「金融市場」とは?

関連ニュース

ギリシャ、国債発行再開へ EU支援合意受け3年ぶり - 07月24日(月)23:50 

 ギリシャ政府が25日に5年物国債を発行し、2014年以来、約3年ぶりに国際金融市場に復帰する見通しとなった。欧米メディアが24日、伝えた。欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)の金融支援が18年8月に終了するのを見据え、自力での資金調達に乗り出す。EUが今年6月にギリシャへの追加融資で合意して以降、取り沙汰されていた同国のデフォルト(債務不履行)懸念が後退。過去に発行された同国の国債利回りは低下していた。
カテゴリー:

欧州金融市場の先行き占う「影の金利」 - 07月24日(月)13:28 

 欧州中央銀行は、米FRBが4年前に到達したのと同じ地点に達した。これが、欧米の金融市場にさまざまな影響を及ぼしている。
カテゴリー:

日本とEUのEPAは、米英への誘い水となるか 優先順位が低かったEPAがまとまったワケ | 女子アナリスト4人組、金融市場を駆け巡る | 東洋経済オンライン - 07月24日(月)06:00 

当初は優先順位が低かった日本とEUのEPA7月6日の日本とEU(欧州連合)のEPA(経済連携協定)の「大枠合意」…
カテゴリー:

東京電力の法的整理に、債権放棄を嫌がるメガバンクが大反発!? - 07月21日(金)08:42 

 2011年の福島第一原発事故の処理費は、廃炉と賠償、除染等などで増大していくばかり。経産省による試算では、総額21兆5000億円に膨れ上がっている。この巨額の費用を誰が負担するのか。済産業省の専門委員会の議論では、東京電力の法的整理も選択肢のひとつしていたのだが、それに待ったをかけたのがメガバンクだ。  三井住友銀行の宮田孝一社長は昨年11月、「(法的整理は)金融市場の安定を脅かす可能性がある。私どもも東京電力を支えていく一員でありますから、引き続き支援していく」と発言。みずほや三菱UFJも東京電力の法的整理には賛成しない方向だ。 ◆法的整理をせずに、電気料金から処理費負担を上乗せし続ける  原発事故以降の東電を取材し続けるジャーナリストの木野龍逸氏は「事故直後からメガバンクを中心とした銀行団は4兆円以上を東電に融資し、国は東電を潰さないと決めました。東電の法的整理ともなれば債権放棄となりますから、反対しているのでしょう」と言う。 「しかし、銀行側、貸し手の責任もあります。原発事故原因の詳細や今後いくら処理費用がかかるか定かでないのに、リスク評価ができるわけないでしょう。それなのに、融資を続けた銀行が『債権放棄は嫌だ』と東電の法的整理に反対するのはおかしなこと。東電も資金が足りないならば、所有する発電所や送電網を売ればいいのです。  そうしたこともせず、なし崩し的に一般...more
カテゴリー:

日銀の伝家の宝刀「指し値オペ」がインフレ目標と矛盾する理由 - 金融市場異論百出 - 07月20日(木)05:00 

7月7日に日本銀行は、米欧の債券市場の動きにつられて上昇していた10年日本国債の金利を抑え込むため、「伝家の宝刀」とでもいうべき国債買い入れの「指し値オペレーション」を発動した。
カテゴリー:

焦点:中国のドル建て債急増、FRBの政策判断に影響も - 07月24日(月)13:40 

[香港 24日 ロイター] - 中国のドル建て債は発行残高が急ピッチで増加しており、米連邦準備事会(FRB)の金融政策判断を左右する恐れがある。FBRは2015年9月に中国金融市場の混乱から利上げを見送った苦い経験を持つが、今回もその二の舞を演じることになりかねない。
カテゴリー:

IMF、世界成長率見通し維持も米を2・1%に引き下げ トランプ政権混乱で 日本は1・3%に上方修正 - 07月24日(月)13:05 

 【ワシントン=小雲規生】国際通貨基金(IMF)は23日発表の世界経済見通しで、2017年の世界全体の成長率を4月の前回見通しと同じ3・5%に据え置いた。トランプ政権の混乱が続く米国について見通しを引き下げる一方、日本に関しては「個人消費や投資、輸出が1~3月期の成長を支えた」と評価し、0・1ポイント上方修正の1・3%とした。金融市場が調整局面に入る可能性も指摘し、下押しリスクにも警鐘を鳴らしている。
カテゴリー:

米中経済対話、貿易などの溝を埋められず 記者会見は中止 - 07月22日(土)17:12 

米トランプ政権と中国当局の初となる「米中包括経済対話」は現地時間19日、ワシントンで開催された。ロイター通信によると、米国が求める対中貿易赤字の削減や、鉄鋼の過剰生産、中国の金融市場開放などの問題で新たな合意はできず、終了後に予定された記者会見は中止された。双方の見解は平行線のままで協議を終えたもよう。
カテゴリー:

米中経済対話、貿易などの溝を埋められず 記者会見は中止 - 07月20日(木)21:29 

米トランプ政権と中国当局の初となる「米中包括経済対話」は現地時間19日、ワシントンで開催された。ロイター通信によると、米国が求める対中貿易赤字の削減や、鉄鋼の過剰生産、中国の金融市場開放などの問題で新たな合意はできず、終了後に予定された記者会見は中止された。双方の見解は平行線のままで協議を終えたもよう。
カテゴリー:

オバマケア代替法案可決困難、ドル下落 - 07月19日(水)00:28 

[ワシントン 18日 ロイター] - 米上院で与党共和党が成立を目指す医療保険制度改革(オバマケア)代替法案に共和党議員2人が17日夜遅くに反対を表明し、可決が難しくなったことを受け、金融市場ではドルが主要通貨に対し10カ月ぶりの安値をつけるなどの動きがみられた。
カテゴリー:

もっと見る

「金融市場」の画像

もっと見る

「金融市場」の動画

Wikipedia

金融市場(きんゆうしじょう、financial market)とは、資金の貸借取引が行われる場、あるいは資金需給が調整される場(市場)ないし過程のことをいい、金利はそこに成立する価格のことをいう。この場合、資金の貸借取引の範囲ないし資金の性格いかんによって、金融市場の意味も広狭さまざまに理解される。

個別市場・部分市場

最広義の金融市場は、国民経済における金融的な資金の流れの全体をさすことになる。それは、種々の個別市場ないし部分市場から構成され、それに応じて種々の金利が形成される。

たとえば、取引される資金が短期か中長期かによって短期金融市場(マネーマーケット)と長期金融市場(資本市場、キャピタルマーケット)に、資金の調達形態によって貸出市場(特に貸付市場)と証券市場に、さらに借手ないし資金使途によって産業金融市場消費金融市場などに分けることができる。貸出市場は、金融機関と顧客との間の資金貸借の市場であり、貸出金の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる