「鈴木拓」とは?

関連ニュース

新しい音の体験!? 『radiko』が『#音ジェニック』キャンペーン第2弾でバイノーラル録音動画を公開 BOSEアイテムプレゼントも! - 06月21日(水)13:00 

スマートフォンアプリやPCでラジオが聴けるサービス『radiko(ラジコ)』が、 「日常のなかで耳を傾けると、もっと生活が豊かになる」というメッセージを世の中に発信する『#音ジェニック』キャンペーン第2弾を開催中。まるでその場にいるような臨場感を味わえるバイノーラル録音動画を公開したり、音を楽しむために欠かせないアイテムが当たるプレゼント企画を実施しています。 現代はスマホのニュースサイトやSNSなど、“目”を使って情報を得たり発信したりすることが多い世の中。『radiko』は、“耳”から入ってくる情報の価値を発信していきたい、という思いから、『#音ジェニック』キャンペーンを展開。 今年4月に実施したキャンペーン第1弾は、動画の再生回数(『Facebook』『Twitter』での再生を含む)が40万回を超えるなど好評。今回も面白い動画を作っています。 自分が体験しているみたい! 鼓膜に届くバイノーラル録音動画 “バイノーラルステレオ録音”は、人間の頭部の音響効果を再現するダミー・ヘッドやシミュレータなどを利用して、鼓膜に届く状態で音を記録する方式。ステレオ・ヘッドホンやステレオ・イヤホンで聞くと、左右の耳から違う音が聞こえたり、音との距離感まで伝わってきたりと、あたかもその場に居合わせたかのような臨場感を再現できるんです。 今回は、音の魅力を伝える5つの映像シーンのバイノーラル...more
カテゴリー:

うどん戦争勃発!? 稲庭うどんは讃岐・水沢を制すか? - 06月09日(金)12:08 

6月8日放送の『秘密のケンミンSHOW』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜21:00~)では秋田の稲庭うどんを特集。讃岐、水沢も含めた日本三大うどんの中でも独自のポジションを築く稲庭うどんの秘密が明かされた。番組ではさっそく秋田ケンミンに稲庭うどんについて聞いて回る。すると、「ツヤツヤで透明感がある」「品がある」「シルクのようだ」と誇らしげに語っていた。中でも強調するのが「そうめんとは全然ちがう!」という点だ。同じように細い麺だが、コシがあって食感がまったく別物なのだと言う。また他ケンミンからすると、醤油ベースのつゆしか印象にないが、ごまだれとの「二味うどん」も人気なのだと言う。稲庭うどんが秋田県でこれほど愛されるようになったのはどういう経緯だろう。発祥の地、湯沢市稲庭町は、佐藤養助総本店がある。そう、知る人ぞ知る、稲庭うどんを産んだ店だ。小麦の生産地だった稲庭町で、1655年に製法が確立。これを一子相伝で頑なに守って来たが、先代の佐藤養助が昭和47年に製造技術を公開してから秋田県全域に広まったそうだ。佐藤家の宝を公開することで、秋田県全体の宝物になったのだから、大した戦略だ。番組では、秋田ケンミン藤あや子と加藤夏希が「シュッとして芯がある秋田美人の佇まい」と、稲庭うどんを猛烈アピール。これに対し他のうどん自慢のケンミンがそれぞれ反論し、うどん戦争状態になった。香川ケンミン石倉三...more
カテゴリー:

【ラジオ】<ドランクドラゴン・塚地武雅>「絶対一緒に仕事をしたくない」アイドルは「ももいろクローバーZ」 - 06月06日(火)22:06 

5日放送のラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)で、お笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓が、相方・塚地武雅は「ももいろクローバーZ」との共演はNGだと語っていたと明かした。 番組では冒頭から、NMB48の山本彩がオーダーメイドのスニーカーを作ったことを話していた。すると鈴木は、塚地も作っていたと言い、配色を好きなアイドルの色にしていたと語る。 よゐこ・濱口優もこのことを知っているそうで「ももクロのカラーにしたって(塚地が)言うてたな」と笑った。また濱口によると塚地は「本物」だそうで、ライ...
»続きを読む
カテゴリー:

オタク気質塚地武雅が明かす特撮の魅力とは!? - 06月13日(火)06:30 

ドラマ「怪獣倶楽部~空想特撮青春記~」(毎週火曜夜1.28-1.58ほか、TBSほか)に、塚地武雅(ドランクドラゴン)が出演中。怪獣をさまざまな角度から研究し、同人誌を発行する団体「怪獣倶楽部」の編集長・キャップを演じている。 【写真を見る】6月20日(火)放送の第3話では、リョウタ(本郷奏多)にショックな出来事が…/(C)『怪獣倶楽部』プロジェクト このドラマは、実際に存在していた団体をヒントに制作された作品で、1960年代に放送された「ウルトラマン」「ウルトラセブン」の実際のストーリーを研究する、彼らの編集会議の模様を中心に描いている。 自らを「オタク気質」という塚地に、怪獣の魅力や、他の出演者とは違った目線で「怪獣倶楽部」を語ってもらった。 ■ 日常に近い感じで演じている ──今回の作品の印象から教えてください。 今ではオタクの人は市民権を得ているというか、それによって引く人は少なくなっていると思います。ちょっとしたカルチャーみたいな。 だけど、当時の「怪獣倶楽部」の人たちはそういう冷たい目に強かった気がするんです。オタクなんて言葉もないだろうし、マニアで毎日そういうことを考えていることが周りの人から見たら「何なんだ? この人たちは」と思われるだろうし。 だけど、このドラマをやっていても思うんですけど、やっぱり何かにこだわるとか、一つのものを追求するって、すごく素晴らしいこと...more
カテゴリー:

うどん戦争勃発!? 稲庭うどんは讃岐・水沢を制すか? - 06月09日(金)12:05 

6月8日放送の『秘密のケンミンSHOW』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜21:00~)では秋田の稲庭うどんを特集。讃岐、水沢も含めた日本三大うどんの中でも独自のポジションを築く稲庭うどんの秘密が明かされた。番組ではさっそく秋田ケンミンに稲庭うどんについて聞いて回る。すると、「ツヤツヤで透明感がある」「品がある」「シルクのようだ」と誇らしげに語っていた。中でも強調するのが「そうめんとは全然ちがう!」という点だ。同じように細い麺だが、コシがあって食感がまったく別物なのだと言う。また他ケンミンからすると、醤油ベースのつゆしか印象にないが、ごまだれとの「二味うどん」も人気なのだと言う。稲庭うどんが秋田県でこれほど愛されるようになったのはどういう経緯だろう。発祥の地、湯沢市稲庭町は、佐藤養助総本店がある。そう、知る人ぞ知る、稲庭うどんを産んだ店だ。小麦の生産地だった稲庭町で、1655年に製法が確立。これを一子相伝で頑なに守って来たが、先代の佐藤養助が昭和47年に製造技術を公開してから秋田県全域に広まったそうだ。佐藤家の宝を公開することで、秋田県全体の宝物になったのだから、大した戦略だ。番組では、秋田ケンミン藤あや子と加藤夏希が「シュッとして芯がある秋田美人の佇まい」と、稲庭うどんを猛烈アピール。これに対し他のうどん自慢のケンミンがそれぞれ反論し、うどん戦争状態になった。香川ケンミン石倉三...more
カテゴリー:

「鈴木拓」の画像

もっと見る

「鈴木拓」の動画

Wikipedia

鈴木 拓(すずき たく、1975年12月7日 - )は、日本お笑いタレントであり、俳優。お笑いコンビドランクドラゴンツッコミ(たまにボケ)担当。相方は塚地武雅

神奈川県綾瀬市出身。プロダクション人力舎所属。神奈川県立綾瀬西高等学校卒業。身長167cm、体重60kg。

略歴

1975年、神奈川県綾瀬市に生まれる。実家は海老名市居酒屋「黒兵衛」を経営していたが、閉店した事を出没!アド街ック天国に出演した時、明らかにし...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる