「鈴木亮平」とは?

関連ニュース

JAL、大河ドラマ「西郷どん」の特別塗装機を就航 きょうから - 04月21日(土)10:32 

日本航空(JAL)は、NHK大河ドラマ「西郷どん」の特別塗装機(ボーイング767-300型機、機体記号:JA615J)を、きょう4月21日より国内線に就航させる。 主演の鈴木亮平さんら、「西郷どん」の出演者5名を機体の左右後方に描いた。JALでは、鹿児島の観光需要喚起や交流促進に努めるとしている。 運航期間は4月21日から11月末までを予定しており、東京/羽田〜札幌/千歳・大阪/伊丹・福岡・鹿児島・沖縄/那覇を結ぶ路線などで運航する。初便は東京/羽田を午後1時35分に出発する、JAL649便となる見通し。 ⇒詳細はこちら 投稿 JAL、大河ドラマ「西郷どん」の特別塗装機を就航 きょうから は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

「西郷どん」渡辺謙演じるカリスマ名君島津斉彬の格好良さの秘密とは? - 04月21日(土)07:00 

鈴木亮平が主演を務める大河ドラマ「西郷どん」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)。 【写真を見る】斉彬が、薩摩弁で「おやっとさぁ」と吉之助を労うシーンは視聴者の感動を呼んだ/(C)NHK 同作の中で、西郷吉之助(鈴木)の生涯の師である、島津家の当主・島津斉彬を演じているのが、渡辺謙だ。 膨大な知識を持ち、日本の常識を覆すような壮大な政治哲学で時代をけん引。下級武士だった西郷を自身の庭方役に召し上げ、常にそばに置いていた斉彬。 カリスマ性に富んだ藩主を演じる渡辺に、役に対して感じていた思いや、斉彬と西郷の関係について、そして、現代における「大河ドラマ」の持つ意味などを聞いた。 ■ “大河”のあり方に変化が ――久しぶりに大河の現場に参加して、以前との変化などは感じますか? 北条時宗以来なので17年ぶりの出演ですね。 撮影方法の変化というのはいくつかありましたが、放送が始まってからのリアクションを見て、メディアの中のドラマのあり方と、“大河”のあり方が「あ、こんなに様変わりしているのか」と思いました。 以前と比べて、お客様の反応が早いことに驚いています。 非常に情報の流れ方が早いので、観客の中においても、メディアの中においても、我々がドラマの中で描きたい「思いもよらない展開」みたいなものがあまりにも早く駆け巡り過ぎている気がします。 だから作り手としては、お客さんに喜ん...more
カテゴリー:

綾野剛主演の映画「パンク侍、斬られて候」試写イベントの開催決定! - 04月20日(金)17:00 

映像配信サービス「dTV」が、主演・綾野剛、脚本・宮藤官九郎、監督・石井岳龍という豪華メンバーの映画「パンク侍、斬られて候」を制作。 【写真を見る】綾野剛主演の前代未聞のエンターテインメント/(C)エイベックス通信放送 そして、6月30日(土)の劇場公開に先駆けて本編を楽しめる完成披露イベントを6月中旬に、dTV会員100組200人を招待して開催することが決定。 同作は、日本“初”の取り組みとして、配信事業者であるdTVが実写映画を制作。主演の綾野の他、北川景子、浅野忠信、國村隼、豊川悦司、東出昌大、染谷将太といったそうそうたるキャスト陣が出演。 芥川賞作家・町田康が2004年に発表した同名小説を原作に、江戸時代を舞台にしながらも、現代っぽい口語による滑稽な会話の応酬、次から次へと登場する特異なキャラクター、驚きに満ちたストーリー展開、そしてド肝を抜く大団円を描いた破天荒な物語。 伊藤和宏プロデューサーは「今まで見たことがないような驚きや刺激に満ちた本格的な娯楽映画を作ろうと企画はスタートしました」と語り、「そのためには最高のドリームチームの結成が不可欠で、石井監督とホワイトボードに妄想のキャスティング・スタッフィングをするところから始めました。こういう場合、大抵思い通りに行かず妥協が始まるものですが、理想と寸分違わない、最高のキャストとスタッフが集まってくれました。感謝しており...more
カテゴリー:

『半分、青い。』永野芽郁の弟役W草太ショット公開 - 04月19日(木)21:55 

現在放送中の平成30年度前期NHK連続テレビ小説『半分、青い。』(毎週月~土曜朝8時)で、女優の永野芽郁演じるヒロイン・鈴愛の弟・草太を演じている俳優の上村海成が18日、オフィシャルブログを更新。草太の幼少期役を演じた子役の志水透哉との“W草太ショット”を公開し、反響を呼んでいる。 同ドラマは、1971年に岐阜県や東京が舞台で子供の頃に左耳を失聴した鈴愛(すずめ)が、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、一大発明を成し遂げるまでの物語。数々の名作を生み“ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏のオリジナル作品、主題歌は初の楽曲提供を行った星野源が歌う。 「お知らせなどなど」と題して更新したブログは、「こんばんは いよいよ本日放送『半分、青い。』15話から登場です!」と報告し、「今週からバトンタッチした、草太の幼少期役の志水透哉くんと撮りました! 隣に並ぶのをためらうほど可愛いかったです(笑)」と初となる“W草太ショット”を公開した。 続けて、「空気公団さんの『うつろいゆく街で』のMVに出演させて頂いています short ver.が公開中です! とてもいい曲なので是非聴いてみて下さい!!」「4/18発売の『pict up』6月号に載せて頂いています。是非見てみて下さい!!」「4/18発売の『ザテレビジョン』に載せて頂いています。こちらも是非...more
カテゴリー:

長谷川博己、2020年大河主演に「光秀の三日天下じゃなく…」と笑顔 - 04月19日(木)18:16 

 俳優の長谷川博己が19日、都内で2020年の大河ドラマ『麒麟(きりん)がくる』の制作・主演発表会見に出席。晴れ晴れとした笑顔で主人公・明智光秀に抜てきされた喜びをあらわにし、笑いまじりに「明智光秀は三日天下ですけど、これをやり遂げた後は1年くらい天下がほしいです」と意気込みを語った。【写真】2020年大河ドラマ『麒麟がくる』制作・主演発表会見フォトギャラリー 今回発表された『麒麟がくる』は、第59作目の大河ドラマ。応仁の乱の後、無秩序の乱世をおさめようと戦国の英雄たちが登場する中、美濃の地で台頭する明智十兵衛光秀の半生を描く。制作統括の落合将は、斎藤道三や織田信長、今川義元、足利義明らとともに「群像劇として描きたい」と展望を語っている。 東京オリンピックイヤーである2020年の大河主演に大抜てきされた長谷川。脚本を担当する池端俊策から「人間の内面を表現できる俳優さんではピカイチ。ぜひ長谷川さんとやりたいと思った」と言われ、開口一番「感動してます」と喜んだ。「大河の主演をやるというのは、俳優にとって1つの目標。オファーされた時も、最初は実感が沸かなかったですが、今こうやって皆さんにフラッシュをたかれて“あ、これはスゴいことなんだな”と実感してます」と語った。 自身が演じる明智に関して「謎めいたミステリアスな人物。池端先生の明智光秀像が鮮烈に伝わってきて“これはやらなければならない”...more
カテゴリー:

『半分、青い。』、ヒロイン永野芽郁の前に「CMクイーン」への道? - 04月21日(土)07:30 

 永野芽郁(18)がヒロインの鈴愛を演じる、連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK)は3週目を迎えていよいよ面白くなってきた。バブル景気の絶頂だった雰囲気を描く、細かな演出にも注目だが、やはり役者陣の演技にも注目したい。  4月16日の放送回では、高校3年生となった鈴愛たちが青春を謳歌していた。律(佐藤健/29)は下級生女子に人気の美男子に成長したが、鈴愛は子どもの頃のまま、元気いっぱい。左耳は聴力を失っていたが、つけ耳を駆使して声の小さい教師に大きな声で話すことを促すなど、たくましい姿を見せ、今でも律ら幼なじみと親しくしていた。そんなある日、つくし食堂に見慣れない客(鈴木伸之/25)が訪れる。鈴愛の母、晴(松雪泰子/45)が彼にお茶を出すと、松任谷由実のヒット曲『リフレインが叫んでる』が流れ、二人は何やらいい雰囲気に。最後に「To Be Continued……」という朝ドラらしからぬテロップが流れる、という展開だった。  脚本家の北川悦吏子氏(56)による、遊び心あふれる演出にも恐れ入ったが、ついに永野芽郁がヒロイン鈴愛として本格的に動き出し、ワクワク感が止まらない。子役時代の矢崎由紗(8)の明るい演技を見事に引き継いでいて、話し言葉や「ふぎょぎょ」「やってまった」といった、子ども時代からの鈴愛の口癖も健在だ。  永野芽郁が全国的に注目を浴びたのは、2015年に公開さ...more
カテゴリー:

セレブの町で西郷どん発見! 大西郷の基礎を作った江戸の史跡めぐり! - 04月20日(金)18:00 

■ GWに回りたいNHK大河『西郷どん』名シーンの現場 薩摩屋敷跡の碑。この字を書いたのは、西郷吉之介の孫の西郷吉之助。ややこしいが、「吉之助」さんのほうは法務大臣も務めた昭和の政治家。 明治維新150周年の今年。今回はその立役者となった一人、西郷隆盛が若き日に過ごした、江戸の史跡をめぐって来ました! NHK大河ドラマ『西郷どん』でも描かれているあのシーンの現場は、現在こんな景色になっている! 安政元年(1854)、西郷吉之介(後の隆盛)は薩摩藩主・島津斉彬の参勤交代に従って、初めて江戸に出府。普段は藩の屋敷の庭で雑事をこなしながら、主君から声がかかった時には直接話をできるという、お庭方の役を命じられた。この役目を務めながら、斉彬から西洋の文物や幕府の政治、藩の近代化のことなどを吸収し、これが吉之介が田舎侍から“大西郷”に成長する基礎になった。 ゴールデン・ウィークはそんな吉之介にあやかって、今回ご紹介する史跡をめぐると大きく成長できるかも!? まずは薩摩藩の上屋敷から。都営地下鉄の三田駅からほど近く、巨大なビル群の一角に石碑が建っている。世界のケン・ワタナビこと渡辺謙こと島津斉彬や北川景子演じる篤姫が暮らした薩摩屋敷だ。幕末最終盤の慶応3年(1867)には、西郷の指令で江戸の町でテロを繰り返した集団・薩摩御用盗のアジトにもなり、幕府や庄内藩の攻撃を受けて鳥羽伏見の戦い勃発の一因に...more
カテゴリー:

【NHK】20年大河ドラマは長谷川博己主演「麒麟がくる」 明智光秀の生涯を描く★4 - 04月20日(金)01:03  mnewsplus

NHKは19日、2020年放送の大河ドラマが戦国武将・明智光秀を主人公とした「麒麟がくる」に決まったと発表した。 主演は俳優の長谷川博己(41)、脚本は池端俊策氏が務める。 長谷川は大河ドラマ初主演。 大河出演は2013年「八重の桜」以来。 今年後期の連続テレビ小説「まんぷく」にも出演、ヒロインの夫を演じる。 東京・渋谷の同局で会見した長谷川は「感動しています。ちょっと実感が湧かなかったんですけど、たくさん写真を取られて、凄いことを引き受けたんだなと実感しています」と大役の感想。 「明智光秀...
»続きを読む
カテゴリー:

【NHK】20年大河ドラマは長谷川博己主演「麒麟がくる」 明智光秀の生涯を描く★3 - 04月19日(木)20:48  mnewsplus

NHKは19日、2020年放送の大河ドラマが戦国武将・明智光秀を主人公とした「麒麟がくる」に決まったと発表した。 主演は俳優の長谷川博己(41)、脚本は池端俊策氏が務める。 長谷川は大河ドラマ初主演。 大河出演は2013年「八重の桜」以来。 今年後期の連続テレビ小説「まんぷく」にも出演、ヒロインの夫を演じる。 東京・渋谷の同局で会見した長谷川は「感動しています。ちょっと実感が湧かなかったんですけど、たくさん写真を取られて、凄いことを引き受けたんだなと実感しています」と大役の感想。 「明智光秀...
»続きを読む
カテゴリー:

長谷川博己、朝ドラからの大河主演は渡辺謙『独眼竜政宗』以来 - 04月19日(木)18:04 

 俳優の長谷川博己(41)が、2020年にNHKで放送される大河ドラマ(第59作)『麒麟(きりん)がくる』(脚本:池端俊策)に主演することが19日、発表された。長谷川は同局で今年10月から放送される連続テレビ小説『まんぷく』にヒロインの夫役で出演することも決まっており、朝ドラの撮影後、間を置かずに大河の撮影に入る見込み。このような“連投”は、1986年前期『はね駒』でヒロインの夫を演じ、翌87年の大河ドラマ『独眼竜政宗』に主演した渡辺謙(58)以来となる。 【写真】ふっくら 現在の大河『西郷どん』の主演を務める鈴木亮平  「明智光秀の謎めいた前半生に光を当てる物語。演技力、存在感、旬ということも含めて長谷川さんしかいない」(制作統括の落合将氏)と、長谷川に主演を打診したのは、なんと『まんぷく』への出演が発表された直後。「長谷川さんに断られたら、それまでだった。やりますと受けてもらい、きょう、発表できて感無量です」(落合氏)。  長谷川も「連投になる。難しいかなと思った」そうだが、オファーを受ける決断をした2つの理由を次のように述べた。「脚本が池端さんということで、以前『夏目漱石の妻』(2016年)でご一緒させてもらって、すごく楽しかったですし、役者としていい経験ができました。また池端先生の作品に出たいと思っていたので、こんなに早くやらせていただけるのなら。それと、題材が明智光...more
カテゴリー:

もっと見る

「鈴木亮平」の画像

もっと見る

「鈴木亮平」の動画

Wikipedia

鈴木 亮平(すずき りょうへい)

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる