離陸直前だった。出火の直前、パイロットから管制官に「左脚部分が破損した」と連 絡があったという。 一方、茨城県には18日午前、百里基地から「戦闘機に不具合があった」と連絡があった。 百里基地は茨城空港との共用施設だが、民間機の運航に影響...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「防衛省」の画像

もっと見る

「防衛省」の動画

Wikipedia

防衛省(ぼうえいしょう、但し、他の国の防衛省と区別するため Japan Ministry of Defense と公式に表記する場合もある。、略称:)は、日本の中央省庁の一つである。

日本平和と独立を守り、国の安全を保つことを目的とし、このために、陸上自衛隊海上自衛隊航空自衛隊(陸海空自衛隊)を管理・運営し、並びにこれに関する事務を行うことを任務とする。

旧官庁名は、防衛庁(ぼうえいちょう、、略称:JDA)であった。

概要

戦争放棄及び"戦力"の不保持を定めた日本国憲法第9条のもと、日本の国防を所管する行政機関であり、国家行政組織法3条および防衛省設置法2条に基づき内閣の統轄の下に設置される。長である防衛大臣は、陸海空自衛隊を含む防衛省全体の組織...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる