「関連施設」とは?

関連ニュース

【シリア/USA】トランプ政権、アラブ軍のシリア展開を検討 米軍撤収後 ポンペオ氏が推進役に - 04月21日(土)20:07  newsplus

https://www.cnn.co.jp/m/usa/35118123.html 2018.04.21 Sat posted at 17:35 JST ワシントン(CNN) 米軍がシリアからの撤収を決めた場合、その役割をアラブ諸国の有志連合軍に肩代わりさせる案をトランプ政権が検討していることが21日までにわかった。 米軍がシリアで進める過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の掃討を完遂した後の対策とされ、新たに就任したジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)と次期国務長官に指名されたマイク・ポンペオ米中央情報局(CIA)長官が推進役になっている。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

東京電力:NTTと新会社 再生可能エネルギー利用促進 - 04月18日(水)22:43 

 東京電力ホールディングス(HD)とNTTは18日、再生可能エネルギーの利用促進などで協業する共同出資会社を設立すると発表した。NTTが通信関連施設に所有する非常用蓄電池を、再生可能エネルギーの余剰電力の受け皿や、非常時に外部に電力を供給する電源として役立てる。
カテゴリー:

シリアは本当に化学兵器を使ったのか? 米国には「やらせ」の前科 - 04月18日(水)04:30 

4月13日に米英仏が共同で行った、シリアのアサド政権に対するミサイル攻撃。その根拠を米国は「化学兵器の使用」としていますが、果たして本当にシリア政府は化学兵器を使用したのでしょうか? ジャーナリストの高野孟さんは自身のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』の中で、かつて米ブッシュ政権がイラクのフセイン大統領を「大量破壊兵器を隠し持っている」と決めつけて処刑した過去に触れ、その当時から変わらぬ、気紛れで過激な攻撃を仕掛ける米国のやり口を猛批判しています。 戦略不在のまま気紛れで過激戦術を濫用する米英仏の愚──アサド政権は本当に化学兵器を使ったのか? トランプ米大統領に率いられた米英仏連合軍によるシリアの化学兵器関連施設へのピンポイント的なミサイル攻撃は、2017年4月の場合はもちろん、13年8月にオバマ米大統領(当時)が辛うじてシリア空爆を思い留まった時まで遡っても、全く同じ特徴があって、それは「本当にシリア政府軍が反体制派の支配地域に対して化学兵器を使用したのか」の明白な証拠を米国が示すことができず、従って国連の支持や国際社会の賛同を得られず、従ってまた国際法違反であることに疑いの余地がないと言うのに、作戦が強行され、あるいはされそうになったことである。 具体的証拠を何も示せない米国 もちろん、アサド政権側が本当に化学兵器を使用した疑いが消えているわけではない。しかし、状況...more
カテゴリー:

上小阿仁村産秋田杉53本、東京五輪・パラ関連施設に提供へ - 04月17日(火)18:34 

 上小阿仁村は17日、2020年東京五輪・パラリンピックの関連施設に村産の秋田杉が利用されることを明らかにした。村有林にある53本を県内の製材会社を通じて提供する。村議会議員全員協議会で報告した。 五…
カテゴリー:

米英仏がわかりやすく「シリア攻撃」、真のターゲットはプーチン - 04月17日(火)04:30 

現地時間の4月14日に行われた、米英仏によるシリア攻撃。アサド政権の化学兵器の使用に対する対抗措置とされていますが、この英米仏サイドの「攻撃理由」を鵜呑みにしていいものなのでしょうか。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、シリアの内戦は米ロの代理戦争と位置づけ、プーチン大統領に対するアメリカの巧妙な戦略を紹介、その内容は「80年前の対日戦略」と変わらないとしています。 米英仏、シリア攻撃~真のターゲットはプーチン 皆さんご存知と思いますが、アメリカ、イギリス、フランスが、シリアを攻撃しました。 米ミサイル攻撃105発 シリア化学兵器施設3拠点に 朝日新聞DIGITAL 4/15(日)1:11配信   トランプ米政権は13日、シリアでアサド政権が化学兵器を使用したと断定し、報復として米軍が英仏との共同作戦で化学兵器関連施設3拠点をミサイル攻撃し、破壊したと発表した。米国防総省は14日に会見を開き「全てのミサイルが目標に到達した」と強調。一方、アサド政権を支援するロシア軍に損害が出ないよう攻撃対象は慎重に選ばれたが、ロシアは強く反発しており、米ロの緊張が高まるのは避けられない。 アメリカがシリアをミサイル攻撃するのは、昨年の4月につづいて2回目。前回も、「アサドが化学兵器を使ったこと」が名目上の理由でした。前回と今回の違いは、...more
カテゴリー:

【シリア攻撃】トランプ氏、ロシアの対空防衛施設への攻撃も検討か - 04月20日(金)03:15  newsplus

◆トランプ氏、ロシア軍施設攻撃も検討か 米英仏3カ国が14日行ったシリアへの攻撃をめぐり、トランプ政権内で化学兵器関連施設3カ所に絞った限定的なものではなく、より大規模な攻撃が検討されていたことが17日までに明らかになった。 この攻撃には、ロシアの対空防衛能力も対象に加える可能性があったという。 米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)が伝えた。 トランプ大統領がシリアのアサド政権を支援するロシアやイランも目標に含めた大規模攻撃も検討するよう指示したが、マティス国防長官が「両国の危険な反撃...
»続きを読む
カテゴリー:

厚労省調査:病院耐震、3割に問題 災害拠点は89%対応 - 04月18日(水)12:04 

 厚生労働省が昨年実施した全国8411病院の調査で、震度6強以上を想定した耐震基準を関連施設の全ての建物が満たしているとしたのは72.9%(前年より1.4ポイント改善)だった。9.7%は基準を満たさず、耐震性の不明も17.4%に上った。
カテゴリー:

病院の耐震不備や不明、3割 厚労省調査 - 04月17日(火)19:16 

厚生労働省が昨年9月に実施した調査で、全国の8411病院のうち、震度6強以上を想定した耐震基準を関連施設の全ての建...
カテゴリー:

【国際】アサド大統領のレジオン・ドヌール勲章剥奪へ フランスが手続き 化学兵器の責任追及 - 04月17日(火)17:16  newsplus

アサド大統領のレジオン・ドヌール勲章剥奪へ フランスが手続き 化学兵器の責任追及 2018.4.17 14:17 https://www.sankei.com/world/news/180417/wor1804170027-n1.html  フランスメディアによると、同国のマクロン大統領側近は16日、シリアのアサド大統領に授与したレジオン・ドヌール勲章を剥奪する手続きに入ったと明らかにした。フランスは14日、化学兵器で市民らを殺害したとして米英と共同でアサド政権の化学兵器関連施設を攻撃したばかり。剥奪により、化学兵器使用の責任を厳しく追及する姿勢を示した。  勲章は、...
»続きを読む
カテゴリー:

米国防総省「シリア攻撃後24時間でトロールが2000%増加した」 - 04月16日(月)20:00  news

「シリア攻撃後、ロシアのトロールが2000%増」──米国防総省 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1804/16/news058.html  米国防総省は4月14日(現地時間)、13日に英仏と共同で行ったシリアの化学兵器関連施設への空爆についての記者会見で、 「この24時間の間に、ロシアのトロールが2000%増加した」と語った。 ネットスラングとしての「トロール(troll)」は、炎上を狙ったネタを投稿する人あるいはその投稿を指す。 国防総省のダナ・ホワイト報道官が具体的に何を指しているのかは不明だ。  前日にはジェームズ・...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「関連施設」の画像

もっと見る

「関連施設」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる