「金正男」とは?

関連ニュース

北朝鮮ミサイル危機で頼るべきは自衛隊でなく地方自治体【評論家・江崎道朗】 - 04月26日(水)08:52 

【江崎道朗のネットブリーフィング 第10回】 トランプ大統領の誕生をいち早く予見していた気鋭の評論家が、日本を取り巻く世界情勢の「変動」を即座に見抜き世に問う! ◆日本の安全保障の転換点となった4月21日  4月21日は、日本の安全保障の転換点として将来記憶されることになるだろう。  1950年6月25日に始まった朝鮮戦争のときも、九州では空襲警報が鳴ったことがあるが、実に67年ぶりにリアルな危機が押し寄せてきている。  そこで4月21日、菅官房長官が記者会見において、ミサイル攻撃を受けた際、身を守るためにとるべき行動をとりまとめ、内閣官房のホームページにある「国民保護ポータルサイト」に掲載したことを報告した。  さらに菅官房長官は、都道府県の国民保護担当者を集めて対策会議を実施したこともこう報告した。 《地方公共団体に対してその旨を通知し、住民への広報について協力を要請したほか、都道府県の国民保護担当者に対する説明会を、本日開催することといたしております。政府としては、引き続き、米国、韓国等と緊密に連携をとりながら、いかなる事態にも対応することができるよう、緊張感をもって、情報収集、警戒監視等万全を期してまいりたいと思います》  この記者会見のポイントは、二つ。  第一に、ミサイル攻撃を受けることを想定して官房長官が記者会見で「自分の身は自分で守るしかない」と国...more
in English
カテゴリー:

中国で韓国人への暴行事件が増加。日本人のフリする在中韓国人も【中国・韓国大ゲンカレポート】 - 04月24日(月)08:52 

日本を仲良く叩いていたはずの中国と韓国が今、THAAD配備を巡り大ゲンカをしている。現地で今、いったい何が起きているのだろうか!? 今回は中国からのリポートを紹介する。 【中国と韓国がモメる「THAAD問題」とは】 北朝鮮の攻撃に備え、韓国は在韓米軍のTHAAD(高高度防衛ミサイル)の配備を昨年夏に決定。中国本土も探知範囲に入ることから中国政府は猛反発し貿易報復措置を実行した。2月に入り、韓国ロッテが配備用地を提供したことを受け、報復を活発化させた ◆中国政府が「反韓機運」醸成!暴行事件も起こっていた 「中国社会は韓国に対して一致団結して制裁を加えることを決めた」  3月2日に掲載された中国国営メディア『環球時報』の社説は、攻撃開始の“号令”だった。  日韓ともに紡績関連企業が多数進出する江蘇省南通市では同日、韓国車2台が破壊されるという事件が発生。1週間後には河南省鄭州市の広場で、韓国製の清涼飲料水を箱ごとブルドーザーで粉砕するという反韓デモが行われた。  在韓米軍の弾道弾迎撃ミサイルシステム「THAAD」の配備に加担した「張本人」のロッテグループも、大きな代償を支払うこととなった。『南方都市報』によると、中国で展開するロッテマート99店舗のうち、3月22日時点で87店舗が閉店状態だという。うち20店舗は自主休業だが残りの67店舗は「消防上の理由」で当局によって営業...more
in English
カテゴリー:

明日「北朝鮮」軍創設85周年、金正恩の示威行為は ICBMが最終段階 - 04月24日(月)06:00 

 その一報に一瞬ビクッとし、胸を撫で下ろした。そんな向きも多かったのではないだろうか。金正恩のミサイル発射が失敗に終わり、ひとまず米朝衝突は回避された。しかし、裏ではICBMが着々と完成に近づき、むしろ危機は最終段階へとより高まっているという。  *** 「チキンレース」の語源は、かつてアメリカで行われていたゲームにあるという。互いに相手の車に向かって走り、どちらが先に避けるのか。避けた方をチキン(=臆病者)と呼ぶ、度胸試し、根競べの遊戯が元だ。  となれば、この4月15日の動きだけ見ると、正面衝突を避けたチキンは、金正恩の方だったということになるだろう。  今年1月のトランプ大統領就任以来、激しい緊張が続く北朝鮮情勢。中でも、この日はひとつの“ヤマ”と見られていた。 「15日は故・金日成主席の誕生日で、『太陽節』と呼ばれる重要な記念日。しかも今年は生誕105年の記念の年でもありました」  と解説するのは、全国紙の外信部デスクである。 「この日まで、北サイドはアメリカに挑発的な発言を繰り返したばかりか、6度目に当たる核実験の準備も完了させていました。太陽節に合わせ、実験を行う可能性も十分ある、と見られていたのです。一方のアメリカも、シリアに電撃的な空爆を行い、原子力空母カールビンソンを近海に送り、強力にこれを牽制しました。仮に北が踏み切った場合、先制攻撃に出る可能性もあったので...more
in English
カテゴリー:

金正男の“友人”が初告白「キムちゃんは金正恩にも同情していた」 - 04月22日(土)08:54 

 衝撃の暗殺事件から約2か月。故・金正日総書記の長男にして、金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男氏の遺体が3月末には北朝鮮へ移送された。この事件で現在、訴追されているのは、実行犯であるベトナム人女性とインドネシア人 [...]
in English
カテゴリー:

「VXは北朝鮮で製造」 オウム中川死刑囚が手紙で明かす - 04月21日(金)16:45 

 北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏が猛毒のVXで殺害された事件について、オウム真理教元幹部の中川智正死刑囚が「VXは北朝鮮で製造された」「目薬や香水の小さい容器で運ぶことが可能だ」などと記した手紙を、拘置所から出していたことがわかりました。
in English
カテゴリー:

習近平指導部が「金正恩体制崩壊」を容認する政策転換を検討 - 04月26日(水)07:00 

 マレーシアの首都・クアラルンプールにおける金正男氏の暗殺を契機に、中朝関係は「帰らざる橋」を渡ってしまったようだ。中国は北朝鮮産石炭の輸入禁止に踏み切り、北朝鮮は労働党中央宣伝部が「朝中(北朝鮮―中国)関係の破局を準備せよ」との重要講話の学習会を頻繁に開催している。ジャーナリストの相馬勝氏がレポートする。  * * *  金正男殺害事件発生から5日後の2月18日、中国は予告もなしに北朝鮮産石炭の輸入禁止措置に踏み切った。  中国政府は「国連制裁決議が定めた2017年の輸入上限(4億ドル)に近づいた」ことを理由にしているが、中国の1月の北朝鮮からの石炭輸入額は1億2194万ドルで前年同月比59%増、輸入量自体は144万tで同13%減だった。中国の主張通りとすれば、2月の輸入額は前年同月比4 倍の2億8000万ドル前後となる。  しかし、わずか1か月で輸入するには量が多すぎることから、「時期的にみても、石炭輸入禁止措置は中国の北朝鮮による金正男暗殺への極めて強い不快感の表明」(北京の外交筋)との見方が妥当だ。  中国の突然の石炭輸入禁止措置について、北朝鮮は猛反発している。なぜならば、北朝鮮の対中輸出額の4割以上は石炭で占められているからだ。  北朝鮮国営の朝鮮中央通信は23日、「汚らわしい処置、幼稚な計算法」との論評記事を配信。「法律的根拠もない国連の『制裁決議』を口実にして、人民...more
in English
カテゴリー:

米軍「北朝鮮」先制攻撃シナリオ 1000発のトマホーク、特殊部隊の金正恩斬首作戦 - 04月24日(月)08:00 

 北朝鮮通の間で知られている逸話がある。  かつて金日成が息子・金正日に尋ねた。 「アメリカが北朝鮮を攻めて来たら勝てるのか」  金正日は答えた。 「勝てないが、朝鮮のない地球はありえない。朝鮮が潰れる時には、地球を破壊してしまえばよい」  この息子として英才教育を受けたのが、現国務委員長・金正恩である。  他方、1月の就任演説で「アメリカファースト」を高らかに宣言したドナルド・トランプ。  要は、太平洋を挟んで、世界の安寧など一ミリも考えない「最狂国」の独裁者と、自国のことばかり考える「最強国」のトップとが向かい合っているのが、現在の国際情勢の現実なのだ。 ■トランプが付きつけた「最後通牒」 「6年前の権力継承以来、核・ミサイル開発を加速させる正恩は、今年に入っても、3度に亘って日本海へ向けてミサイルを発射させたばかりか、異母兄・金正男を化学兵器・VXで殺害した。それに対し、1月に就任したトランプは、オバマと異なり、北朝鮮への先制攻撃をほのめかしている。実際、韓国へのTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備を急がせ、3月から始まった米韓合同軍事演習は過去最大級の規模に。朝鮮近海に原子力空母を送るなど、今年に入って、緊張は日に日に高まるばかりです」(外信部デスク)  4月の6〜7日にかけ、トランプは、その北朝鮮の最大の“保護者”である中国の習近平・国家主席と会談。しかし、最大の焦点で...more
in English
カテゴリー:

金正男の友人が初告白「キムちゃんは金正恩にも同情していた」 - 04月22日(土)08:54 

 衝撃の暗殺事件から約2か月。故・金正日総書記の長男にして、金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男氏の遺体が3月末には北朝鮮へ移送された。この事件で現在、訴追されているのは、実行犯であるベトナム人女性とインドネシア人女性の2人のみ。国際刑事警察機構(インターボール)は北朝鮮国籍の4人を指名手配しているが、事件当日に北朝鮮に帰国したとみられているだけに、今後も逮捕される可能性は低い。事件の真相は、遺体の搬送とともに闇に葬り去られようとしているのだ。  こうした状況に怒りを隠さない人物がいる。シンガポール在住の中国系ビジネスマンのA氏だ。今回、金正男氏との思い出の写真を数多く提供してくれた人物でもある。 「なぜ、あんな気のいいヤツを平気で殺すのか……」  そう話すA氏は「北朝鮮のロイヤルファミリーとしての彼でなく、友達の“キムちゃん”の素顔を多くの人に知ってほしい」と重い口を開いた。そこには、今まで語られることのなかった金正男氏の姿が……。 ◆「キムちゃんは金正恩にも同情していた」  息子・ハンソル氏との2ショットに、刺青を見せながらポーズを取る写真、とぼけた自撮り写真……。シンガポールに住む中国系ビジネスマンのA氏が見せてくれた写真の数々は、知られざる金正男氏の素顔を誰よりも饒舌に語っていた。 ⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attac...more
in English
カテゴリー:

アメリカの「金正恩暗殺」に日本は協力するしかない - 04月22日(土)07:00 

 3月6日、北朝鮮が日本海に向けて弾道ミサイルを4発発射した。この発射について7日に報じた朝鮮中央通信は、在日米軍を名指ししている。日本攻撃を初めて示唆した北朝鮮は、朝鮮半島ではなく、いまや世界の脅威となりつつある。金正恩独裁王朝に向き合う具体的な支援について、作家で元外務相主任分析官の佐藤優氏が解説する。  * * *  北朝鮮の弾道ミサイル能力は急速に向上している。 〈朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」(電子版)は7日付の1面で、朝鮮人民軍戦略軍火星砲兵部隊による弾道ミサイル発射を報じた。写真を12枚掲載し、弾道ミサイル4発が順次打ち上がっていく様子などが写っている。発射したのは、「スカッドER改良型」の可能性が高いとみられる。核弾頭を搭載でき、射程は1千kmとされ、日本にも届く計算だ。スカッドは発射台付きの車両に搭載されるため、事前に発射の兆候を把握するのが難しい。  また、北朝鮮は2月、開発を進めている潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の技術を活用したとみられる新型の弾道ミサイルを発射した。このミサイルの燃料には従来の液体ではなく、固体燃料が使われたとされる。液体燃料は発射前に機体に注入する必要があるが、固体燃料の場合はこうした作業が省略できる。固体燃料が導入されれば日米韓への脅威はさらに増すことになる。〉(前掲「朝日新聞」)  北朝鮮は今回、ミサイルを4発、同時に発射した。同...more
in English
カテゴリー:

大統領選で急伸 韓国のゲイツは日本の味方か  - 04月21日(金)05:57 

 博打で言えば“テッパン”と思われたレースに、いったい何があったのか──。  3月10日の朴槿恵(パククネ)罷免以来、大統領選一色の韓国だが、当初から圧倒的な支持率で独走してきたのは、最大野党「共に民主党」の文在寅(ムンジェイン)前代表(64)だった。 「多数の候補が乱立する中にあっても、文氏の支持率はずっと30%を超えていましたからね」  と話すのは在ソウルのある特派員。だが、選挙の潮目は変わったのだ。 「10%にも届かなかった『国民の党』の安哲秀(アンチョルス)氏が、ここにきて各種の世論調査で文氏に拮抗。コリアリサーチ社が4月9日に発表した数字では、文氏が33%、安氏が37%とついに逆転しました」  安氏の急浮上には、各党の統一候補選びが終ったことも影響が大きいようだ。 「文氏は、盧武鉉(ノムヒョン)政権時代から革新派の中枢にいる大物ですが、独善的でアンチも多い。そのため、民主党の他候補支持者が安氏へと流れたのです」  また、『悪韓論』の著者・室谷克実氏は、そもそも彼の国の世論調査はあまり信じてはいけないと、この急展開の原因を分析する。 「韓国の人は何でも強く主張したがるところがあって、アンケートでも“どちらでもない”とはほとんど答えません。では、固く支持しているのかと言えば実はそうでもない。数字が雰囲気で簡単に乱高下するのです」  文氏と同じく革新系の安氏だが、IT企業を創業...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「金正男」の画像

もっと見る

「金正男」の動画

Wikipedia

金 正男(キム・ジョンナム、1971年5月10日 - )は、北朝鮮の第二代最高指導者金正日長男である。

プロフィール 出生

金正日を父に、成恵琳を母に北朝鮮の平壌で生まれる。出生当初、父・正日は息子の存在を外部に知られないようにしていた。また、正男のことを祖父・金日成主席は、かなり可愛がっていたという。スイスジュネーヴインターナショナルスクールなどに留学歴があると言われている金正日・金正男、愛憎の父子関係 North Korea Todayが詳細は不明。なお、12歳から14歳まではソビエト連邦モスクワで暮らしていたという 。

母国語の朝鮮語の他に英語フランス語(それぞれ2007年2月12...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる