「金正男」とは?

関連ニュース

金正男氏暗殺で北朝鮮非難=核問題同様に人権抑圧懸念-米報告書 - 04月21日(土)06:28 

 【ワシントン時事】米国務省は20日、各国の人権状況をまとめた2017年版の報告書を公表した。北朝鮮については、17年2月にマレーシアで起きた金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏暗殺事件に触れ、「北朝鮮政府による恣意(しい)的で非合法な殺人が数多く報告されている」と批判した。 サリバン国務長官代行は記者会見で「北朝鮮は最も抑圧的な体制の一つだ」と非難。コザック上級顧問(民主主義・人権・労働担当)も「核問題と同様に人権問題も懸念している」と述べ、対北朝鮮政策では人権問題も重要課題だとの認識を示した。 【時事通信社】
カテゴリー:

金正恩が引き金をひく世界大戦 中ロ南北朝鮮vs米国欧州おまけ日本(2) - 04月12日(木)14:03 

表向き快く正恩委員長を迎えた中国の習主席だが、チャイナ・ロビーだった張成沢氏を粛清し、中国が保護していた金正男氏までも暗殺し、しかも習主席の晴れ舞台だった北京APEC首脳...
カテゴリー:

金正恩「習近平は兄のように歓待してくれた」 ←いや、あんた兄を!!! - 03月29日(木)18:26  seijinewsplus

http://netgeek.biz/archives/115416 金正恩が習近平と電撃会談を行った。中朝首脳会談は世界中に衝撃を与え、これまで核を切り札に交渉を進めてきた北朝鮮が方針を変えたとみられる。 まさかこんな日が来るとは…。 金正恩は習近平としっかり握手を交わし、会談を行った。 詳しい内容については公開されていないが、互いに歩み寄る話し合いだったことは間違いない。北朝鮮に対しては安倍総理がドナルド・トランプ大統領と連携して圧力を強めており、ついに金正恩が折れたとみられる。 ただ気がかりなのは中国がアメリカと韓国に...
»続きを読む
カテゴリー:

北朝鮮:ASEAN域内で積極的な動き 2首脳会談前に  - 04月16日(月)18:14 

17年2月の金正男氏殺害事件で、冷却化した関係改善目指す  【バンコク西脇真一、ジャカルタ武内彩】北朝鮮が南北、米朝の二つの首脳会談を前に東南アジア諸国連合(ASEAN)域内でも官民による積極的な動きを見せている。ASEAN議長国のシンガポールに外務次官を派遣したほか、友好団体を設立したり民間団体を
カテゴリー:

【北朝鮮】「千年の宿敵」の中国に屈服した金正恩氏 - 03月30日(金)00:23  newsplus

中国中央テレビと朝鮮中央通信が28日に報じた習近平との会談のやり取りからは、金正恩が訪中に踏み切った微妙な心境が浮かぶ。  「初の外国訪問が中国の首都となったのは当然で、(訪中は)朝中親善を引き継ぐ私の崇高な義務だ」  金は26日の夕食会でこう強調した。会談でも習に朝鮮半島情勢の急速な変化を挙げ、「私が遅滞なく習同志に状況を報告するのは当然だ」と言ってのけた。  その言葉とは裏腹に中国のテレビは、習と握手する際のぎこちない笑顔を映し出した。習が発言する間、金が真剣にメモを取る姿もクローズアッ...
»続きを読む
カテゴリー:

「金正男」の画像

もっと見る

「金正男」の動画

Wikipedia

金 正男(キム・ジョンナム、1971年5月10日 - 2017年2月13日)は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)第2代最高指導者・金正日労働党総書記の長男かつ第3代最高指導者・金正恩労働党委員長の異母兄。北朝鮮の元政治家。

経歴 出生

1971年5月10日、北朝鮮の初代最高指導者・金日成の息子である金正日を父に、成蕙琳を母に平壌で生まれる。出生当初、父・正日は正男の存在が外部に漏れないように努めていた。また、結婚に反対していた祖父の日成も初孫である正男をかなり可愛がっていた。スイスジュネーヴインターナショナルスクールなどに留学歴があると言われている陸軍士官学校卒業。陸軍大学校卒業。金正日・金正男、愛憎の父子関係 (2005年10月14日時点のアーカイブ)North Korea Todayが詳細は不明。なお、12歳から14歳までは...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる