「銀粉蝶」とは?

関連ニュース

『わろてんか』葵わかな、妹・りんとの2ショットも! - 01月17日(水)09:30 

NHK後期連続テレビ小説「わろてんか」でヒロイン藤岡てんを務める女優の葵わかなが15日、オフィシャルブログを更新。第15週目の放送を振り返った。 同ドラマは、明治から昭和初期の大阪を舞台に、主人公・藤岡てん(葵)が小さな寄席の経営を夫婦で始め、日本で初めて「笑い」をビジネスにした女性と言われるまでになる姿を描く。吉本興業の創業者・吉本せいがモデル。 第15週(1月8日~13日)「泣いたらあかん」は、関東で大地震が起き、東京の寄席に出演中のキース(大野拓朗)を心配した藤吉(松坂桃李)は、風太(濱田岳)に芸人たちへの救援物資を託して東京に向かわせた。浅草の焼け跡で発見されたキースは、“東京のお母ちゃん”と呼ぶ記憶喪失の女性・志乃(銀粉蝶)を連れ大阪に戻って来る。てんは志乃と会った時の伊能(高橋一生)の反応がなぜか気になり、そのことを伊能に尋ねてみる。すると伊能の口から意外な話が飛び出した。志乃は中学の時に伊能を捨てた実の母親だという展開。 葵は「15週ありがとうこざいました」と題して更新されたブログでは、「親子ってなんだろうって思うような回でしたね。てんちゃんも母になったからこそ、でも少女時代の経験があったからこそ、伊能さんと志乃さんを諦めたくなかったんだと思います。親子でも夫婦でも、友達でもお仕事でも、やっぱり人同士の関係は簡単には行きませんね。でもだからこそ、強いものがあるの...more
カテゴリー:

『わろてんか』第16週、ラジオ放送開始で万歳が人気に 落語重視の藤吉は風太と対立 - 01月14日(日)11:00 

 NHK連続テレビ小説『わろてんか』は、15日から第16週「笑いの新時代」が放送。昭和になってラジオ放送が始まり、時代の変化は北村笑店にも押し寄せる中、落語を大切にしたい藤吉(松坂桃李)と「万歳が今後の主流になる」と考える風太(濱田岳)が対立していた。【写真】『わろてんか』第16週フォトギャラリー 寄席では万歳人気が高まり、風太は落語よりも万歳を大々的に売り出そうとするが、藤吉は落語を大切に扱いたいと反発する。そんな風太はおトキ(徳永えり)との仲がなかなか進展しないが、それを心配したキース(大野拓朗)が、風太に西洋風のプロポーズを指南、しかし風太の一世一代の告白は無残にも失敗してしまう。 一方、藤吉は突然脳卒中で倒れ入院。だが、てん(葵わかな)の付きっ切りの看病のかいもあって意識を取り戻した。 そんな中、ラジオ局が人気落語家・団吾(波岡一喜)を出演させようと画策するが、寄席の客が減ると考えた藤吉も風太も反対する。だが風太の万歳重視に反発する団吾は、ラジオ出演を強行しようととんでもない作戦に打って出る…。 先週放送された第15週「泣いたらあかん」では、関東で大地震が起き、てんや藤吉らは東京にいるキースを心配するが、キースは浅草の焼け跡で発見され、記憶喪失の女性・志乃(銀粉蝶)を連れ大阪に戻って来る。実は志乃は、中学生のときに伊能(高橋一生)を捨てた実の母親だった。伊能は反発するがキー...more
カテゴリー:

明日のわろてんか:1月13日 第85回 伊能と母・志乃の関係に雪解け… - 01月12日(金)13:00 

 葵わかなさん主演のNHKの連続テレビ小説「わろてんか」は第15週「泣いたらあかん」を放送。13日の第85回では、てん(葵さん)と藤吉(松坂桃李さん)は、志乃(銀粉蝶さん)のお別れ会を開き、伊能(高…
カテゴリー:

明日のわろてんか:1月12日 第84回 志乃に記憶が戻るも伊能は拒絶? - 01月11日(木)13:00 

 葵わかなさん主演のNHKの連続テレビ小説「わろてんか」は第15週「泣いたらあかん」を放送。12日の第84回では、伊能(高橋一生さん)はてん(葵さん)から志乃(銀粉蝶さん)が記憶を取り戻したことを教…
カテゴリー:

「わろてんか」82話「こんなことがまさかあるのかと目を疑ったよ」と視聴者も思った - 01月11日(木)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第15週「泣いたらあかん」第82回 1月10日(水)放送より。 脚本:吉田智子 演出:川野秀昭 82話はこんな話キース(大野拓朗)が連れて大阪につれてきた志乃(銀粉蝶)は、栞(高橋一生)のお母さんだった。あなたは生き別れのお母さん やっぱり地震の話は見たくないのか、月曜日といっても休日であったせいか、80話は、視聴率16.6%とかなり低かった(ビデオリサーチ調べ 東京地区)が、81話は19%台に戻った。16%まで下がった朝ドラは「まれ」(15年)以来だ。ツッコみどころ満載という点において、「まれ」と「わろてんか」は似ているといえば似ている。似てないのは、主人公の存在感。「まれ」はやたらがむしゃらで、「わろてんか」は妙に大人しい。さて、82話である。「こんなことがまさかあるのかと目を疑ったよ」(栞)。まさに、そんな感じの、まさか、まさかの超展開。志乃を見て栞は「あなたは・・・」と言うが、彼女は栞に見覚えがないようで。栞もてん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)に知り合いかと聞かれて、人違いだったと訂正する。だがしかし・・・。しばらく長屋に住み、寄席の手伝いをすることになった志乃に、なぜか心揺らす栞。そして放送10分後、栞は志乃が実母であると、てんと藤吉に告白する。志乃は栞の父の妾で、金の...more
カテゴリー:

「わろてんか」85話。笑いより泣きのドラマが断然向いてる説 - 01月15日(月)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第15週「泣いたらあかん」第85回 1月13日(土)放送より。 脚本:吉田智子 演出:川野秀昭 85話はこんな話志乃(銀粉蝶)と栞(高橋一生)はついに心を通わせ、風太(濱田岳)も東京から戻って来た。いい話だった 吉田智子先生は、笑わせるより泣かせるほうが得意なんだなーと思った回。マンマンで行われた志乃の送別会に、少し遅れて、栞もやって来た。でも相変わらず意地を張っていて、へその緒を返しに来たとぶっきらぼうに言う。そこで隼也(南岐佐)が役に立つ。志乃が隼也の名前の由来を褒めるエピソードが前にあったことを踏まえ、満を持しての「栞」の名前も由来が語られる。「たくさんの人の道しるべになるように」という意味だった。そして、その名前の意味は、この回の終わり、栞が大阪府から表彰されたとき出したコメント「道標になりたい」につながる。やさしい気持ちになる、とてもよくできたお話。10話連続ドラマだったら、クライマックスの前の箸休め的な7話か8話あたりにありそうだ。でも、キースがねえ・・・。 栞が小料理屋再建資金を手渡すと、当然ながら志乃は遠慮する。だが、栞は、貸すのだと言う。返すのに20年かかると。それを聞いたキースが「長生きしてほしいという意味」と通訳する。切ない。キース、全然必要ない・・・(涙)...more
カテゴリー:

「わろてんか」84話。千原ジュニアの「被災地初のお笑いドキュメンタリー」と趣旨は同じなんだと思う - 01月13日(土)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第15週「泣いたらあかん」第84回 1月12日(金)放送より。 脚本:吉田智子 演出:川野秀昭 84話はこんな話東京で被災した芸人たちを大阪に呼んで寄席で公演してもらおうと、てん(葵わかな)は思いつく。そして、キース(大野拓朗)は、志乃(銀粉蝶)と栞(高橋一生)を和解させるために、もう一度アサリ(前野朋哉)とコンビを組む。 笑いは人を救えるかいよいよ、「わろてんか」最大の命題であり、てんが常々言い続けている、笑いは人の心の薬になり得るかについて描かれそうだ。東京に慰問に行っている風太(濱田岳)も「笑いがいちばんのご馳走」と言う。この場面を見ていたら、昨年(17年)の暮れ(12月17日)、NHKで放送された
l「被災地初の“お笑いドキュメンタリー”『千原ジュニアがゆく 聞いてけろ おもしぇ~話』」を思い出した。千原ジュニアが、東日本大震災で被害に遭った方々を訪ね、彼らのとっておきのおもしろい話を訊くという趣向で、ジュニアが、一般人の話にとても上手に耳を傾け、彼らの話をどんどん引き出して、盛り上げていく様も見事なうえ、なによりも、え、そんなことが・・・というような笑える話を、おっちゃんやおばあちゃんたちが嬉々として語り、笑い続ける姿が印象的な番組だった。そこでは、面白い話をしないとや...more
カテゴリー:

「わろてんか」83話、キースはある意味噛ませ犬 - 01月12日(金)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第15週「泣いたらあかん」第83回 1月11日(木)放送より。 脚本:吉田智子 演出:川野秀昭 連続朝ドラレビュー 「わろてんか」83話はこんな話母・志乃(銀粉蝶)と再会した栞(高橋一生)は苦悩する。そして、記憶を失ったはずの志乃も何やら様子がおかしくなって・・・。 大阪弁と関東弁チャリティーを売名行為とマスコミに叩かれたり、突然、自分を捨てた母親と再会したり、散々な栞だが、すっとぼけたリリコ(広瀬アリス)とひととき冗談を言い合うときだけ気楽になれるようだ。ふたりの関係はなんかいい感じ。リリコとのやりとりで、栞がふざけてとはいえ、珍しく大阪弁を使ったのは、その前にマスコミのひとに「東京出身」と言われたことと、母がバリバリの江戸弁ふう(向島出身設定)なので、自分に染み付いている東京ぽさがいやだったのかもしれない(行間を想像して楽しんでみました)。 甘い卵焼きとだし巻き卵よくわからないが、銀粉蝶の喋り方がべらんめえ調な印象で、大阪弁と意識的に変えているように思える。彼女のふるまいによって大阪と東京の物理的な距離のみならず、心理的な距離まで見えるようだ。笹野高史、北村有起哉に次ぐ、演技派ゲストの登場である。銀粉蝶は、80年代、片桐はいりも所属していた劇団ブリキの自発団の創設者のひとりで...more
カテゴリー:

なぜ朝ドラでロス現象が起こる? 松坂桃李と高橋一生の行く末はどうなるのか - 01月11日(木)11:00 

©NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.第15週に突入したNHKの連続テレビ小説『わろてんか』のサブタイトルは「泣いたらあかん」。とはいえ、てん(葵わかな)と夫・藤吉(松坂桃李)が二人三脚でやってきた北村笑店は、いまや傘下に15店舗も構え、寄席の商売としては順風満帆な様子です。勢いに乗る藤吉は東京進出を目指すも、ある日、関東大震災が! 大波乱を迎えそうな今週は、どうやらママたちの支持率が高い、高橋一生演じる伊能が大きく揺さぶられる回となるようで、いまからドキドキします。■高橋一生のほころびがたまらない!©NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.関東大震災に遭ったキース(大野拓朗)が大阪へ連れてきたのは、“東京のお母ちゃん”と呼ぶ記憶喪失の女性・志乃(銀粉蝶)でした。志乃を見た伊能のただならぬリアクションに気づいたてんが彼を問い詰めると、どうやら彼女は伊能を捨てた母親だったよう。イケメン青年実業家の伊能は、どちらかというとクールでぬかりがないタイプ。だからこそ、ときどき見せるほころびがたまらないんですよね。©NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.たとえば、心を許...more
カテゴリー:

「わろてんか」81話「パレードはまわり続ける」ドラマはご都合主義のオンパレードに - 01月10日(水)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第15週「泣いたらあかん」第81回 1月9日(火)放送より。 脚本:吉田智子 演出:川野秀昭 81話はこんな話関東大震災が起こった東京へ、風太(濱田岳)が救援物資をもって向かう。 男気を見せる風太関東が大変なことになった。救援物資を携えて助けに行こうと考える藤吉(松坂桃李)とてん(葵わかな)。藤吉を制して、俺が行くと言う風太(濱田岳)。「俺やったら家族もいてへんし」「(社長をいかすわけにも)芸人をつれていくわけにはいかん」ひとりハードボイルドの気炎を吐く濱田岳。家族もいないしって言葉が切ない。だが、そんな風太にはおトキ(徳永エリ)がいる。お守りを渡し「無事に帰ってきやへんと一生許さへん!」と送り出す女心。風太はトントン拍子に、東京でキース(大野拓朗)と会えてしまう。「このへんでえらそうな大阪弁しゃべるやつ知りまへんか」と聞いたら、そこにキース。こうしてキースは大阪に戻ることになる。なんたる、コンビニ展開。記憶喪失のお母ちゃん そして、話の中心は濱田岳から銀粉蝶へと移る。キースが東京で世話になっていた“東京のお母ちゃん”こと志乃(銀粉蝶)は、震災で記憶を失っていた。キースと一緒にお母ちゃんも大阪に避難して、北村笑店にやって来ると、たまたま居合わせた栞(高橋一生)が志乃を見て表情を変...more
カテゴリー:

もっと見る

「銀粉蝶」の画像

もっと見る

「銀粉蝶」の動画

Wikipedia

銀粉蝶(ぎんぷんちょう、1952年5月13日 - )は、日本の女優、シンガーソングライター。夫は劇作家の生田萬。フライング・ボックス所属。

来歴

青山学院女子短期大学卒業後、浜松町の世界貿易センタービルに入居していた企業のOLとなるが、入社1日目に劇団のオーディション結果が発表され、合格して女優の道に入る2015年7月18日、NHK「土曜スタジオパーク」。

1981年、夫とともに劇団「ブリキの自発団」を結成、“最後のアングラ女優”の異名を持つことになる。

「芝居は嘘だが、続けていると本当になる時が来る。それが好き」とコメント2015年7月18日、NHK「土曜スタジオパーク」。

シンガーソングライターとして、ペヨトル工房からライブ真冬のトマト/銀粉蝶ミワクるステージ(カセットテープ+ブックレット)などもリリースされている。

芸名は「銀 粉蝶」ではなく「銀粉蝶」であるが、「銀さん」や「銀ちゃん」と呼ばれることは容認しているTBS系はなまるマーケット出演時のトークより。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる