「関係機関」とは?

関連ニュース

児童虐待、初の全国研修=検事の専門性向上へ-医師ら講演「連携重要」・最高検 - 09月23日(土)15:01 

 増え続ける児童虐待に対応するため、最高検と法務省は25日から、全国の検事24人を集めた研修を初めて実施する。専門性の向上が狙いで、講師を務める医師は「虐待防止のため、関係機関が連携して情報を共有することが重要だ」と指摘する。 厚生労働省によると、全国の児童相談所(児相)が対応した児童虐待の件数は年々増加し、2016年度は12万2578件に上った。一方、各地検は警察が逮捕するなどした親らの刑事処分を判断するが、児相との連携不足が一因となり、不起訴とした後に再び子供が虐待され死亡したとみられるケースもあった。 こうした中、検察と児相、警察は、被害児童らの負担軽減のため、それぞれ実施していた事情聴取をいずれかの機関が代表して行うなど連携を強化。最高検も昨年6月、「刑事政策推進室」を設置して支援体制を整え、今回の研修を企画した。 研修は5日間の日程で、外部講師として小児科医や児相職員ら10人が講義する。最高検の担当者は「虐待への対応で検察が果たせる役割は大きく、そのためには専門的な知識が欠かせない」と話す。 講師の1人で「大阪急性期・総合医療センター」(大阪市)小児科の丸山朋子医師は、虐待された場合と通常の転倒事故の際に起きる脳の損傷の違いなどを説明する。丸山医師は「虐待を見逃さないことが大事で、情報共有は欠かせない」と強調する。 別の講師で「四国こどもとおとなの医療センター」(香川県善...more
カテゴリー:

「男鹿半島はクマ生息適地」と専門家 初出没に揺れる地元 - 09月21日(木)11:50 

 これまで「クマはいない」とされてきた秋田県男鹿市で17日に1頭のクマが目撃された。初出没とみられ市や関係機関は対策を急いでいるが、「どう対応すればいいのか」と戸惑いの声も上がる。県や専門家は「再び出…
カテゴリー:

男鹿でクマ初目撃、市が対策会議 情報共有を確認 - 09月19日(火)09:05 

 秋田県男鹿市野石で17日にクマが目撃されたことを受け、市は18日、関係機関を集めた対策会議を市役所で開いた。同市でのクマ目撃は初めてとみられ、関係者が情報共有しながら対応することを確認。男鹿市若美猟…
カテゴリー:

【静岡】野生キノコから基準値超えの放射性セシウム検出 富士宮市 - 09月16日(土)16:48  newsplus

静岡県は15日、富士山周辺地域で採取した野生キノコ6検体の放射性物質を検査した結果、 富士宮市のアンズタケ1検体から食品衛生法の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える 130ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。 関係機関や事業者に採取や出荷の自粛を要請するとともに、 キノコ狩りで食べないよう県民に注意喚起している。 富士宮市の野生キノコは2013年にも基準値超えの放射性物質が検出され、 国の原子力災害対策特別措置法に基づき出荷制限が継続中。 県は11年の東京電力福島第1原発事...
»続きを読む
カテゴリー:

【警視庁】「正しく強く温かい警視庁に」 吉田警視総監(56)、就任会見で抱負を語る - 09月15日(金)13:21  newsplus

「正しく強く温かい警視庁に」=吉田警視総監が就任会見-警視庁 「警視庁の歌にある『正しく強く』に『温かい』を加えた警視庁を目指す」。 第94代となる吉田尚正警視総監(56)が15日、東京・霞が関の警視庁で就任の記者会見を開き、 抱負を語った。   取り組むべき課題として、増加を続ける特殊詐欺事件への対応に加え、上智大生殺害、 世田谷一家殺害、八王子スーパー強盗殺人の重要未解決事件を挙げた。 「刑事部長当時も解決を目指して捜査したが、できなかった。ぜひ解決したい」と意気込みを述べた。   都内...
»続きを読む
カテゴリー:

【森友学園】「森友」記録 復元の可能性 財務省が業者(NEC)に消去延期指示 - 09月22日(金)16:43  seijinewsplus

学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題で、財務省と学園側との交渉記録を含む可能性のある電子データが保管されていることが、同省への取材で分かった。「七月末までにコンピューターのハードディスクを破壊してデータを復元不能にする」との業者との契約を同省が覆し、業者に延期を指示した。 同省が記録復元を視野に入れていることを意味し、情報開示を求める声が再燃することは必至だ。 問題の電子データをめぐっては、財務省の佐川宣寿・前理財局長(現国税庁長官)が今年二月の衆院予算委員会などで「(学園側との...
»続きを読む
カテゴリー:

福島県「福島に移住して田舎暮らししませんか?」 東京で相談会開催 - 09月20日(水)20:54  news

11月全県移住相談会 県、都内で初開催  県は11月26日に、東京・有楽町の東京交通会館で全県規模の移住相談会を初めて開く。  県内各市町村や県宅地建物取引業協会、農業団体などの関係機関に出展を募り、首都圏の住民に移住先としての本県の魅力や、 相談体制、支援策などを紹介する。既に県外から県内に移住している人を招き、田舎暮らしの体験談や暮らしぶりなどを語ってもらう。  県によると、昨年度の県内への定住・二地域居住者は117世帯で、県が調査を始めた2006(平成18)年度以降で最多となった。 県...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】性同一性障害の人の通称名 健保組合などの保険証にも認める - 09月17日(日)06:34  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170917/k10011142571000.html 性同一性障害の人の通称名 健保組合などの保険証にも認める 9月17日 4時49分 厚生労働省は、心と体の性が一致しない性同一性障害の人を対象に、「国民健康保険」に加えて、「健康保険組合」や「協会けんぽ」などの健康保険証にも、戸籍上の名前とともに通称名を記載することを認める通知を出しました。 性同一性障害の人が、医療機関を受診した際に戸籍上の名前を呼ばれ、精神的な苦痛を感じるケースが指摘されていることから、厚生労働省は去年7月、自営業者らが...
»続きを読む
カテゴリー:

【小田急火災】小田急電鉄で起きた火災は「異例」「想定外」 一歩間違えれば大惨事を招いた恐れも★4 - 09月16日(土)00:29  newsplus

屋根に火災が燃え移った小田急線の車両=10日、東京都渋谷区(読者提供) 沿線から小田急線の電車に延焼した火災は、火災現場脇に非常停止した電車に火が燃え移るという異例のケースだった。また、車両内部は燃えにくい素材で作られているが、外部の部品に火が燃え移るという事態も、関係者にとって想定外だったとみられる。警察や消防の連携不足も指摘されており、一歩間違えれば大惨事を招く恐れもあった。専門家からは再発防止に向け、鉄道会社や警察、消防など関係機関による連携強化を求める声が上がった。  小田急電鉄に...
»続きを読む
カテゴリー:

「正しく強く温かい警視庁に」=吉田警視総監が就任会見-警視庁 - 09月15日(金)12:58 

 「警視庁の歌にある『正しく強く』に『温かい』を加えた警視庁を目指す」。第94代となる吉田尚正警視総監(56)が15日、東京・霞が関の警視庁で就任の記者会見を開き、抱負を語った。 取り組むべき課題として、増加を続ける特殊詐欺事件への対応に加え、上智大生殺害、世田谷一家殺害、八王子スーパー強盗殺人の重要未解決事件を挙げた。「刑事部長当時も解決を目指して捜査したが、できなかった。ぜひ解決したい」と意気込みを述べた。 都内では2020年東京五輪パラリンピックなどの大きなイベントが予定されている。吉田総監は「テロの脅威は現実のものとなっている」と指摘。「警察の力だけでは、東京の街を守ることは難しい。関係機関や地域住民の方との連携を深化させていきたい」と話した。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「関係機関」の画像

もっと見る

「関係機関」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる