「鎌田實」とは?

関連ニュース

学校や職場に“分身ロボ”…孤独の解消に? 6/22 18:57更新 - 06月22日(木)18:57 

OriHime(オリヒメ)と呼ばれるロボットがある。実は、このロボットを操作するのは人間だ。「そこにいることに大きな意味がある」―遠隔操作で動く“分身ロボット”の可能性を諏訪中央病院・鎌田實名誉院長が解説する。
カテゴリー:

【働き方】働きたい時に来ればいい会社、離職者減り効率も品質も向上 - 06月04日(日)18:56 

https://www.news-postseven.com/archives/20170604_559516.html 2017.06.04 07:00 【鎌田實医師が紹介する「フリースケジュール制」企業の実態】  ワークライフバランスを重視し、仕事と生活のバランスをよくしようと叫ばれてから時間が経っているが、「努力をしている」という話はあっても、「実現できた」というケースは稀だ。「フリースケジュール制」という大胆な働き方を採用したことで、かえってよい結果につなげた事例をとりあげながら、諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、働くことと人間との関わり方について考え...
»続きを読む
カテゴリー:

少女が「イスラム国」から帰還できた理由 6/15 18:34更新 - 06月15日(木)18:34 

先週9日、過激派組織「イスラム国」に拉致されていたイラクの5歳の少女が、約3年ぶりに家族のもとに戻った。実は、鎌田實氏(諏訪中央病院・名誉院長)は以前、この母親を取材していた。少女が「イスラム国」から逃れることができた理由とは―
カテゴリー:

「鎌田實」の画像

もっと見る

「鎌田實」の動画

Wikipedia

鎌田 實(かまた みのる、1948年6月28日 - )は、日本の医師作家、JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)代表、ピースボート水先案内人ピースボートステーション。

概要

東京都杉並区出身。1歳で養子に出され、青森県から上京し個人タクシー業を営む養父と病弱な養母に引き取られる。ただし37歳でパスポートを取得するまで養子であることは鎌田本人には伏せられていた。

東京都立西高等学校卒業。東京医科歯科大学医学部では全共闘に参加、卒業後、つぶれかけていた長野県茅野市諏訪中央病院医師として、「住民とともに作る地域医療」の最前線に取り組んできた。1988年、今井澄のあとを受けて30代で同病院院長就任。著書「がんばらない」は2001年に西田敏行主演で...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる