「金田一」とは?

関連ニュース

【芸能】石坂浩二、初の自伝を上梓 浅丘ルリ子との離婚理由、鑑定団降板の真相など明かす - 08月19日(土)17:27  mnewsplus

http://www.oricon.co.jp/news/2095897/full/ 2017-08-19 14:58  俳優の石坂浩二(76)が、初の自伝『翔ぶ夢 生きる力 ~俳優・石坂浩二自伝~』(廣済堂出版)を24日に発売する。 主演するテレビ朝日系帯ドラマ劇場『やすらぎの郷』(月~金 後0:30~0:50)が話題を呼んでいるなか、元妻で同ドラマにも出演する浅丘ルリ子との結婚・離婚、そして『なんでも鑑定団』降板の真相など、初めて明かしている。  東京・銀座で生まれ田園調布で育ち、慶應義塾普通部(中学)・高校・大学に通った“生粋のシティボーイ”石坂は、大学卒業...
»続きを読む
カテゴリー:

「ひよっこ」117話。実も宗男もうなされる、茂おじいちゃんは大丈夫か - 08月17日(木)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第20週「さて、問題です」第117回 8月16日(水)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:松木健祐117話はこんな話奥茨城村に戻った実(沢村一樹)は、1ヶ月が経過し、だいぶ故郷での暮らしにも慣れてきた。 蘇る実116回で、痛快な、クイズ番組での豊子(藤野涼子)の活躍を描いた翌日は、しっとり回。実の話に戻る。だいぶ、元の生活に戻った実の元に、綿引正義(竜星涼)が訊ねて来て、出稼ぎしていた頃の実の様子を語って聞かせる。正義が、熱心に聞き込み調査を繰り返していたことが、ここで生きる。記憶をなくした実に、実の働いていた時の記憶を手渡せたのだ。勉強して知識を増やしていくように、実は過去の自分の記憶を再インストールしていく。妻・美代子(木村佳乃)には、実が行方不明になった時の、美代子の行動や心境について聞く。これは、本来、実が知っていて当然のことではない。美代子の状況だから。でも、記憶を失ったことをきっかけに、自分がいない時、家族が何を思い、どう行動していたか、知ることになるという、言ってみれば、一度崩壊した家族を再生する試みになっている。やっぱり、話し合うことが大切。意見をぶつけ合うのではなく、ただただ、相手の話を聞いて、相手を知ること。そうすることで、新たな自分の在り方も見えてくる・・・かも...more
カテゴリー:

[島耕作の事件簿]弘兼憲史×樹林伸の豪華タッグによるミステリー 「モーニング」で新連載 - 08月17日(木)00:00 

 人気マンガ「島耕作」シリーズの弘兼憲史さんと「金田一少年の事件簿」「神の雫」などのヒットメーカー・樹林伸さんがタッグを組んだ新連載「島耕作の事件簿」が、17日発売のマンガ誌「モーニング」(講談社)38号でスタートした。  「島耕作の事件簿 ……
カテゴリー:

1冊まるごと、桑田佳祐『Pen』最新号全容公開 - 08月08日(火)13:00 

 ソロ活動30周年を迎える歌手・桑田佳祐(61)を1冊まるごと特集するカルチャー・ライフスタイル誌『Pen』8月16日発売号(CCCメディアハウス)の表紙と全容が公開された。 【写真】過去最少規模の300人ライブを開催した桑田佳祐  6年半ぶりとなるオリジナルアルバム『がらくた』(23日発売)に関するインタビュー、桑田の秘蔵アナログレコード22選の紹介、長年続くレギュラーラジオ番組での興味深い発言を集めた名・迷言集、学生時代から桑田をよく知る斎藤誠によるデビュー前秘話、本人所有の楽器を詳しく解説したビジュアルページなど、“1冊まるごと、桑田佳祐。”のタイトルどおりのボリュームとなっている。  担当編集者は「広くて深い大海原のような桑田さんの、しかもソロ活動30周年という記念すべきタイミングでの取材は、とてもチャレンジングなものでした。完成した特集は、ファン歴が長い方はもちろんのこと、桑田さんの歌が気になっていた方や、未来のファンとなる方にも手に取っていただきたい内容です」とコメントしている。 <特集概要> ・桑田佳祐 最新インタビュー ~新作『がらくた』について、 そしていま感じていること。 ・スタジオで起きた、化学反応について話そう。 ・6年半ぶりのソロ、収録された15曲を解説。 ・熱狂のステージで輝きを放つ、美しき愛器。 ・芸能の聖地の秘密を探る、映画『茅ヶ崎物語』。 ...more
カテゴリー:

石坂浩二、初の自伝を上梓 浅丘ルリ子との離婚理由、鑑定団降板の真相など明かす - 08月19日(土)14:57 

 俳優の石坂浩二(76)が、初の自伝『翔ぶ夢 生きる力 ~俳優・石坂浩二自伝~』(廣済堂出版)を24日に発売する。主演するテレビ朝日系帯ドラマ劇場『やすらぎの郷』(月~金 後0:30~0:50)が話題を呼んでいるなか、元妻で同ドラマにも出演する浅丘ルリ子との結婚・離婚、そして『なんでも鑑定団』降板の真相など、初めて明かしている。 【写真】ドレス姿おn加賀まりこ&浅丘ルリ子に挟まれる石坂浩二  東京・銀座で生まれ田園調布で育ち、慶應義塾普通部(中学)・高校・大学に通った“生粋のシティボーイ”石坂は、大学卒業後に俳優のキャリアをスタート。『天と地と』『元禄太平記』『草燃える』と3作のNHK大河ドラマの主演を努め、金田一耕助や水戸黄門なども演じるなど、まさに日本を代表する役者として活躍してきた。司会者やクイズ番組の回答者としても博識ぶりを披露し、油彩画で二科展に11年連続で入選するなど、広い分野に精通している。  そんな日本の芸能界を代表する俳優が、初めて自伝を執筆した。交流のあった俳優・女優や映画監督などとのエピソードはもちろん、かつて交際し『やすらぎの郷』でも共演する加賀まりことのなれそめや、浅丘との結婚生活の破綻の理由も隠すことなく告白。さらに、1994年から2016年まで司会を務めた『開運!なんでも鑑定団』の降板劇の内幕についても、自ら公にする。  そのほか、自身の趣味人...more
カテゴリー:

日本語の「はは」は昔「パパ」だった!? - 三谷流構造的やわらか発想法 - 08月17日(木)05:10 

ある夜、NHK教育テレビを見ていたら、金田一春彦博士が「五十音のヒミツ」を講義しておられました。今から40年も前のことです。「濁音にはひとつだけ仲間はずれがいます」「どれかわかりますか?」
カテゴリー:

「ライアー×ライアー」完結記念&新刊4冊同時発売で金田一蓮十郎サイン会 - 08月16日(水)17:13 

金田一蓮十郎のサイン会が、9月23日に東京・ジュンク堂書店池袋本店にて開催される。
カテゴリー:

「金田一」の画像

もっと見る

「金田一」の動画

Wikipedia

金田一地名、および日本人。地名は「きんたいち」、姓は「きんだいち」という場合が多い。また姓は金田(「かねだ」または「かなだ」が一般的)で名が一(「はじめ」が一般的)というフルネームも存在しうる。

金田(きんだ)とはアイヌ語のキムタ(山の中の)に由来。一は市の意。金田一とは「山の中の人の集まるところ」を意味する(團伊玖磨対談集「毒ヘビは急がない」文春文庫、1980年、pp.194における金田一春彦の発言)。
家系としての金田一氏は南部支族四戸氏の分流に属し、天正19年(1591年)の九戸政実の乱の後、武田彦三郎金田一村に領地を賜って金田一を名乗り始めたことに由来するが、それ以前より金田一村を領し、金田一を称する家系もあった。

地名

  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる