「金泳三」とは?

関連ニュース

韓国朝刊ヘッドライン(11月23日) - 11月23日(木)08:00 

<朝鮮日報>金寛鎮元国防部長官、勾留適否審査で釈放 <東亜日報>自由に向かった疾走、銃弾も防げなかった <中央日報>金泳三元大統領の追悼式で献花する文大統領 <ハンギョレ>「高裁部長昇進制廃止」、法官人事改革始まった <京郷新聞>平昌五輪期間、韓米演習停止か <毎日経済>「米国で製造せよ」韓国産洗濯機に50%関税爆弾 <韓国経済>日本「家業相続」破格の減税、韓国は…
カテゴリー:

今日の歴史(11月22日) - 11月22日(水)00:00 

1963年:大韓帝国最後の皇太子、李垠(イ・ウン)と皇太子妃だった李方子が56年ぶりに日本から帰国 1974年:フォード米大統領が来韓 1980年:戒厳布告15号を発表、政治活動の一部再開を認める 1989年:盧泰愚(ノ・テウ)大統領が韓国国家元首として初のハンガリー訪問 2001年:射程100キロの短距離ミサイルの発射実験実施 2007年:南北関係発展5カ年計画を発表 2011年:韓米自由貿易協定(FTA)批准案を国会で可決 2015年:金泳三(キム・ヨンサム)元大統領が死去
カテゴリー:

今日の歴史(11月20日) - 11月20日(月)00:00 

1897年:漢城(現ソウル)に独立門が完成 1948年:国家保安法を制定 1995年:欧州連合(EU)外相らが韓米日合同の対北朝鮮軽水炉建設支援で合意 1996年:金泳三(キム・ヨンサム)大統領がベトナムを訪問しド・ムオイ共産党書記長と首脳会談 1998年:クリントン米大統領が来韓、滞在中に金大中(キム・デジュン)大統領と対北朝鮮政策を協議
カテゴリー:

韓国政府がトランプ氏にも「告げ口外交」、日本がとるべき態度は? - 11月09日(木)05:00 

2泊3日の訪日日程を終え7日に韓国に向かったトランプ米大統領ですが、韓国政府はその夜行われた晩餐会に元従軍慰安婦を招待し、竹島周辺で獲れた「独島エビ」を供したと報じられました。台湾出身の評論家・黄文雄さんは自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の中で、親北と言われる韓国現政権が北朝鮮問題からトランプ氏の目を少しでもそらせようという意図が透けて見えると指摘。さらに、このような「反日告げ口外交」のツケは必ず韓国に跳ね返っていくと結んでいます。 【韓国】トランプ訪韓、「反日告げ口外交」で北朝鮮問題の矮小化を狙う文在寅大統領 トランプ大統領は訪日日程を終えて韓国を訪れましたが、韓国側は夕食会において、元慰安婦を招待し、竹島周辺で獲れた「独島エビ」を振る舞いました。大成功だったトランプ大統領の訪日に、わざわざ水を差すような行為です。菅官房長官は「どうかと思う」と不快感を示しましたが、多くの日本人が同じ思いでしょう。 もともと北朝鮮対策が主眼であったトランプ大統領のアジア歴訪ですが、そこから少しでも目をそらさせて別の意味を持たせようという、従北派の文在寅大統領らしい意図が透けて見えます。 ご承知のとおり、トランプ大統領の訪日については、ゴルフ外交をはじめとする安倍首相の努力によって、成功裏に終わりました。 これに対して韓国のメディア(中央日報)も、「安倍首...more
カテゴリー:

文大統領「和合・統合の遺訓忘れない」 金泳三氏の追悼式で  - 11月22日(水)15:34 

【ソウル聯合ニュース】韓国の金泳三(キム・ヨンサム)元大統領(在任1993~98)の死去から丸2年となる22日、金氏の眠る国立墓地・ソウル顕忠院で追悼式が開かれ、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が参列した。
カテゴリー:

韓国の主な週間日程(20~26日) - 11月20日(月)05:00 

◇20日(月) ▲国防部、定例会見(10:30) ▲統一部、定例会見(10:30) ◇21日(火) ▲済州オルレ、宮城オルレ推進の業務提携(09:00) ▲閣議(10:00) ▲国防部、定例会見(10:30) ▲外交部、定例会見(14:30) ◇22日(水) ▲金泳三(キム・ヨンサム)元大統領の死去から2年、各地で追悼式(10:00) ▲統一部、定例会見(10:30) ▲9月の人口動向(12:00) ▲統一部、国連世界食糧計画(WFP)事務局長と会談(14:00) ▲首相
カテゴリー:

今日の歴史(11月13日) - 11月13日(月)00:00 

1907年:大韓帝国の純宗皇帝が慶運宮(現・徳寿宮)から昌徳宮へ移る 1918年:独立運動家の呂準(ヨ・ジュン)、金佐鎮(キム・ジャジン)ら39人が満州で戊午独立宣言書を発表 1946年:ソウル・永登浦駅で列車衝突事故が発生、41人死亡・67人負傷 1995年:中国の江沢民国家主席が金泳三(キム・ヨンサム)大統領の招きで中国主席として初めて来韓 2007年:女子プロゴルファーの朴セリが世界ゴルフ殿堂入り
カテゴリー:

「金泳三」の画像

もっと見る

「金泳三」の動画

Wikipedia

金 泳三(キム・ヨンサム、韓国語:김영삼、1927年12月20日 - 2015年11月22日)は、大韓民国政治家。元大統領(在任1993年 - 1998年)。本貫は。号は「巨山」(コサン、)。略称はYS。実家は網元。日本統治時代における創氏改名時の日本名(1945年まで)は金村康右(かねむら こうすけ)。早稲田大学特命教授。称号は名誉法学博士(早稲田大学)。

大統領になるまで

慶尚南道の巨済島(現在の巨済市)出身。ソウル大学哲学科卒業。1952年に張沢相国務総理(当時)の秘書官に就いたのを経て、1954年第3代国会議員選挙で自由党候補として巨済にて立候補して、当時の最年少国会議員として当選、政界入りする。後に、自分のもとを訪れた日本の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる