「金融サービス」とは?

関連ニュース

ビルゲイツが1999年に予測した未来のIT技術のほとんどが的中 - 01月21日(日)00:25  news

No.1 価格比較サイト ゲイツの予測:自動的に価格比較を行うサイトが登場する。人々は複数のサイトを比較して価格をチェックし、あらゆる製品を低価格で購入できるようになる。 No.2 モバイル端末 ゲイツの予測:小さな端末をどこへでも持って行くようになる。常に連絡が取れるようになり、どこにいても仕事ができるようになる。 ニュースをチェックしたり、予約した航空機をチェックしたり、株式市場の情報を入手するなど、小さな端末で何でもできるようになる。 No.3 支払いの簡素化、オンラインでの金融サービス、ウェブ...
»続きを読む
カテゴリー:

「億り人」も夢じゃない。仮想通貨を始めたい人のための初心者講座 - 01月18日(木)20:08 

「仮想通貨元年」と言われた2017年ですが、明けて2018年、さて今年は自分も仮想通貨市場で一勝負などと思ったものの、1月16日~17日の大暴落に腰が引けてしまった方も多いのではないでしょうか。今回の無料メルマガ『新米社労士ドタバタ日記 奮闘編』では、そんな初心者の方にもわかりやすく、「仮想通貨」と「フィンテック」について会話形式で紹介しています。 仮想通貨元年 新米 「最近、OL証券さんが良く来られますが、株か何か持っておられるんですか?」 所長 「いや、昔は、OL証券で株をしていたけれど、この会社では、今はもうやっていないよ」 新米 「じゃぁ、何のご用件で来られているんですか?」 所長 「もちろん、株の営業にも来られているよ。でも、今いちばん進められているのは、ファンドだね」 新米 「ファンドって?」 所長 「ファンドっていってもいろいろあるもんね。要は、投資信託かな」 新米 「ふーん、僕はそういうの一度もかかわったことなくて、どういうものか全くわからないので、作業しながら、今度近くでこっそり話を聞いていても良いですか」 所長 「いいよ、邪魔にならなければね。しっかり雑学を修得してくれよ」 新米 「はい、ありがとうございます」 所長 「私は、すきま時間には、できるだけ営業の人に会うようにしているんだよ」 新米 「え?どういうことですか…」 所長 「君がさっき言ったことと同じだよ...more
カテゴリー:

現役地方銀行員が語るウチの地方創生 第1回 「キャッシュレス」「フィンテック」を活用した地域経済活性化への取組み - 01月18日(木)08:30 

「(アップル社の)iPhoneのようなイノベーティブな金融サービスを創りたい」―― ふくおかフィナンシャルグループ(以下、ふくおかFG)のスマートフォンをベースとした金融サービスプラットフォーム「iBank」(アイバンク)は、そんな想いから始まりました。
カテゴリー:

銀行の保険窓販「外貨建て保険」でトラブル増加中 高齢者が8割占める - 01月14日(日)14:42 

銀行窓口での保険商品の販売で、「外貨建て生命保険」のトラブルが増えている。保険の銀行窓販の全面解禁から、2017年12月22日で10年が経った。国民生活センターは、これまでに寄せられた保険の銀行窓販に関する相談事例を紹介するとともに、ここ数年、新たに増えてきた外貨建て保険の相談事例も明らかにした。 「為替リスク」説明不十分か? そもそも「外貨建て生命保険」は、保険金や年金、解約返戻金などを外貨で受け取る保険をいう。支払った保険料も外貨で運用する。「保険としての保障を得ながら、外貨にも分散投資できる」というのが売り文句だ。 そんな外貨建て保険をめぐって、国民生活センターにこんな相談が寄せられていた。 「銀行窓口で500万円を定期預金にするつもりだったが、保険商品を勧誘され、内容もよくわからないまま出された書面に署名、捺印。帰宅後にそれが保険契約だったことを知った。投資の経験はなく、保険を契約するつもりはないのでクーリング・オフの手続きを踏んだ。ところが、解約すると米ドルで返金され、すぐに円に換金したが、為替差損と手数料分の損失を差し引かれて500万円全額は戻ってこなかった。これでは納得できない」(大阪府の70代男性) 国民生活センターは、「こうした『為替リスク』を十分に理解しないまま契約してしまったり、そもそも説明が不十分だったりしたことがトラブルにつながっているようです」とみている...more
カテゴリー:

メルカリが年内にも仮想通貨交換業の登録申請へ――フリマアプリ内での決済に対応 - 01月11日(木)13:41 

2017年11月に設立されたメルペイ。メルカリが金融関連の新規事業を行うために立ち上げた子会社だ。同社の代表取締役には元グリーCFOの青柳直樹氏が就任し、役員には元WebPayのCTOでLINE Pay事業を経験した曾川景介氏らが名を連ねるなど注目を集めている。 今まで事業の詳細については明らかになっていなかったが、年内にも仮想通貨交換業の登録申請をして、メルカリ内の決済手段としてビットコインを含む仮想通貨に対応していくようだ。 これについては最初にITproが報じている。同記事によるとメルカリではメルペイを通じて2018年中にも仮想通貨交換業の登録を目指し、主要な仮想通貨を決済手段としてフリマアプリに組み込む方針だという。ICOにも興味を示しているということだから、独自のトークン(コイン)を発行しメルカリ経済圏を広げていく狙いがあるのかもしれない。 メルカリ広報に今回の背景について聞いたところ「仮想通貨についてはまだ社会的なルールを整備している段階と認識している。ただ、メルペイでは新技術を取り入れ色々な可能性を検討したいので、申請しておこうと考えた。まずは簡単に使える環境づくりからと考えている」という回答があった。 本件については新たなプロダクトをリリースするのではなく、メルカリ内の決済手段として仮想通貨に対応する。また具体的な内容は検討中であるものの「国内で6000万強のダウン...more
カテゴリー:

視点:仮想通貨取引はなぜ危ういのか=アデア・ターナー氏 - 01月19日(金)15:15 

[東京 19日] - ビットコインをはじめとする暗号通貨(仮想通貨)は取引の匿名性ゆえに、犯罪資金のマネーロンダリング(資金洗浄)やテロ組織への資金供与、脱税に悪用されやすく、交換事業がこれ以上広がることに対しては、当局側の慎重な姿勢が望まれると元英金融サービス機構(FSA)長官のアデア・ターナー氏は述べる。
カテゴリー:

ロバート・ウォルターズ・ジャパン、日本の給与トレンドをまとめた「給与調査2018」を公開 - 01月18日(木)10:00 

外資系・日経グローバル企業への転職を支援する人材紹介会社であるロバート・ウォルターズ・ジャパンは、世界28か国の採用トレンドと日本の業種・職種別採用・給与動向をまとめた「給与調査2018」を刊行した。これについての発表会を2018年1月16日に開催した。発表会では同社の代表取締役社長であるデイビッド・スワン氏が登壇し、その概要について紹介した。スワン氏はまず、こうしたレポートを発表してから19年目を迎えたことを紹介しながら、2017年を振り返ると、世界的に見られた傾向の1つとしては、テクノロジーのスタートアップに関する需要が見られたと語る。デジタル化が進められていく中で専門性を持った人に対する需要が強かったとのこと。ビッグデータを社内に取り入れてよりうまく活用しようという考えの中から、こうした分野の専門性を持つ人材に対する需要も高まっているそうだ。こうした時代の流れに伴って、例を挙げると金融機関に対する規制の強化などがあり、これを背景にサイバーセキュリティ、フィンテックといった分野への人材需要も増えている。規制やコンプライアンス、リスク管理から監査、法務的な経験などがある人も求められている。■日英バイリンガルの技術者が求められているテクノロジー分野日本市場の特徴の1つとしてあげられるのは、グローバリゼーションが進む中で、日英のバイリンガルで仕事ができる人材が求められていることだ。専...more
カテゴリー:

日本の金融が中国フィンテックに制覇される日 - 野口悠紀雄 新しい経済成長の経路を探る - 01月18日(木)05:00 

IT技術を駆使してさまざま金融サービスを生み出すフィンテックで中国企業の台頭が目覚ましい。豊富な資金力とIT人材が成長の支えになっており、日本の金融業が中国フィンテックに席巻される日の到来も絵空事ではない。
カテゴリー:

地域経済活性化と金融サービス向上を目的に電子地域通貨の導入を目指します - 01月12日(金)15:00 

[株式会社アイリッジ] 記 実証実験の概要(予定) ・対象者 :伊予銀行の本店役職員(約400人) ・期間   :2018年2月16日(金)から約3ヶ月間 ・対象店舗:伊予銀行本店内の食堂、近隣飲食店 ・想定金額:一人一月当たり1万円 ...
カテゴリー:

【視点】マネタリーファイナンスはなぜ日本に必要か=アデア・ターナー氏 - 01月11日(木)02:44  bizplus

https://jp.reuters.com/article/2018-views-adair-turner-idJPKBN1EY0T3 2018年1月10日 / 03:32 / 9時間前更新 アデア・ターナー 元英金融サービス機構(FSA)長官/インスティテュート・フォー・ニューエコノミックシンキング会長 [東京 10日] - 根強いデフレ圧力と公的債務問題に対して日本が取り得る最も有効な打開策は、中央銀行が財政赤字を穴埋めする「マネタリーファイナンス」を国民に向けて明示的に実行することだと、元英金融サービス機構(FSA)長官のアデア・ターナー氏は述べる。 具体的には、政府が2...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「金融サービス」の画像

もっと見る

「金融サービス」の動画

Wikipedia

金融サービス(きんゆう-、)は金融業務とも呼ばれ、金融業界内で行われているまたは企業内でお金に関して行なわれている全ての業務、すなわち銀行クレジットカード保険会計証券取引投資ファンドなどの業務を指す。 金融サービスとは (Weblio)

参照 脚注

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる