「開幕投手」とは?

関連ニュース

<楽天>梨田監督「変なシーズンだった」 - 10月11日(水)06:05 

東北楽天の梨田昌孝監督は10日、後半戦に失速したが4年ぶりのAクラスの3位に入った今季を総括しCSへの意気込みを語った。◎一問一答 −今季を振り返って。 「変なシーズンだったね。開幕投手に予定していた
カテゴリー:

西武・菊池雄星が自ら語った「覚醒の背景」──野球界の常識を覆す発想とは - 10月04日(水)10:00 

ついに覚醒した、といっていいだろう。今季、奪三振など数々の記録で球界の頂点へと飛躍し、左腕史上最速となる158キロも記録した菊池雄星(ゆうせい)。 周囲の期待と現実とのギャップに悩み続けた大器は今、8年目にして「球界ナンバーワン左腕」の頂に立つ。 * * * 最近、菊池雄星の心を揺さぶる一曲が長渕剛の『Myself』だ。切々と歌い上げる長渕剛の「真っ直ぐ、真っ直ぐ」というフレーズが、今の菊池には心地よく届く。 「長渕剛さん、大好きなんです。中学生の頃からずーっと聴いてます。その時々の心の状況によって聴く曲はいろいろですけど、今はこの『Myself』です。『真っ直ぐ、真っ直ぐ』って繰り返す歌詞がいいんですよね」 ついに覚醒したと言っていい。菊池が今シーズン、奪三振などいくつもの記録で球界の頂点へと飛躍を遂げた。8月3日には、ニッポンの左腕としては史上最速となる158キロも叩き出している。 「本当はこういうピッチングをもっと早い段階で期待されていたと思います。8年目になって、やっと高校時代の球に戻ってきたな、ようやくプロとしてスタートラインに立てたかなと…ここまで時間はかかりましたけど、僕自身、いろいろと苦い思いも経験してきました。...more
カテゴリー:

プロ野球:「今はすっきり」DeNAの高崎と大原が引退 - 10月05日(木)18:27 

 DeNAは5日、高崎健太郎投手(32)、大原慎司投手(32)が現役を引退すると発表した。  2012年に開幕投手を務めた高崎は「今はすっきりしている。ここ何年間は自分のボールを信用できなくなり、勝負できないと感じた」と話した。11年にセ・リーグ新人最多記録の71試合に登板した大原は「あの1年があったから頑張ってこられた。力が落ちていくボールを投げ続けるのであれば、引退しようという気持ちになった」とコメントした。(共同)
カテゴリー:

【野球】<今季13勝12敗のヤンキース・田中将大> 年俸25億円で今季貢献度は半値以下... - 09月30日(土)20:00  mnewsplus

ヤンキース・田中将大(28)が29日(日本時間30日)のブルージェイズ戦に登板。レギュラーシーズン最終マウンドは、7回を3安打無失点で13勝目(12敗)をマークした。メジャー自己最多の15三振を奪い、無四球だった。  今季は3年連続開幕投手を務め、不動のエースの座を手にしたはずだが、投球内容はもちろん、働きぶりは物足りない。2014年に移籍してからの投球回数は昨季の199回3分の2が最多。右肘に不安を抱えているため、毎年、離脱を繰り返しており、これまで一度も200回に達していないのだ。  メ...
»続きを読む
カテゴリー:

「開幕投手」の画像

もっと見る

「開幕投手」の動画

Wikipedia

開幕投手(かいまくとうしゅ)とは、プロ野球における開幕戦先発投手を指す。

概要

日本のプロ野球の開幕戦には、各球団ともエースと呼ばれる投手を筆頭に、球団の代表投手を先発させる例が比較的多く、投手にとっても開幕投手に指名されるのは名誉なことであるとされる。そのため新人選手が選ばれることは稀であり、1リーグ時代を含めても15人しかいない。それでも1950年代には毎年のように新人選手の開幕投手が登場していたが、それ以降は1962年の城之内邦雄(巨人)、1984年の高野光(ヤクルト)、2013年の則本昂大(楽天)の3人のみとなっている。

日本プロ野球においては、金田正一(国鉄・巨人)と鈴木啓示(近鉄)の14回が開幕投手の最多記録で、鈴木の挙げた開幕戦9勝は日本記録である。また、山田久志(阪急)の12年連続開幕投手(1975年~1986年)及び5年連続開幕戦勝利も日本記録となっている。

日本プロ野球史上において、最年長の開幕投手は1998年の大野豊(広島)で42歳7ヶ月。最年...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる