「鈴木亮平」とは?

関連ニュース

【視聴率】「西郷どん」第3話は14・2%“お由羅騒動”赤山靱負が切腹を命じられる衝撃の展開★2 - 01月22日(月)23:09  mnewsplus

1/22(月) 10:02配信  俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)の第3話が21日に放送され、平均視聴率は14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが22日、分かった。  第1話、第2話はともに15・4%。今回は微減となった。  大河ドラマ57作目。直木賞作家・林真理子氏(63)の小説「西郷どん!」(KADOKAWA)を原作に、幕末から明治維新のヒーロー・西郷隆盛(鈴木)の激動の生涯を新たな視点で描く。脚本はNHK連続テレビ小説「花子と...
»続きを読む
カテゴリー:

昔の人「幕府の年貢がきつい生活できねえだ…」 今の人「安倍政権の税金がきつい生活できねえだ…」 - 01月22日(月)17:18  news

『西郷どん』第3話、子だくさんで生活は苦しく… 吉之助は父とともに悪戦苦闘 NHK大河ドラマ『西郷どん』、今週放送の第3話「子どもは国の宝」では、 子だくさんの西郷家で、生活が苦しい中悪戦苦闘する吉之助(鈴木亮平)と父・吉兵衛(風間杜夫)の姿を描く。 https://news.nifty.com/article/entame/crankin/12119-5375603/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

鈴木亮「西郷どん」四男誕生も苦しく借金14・2% - 01月22日(月)10:26 

 鈴木亮平主演のNHK大河ドラマ「西郷どん」(日曜午後8時)21日放送の第3話の平均視聴率が14・2%(関東地区)だったことが22日、ビデオリサーチの調べで分かった。初回、第2話の15・4%を下回った。  主演の鈴木亮平(33)が「大河…
カテゴリー:

西郷どん:第3回視聴率は14.2% 吉之助が大借金! 斉彬は… - 01月22日(月)10:17 

 俳優の鈴木亮平さん主演のNHKの大河ドラマ「西郷(せご)どん」の第3回が21日に放送され、平均視聴率は14.2%(以下・ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。初回、前回の15.4%からは一歩後退し…
カテゴリー:

要潤、ひとり旅で女性にモテモテ!?鶴瓶は番組史上初の出来事に困惑 - 01月22日(月)05:00 

笑福亭鶴瓶とゲストが、ステキな家族を求めて日本中を巡る“ぶっつけ本番”の旅番組『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK総合、毎週月曜19:30)。1月22日の放送は、「要潤と新潟県阿賀野市ぶっつけ本番旅」をおくる。今回のぶっつけ本番旅の舞台は、新潟県阿賀野市。湖のほとりで待ち合わせた2人は、まず料理屋さんにお邪魔することに。そこで、「カワイイ」というお嫁さんの話で盛り上がるが、そのお嫁さんとは?その後、2人は分かれて、それぞれ一人旅をすることに。要は「職人」を探してブラブラするが、どこでも女性にモテモテで、旅が意外な方向に動き出す。一方、鶴瓶は温泉街へ。温泉につかる鶴瓶だが、そこで番組史上初の出来事が発生。その展開に戸惑いを見せる鶴瓶だが……。2人が阿賀野市の人々とどんな絡みを見せるのか、注目だ。 関連リンク 鈴木亮平主演『西郷どん』西郷家、子宝に恵まれるもお金がピンチ 瀬戸康史、「モモ」に出てくる金色の朝食を再現 タモリ、普段の散歩コースでもある“超高級住宅街”田園調布へ『ブラタモリ』 佐藤健、次期朝ドラヒロインの永野芽郁を「大スターになる」と太鼓判 ...more
カテゴリー:

「西郷どん」劇団ひとり、大河出演で感じる先祖との縁 - 01月22日(月)19:56 

劇団ひとりが、鈴木亮平主演の大河ドラマ「西郷どん」(毎週日曜夜8:00‐8:45ほか、NHK総合ほか)にゲスト出演することが分かった。 【写真を見る】男は異国の歌らしい曲を口ずさむ/(C)NHK ひとりが演じるのは、“謎の漂流者”で第5回(2/4放送回)と、第6回(2/11放送回)に登場する。琉球で密航者として捕らえられたこの男が、薩摩にやって来たことで、大波乱が巻き起こることになる。 「西郷どん」への出演が決まったひとりは、「渡辺謙さんとお芝居ができると聞き、テンションがあがりました。謙さんは僕にも演技プランを相談してくれて、意見を聞いていただきうれしかったです」と興奮を隠しきれない様子。 また、この役柄について、「僕の父が高知出身であることと、ご先祖様の中には幕末にゆかりのある人もいるので、縁の深さを感じています。ただ、“土佐弁”はとても難しかったです」と明かした。(ザテレビジョン) 【関連記事】 ・片岡愛之助「歴史捜査」放送100回に『キリがよく終わってしまうのではないかと(笑)』 ・「西郷どん」鶴瓶が『家族に乾杯』内で大河出演を明かす! ・続々始まる冬ドラマ!「アンナチュラル」が1位発進! 【視聴熱】1/8-14ウィークリーランキング ・大河ドラマ「西郷どん」がドラマ部門首位スタート! 【視聴熱】1/1-7ウィークリーランキング
カテゴリー:

吉高由里子、阿川佐和子原作で人生初検事役&20代ラストドラマに挑む! - 01月22日(月)13:15 

日本テレビ系4月期水曜ドラマが吉高由里子主演、阿川佐和子原作の「正義のセ」(毎週水曜夜10:00-11:00)に決定した。 【写真を見る】原作者・阿川佐和子は「陸王」(2017年、TBS系)で女優の才能も開花させ、絶好調!/撮影:石田祥平 原作のシリーズ小説「正義のセ」は、新米女性検事が、持ち前の正義感で事件解決に挑み、同僚や家族に支えられながら一歩ずつ成長していく物語。 吉高は、仕事に恋に悪戦苦闘しながらも、決してあきらめない等身大の新米検事・竹村凜々子役に挑戦。見る人に元気を与える痛快お仕事ドラマとなりそうだ。 そして吉高は「東京タラレバ娘」(2017年1月期)以来、1年ぶりの日テレ系ドラマ主演を果たす。 ■ 吉高演じる凜々子は思わず応援したくなる女性! 主人公・凜々子は、東京の下町にある豆腐屋の長女で、実家暮らしの29歳。 融通が利かない性格で、正義のために声を出し、喜び、笑い、泣き、怒る…という人間味あふれるキャラクターが特徴。周囲の人がつい「頑張れ!」と応援したくなる部分も。 検察庁を舞台に、事件や身の回りの騒動を解決していくうちに、検事として成長し、女としても幸せをあきらめない凜々子。その姿を通じて、世の女性たちに明日の活力を贈る“女のドラマ”が描かれる。 ■ 竹村凜々子役・吉高由里子のコメント 初めての検事役ということで、難しい事件モノになるのかなと最初は身構えました...more
カテゴリー:

【視聴率】「西郷どん」第3話は14・2%“お由羅騒動”赤山靱負が切腹を命じられる衝撃の展開 - 01月22日(月)10:24  mnewsplus

1/22(月) 10:02配信  俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)の第3話が21日に放送され、平均視聴率は14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが22日、分かった。  第1話、第2話はともに15・4%。今回は微減となった。  大河ドラマ57作目。直木賞作家・林真理子氏(63)の小説「西郷どん!」(KADOKAWA)を原作に、幕末から明治維新のヒーロー・西郷隆盛(鈴木)の激動の生涯を新たな視点で描く。脚本はNHK連続テレビ小説「花子と...
»続きを読む
カテゴリー:

溝端淳平が心に刻んだ「車いすの蜷川幸雄さんの言葉」 - 01月22日(月)06:00 

「蜷川(幸雄)さんには容赦ない厳しさの中にも人の温かさがありました。蜷川さんが呼吸器をつけてまで車いすで稽古場に来てくださるありがたみも胸に迫りましたし。『ムサシ』の初日閉幕後、『溝端で正解だったな』という言葉のうれしかったこと! あの経験は宝物です」 こう語るのは、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞したのをきっかけに、デビューして12年目の俳優・溝端淳平(28)。現在は、故・井上ひさし原作、'16年に亡くなった蜷川幸雄演出の舞台『ムサシ』(2月11~25日/Bunkamuraシアターコクーン、3月3~11日/彩の国さいたま芸術劇場大ホール、3月16~21日/梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、3月29~4月1日/上海文化広場)の稽古に余念がない。 本作は宮本武蔵(藤原竜也)と佐々木小次郎(溝端)の「巌流島の対決」の後日談。生き延びた小次郎が武蔵に果たし状を突き付け、再対決に挑む姿を描く。溝端は本作に’13年の再々演時から参加し、今回は2度目の出演。最初にオファーが来た5年前を思い返す。 「初の侍役でしたし、厳しいと聞いていた蜷川さんの演出だけに、不安でした。武蔵役の藤原竜也さんをはじめ、達者な先輩たちの中に飛び込むんですから。でも、プレッシャーに潰されず、集中あるのみでした」(溝端・以下同) とはいえ、先の見えない長いトンネルから抜け出せな...more
カテゴリー:

【西郷どん】劇団ひとり、謎の漂流者役でゲスト出演決定 - 01月21日(日)21:00 

 NHKで放送中の大河ドラマ『西郷どん』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)に、お笑いタレント・劇団ひとりが、ゲスト出演することが明らかになった。第5回(2月4日放送)・第6回(2月11日放送)に登場する。大河ドラマは『花燃ゆ』(2015年)以来、2作目の出演。 【写真】主人公・西郷吉之助役の鈴木亮平  劇団ひとりが演じるのは、洋服を着た謎の漂流者。琉球で密航者として捕らえられた。衰弱し何も語らないが、口ずさむ歌は意味不明だが、どうやら異国の歌らしい。この男が薩摩にやってきたことで、大波乱が巻き起こる。「その男は奇妙な人生を歩み、当時の日本にとんでもない新しい風を吹き込んだ人物ですので、その瞬間をぜひみなさんに見てほしいです」とコメントしている。  詳細は明かせないが、劇団ひとりは「土佐弁はとても難しかった」と話しており、「僕の父が高知出身であることと、ご先祖様の中には幕末にゆかりがある人もいるので、高知とは縁が深いと思っています。ご先祖様のことを考えると、高知関連のお仕事が出来ることは、とてもうれしいです」と、土佐(高知)にゆかりのある人物のよう。  また、渡辺謙が演じる島津斉彬(島津家第28代当主)とも関わりを持つ人物で、「出演のオファーをいただいたとき、渡辺謙さんとお芝居ができると、テンション上がりました。謙さんは、僕にも演技プランを相談してくれて、意見を聞いていただき...more
カテゴリー:

もっと見る

「鈴木亮平」の画像

もっと見る

「鈴木亮平」の動画

Wikipedia

鈴木 亮平(すずき りょうへい)

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる