「鈴木砂羽」とは?

関連ニュース

大杉漣さんと1700人が最後の別れ 田口トモロヲ沈痛「恋しい、寂しい」 - 04月14日(土)22:46 

 急性心不全のため2月21日に急逝した俳優の大杉漣さん(享年66)のお別れの会「さらば!ゴンタクレ」が14日、東京都内の青山葬儀所で営まれた。 「ソナチネ」で大杉さんを見いだした北野武(ビートたけし)監督や、テレビ東京のドラマ「バイプレイヤーズ もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら」で共演し、最期をみとった田口トモロヲ、遠藤憲一、光石研、松重豊ら関係者約700人が参列。ファン約1000人も詰めかけ、大杉さんに別れを告げた。  祭壇は、喪主の弘美夫人が「風の吹く中から、大杉が立ち現れてきそう」と思い描いた、大杉さんの師である転形劇場の主宰者・太田省吾氏の葬儀の時と同じ野原をイメージしたもの。愛用のメガネやハット、自身のサッカーチーム「鰯クラブ」のユニフォーム、応援していたヴォルティス徳島の年間パスなどのサッカーグッズが置かれ、長男で写真家の隼平さんが2016年に撮影した笑顔の遺影が参列者を迎えた。  「バイプレイヤーズ」の4人は並んで弔辞に立ち、田口が代表して「いまだに気持ちの整理がつきません。覚めない夢を見続けているようで、壮大に仕組まれたドッキリなんじゃないか。今日あたり、おちゃめに登場してくるんじゃないかと思っています。ただひたすら、漣さんが恋しいです。そして、寂しいです」と遺影に語りかけた。それでも、「俳優の、人生の先輩として同じ時代を歩めた僕らは幸せでした。漣さんが...more
カテゴリー:

吉瀬美智子、偶然となりに座った斎藤工に「良い香りがずっとしてた~(笑)」 - 04月13日(金)16:46 

女優の吉瀬美智子が13日、自身のアメブロで俳優の斎藤工や女優の井川遥、板谷由夏との4ショットを公開した。 この日、板谷が主演を務める舞台『PHOTOGRAPH 51』の観劇に訪れた様子の吉瀬。「偶然一緒になったメンバー」として、板谷のほか斎藤、井川との集合写真を公開。斎藤とは偶然にも隣同士の席だったといい、「良い香りがずっとしてた〜(笑)」とコメントした。 吉瀬は「遥ちゃんも久しぶりの再会」と井川との再会を喜び、「舞台後も楽しい時間でした!」と盛り上がった様子をつづった。 『PHOTOGRAPH 51』は、DNAの二重らせん構造を発見した女性科学者ロザリンド・フランクリンと、彼女を取り巻く5人の男性を描く物語。2015年にニコール・キッドマンが主演を務め、ロンドンのウエストエンドで上演された話題作の日本初演となる。今作が初舞台となる板谷由夏が主演を務め、ブロードウェイで注目を集める女性演出家・サラナ・ラパイン氏が演出を担当する。 【関連記事】 ・吉瀬美智子オフィシャルブログ(2018年4月13日更新) ・吉瀬美智子 鈴木砂羽の誕生日祝福ショット公開「酔いどれ不定期会」 ・吉瀬美智子、真木よう子・板谷由夏との『セシルのもくろみ』豪華3ショット公開「最後まで楽しくお仕事出来ました」 ・芳根京子、竹内結子からの嬉しい言葉に「泣きそうになりまして」 ・萩原利久、木村多江と"親子ショ...more
カテゴリー:

千賀健永VS横尾渉『プレバト!!』俳句タイトル戦でキスマイ対決 - 04月12日(木)05:00 

4月12日放送の『プレバト!!才能ランキング』(MBS/TBS系ネット、毎週木曜19:00~)は春の2時間スペシャル。豪華ゲストによる「春の俳句タイトル戦」、新企画「押し花アート」、「水彩画」の3コーナーを放送する。     名人・特待生だけが参加できる「俳句タイトル戦!春の俳桜戦」には、最高位・名人9段の梅沢富美男、昨夏の「炎帝戦」覇者で梅沢を猛追する名人8段・藤本敏史(FUJIWARA)、昨年の「俳桜戦」「金秋戦」を制し“2冠”の名人6段・東国原英夫という“俳句トップ3”が揃って参戦。さらに、今年1月の「冬麗戦」で涙の初優勝を果たした特待生1級の千賀健永(Kis-My-Ft2)、リベンジを狙う名人2段の横尾渉(Kis-My-Ft2)、三遊亭円楽(2級)、中田喜子(同)、千原ジュニア(4級)、松岡充(5級)を加えた、総勢9人の名人・特待生がタイトル戦に挑む。言葉の表現力を競う「俳句査定」だが、番組をきっかけに俳句熱が高まり、仕事の合間に俳句のことばかり考える芸能人が続出しているという。その頂上決戦となる今回のタイトル戦は、俳人・夏井いつき先生も絶賛する名作が続々誕生する超ハイレベルな舞台となる。今回、先生から出されたお題は「桜と富士山」。「今回だけは! 私が1位だと思ってますから」と自信をみなぎらせる“無冠の帝王”梅沢名人、渾身の一句で悲願の初タイトルなるか? 横尾、千賀のキスマ...more
カテゴリー:

大杉漣さんと1700人が最後の別れ 田口トモロヲ悲痛「いまだに気持ちの整理つかない」 - 04月14日(土)19:05 

 急性心不全のため2月21日に亡くなった俳優の大杉漣さん(享年66)のお別れの会「さらば!ゴンタクレ」が4月14日、東京・青山葬儀所で営まれた。 ・【フォトギャラリー】大杉漣さんのお別れの会、その他の写真はこちら  北野武(ビートたけし)監督や最期をみとった田口トモロヲ、遠藤憲一、光石研、松重豊ら関係者約700人が参列。ファン約1000人も詰めかけ、大杉さんとの早すぎる別れを惜しんだ。  祭壇は、大杉さんの師である転形劇場の主宰者の太田省吾氏の葬儀の時と同じ野原をイメージしたもので、弘美夫人の「風の吹く中から、大杉が立ち現れてきそう」という思いを具現化。愛用のメガネや自身のサッカーチーム「鰯クラブ」のユニフォーム、応援していたヴォルティス徳島の年間パスなどのサッカーグッズが置かれ、その中央には長男で写真家の隼平さんが2016年に撮影した笑顔のスナップが遺影として飾られた。  弔辞に立った田口らは悲報に際し、テレビ東京のドラマ「バイプレーヤーズ2」のホームページにコメントを載せて以降、一切口を閉ざしてきた。この日は田口が代表し、「いまだに気持ちの整理がつきません。覚めない夢を見続けているようで、壮大に仕組まれたドッキリなんじゃないか。今日あたり、おちゃめに登場してくるんじゃないかと思っています。ただひたすら、漣さんが恋しいです。そして、寂しいです」と沈痛な面持ち。それでも、「...more
カテゴリー:

瀧本美織、だいすけお兄さんのライブで「うたのおねえさん」に挑戦 - 04月12日(木)15:24 

女優の瀧本美織が11日に自身のアメブロを更新。“うたのおねえさん”に挑戦することを報告した。 瀧本は、「今週の土日、14日15日と「横山だいすけFamily Live 2018 in大阪城ホール」に参加させていただきます!」と発表。 同ライブは、『おかあさんといっしょ』で“うたのおにいさん”を最長である9年間務め、お母さんや子供から沢山の支持を受ける「だいすけお兄さん」こと横山だいすけがアーティストとして企画から携わり、“お母さんも、お父さんも、子供たちも、みんなが一緒になって思いっきり歌って踊れる”という内容。出演者は横山、瀧本のほか鈴木福、アイドルグループ・たこやきレインボー。 瀧本は「ちっちゃい子大好きだから嬉しいな~ おかあさんといっしょでおなじみだったり子どもたちに大人気な曲から、アニメ、ポップス、昭和の名曲までかなり幅広い歌が揃っていますよ~!」「だいすけお兄さんと歌えること、とても嬉しいです!」とコメントし、ワクワクしていることがうかがえる。 読者からは、「大阪行きたいな!!子供と遊ぶ美織さん。観たい!!」「うたのお姉さんとかカッコいい大阪行きたいなぁ!」「大阪なんですね~見に行きたいけど遠すぎて…美織ちゃんに会いたいでーす!」というコメントのほか、「東京での予定は無いのですか?ぜひやってほしいです」など、東京公演を望む声も寄せられている。 【関連記事】 ・...more
カテゴリー:

土屋アンナ「音楽と一緒で納得いくってことがない」【プレバト!!連載】 - 04月09日(月)06:00 

4月12日(木)夜7時から、TBS系で「プレバト!!才能ランキング」が放送される。 写真を見る】「水彩画・昇格査定スペシャル」にしずちゃん、鈴木砂羽、土屋アンナらが参戦!/(C)MBS 「プレバト!!」は、浜田雅功MCの下、芸能人の隠れた才能を専門家が査定しランキング形式で発表する知的エンターテインメント番組。 今回の2時間スペシャルでは、「俳句タイトル戦!春の俳桜戦」「水彩画・昇格査定スペシャル」、そして新企画である「押し花アートの才能査定」を開催。 特待生・候補生が進級をかけて挑む「水彩画・昇格査定スペシャル」では、現在最高位の特待生1級しずちゃん(南海キャンディーズ)、初登場でいきなり特待生に昇格した鈴木砂羽、“才能アリ”の評価を得て特待生まであと一歩の3人、大和田伸也、土屋アンナ、白石糸が参戦。それぞれ昇格を目指し、野村重存先生からの難題に挑む。 WEBサイト「ザテレビジョン」では番組を盛り上げるべく、短期連載企画を実施。 番組でさまざまな企画に挑戦してきた出演者たちにインタビューし、番組への思いや今回の企画への意気込み、自身の成長を感じた瞬間などに迫っていく。 今回は、「水彩画」初登場で才能アリと評価され、特待生入りを目指す土屋アンナに直撃。 ■ 独自の“世界観”の描き方 ――「水彩画」の経験は? 小学校の時の授業でやったきりですね。あの頃は、先生に書き方を教えてもらって...more
カテゴリー:

「鈴木砂羽」の画像

もっと見る

「鈴木砂羽」の動画

Wikipedia

鈴木 砂羽(すずき さわ、1972年9月20日 - )は、日本の女優。静岡県浜松市中区出身。ホリプロ所属。

来歴

女子美術大学短期大学部中退後、文学座の研究生となる。

研究所卒業後の1994年に、映画愛の新世界で主演デビューを果たす。片岡礼子とともに日本映画史上初のヘアヌードシーンに挑戦し、一躍注目を集めた。この作品で第37回ブルーリボン新人賞、キネマ旬報新人賞、毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞受賞などを受賞した。

2011年10月5日、劇団「ペンギンプルペイルパイルズ」に所属する10歳年下の俳優・吉川純広と結婚。結婚以降、バラエティ番組に出演する機会が多くなった。

2012年、初エッ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる