「鈴木おさむ」とは?

関連ニュース

吉田羊が野村周平とキス寸前! 大人の恋きらめく「ラブ×ドック」特報披露 - 02月19日(月)12:00 

吉田羊が映画単独初主演を果たし、人気放送作家・脚本家の鈴木おさむが映画監督デビューを飾る「ラブ×ドック」の特報映像とポスタービジュアルが、このほど披露された。吉田演じる主人公・飛鳥が、野村周平扮...
カテゴリー:

「作家の鏡」と言われた道尾秀介の執筆方法とは? - 02月19日(月)11:00 

鈴木おさむがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「よんぱち 48 hours ~WEEKEND MEISTER~」。2月16日(金)の生放送では、小説家・道尾秀介さんが登場しました。 道尾さんは2004年に「背の眼」でホラーサスペンス大賞特別賞を受賞し、デビュー。その後「光媒の花」で山本周五郎賞を受賞するなど第一線で活躍されています。この日は、道尾さんの執筆方法が明かされ、鈴木も思わず「作家の鏡」と称賛しました。 鈴木:作家生活10周年で発表した小説「透明カメレオン」が文庫本となって発売となりました。せんえつながら私が解説を書かせていただきまして。 道尾:ありがとうございます。 鈴木:「透明カメレオン」の内容は、さえないラジオDJをしている男性がバーに行き、いろいろな人とつながっていく話で。事件に巻き込まれていく非常に面白い話なんですけれども。 道尾:本になる前に、鈴木さんから解説の原稿をいただきましたが、最初読んだときに泣いてしまって。感動しました。人を動かすことができたのは何よりもうれしいです。小説ってそういうものだと思っているので。 鈴木:ラジオって、基本は(姿が)見えない寂しい誰かに語っている。僕もこの歳になって、ここ2~3年でスナックに行くようになりまして。スナックってそこだけのつながりがあって「必要以上に入ってくんな」みたいな空気もある。でも、そ...more
カテゴリー:

羽生結弦そっくり芸人・羽生ゆずれない、金メダルの瞬間を前に準備を開始 - 02月17日(土)14:07 

平昌五輪フィギュアスケート男子ショートプログラムで111.68点をマークして首位に立った羽生結弦。そんな羽生は17日、フリーに登場し、2大会連続金メダルを目指す。 翌日のスポーツ報知の記事で話題となったのが羽生そっくり芸人として知られる「羽生ゆずれない」だ。本名は相木健太だが、羽生よりも7cm高い身長の179cm。羽生の2連覇によりオファー殺到となる状態を楽しみにしている。 そんな羽生ゆずれないの知り合いのお笑い芸人・Gたかしが、インスタグラムと連動したアメブロを17日の11時13分に公開。これは、羽生結弦がフリーを滑る2時間半前のこと。 羽生ゆずれないが髪の毛をセットし、羽生結弦のようになっていく写真を公開し、「ものまね芸人、羽生ゆずれないがアップを始めました…!!」といよいよ羽生ゆずれないが金メダルの瞬間を前に準備を開始している様子を紹介している。 17日、羽生ゆずれないは北海道苫小牧市で営業をしているが、Gたかしはツイッターも更新。同様の文面を書くとともに、羽生ゆずれないが満面の笑顔で金メダルを首からぶら下げている写真を撮影した。 さらに、Gたかしは「彼は元アイスホッケーU18日本代表のキャプテンなので、リンクも舞台も滑る分には抜群です」と、羽生ゆずれないの実績も紹介している。 【関連記事】 ・「ものまね芸人、羽生ゆずれないがアップを始めました…!!」(Gたかしオ...more
カテゴリー:

鈴木おさむ、息子の“異変”に驚いた妻・大島美幸から電話「求められるうちが花」 - 02月16日(金)16:48 

放送作家の鈴木おさむが15日、自身のブログを更新。息子の笑福くんが鈴木の不在を寂しがって泣いたというエピソードを紹介した。 前日に『週刊プレイボーイ』の企画で父親対談をしたという鈴木。対談後に妻でお笑いトリオ・森三中の大島美幸から「笑福が、とうとがいなくて寂しいって泣きだしたんだよ」と電話があったと明かした。「僕がいなくて寂しいと言ってくれたことはありましたが。寂しいと、泣いたことは初めてで。妻がビックリして僕に電話くれまして」と状況を説明し、「僕がいなくて寂しいと泣いてくれたなんてありがたい話じゃないですか。本当に」と嬉しい気持ちをつづった。 鈴木は次の仕事場に直行する予定だったが、予定を変更して30分だけ家に戻ったといい「やはり求められるうちが花ですね」とコメント。この日も笑福くんが朝ごはんを鈴木の膝の上で食べたいと言ったといい「お正月に一緒にたくさん遊んだので。今はあまり一緒にいれないから。寂しく思ってくれているのでしょうか」と息子の気持ちに寄り添い、「ありがたいな」とつづった。 鈴木は前日の対談相手が口にしたという「家族といれるのは贅沢な時間だ」という言葉を引用し、「本当にそうですね」と同意した。この投稿に「おさむさん、嬉しいですね!」「笑福君ぎゅーぎゅー抱き締めたいです!」「本当に家族の時間というのは、大切な時間ですね」などのコメントが寄せられている。 【関連記事...more
カテゴリー:

三浦翔平、AbemaTVで初の連続ドラマ主演 - 02月16日(金)05:00 

 俳優三浦翔平(29)が、ネットテレビ局Abema(アベマ)TVの開局2周年記念ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」(4月開始、全8回)で、初の連続ドラマ主演を務めることが15日、分かった。  鈴木おさむ氏(45)脚本のオリジナルストーリ…
カテゴリー:

吉田羊が野村周平とキス寸前! 大人の恋きらめく「ラブ×ドック」特報披露 - 02月19日(月)12:00 

 吉田羊が映画単独初主演を果たし、人気放送作家・脚本家の鈴木おさむが映画監督デビューを飾る「ラブ×ドック」の特報映像とポスタービジュアルが、このほど披露された。吉田演じる主人公・飛鳥が、野村周平扮するひと回り以上年下の星矢からキスを迫られる場面や、スイーツ店のオーナー(吉田鋼太郎)との不倫デート、整体ジムのトレーナー(玉木宏)から片手でバックハグされるシーンなど、“大人の恋”が画面を彩っている。  鈴木監督が脚本を兼ねる完全オリジナル作品で、“遺伝子レベルで恋愛を操作する”クリニックを舞台にした異色ラブコメディ。スイーツ店を経営する女性パティシエ・飛鳥(吉田)は、年下の星矢と、脱サラを目指す権田健一(篠原篤)とともに働く40歳。ある日、星矢から告白されたことで、独立前に勤めていた店のオーナー・淡井淳治との不倫や、友人が思いを寄せるジムトレーナー・野村俊介との成り行きの関係など、35歳を過ぎてからの悲惨な恋愛を思い出す。戸惑うことしきりの飛鳥だが、遺伝子検査で恋にまつわることがすべてわかるという不思議な診療所「ラブドック」を見つける。  映像では、ラブドック内の様子も初お披露目。飛鳥が「超嘘くさいっす」と怪訝な顔を見せると、院長の冬木玲子(広末涼子)と助手の桜木美木(成田凌)が舌打ちする、コミカルなシーンが映し出される。さらに人気歌手の加藤ミリヤが、今作のミュージックディレクショ...more
カテゴリー:

A応P、「おそ松さん」新OP歌詞に「みんなで爆笑した」 - 02月18日(日)11:00 

鈴木おさむがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「よんぱち 48 hours ~WEEKEND MEISTER~」2月16日(金)の生放送では、アイドルグループ・A応Pが登場。2月20日(火)にリリースされる、アニメ「おそ松さん」の新オープ二ング主題歌「まぼろしウインク」について語りました。 鈴木:まずは、自己紹介からお願いします。 福緒唯:福緒唯です。青春アニメが大好きです。 巴奎依:巴奎依です。美少女アニメが大好きです。 水希蒼:水希蒼です。キッズアニメが大好きです。 広瀬ゆうき:広瀬ゆうきです。不思議な世界観のアニメが大好きです。 鈴木:A応Pの新曲、アニメ「おそ松さん」の新オープ二ング主題歌(「まぼろしウインク」)を、今回僕が作詞を担当させてもらって。 A応P:ありがとうございます! 鈴木:45歳のおじさんが頑張りましたよ(笑)。ところでA応Pってどういう意味なんですか? 巴:「アニメ“勝手に”応援プロジェクト」から生まれたアイドルグループです。“本気でアニメの話をするなら任せて”というぐらいメンバーみんなアニメが大好きで。 鈴木:メンバーは何人いるんだっけ? 広瀬:メンバーは私たち4人で、候補生が今は6人います。 鈴木:ライブのときは候補生も一緒に? 広瀬:一緒のときもあります。「まぼろしウインク」の初披露は候補生の子たちも。 鈴...more
カテゴリー:

三浦翔平、AbemaTVオリジナルドラマの主演に抜擢 - 02月16日(金)23:50 

AbemaTVで4月より開局2週年を記念した完全オリジナルの連続ドラマ『会社は学校じゃねぇんだよ』が放送される。同ドラマは、『奪い愛、冬』(2017年テレビ朝日)などのテレビドラマや映画の脚本を手掛けるだけでなく、舞台の演出や作詞など様々なジャンルで活躍する鈴木おさむが脚本を書き下ろし。 学生時代、渋谷のギャル男たちの代表をしていた主人公が、偶然手に取ったベンチャー企業の社長の本に書いてあった言葉に感銘を受け、自らもそのベンチャー企業に入社することから物語は始まる。大きな志を持って入社したものの、思い描いていたような社会人生活は簡単には手に入らず、憧れの社長にも裏切られ、その後自ら仲間たちと起業することに。次々と容赦なく壁が立ちはだかり、忘れられないような見下される経験、信じていた人からの裏切り、挫折など毎話ごとに主人公たちは翻弄されながらも「会社は学校じゃねぇんだよ」と決め台詞をはきながら前に進んでいく。 現代の、就職せずにベンチャー起業を志す若者が増えている世の中の現象を捉えながら、本作品の企画者である藤田晋の著書『渋谷ではたらく社長の告白』をベースにし、「夢・恋愛・金・友情」をテーマにした熱いリベンジサクセスストーリーとしてAbemaTVがお届け。 今回ベンチャー起業を志す熱い主人公・藤村鉄平役を演じるのは、本作品で連続ドラマ初主演となる三浦翔平。本作の脚本を手掛ける鈴...more
カテゴリー:

三浦翔平が連ドラ初主演「座長らしく頑張りたい」 - 02月16日(金)07:47 

 俳優三浦翔平(29)が、ネットテレビ局Abema(アベマ)TVの開局2周年記念ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」(4月開始、全8回)で、初の連続ドラマ主演を務めることが15日、分かった。鈴木おさむ氏(45)脚本のオリジナルストーリーで…
カテゴリー:

AbemaTV藤田晋社長の著書をベースにオリジナルドラマ 主演は三浦翔平 - 02月16日(金)04:00 

 無料映像配信サービス「AbemaTV」開局2周年記念オリジナル連続ドラマとして、三浦翔平初主演の『会社は学校じゃねぇんだよ』が4月より8週にわたり配信される。現代の、就職せずにベンチャー起業を志す若者が増えている世の中の現象を捉えながら、本作品の企画者である藤田晋の著書『渋谷ではたらく社長の告白』(幻冬舎文庫)をベースに、『奪い愛、冬』(テレビ朝日)などのテレビドラマや映画の脚本、舞台の演出や作詞などさまざまなジャンルで活躍する放送作家・鈴木おさむ氏が脚本を書き下ろし。「夢・恋愛・金・友情」をテーマにした熱いリベンジサクセスストーリーを描いていく。 【写真】対地上波テレビへ AbemaTV・藤田晋社長  学生時代、渋谷のギャル男たちの代表をしていた主人公が、偶然手に取ったベンチャー企業の社長の本に書いてあった言葉に感銘を受け、自らもそのベンチャー企業に入社することから物語は始まる。大きな志を持って入社したものの、思い描いていたような社会人生活は簡単には手に入らず、憧れの社長にも裏切られ、その後自ら仲間たちと起業することに。次々と容赦なく壁が立ちはだかり、忘れられないような見下される経験、信じていた人からの裏切り、挫折など毎話ごとに主人公たちは翻弄されながらも「会社は学校じゃねぇんだよ」と決め台詞をはきながら前に進んでいく。  主演の三浦は、ベンチャー起業を志す熱い主人公・藤...more
カテゴリー:

もっと見る

「鈴木おさむ」の画像

もっと見る

「鈴木おさむ」の動画

Wikipedia

鈴木 おさむ(すずき おさむ、本名・鈴木 収(読み同じ)、1972年4月25日 - )は、日本の放送作家脚本家作詞家・パーソナリティ・タレントである。

ペンネームはすますま・すずき千葉県安房郡千倉町(現・南房総市)出身。

人物

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる