「金融市場」とは?

関連ニュース

アングル:揺れる米資産運用会社、海外債や新興国株に活路も - 02月17日(土)13:06 

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 米金融市場は主要株価指数が週足で2年ぶりの大幅な下げを記録し、10年物国債利回りは4年ぶりの水準に上昇するなど大荒れとなったため、資産運用会社は資金配分の見直しを進めている。
カテゴリー:

コラム:「バブル崩壊」は大げさ、米成長上振れへ=村上尚己氏 - 02月16日(金)11:25 

[東京 16日] - 2月2日の米雇用統計(1月分)発表以降、米国株は連日急落し、年初から楽観的なムードに包まれていた金融市場の景色は一変した。米国株市場が、1日に4%の大幅下落となったのは2011年以来である。
カテゴリー:

暴落した米国株価、今後のカギを握るFRBの「本音」を探る - 金融市場異論百出 - 02月16日(金)05:04 

米国で2月2日に発表された1月の平均時給は、前年同月比2.9%と高い伸び率を示した。通常、賃金が上昇することについて株式市場は好材料と受け止めるわけだが、今回は違った。
カテゴリー:

GDP年0.5%増 続く「低温経済」、潜在成長力の強化が急務 - 02月14日(水)21:58 

 平成29年10~12月期の実質国内総生産(GDP)速報値は約28年ぶりとなる8四半期連続プラス成長を記録した。ただ、最高10%超の成長率を記録したバブル期と異なり、足元は低水準の成長が続く「低温経済」だ。金融市場の動揺がもたらす悪影響が懸念される中、少子化を補い、経済の「体力」を示す潜在成長力の強化が急務となる。
カテゴリー:

GDP速報値 バブル期以来の8四半期連続プラス成長も…「低温経済」定着 - 02月14日(水)11:43 

 平成29年10~12月期国内総生産(GDP)速報値は実質ベースでバブル期以来、約28年ぶりとなる8四半期連続プラス成長を記録した。ただ、最高10%超の成長率を記録したバブル期と比べると、今回は最高2%台にとどまり、低水準ながら成長が続く「低温経済」が定着してきた。金融市場の波乱リスクが高まり、実体経済への悪影響が懸念される中、少子化を補い、経済の「体力」を示す潜在成長力の強化を進めることが急務となる。
カテゴリー:

円高で政府と日銀が会合 - 02月17日(土)07:32 

円高で政府と日銀が会合:円高が進む中、財務省と金融庁、日銀は、国際金融市場の動きについて、意見交換を行った。...
カテゴリー:

賃上げ、足元の円高株安に左右されず中長期視点から 茂木経済再生担当相 - 02月16日(金)10:39 

 茂木敏充経済再生担当相は16日午前の閣議後会見で、金融市場の変動が企業に与える影響について「企業は1日単位、1週間単位でなく1年単位で会計をやっている。1年、さらには中長期的な視点からみることが重要だ」と述べ、短期的な円高、株安に左右されず、賃上げを着実に進めていくよう求めた。
カテゴリー:

米インフレ加速、市場に何を意味するか - ロイター発 World&Business - 02月15日(木)05:01 

米金融市場における最近の混乱は、過去10年近く経済も投資家も直面する必要のなかった事象が原因となっている。つまりそれは、インフレ高進に対する懸念だ。
カテゴリー:

アングル:米インフレ加速、市場に何を意味するか - 02月14日(水)16:07 

[13日 ロイター] - 米金融市場における最近の混乱は、過去10年近く経済も投資家も直面する必要のなかった事象が原因となっている。つまりそれは、インフレ高進に対する懸念だ。
カテゴリー:

GDP:伸び率0.1%、勢いを欠く - 02月14日(水)11:18 

解説  2017年10~12月期の実質GDP成長率は8四半期連続のプラスとなり、長期に及ぶ成長が続いているものの、伸び率は0.1%と依然勢いを欠いている。最近では、米国の金利上昇をきっかけに世界の金融市場が動揺するなどのリスクも顕在化しており、より力強い成長の実現に向けて、春闘での企業の賃上げなどがカギを握る。
カテゴリー:

もっと見る

「金融市場」の画像

もっと見る

「金融市場」の動画

Wikipedia

金融市場(きんゆうしじょう、financial market)とは、資金の貸借取引が行われる場、あるいは資金需給が調整される場(市場)ないし過程のことをいい、金利はそこに成立する価格のことをいう。この場合、資金の貸借取引の範囲ないし資金の性格いかんによって、金融市場の意味も広狭さまざまに理解される。

個別市場・部分市場

最広義の金融市場は、国民経済における金融的な資金の流れの全体をさすことになる。それは、種々の個別市場ないし部分市場から構成され、それに応じて種々の金利が形成される。

たとえば、取引される資金が短期か中長期かによって短期金融市場(マネーマーケット)と長期金融市場(資本市場、キャピタルマーケット)に、資金の調達形態によって貸出市場(特に貸付市場)と証券市場に、さらに借手ないし資金使途によって産業金融市場消費金融市場などに分けることができる。貸出市場は、金融機関と顧客との間の資金貸借の市場であり、貸出金の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる