「金融機関」とは?

関連ニュース

日本初 "地銀変革プラットフォーム" 誕生 ~北陸から地方創生~マッチング支援システム「Linkers for BANK(リンカーズフォーバンク)」2018年1月22日(月)北陸銀行にて提供開始 - 01月23日(火)14:00 

[リンカーズ株式会社]  「Linkers for BANK」は日本初の金融機関のビジネスマッチングサービスの成約率向上に特化したビジネスマッチングツールです。案件情報のスムーズかつペーパーレスな共有を可能にし、行内情報をデータベース化...
カテゴリー:

外為トレーダーの37%が取引にスマホ利用=JPモルガン調査 - 01月23日(火)11:24 

[ロンドン 22日 ロイター] - 金融機関の外為トレーダーの間で取引におけるスマートフォンの利用が広がっていることが、米JPモルガン・チェースが22日公表した調査で分かった。
カテゴリー:

橘玲が自伝的回想録を上梓 億万長者になる方法を語る前の若き日々とは? - 01月23日(火)10:09 

『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)や『言ってはいけない 残酷すぎる真実』(新潮新書)などのベストセラーで知られる橘玲(たちばな・あきら)が、自らの若き日々についてつづった自伝的回想録『80's エイティーズ ある80年代の物語』(太田出版)が、1月20日に発売された。 1959年生まれの橘は、2002年に国際金融小説『マネーロンダリング』でデビューし、マネーの裏側をリアルに描いて一躍話題に。2006年に『永遠の旅行者』が第19回山本周五郎賞候補になると、『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部を超え、『言ってはいけない 残酷すぎる真実』(新潮新書)が47万部を超え「新書大賞2017」になるなど、立て続けにベストセラーを送り出している。 同書は、これまでほとんど語られることのなかった「若い頃に何をやっていたのか?」について、橘が語ったものだ。そこでつづられているのは、1980年代初めに「この世界の真実は社会の底辺にある」と思っていた大学時代から、阪神大震災、オウム地下鉄サリン事件が発生した1995年までをまとめた自伝的回想録的な物語。 マクドナルドの清掃バイトから最底辺のマスコミへ、やがてジャーナリズムのまっただ中に至った橘が、バブルがはじまり無残に崩壊するまで、何を体験し、何を感じ、何を考えたのか。「億万長者」になる方法を語る作家になる前の、長い長い...more
カテゴリー:

つみたてNISA、出足が鈍いワケは金融機関の「実入り」にある - inside Enterprise - 01月23日(火)05:00 

「正直、相当少ないですね」。1月に買い付けが始まった積み立て型の少額投資非課税制度「つみたてNISA」の申し込み状況をめぐり、ある投資信託会社の担当者は思わず落胆の声を漏らした。
カテゴリー:

SXキャピタル、「SXC投資事業有限責任組合」ファンドを設立 - 01月22日(月)16:00 

[株式会社SXキャピタル]  SXCファンドは、現時点でシグマクシスの他、独立行政法人中小企業基盤整備機構(所在地:東京都港区、理事長:高田 坦史、以下、中小機構)や、大手金融機関、事業会社等の有限責任組合員によって構成されてお...
カテゴリー:

日銀の金融政策「現状維持」 決定会合、現行の緩和継続 - 01月23日(火)12:31 

 日本銀行は23日の金融政策決定会合で、金融政策の「現状維持」を決めた。長期金利の誘導目標は「ゼロ%程度」、金融機関から預かるお金の一部につけるマイナス金利は年0・1%で据え置く。上場投資信託(ETF…
カテゴリー:

“証券3.0”を目指すFinatextが14億円で証券会社を設立——取引の基礎となる機能をAPIで提供 - 01月23日(火)11:00 

株式市場の予測アプリ「あすかぶ!」や金融機関向けの投信データ提供サービスなどを手がけるFinatextは1月23日、新たに設立した子会社スマートプラスを通して証券業に参入すると発表した(スマートプラスの設立は2017年3月で、証券業登録は12月26日に完了)。さらに、Finatextは2017年5月にJAFCOから14億2500万円の資金調達を行っていたこともTechCrunch Japanの取材で明らかとなった。 2013年創業のFinatextはこれまで、株式市場の予想アプリ「あすかぶ!」や仮想通貨を使ったFXの予想アプリ「かるFX」といったコンシューマー向けの投資アプリを手がけてきた。また、2016年4月からはこれと並行して日本アイ・ビー・エムと共同でロボアドバイザーのエンジンを金融機関に提供するビジネスも行っている。 このように、これまでは間接的に証券業に関わってきたFinatextだが、彼らは新子会社のスマートプラスを設立して証券業に直接参入することを決めた。スマートプラスを通して彼らが目指すのは“証券3.0”の実現だ。 Finatextは、伝統的な対面営業の証券業を”証券1.0”、また、その業界がインターネットによって効率性を追求し、手数料の引き下げや商品ラインナップの充実を進めてきたことを”証券2.0R...more
カテゴリー:

「金と人は俺が集めるから、やろう」――辻庸介氏が語るマネーフォワードの創業ストーリー - 01月23日(火)07:00 

2017年9月、家計簿アプリの「マネーフォワード」やお釣り貯金アプリの「しらたま」などを展開するマネーフォワードが東証マザーズへの上場を果たした。 2012年5月に創業したマネーフォワードは、その翌年に開催されたTechCrunch Tokyo 2013のスタートアップバトルに登場したこともある。それから4年が経ち、当時はまだ創業したばかりのスタートアップの社長だった辻庸介氏が、今度は上場企業の社長としてTechcrunch Tokyoに戻ってきてくれた。本稿は2017年11月17〜18日開催のイベント「TechCrunch Tokyo 2017」のセッションのレポートだ。 マネーフォワードの歴史は、恵比寿の小さなマンションの1室から始まった。辻氏は当時を振り返りながらマネーフォワードの創業ストーリーを語った。 始まりは、失敗から 辻氏がビジネスに目覚めたのは、大学時代のことだった。当時、彼は京都大学農学部で木材を溶かして発泡スチロールを作るという「今話しても誰一人として興味をもってくれない研究」(辻氏)に没頭する、研究者寄りの人物だった。だが、大学のテニスサークルで一緒だった先輩が起業し、その手伝いをしたことでビジネスの面白さに目覚めることになる。 辻氏は大学卒業後にソニーに入社。そこで経理担当として数年間務めたのち、2004年にマネックス証券へと転職した。 「(マネックスグル...more
カテゴリー:

【アッキード/森友】<財務省>公用メール「60日廃棄」継続 システム更新後も ◆2★1140 - 01月22日(月)20:58  seijinewsplus

<財務省>公用メール「60日廃棄」継続 システム更新後も 1/22(月) 7:00配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180122-00000011-mai-soci  省庁で利用が急増している公用電子メールについて、財務省は送受信から60日で自動廃棄していることを毎日新聞の取材に明らかにした。昨年5月に国会で野党議員から見直しを求められた後も、廃棄を続けていたことが判明した。国土交通省も送受信から1年でメールを自動廃棄する方針を決めているが、両省以外に同様のシステムを取り入れている省はなく、政府内でメールの管理方法にば...
»続きを読む
カテゴリー:

空き家対策で官民タッグ 福島市の金融機関やシルバー人材センターなどが連携協定 - 01月22日(月)15:03 

全国的な課題となっている空き家対策を巡り、福島市は金融機関やシルバー人材センターなど地元10団体との相互連携協定を23日に結ぶ。相続が円滑に進むようにしたり廃屋化を防ぐなどし、空き家の発生を少しでも抑
カテゴリー:

もっと見る

「金融機関」の画像

もっと見る

「金融機関」の動画

Wikipedia

金融機関(きんゆうきかん)とは、金融取引に関する業務を営む組織のこと。狭義には預貯金取扱金融機関のみを指すが、広義には保険会社証券会社、ノンバンクも含む。

金融の本質は、資金を余剰している先から集め、不足している先に融通するところにある。 この事業の性質上、公共性が極めて高いことから、この事業を行うものに対しては、各国とも行政運営上、この事業の資金調達ならびに営業(個人法人および事業性個人に対するものも含めて)に対して、免許制ないし認可制・登録制などの規制を行うことがほとんどである。この、行政によって認可・許可・登録などをなされた法人を、狭義の金融機関と定義することができる。

この業態でよく見られる例としては、銀行信用金庫などが預金という形式で集めて融資を行ったり保険会社保険料という形式で集めて融資を行うという...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる