「長谷川博己」とは?

関連ニュース

「ひよっこ」117話。実も宗男もうなされる、茂おじいちゃんは大丈夫か - 08月17日(木)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第20週「さて、問題です」第117回 8月16日(水)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:松木健祐117話はこんな話奥茨城村に戻った実(沢村一樹)は、1ヶ月が経過し、だいぶ故郷での暮らしにも慣れてきた。 蘇る実116回で、痛快な、クイズ番組での豊子(藤野涼子)の活躍を描いた翌日は、しっとり回。実の話に戻る。だいぶ、元の生活に戻った実の元に、綿引正義(竜星涼)が訊ねて来て、出稼ぎしていた頃の実の様子を語って聞かせる。正義が、熱心に聞き込み調査を繰り返していたことが、ここで生きる。記憶をなくした実に、実の働いていた時の記憶を手渡せたのだ。勉強して知識を増やしていくように、実は過去の自分の記憶を再インストールしていく。妻・美代子(木村佳乃)には、実が行方不明になった時の、美代子の行動や心境について聞く。これは、本来、実が知っていて当然のことではない。美代子の状況だから。でも、記憶を失ったことをきっかけに、自分がいない時、家族が何を思い、どう行動していたか、知ることになるという、言ってみれば、一度崩壊した家族を再生する試みになっている。やっぱり、話し合うことが大切。意見をぶつけ合うのではなく、ただただ、相手の話を聞いて、相手を知ること。そうすることで、新たな自分の在り方も見えてくる・・・かも...more
カテゴリー:

長澤まさみ、松田龍平ら「散歩する侵略者」出演陣ずらり!当日チケットは15秒で完売 - 08月09日(水)14:00 

 黒沢清監督の最新作「散歩する侵略者」の完成披露試写会が8月8日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われ、主演の長澤まさみをはじめ松田龍平、長谷川博己、高杉真宙、恒松祐里、前田敦子、満島真之介、児嶋一哉(アンジャッシュ)、光石研、メガホンをとった黒沢監督、原作者の前川知大が舞台挨拶に立った。 ・「散歩する侵略者」完成披露の模様はこちら!  前川が主宰する人気劇団「イキウメ」の舞台作品を、黒沢監督が映画化。行方不明だった夫(松田)が、地球侵略をもくろむ宇宙人に乗っ取られて帰ってくるという衝撃的な事態に直面する主人公・鳴海(長澤)を中心に、日常が異変に蝕まれていくさまをエンタテインメントとして描き出す。  この日のチケットは、発売開始から15秒で完売となったそうで、長澤は「うれしいです」と満面の笑み。原作者の前川は「12年前、新宿の地下の100人くらいしか入らない劇場で初演した作品が、映画になってこれだけのお客さんの前で上映されることに……」と感慨深げ。黒沢監督も「7、8年前に原作と出合い、衝撃を受けてなんとか映像化したいと強く思った」と明かし「どうしたら映画に置き換えられるか? 試行錯誤の連続でしたが、最終的に迷いのない映画になりました。迷いのない確信が最後に待っていると思います」と出来ばえに自信をのぞかせる。  侵略者に乗っ取られた夫の妻という役柄を演じた長澤は「鳴海という...more
カテゴリー:

松田龍平、宇宙人役に苦戦 長澤まさみ「怒ってばかり」の妻役に疲労困憊? - 08月09日(水)12:30 

 俳優の松田龍平と女優の長澤まさみが8日、都内で行われた映画『散歩する侵略者』の完成披露試写会に登壇。本作で“宇宙人”役に悪戦苦闘していた松田に対して、妻役の長澤が「怒ってばかりで疲れました」と吐露し、会場を沸かせた。この日は、共演の長谷川博己、高杉真宙、恒松祐里、 前田敦子、満島真之介、光石研、児嶋一哉(アンジャッシュ)、メガホンを取った黒沢清監督、原作者の前川知大も出席した。【関連】映画『散歩する侵略者』完成披露上映会フォトギャラリー 本作は、『クリーピー 偽りの隣人』『岸辺の旅』などの黒沢監督が、劇作家・演出家の前川が結成した劇団イキウメの舞台劇を映画化した異色ミステリー。数日間の行方不明の後、夫・真治(松田)が「侵略者」に乗っ取られ、妻・鳴海(長澤)のもとへ帰ってくるという大胆なアイディアをもとに、平穏だった町が変貌していくさまをスリリングに描く。 突然の失踪から豹変して帰ってきた真治(松田)に対して怒りをぶつける妻・鳴海を熱演した長澤は、「大半が怒っている役だったのですが、それが大変でした。怒るって、凄くエネルギーを使う感情で、精神的にも肉体的にも疲れて、不思議な感覚に囚われた記憶があります」と吐露。これに対して松田は、「僕は(宇宙人に侵略されて)エネルギーが全然なかったので、長澤さんのエネルギーだけが灯火でした。でも、最初は本当に怖かったです」とビビりながらも心の拠り所...more
カテゴリー:

長谷川博己に悲劇、自前サングラス撮影でボロボロに - 08月08日(火)20:57 

 長谷川博己(40)が8日、都内で行われた映画「散歩する侵略者」(黒沢清監督、9月9日公開)の舞台あいさつで撮影中に起こった災難について明かした。  映画は長沢まさみ(30)松田龍平(34)が夫婦役で主演。数日間行方不明になった夫が、地…
カテゴリー:

長澤まさみ、松田龍平ら「散歩する侵略者」出演陣ずらり!当日チケットは15秒で完売 - 08月09日(水)14:00 

黒沢清監督の最新作「散歩する侵略者」の完成披露試写会が8月8日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われ、主演の長澤まさみをはじめ松田龍平、長谷川博己、高杉真宙、恒松祐里、前田敦子、満島真之介、児...
カテゴリー:

長澤まさみ、怒り続ける役「大変だった」 夫の松田龍平も「本当に怖くて…」 - 08月09日(水)13:51 

 映画『散歩する侵略者』の完成披露上映会が8日、東京都内で行われ、出演者の長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己、高杉真宙、恒松祐里、前田敦子、満島真之介、児嶋一哉、光石研、黒沢清監督ほかが登壇した。  本作は、劇作家・前川知大氏率いる劇団イキウメの人気舞台を映画化。数日間の行方不明の後、夫が「侵略者」に乗っ取られて帰ってくるという大胆なアイデアをもとに、日常が異変に巻き込まれていく世界を描いたサスペンス、アクション、そして究極のラブストーリーとなっている。  主演の長澤は、冒頭のあいさつで「この(イベントの)チケット、15秒で“即完”したらしくて…。とてもうれしかったです。ありがとうございます」と感謝を述べた。  劇中では、夫が侵略者に乗っ取られた妻・加瀬鳴海を演じた長澤。「鳴海という人は大半が怒っている。怒るという感情はとてもエネルギーを使うものなので、それがすごく大変でした。精神的にも肉体的にも疲れて、不思議な感覚にとらわれた記憶があります」と撮影での苦労を振り返った。  そんな長澤の怒りを一身に受けた夫役の松田は「撮影の最初の方は、ずっと怒っているので本当に怖くて…。でも何で(相手は)こんなに怒っているんだろう…?という気持ちが、宇宙人とリンクするものがありました」としみじみ。  役作りもしなかったと言い「(そもそも)宇宙人がよくわからなかった。撮影前に、黒沢さんに『宇宙人って何...more
カテゴリー:

松田龍平、現場では怒ってばかりの長澤まさみは「本当に怖くて……」 - 08月09日(水)10:30 

俳優の松田龍平が8日、都内で行われた映画『散歩する侵略者』(9月9日より公開)の完成披露上映会に、長澤まさみ、長谷川博己、高杉真宙、恒松祐里、前田敦子、満島真之介、児嶋一哉、光石研、黒沢清監督、原作者の前川知大氏とともに登壇した。
カテゴリー:

前田敦子 総選挙名言イジられ赤面「あれはギャグじゃない!」 - 08月08日(火)20:08 

 女優の前田敦子(26)が8日、都内で行われた映画『散歩する侵略者』(9月9日公開)の完成披露舞台あいさつに出席。共演した松田龍平(34)らと作品をアピールするなか、アンジャッシュの児嶋一哉(45)から“イジり”を受けて赤面する一幕があった。  作風になぞらえて、共演陣の中から“奪いたいこと”がトークテーマに。先陣を切る形で満島真之介(28)が「(松田)龍平さんの落ち着き。僕は本当に落ち着きがないので…」と挙げると、松田は「実は心の中では大忙し。すごいことになってる。それが伝わらないからなかなか…。それも大変だよ」とポツリと返して、笑いを誘った。  それに続いて前田は「児嶋さんの名前(を奪いたい)」と意外な願望を告白。この日も司会とおなじみの流れで「大島だよ!」とツッコミをさく裂させていた児嶋は「仕事がなくなっちゃうよ。それでご飯を食べてるし、児嶋じゃなくなったら何も無い」と自虐交じりにリアクション。  負けじとばかりに児嶋が「じゃあ僕はあっちゃんのギャグがいい。『私のことは嫌いでも、AKBは嫌いにならないでください!』」と、AKB48の選抜総選挙で放った名言を引き合いに出すと、前田は「あれはギャグじゃない。本気で言ったやつ!」と慌てて訂正。「いろんな芸人が言ってるからギャグかと思った」とイジり倒されると、照れながら手で顔を覆っていた。  同作は、『岸辺の旅』でカンヌ国際映...more
カテゴリー:

「長谷川博己」の画像

もっと見る

「長谷川博己」の動画

Wikipedia

長谷川 博己(はせがわ ひろき、1977年3月7日 - )は、日本俳優愛称は「ハセヒロ」。東京都出身。ヒラタオフィス所属。

来歴

中央大学文学部卒業。大学在学中はマガジンハウスでアルバイトをしていた。2001年、文学座附属演劇研究所に入所(第41期生)。

2002年、TPTBENTで初舞台を踏む。2004年4月、研修科を終了し準座員として入座。同年、文学座支持会新人賞(座内賞)受賞。2006年4月、準座員から座員に昇格。同年12月22日付で退座文学座・アトリエ短信、「近年の受賞一覧」参照。

2007年、芸能事務所フォスターに移籍。2010年、ヒラタオフィスに移籍。

2010年NHKドラマセカンドバージンに出演。2011年、テレビ東京...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる