「鈴木雅之」とは?

関連ニュース

【芸能】鈴木雅之 糟糠の妻も黙認する40代美魔女との“二重愛生活” - 01月23日(火)00:05  mnewsplus

「実は、鈴木さんには奥さん以外に20年以上交際している女性がいるんです。お相手は40代の一般女性、A子さん。彼女は表向きには鈴木さんのファンクラブを運営する会社の役員。ですから、仕事でも プライベートでも常に行動を共にしているんです」(鈴木の知人) “ラブソングの王様”として君臨する、Martinこと鈴木雅之(61)。ソロになって31年。“愛人”A子さんは公私ともに鈴木を支え続けてきたという。しかし、鈴木には下積み時代から二人三脚で人生を 歩んできた同級生の妻(61)がいるはず。いったい、どういうことなのか――。 5...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】“ガキ使”問題、「時代だから」の配慮要請に視聴者は辟易? - 01月21日(日)10:43  mnewsplus

大みそか特番『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しSP絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』(日本テレビ系)の演出をめぐって、今もなお、様々な議論が繰り返されている。同番組の演出に対する反対意見の主だったものとしては「“こういう時代”だから配慮は必要」というものが多い。だが、大半の視聴者はこれらの論調に、いささか辟易としているようにも見受けられる。 ◆海外でも大きなニュースに、年明けから続く大論争  ダウンタウンの浜田雅功は番組の中で、映画『ビバリーヒルズ・コップ』(1984~...
»続きを読む
カテゴリー:

斉藤和義、3・14新アルバム詳細公開 ジャケットは本人描き下ろし - 01月17日(水)17:00 

 デビュー25周年を迎えるシンガー・ソングライターの斉藤和義が、3月14日にリリースする2年半ぶり通算19枚目のオリジナルアルバムのタイトルが『Toys Blood Music』に決まり、本人が描き下ろしたイラストのジャケットや収録内容の詳細を一挙公開した。 【写真】斉藤和義が描き下ろしたイラストジャケット  収録されるのは、先行配信シングル「始まりのサンセット」、藤原さくらがゲストコーラスとして参加している「Good Luck Baby」や「問題ない」、2015年に鈴木雅之へ提供した曲で、斉藤が作詞・作曲・プロデュースしたダンサブルなロックチューン「純愛」のセルフカバーなど全11曲。初回限定盤の特典ディスクには、テレビCMやドラマ・映画主題歌として書き下ろした6曲が収められる。  今作も1人多重録音でほとんどの曲を制作し、ドラムマシンの往年の名機「LINN DRUM」、リズムマシンの名機「Roland TR-808」やmoogなどのアナログシンセサイザーをシンクロさせ、これまでに使用されてなかった機材も駆使してレコーディングが行われた。  2004年発売の『青春ブルース』以来14年ぶりとなるアナログLP盤でのリリースも決定。25周年記念として2500枚の限定生産で、3月14日に同日リリースされる。CD及びアナログLP盤を対象店舗で予約・購入するともれなく、『斉藤和義スペシ...more
カテゴリー:

鈴木雅之 糟糠の妻も黙認する40代美魔女との二重愛生活 - 01月23日(火)00:00 

「実は、鈴木さんには奥さん以外に20年以上交際している女性がいるんです。お相手は40代の一般女性、A子さん。彼女は表向きには鈴木さんのファンクラブを運営する会社の役員。ですから、仕事でもプライベートでも常に行動を共にしているんです」(鈴木の知人) “ラブソングの王様”として君臨する、Martinこと鈴木雅之(61)。ソロになって31年。“愛人”A子さんは公私ともに鈴木を支え続けてきたという。しかし、鈴木には下積み時代から二人三脚で人生を歩んできた同級生の妻(61)がいるはず。いったい、どういうことなのか――。 56年、東京・大田区内にある旋盤工場の経営者の長男に生まれた鈴木。75年、鈴木が19歳のころ同級生らとともに『シャネルズ』を結成。デビュー曲『ランナウェイ』が大ヒットし、たちまち時代の寵児となった。 「デビューした頃の月収は20万円。お金がなくて、当時まだ彼女だった奥さんが衣装を手作りしていたそうです」(音楽関係者) 妻は、鈴木が両親と同居するために建てた大田区内の自宅で今も暮らしている。 「庶民的な方で、自転車に乗ってスーパーに買い物に行くところをよく見かけます。『最近キャベツが高いわ~』なんてボヤくことも。最近は『ポケモンGO』にハマっていて、いつもポケモンを捕まえに外出(笑)。でも夕飯時には『夫が帰ってきちゃう!...more
カテゴリー:

テレビ規制、「時代だから」の配慮要請に視聴者は辟易? - 01月21日(日)08:40 

 大みそか特番『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しSP絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』(日本テレビ系)の演出をめぐって、今もなお、様々な議論が繰り返されている。同番組の演出に対する反対意見の主だったものとしては「“こういう時代”だから配慮は必要」というものが多い。だが、大半の視聴者はこれらの論調に、いささか辟易としているようにも見受けられる。 【写真】大きな議論を生むきっかけとなった『アメリカンポリス』衣装に身を包んだ浜田雅功 ◆海外でも大きなニュースに、年明けから続く大論争  ダウンタウンの浜田雅功は番組の中で、映画『ビバリーヒルズ・コップ』(1984~1994年)のエディ・マーフィーのコスプレで登場。この際、顔が黒く塗られていたことについて、日本在住の黒人作家バイエ・マクニール氏をはじめ、インターネット上で「差別に当たる」とする論調が浮上。一方で「本当にこれが差別なのか?」とする声も多く、SNSを中心に大論争が巻き起こっている。  「差別と思わない」派の意見では「差別の意図がないから」がほとんど。番組では、アメリカンポリスの設定で、他の演者がカッコいい制服に着替えて登場する中、浜田だけがなぜかエディ・マーフィー。そこが“笑いどころ”で、「なんで浜田だけ『ビバリーヒルズ・コップ』なんだよ」であって、決して「なんで浜田だけ肌が黒いんだよ」で...more
カテゴリー:

「鈴木雅之」の画像

もっと見る

「鈴木雅之」の動画

Wikipedia

鈴木 雅之(すずき まさゆき、すずき まさし)

; すずき まさゆき

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる