「開幕投手」とは?

関連ニュース

田中将大メジャー4年目の挑戦に密着!NHK「プロフェッショナル―」 - 04月22日(土)14:00 

5月1日(月)夜7.30から放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK総合)には、メジャーリーガー・田中将大投手が登場する。 【写真を見る】趣味の釣りに興じるプライベート映像なども公開!/(C)NHK ニューヨーク・ヤンキースのエースに君臨する投手・田中将大は、アメリカへ渡って4年目のシーズンを戦っている。 時速150km以上の速球から“豪腕”のイメージが強い田中だが、自身の武器はストーレートではなく、打者のタイミングを外す洞察力と、どんなピンチにも揺るがない“気持ち”だという。 事実、長年ヤンキースを見続けてきた地元の記者や投手コーチも、田中の精神力やプロ意識は、ジーターなどヤンキースのレジェンドに匹敵するとコメントしている。 その精神力の秘密を徹底解剖すべく、3年連続の開幕投手に指名された田中に密着。 日々のトレーニングや道具へのこだわり、また、中学以来の趣味という釣りに興じる貴重なプライベート映像など、あらゆる角度から強靭(きょうじん)なメンタル力に迫る。 迎えた開幕戦、自己ワーストの7失点というまさかの結果に終わった田中投手は、この結果とどのように向き合い、復調していったのか。 野球ファンはもちろん、そうでない人にも人生に役立つヒントも詰まった見逃せない内容だ。 【関連記事】 ・NHK「プロフェッショナル―」番組スタッフが語る“継承と挑戦” ・田中将大 トランプタワ...more
in English
カテゴリー:

<楽天>変化球を駆使 美馬2勝目 - 04月16日(日)06:05 

東北楽天の美馬が七回途中1失点と好投、日本ハム有原との開幕投手同士の投げ合いを制した。変化球で自在に打ち取る技巧派の投球内容だった。一〜四回は無安打と安定感のある滑り出し。さらに見事だったのは走者を背
in English
カテゴリー:

【MLB】田中将大、3戦目で今季初白星!7回途中3失点 - 04月15日(土)11:15 

スポーツ報知 4/15(土) 11:09配信 田中将大、3戦目で今季初白星 7回途中3失点  今季初勝利を挙げた田中(ロイター) ◆ヤンキース4―3カーディナルス(14日・ニューヨーク)  ヤンキース・田中将大投手(28)は15日のカージナルス戦(ヤンキースタジアム)で先発し、今季初白星を挙げた。103球で、6回1/3を5安打3失点だった。  初回1死一塁でカーペンターに右翼席に2ランを浴びたが、2回以降は立ち直った。2点リードの7回は1死一、二塁のピンチで、グリチェクに左翼線二塁打され4―3の1点リード...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】ソフトB松坂 1軍昇格立ち消えに…アクシデント発生か - 04月13日(木)06:02 

ソフトバンク・松坂大輔投手(36)の1軍昇格が立ち消えになった。 左肘の張りで11日に出場選手登録を外れた和田毅投手(36)に代わり、15日のオリックス戦(ヤフオクドーム)で今季初登板初先発する予定だった。 代役は昨季まで5年連続で開幕投手を務めたベテラン・摂津正投手(34)が有力になった。 松坂は3月25日の広島戦(同)で7回ノーヒットノーランの好投を見せた。 その後、2軍での登板機会を雨天中止で流したものの、倉野投手統括コーチは「ブルペンで調整できている」とぶっつけで対応可能と話していた。...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【MLB】<田中将大>2戦目も「グッドに程遠い」投球 NY紙「こんなのタナカじゃない」 - 04月10日(月)01:39 

大炎上の開幕戦より改善も5回6安打6四死球3失点「可もなく不可もない内容」   開幕戦は3回持たずに7失点と大炎上したヤンキース田中将大投手。 今季2度目の先発だった8日(日本時間9日)の敵地オリオールズ戦での汚名返上が期待されたが、5回を3失点も自己ワースト6四死球を記録するなど、決していい投球内容ではなかった。 開幕2戦続けてピリッとしないエース右腕について、辛口で知られる地元NYメディアがこぞって懸念の声を上げている。  オープン戦は6試合でわずか1失点、3勝1敗、防御率0.42という抜群の仕上がりを見せた田...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【MLB】 早くも「非常事態」のヤンキース 怒りの矛先は「いじめ」やすい田中将大に - 04月17日(月)18:27 

 2017年シーズンが開幕して2週間。日本の巨人と並んで優勝を義務づけられたヤンキースがスタートダッシュに失敗。早くも手厳しい地元メディアから「非常事態宣言」が発令された。その主犯格は3年連続の開幕投手に失敗した田中将大(28)なのはいうまでもない。ニューヨーク・メディアの怒りぶりを紹介しよう。  「われわれは田中にオプト・アウトへの最後通牒を与えていない」(ニューヨーク・ポスト紙)、「もし田中がオプト・アウト条項を行使するなら、ヤンキースは引き留めないつもりのようだ」(ニューヨーク・デーリー...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

熱き侍たちが躍動!! メジャーリーグ Times サイヤング賞も夢ではない 2017年のダルビッシュ有 - 04月15日(土)15:03 

ダルビッシュ有がレンジャーズの開幕投手として2017年シーズンをスタートさせた。 今シーズンはダルビッシュにとって、これまでの投手人生で最も重要な年になると言っても過言では...
in English
カテゴリー:

【MLB】<日本メディアへの違和感>米国人の記者「田中将大に優しすぎる」「結果を出せなければ批判されなければいけない」 - 04月13日(木)11:09 

オープン戦好調だったニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が、開幕してから調子を落としている。 田中はヤンキースと大型契約を結んでいるだけではなく、日本人初の3年連続開幕投手など、期待度の高さは周知の通りだ。 今季3戦目の登板で、ヤンキースのエースとしての活躍を見せられるか。 日本のメディアは田中に優しすぎる   お世辞にも快投とは言えない。ヤンキースの田中将大投手が8日(日本時間9日)の敵地ボルティモア・オリオールズ戦で今季2度目の先発登板。 5回を投げて6安打3失点はともかくとして、自己ワースト...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

沢村賞のトロフィーが破壊されても…日本で成長した広島・ジョンソンが語る 「黒田に教えてもらった重要なこと」 - 04月13日(木)06:00 

昨年11月のある日、広島東洋カープのクリス・ジョンソンは興奮を抑えることができなかった。なぜなら、「ナンバーワン投手」であることを証明するトロフィーが、地元ミズーリ州ブルー・スプリングズの郵便局に届いたからだ。 昨シーズンのジョンソンは、広島のリーグ優勝に貢献した数々の好投が認められ、投手にとって最高の栄誉である沢村賞を獲得した。しかも外国人投手の受賞は、1964年のジーン・バッキー(阪神)以来、史上2人目となる快挙だった。 沢村賞までの道のりは、決して平坦ではなかった。 2006年にボストン・レッドソックスからドラフト1巡目で指名されたものの、6シーズンがたってもメジャーデビューすることなく、11年に解雇された。その後、メジャー傘下のマイナー球団などを渡り歩き、13年にメジャー初登板を果たすも敗戦投手に。14年もわずか3登板で未勝利に終わり、広島と契約を交わすことを決意した。 苦難の道を歩んできたジョンソンが、心を躍らせながら郵便物の箱を開けると…。なんと、沢村賞のトロフィーはバラバラになっていたのだ。ジョンソンは愕然(がくぜん)とし、壊れたトロフィーは段ボール箱に入れたままだという。 「箱を開けてみたら、グチャグチャになっていたんだ。ガラスの部分が割れていて、...more
in English
カテゴリー:

【MLB】ダルビッシュ6回1失点の好投も今季白星ならず 打線が6回まで無安打沈黙 6回4安打1失点5奪三振 3.65 - 04月09日(日)11:06 

6回無死二、三塁の危機を1失点で凌ぐ 今季初勝利を目指すレンジャーズのダルビッシュ有投手は8日(日本時間9日)、本拠地でのアスレチックス戦に先発し、 6回4安打3四球5奪三振で1失点(自責1)と好投をした。 だが、打線はアスレチックス先発ブレグマンの前に6回まで無安打と封じ込められ、援護射撃なし。 ダルビッシュは毎回走者を背負いながらも、自ら牽制で刺すなど要所で締めて、試合を作った。 自身初となるメジャー開幕投手を任された1日(同2日)インディアンス戦では5四球2暴投と制球を乱し、チームを勝利へ導けなかった...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「開幕投手」の画像

もっと見る

「開幕投手」の動画

Wikipedia

開幕投手(かいまくとうしゅ)とは、プロ野球における開幕戦先発投手を指す。

概要

日本のプロ野球の開幕戦には、各球団ともエースと呼ばれる投手を筆頭に、球団の代表投手を先発させる例が比較的多く、投手にとっても開幕投手に指名されるのは名誉なことであるとされる。そのため新人選手が選ばれることは稀であり、1リーグ時代を含めても15人しかいない。それでも1950年代には毎年のように新人選手の開幕投手が登場していたが、それ以降は1962年の城之内邦雄(巨人)、1984年の高野光(ヤクルト)、2013年の則本昂大(楽天)の3人のみとなっている。

日本プロ野球においては、金田正一(国鉄・巨人)と鈴木啓示(近鉄)の14回が開幕投手の最多記録で、鈴木の挙げた開幕戦9勝は日本記録である。また、山田久志(阪急)の12年連続開幕投手(1975年~1986年)及び5年連続開幕戦勝利も日本記録となっている。

日本プロ野球史上において、最年長の開幕投手は1998年の大野豊(広島)で42歳7ヶ月。最年...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる