「関連ツール」とは?

関連ニュース

Kubernetes展開お助けサービスで起業したHeptioが創立1年足らずでシリーズB $25Mを調達 - 09月14日(木)16:22 

オープンソースのコンテナオーケストレーションツールKubernetesの協同ファウンダーCraig McLuckieとJoe Beda〔共に元Google〕が創業したHeptioが今日(米国時間9/13)、Madrona Venture Partnersが率いるシリーズBのラウンドで、2500万ドルを調達したことを発表した。Lightspeed Venture PartnersとAccel Partnersもこのラウンドに参加したが、同社はシリーズAで850万ドルを調達してからまだ1年経っていない。ただしこのシアトルのスタートアップは、シード資金を獲得していない。なお、Kubernetesのもう一人の協同ファウンダーBrendan Burnsは、今Microsoftにいる…MicrosoftからGoogleに来たBedaとは逆だ。 HeptioのCEO McLuckieは、“短い8か月だったが、すばらしい体験をした”、と語る。“シリーズAのときは、次の資金調達がこれほどすぐだとは、想像もしなかった”。Kubernetesやそのほかのクラウドネイティブ技術のエンタープライズへの導入を支援する彼らのビジネス機会が、これほど急速に大きくなるとは、彼らも予想しなかった。そして今彼が強調するのは、その機会が単にKubernetesの機会ではない...more
カテゴリー:

OracleがCloud Native Computing Foundationにプラチナ会員として参加、Java EEをオープンソースに - 09月14日(木)10:34 

Oracleが今日(米国時間9/13)、Cloud Native Computing Foundation(CNCF)にプラチナ会員として加わることを発表した。これによって同社は、Amazon, Cisco, Google, IBM, Intel, Microsoft, RedHatらとともに、このLinux Foundation傘下の団体に参加し、コンテナオーケストレーションプロジェクトKubernetesとその関連ツールを支えていくことになる。 CNCFへの入会はお安くない。プラチナ会員は、年会費が37万ドルだ(Linux Foundationの既存の会員には割引がある)。したがってこの団体に加わることは、その企業がKubernetesのエコシステムを支援していく意思表明になる。 Oracleは単に同団体に参加するだけでなく、Oracle LinuxにKubernetesを加え、Oracle Cloud InfrastructureのためのKubernetesインストーラーTerraformをオープンソースにする。このほかすでにOracleは、Kubernetesに多くのコントリビューションをしており、関連するコンテナツールも提供しているから、今日の正式加入は、エコシステムへのこれまでの投資を、公式化する動きにすぎない。 CNCFのCOO Chris Aniszczykは、今日...more
カテゴリー:

「関連ツール」の画像

もっと見る

「関連ツール」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる