「金メダル」とは?

関連ニュース

イタリアのゴッジアが女子滑降で金メダル、ボンは銅 平昌五輪 - 02月21日(水)13:16 

【2月21日 AFP】平昌冬季五輪は21日、アルペンスキー女子滑降が行われ、イタリアのソフィア・ゴッジアが金メダルを獲得した。≫続きを読む
カテゴリー:

理想主義の羽生結弦 VS 現実主義のオーサーコーチ「スケート観の違い」が生んだ五輪二連覇の軌跡を解説 - 02月21日(水)12:00 

 平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子シングルのフリースケーティングが17日に行われ、羽生結弦選手が2大会連続の金メダル、宇野昌磨選手が銀メダルを獲得しました。 週刊文春記者のスズキさん、タレントの戸島花さんが出演する生放送番組『文春砲Live』では、上記の話題を取り上げ、「羽生結弦とブライアン・オーサーコーチの愛憎6年を徹底解説」と題した独自スクープを公開。  実際にオーサーコーチにも取材を行ったフィギュアスケート担当記者のスケ春さんが、羽生選手とオーサーコーチの関係性を徹底解説しました。 ※本記事は2018年2月17日に「週刊文春デジタル」によって放送された「【文春砲Live #24】「羽生結弦とブライアンコーチの愛憎6年」を徹底解説!」の内容の一部を再構成したものです。 ―関連記事― 週刊文春編集長が“小室哲哉さん不倫報道”の真意を語る「介護現場の理想と現実を考えたり話したりするきっかけになればいいなと思っていた」 羽生結弦とブライアン・オーサーコーチの愛憎6年を徹底解説 左から(パーテーション越し)スケ春さん、スズキさん、戸島花さん。 スズキ: フィギュアスケートの取材って、相撲と同じで大変ですよね。 スケ春: そうですね。割と狭い世界ですね。今回の羽生選手の取材も、特に羽生選手は近況が取れません。基本的にカナダのトロントで練習しているので、そっちの様子がわ...more
カテゴリー:

【話題】首相官邸SNSの五輪メダル祝福、破顔の安倍首相なぜ登場 外国首脳は選手画像が中心★2 - 02月21日(水)11:35  newsplus

平昌冬期五輪のメダルラッシュに対する首相官邸SNSの祝福投稿が、インターネット上で賛否を呼んでいる。    スピードスケートの小平奈緒選手が2018年2月18日、女子500メートルで金メダルを獲得すると、首相官邸は同日夜、インスタとツイッター、フェイスブックにこんな祝福の言葉を投稿した。    「小平選手、おめでとうございます!前回の悔しい思いをバネに、4年間の努力を実らせた、オリンピック記録の圧巻の滑り。王者らしい、威風堂々の金メダルでした!」    首相官邸は同時に...
»続きを読む
カテゴリー:

小平奈緒「恋人は…」母が語った金メダル獲得後の次なる夢 - 02月21日(水)11:00 

「よかったときも悪かったときも、認めてくれたことを感謝したいと思っています」 2月19日、金メダル獲得後の会見で小平奈緒(31)は家族へ伝えたいことを問われこう答えた。今大会、500mで金メダル、1,000mで銀メダルに輝いた小平の母・光子さん(62)はこう語る。 「平昌に一緒に応援にきてくださった方々は、本当に喜んで頂いて、とてもありがたかったです。ただ、私にとっては、五輪でもどんな大会でも一緒。奈緒が楽しそうにスケートをしている姿をみているだけでいいんです。それは小さいときから同じです」 平昌の観客席から日の丸を身にまとう娘を観ても、光子さんが思い出すのは、ヨチヨチ歩きでスケート靴を履いて滑っていたあの日の姿だ。長野県茅野市に生まれた小平がスケートと出逢ったのは3歳のときだった。 「5歳と4歳年上のふたりの姉が小学校のスケートクラブに入ったんです。幼い奈緒を家に置いておくわけにもいかず、一緒にスケート場に連れて行ったら、ひとりで勝手に遊んでいました」 中学校では、学校でのスケート部の練習のあとに、車で1時間ほど離れた「宮田スケートクラブ」でも滑っていたという。そんな娘を光子さんは支え続けた。 「スケートクラブまでの片道50キロほどを毎日送迎していました。練習を終えて家に帰るのはいつも夜11時ごろ。それでも奈緒は、一度も弱音を吐いたことがありません。私も氷の上にいるの...more
カテゴリー:

清水宏保、羽生結弦との2ショット 思いがけない感謝の言葉に驚く「中身もカッコいい!!」 - 02月21日(水)10:28 

スピードスケート長野五輪金メダリストの清水宏保が20日、自身のアメブロを更新。平昌オリンピックの男子フィギュアスケートで金メダルを獲得した羽生結弦選手との2ショットを公開した。 「羽生くんに久々に会うことができました」と、金メダルを手にした羽生選手と握手を交わす2ショット写真を公開した清水。羽生選手からは「『いつも励ましの新聞記事をありがとうございます!!』と言ってもらいました」と思いがけない感謝の言葉があったといい、「凄いなぁ…突然、会ってすぐこの言葉が出てくるって」と驚嘆したよう。「え!?俺の記事を見ててくれたの!!って心の中で焦りましたが『勝手にいろいろ書いてごめんね笑』と謝っておきました。笑」とつづった。 羽生選手からは金メダルも見せてもらったといい、「実際に金メダルを見るとピッカピカでしたよー」と、金メダルのアップの写真も公開。「メダルの後ろに居るのは羽生くんですよ」と金メダルの後ろに下半身だけ写る羽生選手をお茶目に紹介した。 ブログの最後には「それにしても羽生くん、中身もカッコいい!!」と改めて称賛の言葉を送った。 平昌入りしている清水は19日更新のブログで、スピードスケート女子500mで金メダル、1000mで銀メダルを獲得した小平奈緒選手との2ショットを公開。小平選手のレースはプロフィギュアスケーターの織田信成と一緒に観戦し、「涙」と感動をつづっていた。 【...more
カテゴリー:

ピョンチャン五輪13日目、女子団体パシュートで金メダル期待 - 02月21日(水)12:33 

 ピョンチャン五輪はいよいよ終盤戦へと入ってきましたが、大会13日目もスピードスケート女子団体パシュートで金メダルの期待がかかるなど日本勢の活躍は注目です。
カテゴリー:

表現力のメドベか難易度のザギトワか 加点狙う構成共通 - 02月21日(水)11:45 

 2連覇中の世界女王エフゲニア・メドベージェワか、それともシニア1年目のアリーナ・ザギトワか。21日にショートプログラム(SP)が始まった平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子の金メダル争いは、ロシアか…
カテゴリー:

高木美帆&菜那「転べ」と嫉妬も…父が語る本当の姉妹仲 - 02月21日(水)11:00 

「我が家の教育方針は“きょうだい平等”です。だから、美帆が単独でメダルを取っても、姉妹でメダルをとるまでは喜べません。美帆には、1,000mの表彰セレモニーの会場で会いましたが、高揚感もなく次の競技にむけて淡々としていました」 と語るのは、スピードスケート女子1,500mで銀、1,000mで銅メダルを獲得した高木美帆(23)の父・愛徳さん(60)。美帆の2歳上の姉・菜那(25)は、今回の平昌五輪の女子5,000mに出場し、12位だった。さらに女子団体パシュートでは姉妹が日本代表の中心メンバーとしてそろって出場。娘たちへの精一杯の応援のせいか、少し荒れた声で愛徳さんが語る。 「8年前のバンクーバー五輪は、中学生だった美帆が代表入り。4年前のソチ五輪は菜那だけ出場。姉妹そろって五輪に出場するのは初めてです。これまでの五輪は、どちらかが出場できなかったから親としては複雑でした。今回は、何も考えずに、心の底から喜べましたし、思い切って声援を送ることができました」 スケートが盛んな北海道十勝地方・幕別町に生まれ育った菜那と美帆の姉妹は、小さいときから切磋琢磨してきた。 「スケートだけでなく、サッカーやダンスなど、菜那がやることはすべて美帆もはじめます。でも美帆は器用で運動神経がいいから、どれも姉を追い越してしまう。それが悔しくて、菜那は夢中に練習していました」...more
カテゴリー:

韓国 けさのニュース(2月21日) - 02月21日(水)10:30 

◇スピード男子団体追い抜き 韓国が今晩金メダル狙う  平昌冬季五輪スピードスケート男子団体追い抜きの決勝が21日夜、行われる。韓国は李承勲(イ・スンフン)と鄭在源(チョン・ジェウォン)、金敏錫(キム・ミンソク)の3人がまず同日の準決勝を勝ち抜き、決勝で金メダルを狙う。
カテゴリー:

「スキー大回転」「スーパー大回転」 回転してない てっきり空中でクルッと回る競技かと思ったわ - 02月21日(水)09:54  news

スノーボーダーがアルペン女子スーパー大回転で金、冬季五輪最大級の衝撃 平昌冬季五輪は17日、アルペンスキー女子スーパー大回転が行われ、 スノーボーダーのエステル・レデツカ(Ester Ledecka、チェコ)が金メダルを獲得し、 冬季五輪史上で最大級のサプライズを引き起こした。  来週に競技を控えるスノーボードのパラレル大回転で金メダル候補に挙がっているレデツカは、 1分21秒11を記録し、ソチ冬季五輪の金メダリスト、アンナ・ファイト(Anna Veith、オーストリア)を 0秒01差に抑え込んだ。レデツカから0秒11遅れの...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「金メダル」の画像

もっと見る

「金メダル」の動画

Wikipedia

金メダル(きんメダル)は、スポーツ音楽などの競技会・競演会(コンクール)において、各部門中、最も優秀な成績を挙げた個人または団体に対し、その栄誉を称え授与される賞牌である。

概要

本来は製で、円盤形をしており、表面には勝利を象徴する月桂樹などの模様が施されているメダルをこう呼ぶ。また、本体上部には、に掛けてぶら下げるための幅広の紐やリボンがつけられている。また、比喩的表現として「勝利」「優勝」などの意味としても使われる。団体スポーツにおいて優勝旗やトロフィーなどはチームに与えられるが、金メダルは選手1人ずつに与えられる。

近代オリンピック

モスクワオリンピックの金メダル 近代オリンピックにおける金メダルは、2003年版までのオリンピック憲章では“純度92.5%以上の(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる