「鈴木浩介」とは?

関連ニュース

今田耕司、美女格闘家RENAとの思い出に苦い顔 - 12月16日(土)09:00 

12月15日放送の「アナザースカイ」(日本テレビ系)に格闘家のRENA選手がゲスト出演。今田耕司と対戦した思い出について語った。 【写真を見る】MCの中条あやみが「エル・ガール ライジングアクトレス賞」を受賞 RENA選手が今田と対戦したのは、今田が司会を務める「炎の体育会TV」(TBS系)の特別企画でのこと。初対戦の2011年当時、19歳のRENA選手はすでにシュートボクシングの女王として君臨していた。一方の今田はグラバカなどのジムに数年間通い続けていた格闘技愛好家。 RENA選手は対戦した時の今田の戦いぶりについて「めちゃくちゃうまい」「緩急のある打撃を使ってきたり、変則な技をちょいちょい使ってくる」と語る。 レフェリーストップで試合終了となったVTRを見て、今田は「(自分は)変なリズムなんですよね~」と苦い顔をしてみせるが、「それがあるからこそ、ちゃんとした打撃を結構もらっちゃう」とRENA選手は評価した。 2011年以降無敗の24連勝を続けるRENA選手は、2015年からは総合格闘家としても活躍。圧倒的な強さを見せるRENA選手の公式試合での様子がVTRで流れると、苦しそうにうずくまる対戦相手を見た今田は「あれ同じことされてるからな俺(笑)」と冗談交じりにつぶやいた。 次回、12月22日(金)放送予定の「アナザースカイ」は1時間SP。内村航平がゲスト出演する。(ザテレビジョ...more
カテゴリー:

【インタビュー】『ビジランテ』大森南朋「こういう映画はずっとあり続けてほしい」鈴木浩介「篠田麻理子さんからは母性の強さを感じました」桐谷健太「監督の中の毒みたいなものが映画になった」 - 12月12日(火)15:55 

 『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17)の大ヒットも記憶に新しい入江悠監督が、自らのオリジナル脚本で挑んだ『ビジランテ』が12月9日から全国公開された。入江監督の地元・埼玉県深谷市でロケを行ない、父の死をきっかけに再会した一郎、二郎、三郎の三兄弟が運命を翻弄されていく姿を、ハードなバイオレンス描写とともに描いた。三兄弟役でトリプル主演を務めた大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太に撮影の舞台裏を聞いた。 -すさまじい熱量にあふれた映画でした。入江監督のオリジナル脚本ということですが、最初に台本を読んだときの感想はいかがでしたか。 大森 台本には描かれていない部分が多かったので、実際に現場に行ってみないと分からない、監督の頭の中にあることがたくさんあるんだろうなと思いました。とはいえ、こういうことがやりたいんだろうなという、入江監督の世界を読み取るきっかけにはなったような気がします。 鈴木 重いな…と思いましたね。 大森 楽しめました? 鈴木 楽しんで演じられるような役柄ではなかったので…(笑)。台本を読んだときは緊張しました。大変な撮影になるんじゃないかと、目に見えない重圧を感じて。でも、一郎や三郎を見たら、南朋さんはすごく大変そうだし、健太も大変なシーンがたくさんあるし、それに比べれば、俺はまだ二郎でよかったな…と(笑)。 桐谷 二郎は二郎で大変ですよ。 鈴木 そうですね。三者...more
カテゴリー:

大森南朋×鈴木浩介×桐谷健太、凍てつく深谷の地で発した役者としての衝動 - 12月10日(日)11:30 

凍てつく空気を可視化したような夜、必死の形相で川を行く3兄弟、彼らをひとり、またひとりと自らの監視下へと引き戻していく粗暴な父――ファーストショットからただならぬ予感に満ちた入江悠監督最新作「ビ...
カテゴリー:

篠田麻里子「覚悟できました」鈴木浩介とラブシーン - 12月09日(土)17:41 

 元AKB48メンバーで女優篠田麻里子(31)が9日、東京・テアトル新宿で、映画「ビジランテ」(入江悠監督)の初日舞台あいさつに出席した。  大森南朋(45)鈴木浩介(43)桐谷健太(37)がトリプル主演で3兄弟を演じた同作で、篠田は、…
カテゴリー:

桐谷健太「ビジランテ」は「絶望的にかっこいい代表作」 篠田麻里子は“車中の濡れ場”に言及 - 12月09日(土)16:25 

「22年目の告白 私が殺人犯です」などで知られる入江悠監督によるオリジナル映画「ビジランテ」が12月9日、全国19館で封切られ、入江監督をはじめトリプル主演の大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太、共演の...
カテゴリー:

地方出身者に「ビジランテ」の閉塞と鬱屈が刺さった。「サイタマノラッパー」入江悠監督、埼玉に帰還 - 12月13日(水)09:45 

入江悠監督、埼玉に帰還す2009年、埼玉で燻るラッパー志望の若者(実家暮らし)の悪戦苦闘を描いた『SR サイタマノラッパー』で注目を浴びた入江悠監督。2012年に公開された『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』以来、入江監督が再び埼玉に戻ってくる。しかし今回の『ビジランテ』の主人公たちは全員30代後半〜40代。そこには若者の悪あがきや未来への展望はすでになく、何もない地方の絶望だけがダラダラと広がっている。映画は夜中、田舎の川を渡っていく3人の子供たちの姿から始まる。長男の一郎は対岸にたどり着き、そこに何かが入った箱を埋めるが、次男の二郎と三男の三郎は腰が引け、川を渡りきることができない。そのうち、後ろからなぜか流血している彼らの父、武雄が追いついてくる。父親は3人をつかまえ、激しく怒鳴りつけながら家に連れ戻し折檻する。しつけからかけ離れた拷問のような折檻に耐えかね一郎は家出し、そのまま失踪。走って逃げる姿を二郎と三郎は呆然と見る。「放っておけ」とにべもない父。30年後。地元の有力者だった武雄は死に、父の基盤を受け継いで市議会議員となった二郎が喪主となって葬儀を取り仕切っていた。三郎はデリヘルの店長となり、二郎ともそれなりに付き合いを保っている。二郎は父の持つ巨大な土地を相続し、そこには大型ショッピングモールの建設計画が進むはずだった。しかしそこに、30年前に失踪した長...more
カテゴリー:

大森南朋×鈴木浩介×桐谷健太、凍てつく深谷の地で発した役者としての衝動 - 12月10日(日)11:30 

 凍てつく空気を可視化したような夜、必死の形相で川を行く3兄弟、彼らをひとり、またひとりと自らの監視下へと引き戻していく粗暴な父――ファーストショットからただならぬ予感に満ちた入江悠監督最新作「ビジランテ」。トリプル主演として撮影に参加した大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太は、役を演じるという行為を投げ捨て、運命の悪循環によって破滅していく3兄弟を生き抜いていた。(取材・文/編集部、写真/堀弥生)  本作は、入江監督の地元である埼玉・深谷を舞台に紡ぐオリジナル作品。高校時代に失踪した長男・一郎(大森)、市議会議員で町の自警団団長でもある次男・二郎(鈴木)、デリヘル業雇われ店長の三男・三郎(桐谷)という神藤家の3兄弟が、憎んでいた父・武雄(菅田俊)の死をきっかけに再会する姿を通じ、地方都市の暗部を浮き彫りにする。  連続ドラマW「ふたがしら2」を経て、再び入江組に身を投じた大森。正式なオファーを受ける前に本作の概要を聞いていたようだが、「最初に脚本を読んだ時に感じた印象は凶暴。ただ『これはどういうことなんだろう』と疑念を感じることもあった」という。「入江監督にとっては久々のオリジナル映画。まずはその作品に臨む気合に乗ったという部分はありました」と続けて、「深谷の地に3人で立った時の空気感が作用して映画が美しくなるという点は、監督は恐らくわかっていたのかもしれない」と完成した作品を目の当...more
カテゴリー:

篠田麻里子、体当たりの妖艶シーンで年明け!「夫婦になれたかな!?」 - 12月09日(土)23:55 

映画「ビジランテ」の初日舞台あいさつが行われ、トリプル主演を務める大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太に加え、篠田麻里子、入江悠監督が出席した。 【写真を見る】篠田麻里子が夫役の鈴木浩介と演じた過激シーンとは? 本作は地方都市で、大森、鈴木、桐谷が演じる3兄弟が落ちぶれていく様子を描く。篠田はそんな3兄弟の次男・二郎を演じる鈴木の妻役として出演。男を手玉にとって裏で操る悪女に扮(ふん)する。 3兄弟の印象を聞かれた桐谷は、「南朋さんは昔からの大先輩ですし、浩介くんのことも知っていたので、南朋さんと浩介くんに甘えさせていただきました。3人でのシーンは川でのシーンしかなかったんですけど、僕、今、感極まっています。めっちゃ、うれしいです! 代表作になりました。こんなに“絶望的にかっこいい”作品を撮っていただいた入江監督にも感謝ですね!」と力強く語った。 それを受けて鈴木が、「(桐谷は)“絶望的にかっこいい”っていうフレーズ、すごく気に入っているんですよ!(笑)」と言ううと、桐谷は「どうやって伝えようと考えた時に、このフレーズがしっくりきたんです!」と告白。 また、篠田はこの作品が年明け最初の仕事だったと言い、「2017年の仕事始めが、浩介さんとの過激なシーンでした。しかもクランクインの1月4日に撮影したんです。すごい2017年のスタートでしたね! 浩介さんとは以前共演したことがあって、その時がお...more
カテゴリー:

桐谷健太「ビジランテ」は「絶望的にかっこいい代表作」 篠田麻里子は車中の濡れ場に言及 - 12月09日(土)16:25 

 「22年目の告白 私が殺人犯です」などで知られる入江悠監督によるオリジナル映画「ビジランテ」が12月9日、全国19館で封切られ、入江監督をはじめトリプル主演の大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太、共演の篠田麻里子が東京・テアトル新宿での舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  入江監督の地元である埼玉・深谷が舞台。高校時代に失踪した長男・一郎(大森)、市議会議員で町の自警団団長でもある次男・二郎(鈴木)、デリヘル業雇われ店長の三男・三郎(桐谷)が、憎んでいた父親の死をきっかけに再会する姿を通じ、地方都市の暗部を浮き彫りにする。  呪われた運命にのたうつ役どころを演じた桐谷は、今作を「絶望的にかっこいい」と評し、「自分の代表作ができた」と自信をみなぎらせる。その後も「撮影では南朋さんと浩介くんに甘えさせてもらった。感極まっています。絶望的にかっこいい『ビジランテ』を撮ってくれた入江監督に感謝です」と語ったため、鈴木から「『絶望的にかっこいい』を、すげえ気に入っているんです」と茶々を入れられた。一方の大森も「できれば海外の映画祭に持っていき、賞をもらえたら最高です」とリクエストし、客席の喝さいを浴びた。  さらに入江監督も「僕の代表作にもなった」と胸を張る。「オリジナル脚本を書かないとダメになる」という危機感から出発し、三兄弟を自身の分身に...more
カテゴリー:

桐谷健太、入江悠監督への厚い信頼「懐に飛び込めば絶対にいいものを撮ってくれる」 - 12月09日(土)06:50 

 映画ファンを熱狂させた『SR サイタマノラッパー』誕生から10年。地元・埼玉県深谷市を舞台にしたオリジナル脚本で再び挑んだ入江悠監督渾身の最新作『ビジランテ』が公開の日を迎えた。物語の核となる三兄弟役を務めるのは、大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太。中でも「現場に入るまで、自分の役が見えなかった」という桐谷は、気がつけば、無の境地で役を“生きていた”と振り返る。お互いに刺激し合う同世代、久々に顔を合わせた桐谷と入江監督の2人が、それぞれの思いで本作を語った。【関連】桐谷健太&入江悠監督、『ビジランテ』インタビューフォトギャラリー 高校時代に失踪した長男・一郎(大森)、市議会議員の次男・二郎(鈴木)、そして風俗店経営者の三男・三郎(桐谷)。父親の死をきっかけに、別々の道を生きてきた兄弟が久々の再会を果たすが、それぞれの欲望、野心、プライドがぶつかり合い、やがて3人の運命が狂気に向かって暴走する。入江監督の言葉を借りれば、「わかりやすい映画が好まれる今の時代に、社会的な問題提起、人間の醜い部分や弱さ、暴力などの荒々しい部分をゴッタ煮状態で詰め込んだ125分」。エンタテインメントへの抜け道を封鎖し、覚悟を持って臨んだ本作は、全編にわたり“攻め”まくる。  物語の生命線とも言える大森、鈴木、桐谷の三兄弟。そもそも、このキャスティングの決め手は何だったのか。「男が持つ“色気”ですかね。それは殺気...more
カテゴリー:

もっと見る

「鈴木浩介」の画像

もっと見る

「鈴木浩介」の動画

Wikipedia

鈴木 浩介(すずき こうすけ)

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる