「長崎駅」とは?

関連ニュース

【サッカー】<V・ファーレン長崎の新スタジアム建設にサンフレッチェサポーターが羨望の声>「長崎が本当に羨ましい…」 - 04月26日(木)15:23  mnewsplus

昨年J2・2位から昇格し、今シーズンからJ1に戦いの場を移しているV・ファーレン長崎。現在チームは11位と初めてのJ1で奮闘しているが、そんな中チームの未来に関する明るい話題が飛び込んできた。  24日、V・ファーレンのホームタウンである長崎市は、長崎駅から北側にある工業跡地の再開発に関し、チームの親会社である「ジャパネットホールディングスグループ」を優先交渉権者に決定したと発表。これにより、近い将来この土地にチームの新スタジアムが建設されることが濃厚になったと複数メディアが報じている。  発表が掲載され...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<V・ファーレン長崎>三菱重工長崎工場跡地再開発、サッカースタジアム整備などを提案したジャパネットに優先交渉権!★2 - 04月24日(火)18:18  mnewsplus

長崎市のJR長崎駅北側にある工場跡地再開発の事業者を公募している三菱重工業が、サッカースタジアム整備などを提案した通信販売大手「ジャパネットホールディングス」(長崎県佐世保市)を中心とする企業グループを、優先交渉権者とする方針を決めた。関係者への取材で分かった。三菱重工業は週内にも正式発表し、用地の売買契約などの手続きを進める。  再開発予定地は三菱重工業長崎造船所幸町工場の跡地約7ヘクタール。ジャパネットは外資系不動産会社とともに、今季からサッカーJ1に昇格した子会社の「V・ファーレン長崎」...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<V・ファーレン長崎>三菱重工長崎工場跡地再開発、サッカースタジアム整備などを提案したジャパネットに優先交渉権! - 04月24日(火)07:33  mnewsplus

長崎市のJR長崎駅北側にある工場跡地再開発の事業者を公募している三菱重工業が、サッカースタジアム整備などを提案した通信販売大手「ジャパネットホールディングス」(長崎県佐世保市)を中心とする企業グループを、優先交渉権者とする方針を決めた。関係者への取材で分かった。三菱重工業は週内にも正式発表し、用地の売買契約などの手続きを進める。  再開発予定地は三菱重工業長崎造船所幸町工場の跡地約7ヘクタール。ジャパネットは外資系不動産会社とともに、今季からサッカーJ1に昇格した子会社の「V・ファーレン長崎」...
»続きを読む
カテゴリー:

長崎前市長銃撃11年:憤りと悲しみ忘れない 市民ら献花 - 04月17日(火)12:44 

 長崎市の伊藤一長・前市長(当時61歳)が暴力団幹部に銃撃され、死亡した事件から17日で11年となった。JR長崎駅近くの現場の歩道には献花台が設けられ、訪れた市職員や市民らが伊藤前市長の冥福を祈った。
カテゴリー:

三菱重工長崎:工場跡地再開発、ジャパネットと締結 - 04月24日(火)19:16 

 長崎市のJR長崎駅北側にある三菱重工業長崎造船所幸町工場の跡地再開発について、三菱重工業は24日、通信販売大手「ジャパネットホールディングス」(長崎県佐世保市)を中心とする企業グループを優先交渉権者に選び、土地取引に関する契約に向けた基本協定書を締結したと発表した。三菱重工業は選定理由を「長崎の街
カテゴリー:

長崎駅北側にサッカースタジアム ジャパネットに交渉権 - 04月24日(火)14:02 

 長崎市のJR長崎駅北側にある工場跡地の開発事業者を公募していた三菱重工業は24日までに、通販大手ジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)を中心とする企業グループを優先交渉権者に選定した。近く発…
カテゴリー:

三菱重工長崎:工場跡地再開発、ジャパネットに優先交渉権 - 04月24日(火)07:00 

 長崎市のJR長崎駅北側にある工場跡地再開発の事業者を公募している三菱重工業が、サッカースタジアム整備などを提案した通信販売大手「ジャパネットホールディングス」(長崎県佐世保市)を中心とする企業グループを、優先交渉権者とする方針を決めた。関係者への取材で分かった。三菱重工業は週内にも正式発表し、用地
カテゴリー:

「長崎駅」の画像

もっと見る

「長崎駅」の動画

Wikipedia

長崎オフレールステーション(略称:長崎ORS)は、JR貨物長崎駅に属し、駅西側(旧長崎車両センターの西隣)にあるコンテナ集配基地である。コンテナ貨物(12フィートコンテナのみ)を取り扱っており、貨物列車代替のトラック便が当駅と鍋島駅の間で1日に14往復運行されている。

1999年(平成11年)までJR貨物長崎駅は貨物列車の発着があったが、廃止され自動車代行駅となった。なお、2006年(平成18年)4月より、コンテナ基地の名称がオフレールステーションとなっている。

列車廃止以前は、2面のコンテナホームや複数の荷役線を有し、駅南側の埠頭にあった魚市場への線路も存在していた。魚市場から鮮魚を輸送するため、鮮魚貨物列車「ぎんりん」(大阪市場駅行き、ただし同駅廃止後は梅田駅行き)や「とびうお」(東京市場駅行き)なども運行されていた。魚市場の移転に伴い埠頭の線路はすべて撤去され、コンテナ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる