「防災士」とは?

関連ニュース

[時東ぁみ]防災士の活動10年で防災ソング作成 歌の力を実感 - 10月10日(火)17:35 

 タレントの時東ぁみさんが10日、東京都内で行われた「第3回みんなのアレルギーEXPO 2017」(日本環境保健機構ほか主催)に登場し、テープカットを行った。2007年に防災士の資格を取得した時東さんは、普段は子供向けの防災イベントに参加しているといい……
カテゴリー:

時東ぁみ、防災士活動10年の思い 防災ソングで実感「歌の力はスゴい」 - 10月10日(火)13:22 

 タレントの時東ぁみ(30)が10日、東京・新宿の京王プラザホテルで行われた『第3回 みんなのアレルギーEXPO2017』オープニングイベント「なぜアレルギー?なぜ防災?」に登場。2007年に防災士資格を取得して以来、さまざまな活動に取り組んでいる時東だが、専門家とともに「アレルギーと防災」をテーマにトークを行った。  幼少期からボランティア活動に興味を持っていたという時東は、つんく♂の勧めで同資格を取得。具体的な活動については「防災すべての知識を勉強して、上級救命技能を習うことも義務づけられています。あとは、避難所の設営やボランティア活動を率先してできるようになっています」と説明した。  2011年の東日本大震災以降は、国民の防災意識の高まりを実感したそうだが「“3.11”から1~2年はかなり意識が上がったと思いますが、そこから年月が経つと、意識が薄れてきてしまうこともありますし、防災備蓄品の期限も5年くらいで切れるので、これを機に防災というもの自体を見直してもらうきっかけになったら」と言葉に力を込めた。  現在は、消火器やAEDの使い方をゲーム感覚で学習できる「防災カードゲーム」や、自身が作詞を行い、パッパラー河合が作曲を手がけた防災ソングなどを通じて、子どもを対象に防災啓発をしている時東。「親御さんもお子さんの言うことは絶対に聞くので、そこから興味を持ってもらって『一緒...more
カテゴリー:

[時東ぁみ]防災士の活動10年で防災ソング作成 歌の力を実感 - 10月10日(火)17:35 

 タレントの時東ぁみさんが10日、東京都内で行われた「第3回みんなのアレルギーEXPO 2017」(日本環境保健機構ほか主催)に登場し、テープカットを行った。2007年に防災士の資格を取得した時東さんは、普段は子供向けの防災イベントに参加しているといい……
カテゴリー:

「防災士」の画像

もっと見る

「防災士」の動画

Wikipedia

防災士(ぼうさいし)とは、特定非営利活動法人日本防災士機構による民間資格

機構が定めたカリキュラムを防災士教本による自宅学習(履修確認レポート)と会場研修講座の受講で履修し、履修証明を得て資格取得試験に合格し、消防本部または日本赤十字社等の公的機関が主催する「救急法等講習」、「普通救命講習」、「上級救命講習」を受講して、その修了証または認定証を取得した者に認定される。防災士証の有効期限や写真の書換え更新はなく終身の民間資格(資格称号)である。

概要

防災士とは「“自助” “共助” “協働”を原則として、かつ、“公助”との連携充実につとめて、社会の様々な場で減災と社会の防災力向上のための活動が期待され、さらに、そのために十分な意識・知識・技能を有する者として認められた人」のことである(日本防災士機構の定義による。2017...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる