「金田明夫」とは?

関連ニュース

市原隼人「沈黙法廷」で永作博美の恋人役に!杉本哲太、田中哲司、臼田あさ美らも参戦 - 08月16日(水)18:00 

 女優の永作博美を主演に迎え、「廃墟に乞う」「警官の血」「笑う警官」などで知られる直木賞作家・佐々木譲氏の法廷ミステリー小説をドラマ化する「連続ドラマW 沈黙法廷」に市原隼人、杉本哲太、田中哲司、大倉孝二、臼田あさ美、甲本雅裕、北村総一朗が出演していることがわかった。  本作は、警察、弁護士、マスコミなどの視点を通じ、連続殺人事件の容疑者となった家事代行業の女・山本美紀(永作)の本性を検証する形で物語が進んでいく。東京都北区・赤羽で、ひとり暮らしの老人の絞殺体が発見され、個人営業の家事代行業・山本美紀という女が捜査線上に浮上する。そのほかにも複数の不審死に関与していた疑いのある美紀に対して、マスコミは連続殺人犯として過熱報道を繰り返すように。やがて法廷で真実が暴かれようとしたとき、美紀は証言台で突然口を閉ざしてしまう。  美紀の恋人である青年・高見沢弘志を演じることになった市原は「主人公の女性に恋をし、愛が芽生え、会えなくなり生まれた心の隙間に突き刺さる事実と真実が虚無感と混ざる中、相手を想い続ける弘志を演じさせて頂きます」と自身の役どころを説明。「生々しい感情が映像の中で生きる事を胸に現場と向き合って行きます」と意気込みを明かしている。  美紀の弁護に名乗りを上げる弁護士・矢田部完に扮する田中は、「原作からキャラクターが変更されており、市原さん演じる弘志とのつながりなど、ド...more
カテゴリー:

「金田明夫」の画像

もっと見る

「金田明夫」の動画

Wikipedia

金田 明夫(かねだ あきお、1954年10月13日 - )は、日本俳優東京都出身。身長168cm、体重68kg。血液型はO型。左利き。特技は水泳乗馬。家族は妻と子供3人。東京都豊島区立長崎中学校・東京都立北野高等学校卒業。

来歴・人物

劇団雲附属研究所、円・演劇研究所を経て、1977年に演劇集団 円劇団員に昇格。舞台リチャード三世、マクベス、あらしのよるになどに主演する。

若手の頃は舞台出演と並行して、日活ロマンポルノに多く起用される。しかしそれだけでは生活できず、結婚後も学生時代に得意だった水泳の監視員のアルバイトを行っていた。これらの下積み生活が陽の目を見て1990年代に入りテレビドラマを中心に出演が増加。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる