「防災士」とは?

関連ニュース

「家で3日生き延びて」地震への備え学ぶ - 08月10日(木)07:15 

親子で防災について学ぶ教室(県建設業協会など主催)が8日、佐賀市のアバンセであった。親子15組41人が参加、地震で自宅が揺れた際の危険箇所の書き出しや非常食の調理を通じて、防災意識を高めた。 講師を務めた県防災士会の小林紀(みち)さんは「自分の家で3日間生き延びる方法を考えてみて。避難場所をどこにするか常日頃から家族で話し合っておきましょう」と非常時の備えについてアドバイス。子どもたちは、地...
カテゴリー:

「防災士」の画像

もっと見る

「防災士」の動画

Wikipedia

防災士(ぼうさいし)とは、特定非営利活動法人日本防災士機構による民間資格

機構が定めたカリキュラムを防災士教本による自宅学習(履修確認レポート)と会場研修講座の受講で履修し、履修証明を得て資格取得試験に合格し、消防本部または日本赤十字社等の公的機関が主催する「救急法等講習」、「普通救命講習」、「上級救命講習」を受講して、その修了証または認定証を取得した者に認定される。防災士証の有効期限や写真の書換え更新はなく終身の民間資格(資格称号)である。

概要

防災士とは「“自助” “共助” “協働”を原則として、かつ、“公助”との連携充実につとめて、社会の様々な場で減災と社会の防災力向上のための活動が期待され、さらに、そのために十分な意識・知識・技能を有する者として認められた人」のことである(日本防災士機構の定義による。2017...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる