「開放感」とは?

関連ニュース

外務省:杉山晋輔・前外務次官が「開放感」 - 01月19日(金)20:27 

 外務省の杉山晋輔事務次官(64)が19日退任し、政務担当外務審議官の秋葉剛男氏(59)が後任の次官に就任した。交代式で杉山氏は、北朝鮮の核・ミサイル問題などの対応に追われた約1年半を振り返り、「心の底から、天井が抜けたような開放感を味わっている」とあいさつ。「もうミサイルが飛んできても電話を取る必要はない。昨夜はぐっすりと熟睡できた」と職員を笑わせた。29日に駐米大使に就く。
カテゴリー:

【鉄道】もう「離れ小島の路線」とは言わせない 相鉄が都内乗り入れ用、新型車両「20000系」公開 - 01月17日(水)19:57  newsplus

東急乗り入れ用に製造された「20000系」。2月11日から運行が始まる 内装は天井を高くしたり荷棚をガラス製にしたりして、開放感を高めた 神奈川県西部と横浜を結ぶ相模鉄道(相鉄)が2018年1月17日、都内乗り入れに向けた新駅の建設現場と新型車両を報道陣にお披露目した。 相鉄は首都圏の大手私鉄の中では唯一都内に乗り入れておらず、現時点では「離れ小島で閉ざされた路線」(相鉄・滝沢秀之社長)。都内乗り入れで文字通り「相模の鉄道」から脱して知名度を上げ、沿線人口の増加を目指す。 ■JR、東急の順で乗り入れる計画...
»続きを読む
カテゴリー:

NissanのコンセプトカーXmotionはSF的な未来とのどかな田園をミックス、コンソールを鯉が泳ぐ - 01月16日(火)12:18 

Nissan(日産)は今年のCESで、‘Xmotion’と名付けた斬新なコンセプトカーを披露した。SUVのクロスオーバーのようなこのコンセプトカーは、すっきりした車体デザインにシャープな角(かど)や独特のヘッドライトでアクセントつけ、内部はタッチスクリーンと革新的な制御機構が融合し、外見は未来的であると同時に、どことなく牧歌的で癒やしの効果もある。 Xmotionの外殻は、Nissanによると、富士山に代表されるような日本の自然の美観と、電子製品であふれる現代の都市環境を組み合わせている。つまりBlade Runner的であると同時に現代の東京ふうでもある、と。 外観もおもしろいが、この車が斬新と言えるのは、主にその内部だ。まず、仮想アシスタントの役は画面上の鯉が演ずる。その鯉はコンソールとアームレスト上のタッチスクリーンを泳いで行き来し、社内の環境条件や音楽などを、目的地とユーザーの好みに合わせてプログラムする。車が自動運転モードのときは、仮想アシスタントも忙しい。今走っているルートに関する情報を大量に提供し、レーンを変えたり、運転マナーの順守なども担当し、次の休憩施設も教える。 内部の装置類の中ではスクリーン〔複数形〕がとくに重要で、そもそもミラーがまったくないのも、すべてをスクリーンに依存するからだ。 ...more
カテゴリー:

海老蔵がSNSで要請 弟子市川九團次、3ヶ月で24.8キロ減量に成功「キレよく軽やかに」 - 01月15日(月)13:03 

 歌舞伎俳優・市川海老蔵(40)の弟子、市川九團次(45)が『RIZAP』でのダイエットに成功。体重は3ヶ月間のボディメイクとしては、同社歴代最高のマイナス24.8キロを達成し、体脂肪マイナス13.7%、ウェストマイナス34.0センチとなり“大変身”を果たした。 【動画】24.8キロ減量に成功した市川九團次のビフォーアフター  現在45歳の九團次は、ここ数年、舞台本番が終わると開放感からドカ食いを繰り返し、気がつけばウエスト110センチの太鼓腹に。このままではキレのある動きもできず、役柄の化粧も映えず、演技に影響を及ぼしかねない状況だった。  自身でも暴飲暴食の生活を反省し健康管理を心がけるも、一人で取り組むダイエットではなかなか体重は減らず、頭を悩ませていた。そんな九團次を見かねて、師匠である海老蔵がSNSで“RIZAPへボディメイク”を要請。肉体大改造への挑戦がスタートした。  約3ヶ月間、専属トレーナーとのボディメイクに取り組むことで、健康的な身体を手に入れることに成功した九團次。体重は3ヶ月間のボディメイクとしては同社歴代最高のマイナス24.8キロを達成。体脂肪マイナス13.7%、ウエストマイナス34.0センチと、まさに肉体改造に大成功した。  16日から全国で随時放映開始する新CMでは、ぽっこりと出ていたお腹から見事に鍛え上げられた身体を披露し、二枚目歌舞伎俳優...more
カテゴリー:

近鉄、「新型名阪特急」を新造 全席に背もたれが倒れてこないバックシェルを初採用 - 01月11日(木)22:14 

近畿日本鉄道は、大阪難波〜近鉄名古屋駅間を運行する「新型名阪特急」を新造し、2020年春より運行を開始する。 「くつろぎのアップグレード」をテーマに、座席幅を広く確保し、全席に日本初となるバックシェルを備え、後の席の人を気にすることなくリクライニングできるようにした。空気清浄機や防犯カメラ、電源、ユーティリティスペースも設けている。6両編成を6編成と、8両編成を3編成の計72両を新造する。投資額は約184億円。 先頭車両は「ハイグレード車両」として3列シートとし、座席前後幅はアーバンライナーより25センチ広い、130センチを確保した。電動リクライニング、電動レッグレスト、高さ・角度調整機能付きヘッドレストを設け、横揺れを低減する電動式フルアクティブサスペンションも設置する。中間車両は4列シートで、座席前後幅は116センチ。ガラス製の荷棚と仕切扉を用いることで開放感を持たせた。 訪日外国人への対応を強化し、全車両に大型の荷物を収容できるロッカーなどの荷物置き場を設置し、無料Wi-Fiも設置。車内表示器は日本語、英語、中国語、韓国語の4言語に対応する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

【福岡観光ガイド】大切な人との思い出作りにぴったり!「福岡タワー」 - 01月17日(水)20:43 

1989年、福岡市制100周年記念のアジア太平洋博覧会(よかトピア)のモニュメントとし て誕生した「福岡タワー」。高さ234m、海浜タワーとしては日本一の高さを誇り、最上階の展望室からは、きらびやかな福岡市街や夜の博多湾など、格別の夜景を一望できる。タワー自体も季節ごとにさまざまなイルミネーションで彩られ、連日多くのカップルや観光客でにぎわいを見せている。 【写真を見る】眼下に広がるウォーターフロント ■ 福岡市のシンボルでロマンチックな夜を 地上123mの展望室から望むのは、福岡県内でも屈指の絶景。東側には車が行き交う都市高速や福岡ヤフオク!ドーム、JR博多駅や天神など九州一の繁華街がきらめき、南側にはアジア都市景観賞を受賞した街並みと緑豊かな脊振山地が広がる。 北側から西側にかけては、街灯りに照らされる室見川や愛宕山の他、遠くには志賀島や海の中道海浜公園などが一望できる。夜景はもちろん、昼の青く輝く博多湾もオススメ。東西南北それぞれに趣の異なる景観を楽しめるのが特徴だ。 その他、「恋人の聖地」にも選ばれている3F展望室では、「ハート型フラワーアーチ」や「恋人たちのベンチ」、そして誓いのフェンスにハート型の「愛鍵」をロックすると、二人は永遠に結ばれるという「愛の鍵伝説」など、思い出づくりにぴったりな演出がたくさん。福岡屈指の夜景と一緒にロマンチックなひと時を過ごしてみてはいかが?...more
カテゴリー:

市川九團次、師匠海老蔵がきっかけでRIZAP! 24.8kg減の究極ボディーに - 01月17日(水)07:15 

RIZAPでダイエットに成功し、肉体改造を果たした歌舞伎俳優・市川九團次が出演するRIZAP新CMが、1月16日より全国にて随時放映開始した。 【写真を見る】確実に別人でしょ! 究極のボディーを手に入れた市川九團次 現在45歳の九團次は、ここ数年、歌舞伎舞台本番が終わると開放感からドカ食いを繰り返し、気が付けばウエスト110cmの太鼓腹になっていたという。 自身でも暴飲暴食の生活を反省し健康管理を心掛けるものの、一人で取り組むダイエットではなかなか体重が減らず、「若い頃の細かった体に戻りたいけど、年齢のこともあるから…」と自身を納得させながらなかば諦めの気持ちがあったとか。 2017年5月、そんな九團次が体形の悩みを自身のブログにて発信。それを見かねた、師匠・市川海老蔵がリブログを行い、RIZAPへボディメークを要請。RIZAPでのボディメークが実現した。 その後、約3カ月にわたってRIZAPでの専属トレーナーとのボディメークに取り組んだ九團次は、健康的なボディーを手に入れることに成功。体重は3カ月間のボディメークとしてはRIZAP体験芸能人史上最高値の-24.8kg、体脂肪-13.7%、ウエスト-34.0cmを達成した。 新CMでは、ぽっこりと出ていたおなかから見事に鍛え上げられた美ボディーを披露。二枚目歌舞伎俳優として生まれ変わった九團次が登場している。 九團次は「過去の自己流...more
カテゴリー:

【芸能/ダイエット】海老蔵がSNSで要請 “弟子”市川九團次、3ヶ月で24.8キロ減量に成功「キレよく軽やかに」 - 01月15日(月)13:10  mnewsplus

1/15(月) 13:03配信 海老蔵がSNSで要請 “弟子”市川九團次、3ヶ月で24.8キロ減量に成功「キレよく軽やかに」  歌舞伎俳優・市川海老蔵(40)の弟子、市川九團次(45)が『RIZAP』でのダイエットに成功。体重は3ヶ月間のボディメイクとしては、同社歴代最高のマイナス24.8キロを達成し、体脂肪マイナス13.7%、ウェストマイナス34.0センチとなり“大変身”を果たした。  現在45歳の九團次は、ここ数年、舞台本番が終わると開放感からドカ食いを繰り返し、気がつけばウエスト110センチの太鼓腹に。このままではキレのある動きもでき...
»続きを読む
カテゴリー:

どん底のときは姉妹と旅に出よう。 - 01月14日(日)17:00 

「人生とはしあわせの連鎖」なんて言いたいところですが、時折起こる心が折れるようなハプニングも、残念ながら生きることのうち。ところが、そうして気分が思いっきり落ちたとしても、どうにかしてバネのように跳ね返るのがやっぱり肝心だったり。とは言え、立ち上がる"手段"が悩みどころですよね。 「Elite Daily」のJasmine Vaughn-Hallさんに言わせてみれば、「姉妹との旅行」は結構効く模様。姉妹がいなければ「心を許せる人」とでもOK。壁にぶち当たったとき、何もひとりで戦わなくてもいいと心得て。長い人生、どん底に落ちるときもあるでしょう。でも姉妹とは、感情に飲み込まれてしまう前に助け舟のごとく「どんぶらこ」とやってきてくれるもの。心救われるエスケープがこんなにもカンタンに手に入ることに、きっと感謝しているのでは?だから人生の傷を癒したいときは、ぜひ姉妹と一緒に旅行に出掛けてみて。それに、これが何よりも効果的なヒーリング法であるのには、じつはいくつもの理由があるのです。旅路の開放感なのか、姉妹というはけ口がある安心感なのか。いずれにせよ、彼女と旅に出ると、人生に対するフラストレーションが不思議とかき消されていく。姉妹という最高の聞き役を隣りに新たな地を駆け巡ると、乱れていた心もようやく静まり返り、ハッピーな自分が取り戻せちゃうみたい。泣いても叫んでも変な目で見られない仲間を求め...more
カテゴリー:

近鉄、「新型名阪特急」を新造 背もたれが倒れてこない”バックシェル”を日本初採用 - 01月11日(木)22:14 

近畿日本鉄道は、大阪難波〜近鉄名古屋駅間を運行する「新型名阪特急」を新造し、2020年春より運行を開始する。 「くつろぎのアップグレード」をテーマに、座席幅を広く確保し、全席に日本初となるバックシェルを備え、後の席の人を気にすることなくリクライニングできるようにした。空気清浄機や防犯カメラ、電源、ユーティリティスペースも設けている。6両編成を6編成と、8両編成を3編成の計72両を新造する。投資額は約184億円。 先頭車両は「ハイグレード車両」として3列シートとし、座席前後幅はアーバンライナーより25センチ広い、130センチを確保した。電動リクライニング、電動レッグレスト、高さ・角度調整機能付きヘッドレストを設け、横揺れを低減する電動式フルアクティブサスペンションも設置する。中間車両は4列シートで、座席前後幅は116センチ。ガラス製の荷棚と仕切扉を用いることで開放感を持たせた。 訪日外国人への対応を強化し、全車両に大型の荷物を収容できるロッカーなどの荷物置き場を設置し、無料Wi-Fiも設置。車内表示器は日本語、英語、中国語、韓国語の4言語に対応する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

もっと見る

「開放感」の画像

もっと見る

「開放感」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる