「野間口徹」とは?

関連ニュース

すべての女子(腐女子含む)が観るべき!映画『坂道のアポロン』知念侑李&中川大志のイチャイチャっぷりがヤバい - 02月17日(土)10:30 

TVアニメ化も大きな話題となった小玉ユキ先生原作の青春ジャズ作品『坂道のアポロン』が、知念侑李さん(Hey! Say! JUMP)、中川大志さん、小松菜奈さんを迎え、青春映画の名手として知られる三木孝浩監督によって待望の映画化。いよいよ3月10日(土)に全国公開されます。 昭和時代の長崎を舞台に、高校生たちがジャズに夢中になり、友情や恋愛、さまざまな苦難を乗り越えて成長してく姿が「必泣!」と早くも話題の本作。しかしながら、腐女子界隈からは知念さんと中川さんのイチャイチャっぷりに熱い視線が注がれている!? 過去にも共演歴のあるこの二人は、本作では“一生もの”の友情を育む親友役を熱演。知念さんが演じるのは、都会から長崎県・佐世保へ転校し心を閉ざしている優等生の薫。対する中川さんが演じるのは、誰もが恐れる不良ながら豪快で明るい千太郎。 やがて薫は、ジャズドラムを叩く千太郎の影響でピアノに目覚め、二人はセッションを通してジャズにのめり込んでいく。見た目にも対照的(身長差萌え!)な二人が、最初こそ衝突するものの音楽を通して意気投合し、いつも一緒に笑い合って、ある時は誰にも見られないよう男同士でひっそりと涙を流す─。 彼らを優しく見守るヒロインの律子(小松)ですら入り込めない「二人だけの世界」を展開していく様子は、まさにご褒美……いや、女子が憧れる男子の“友情を超越した絆”がここに! 感動だ...more
カテゴリー:

深キョン&松ケン夫婦の思いやりに感動の声! 『隣の家族は青く見える』第5話 - 02月16日(金)10:48 

 深田恭子と松山ケンイチが出演するドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第5話が15日に放送された。奈々(深田)と大器(松山)の妊活と、琴音(伊藤沙莉)の出産が描かれた今話。SNSには「コミカルなところは笑えて、ドラマの芯の部分では考えさせられる。本当良いドラマ」「躓いたり立ち止まったり迷ったりしてる人にそっと寄り添うようなステキなドラマだなぁ、毎回泣かされる」と、絶賛するコメントが多数寄せられた。【写真】『隣の家族は青く見える』第5話場面写真フォトギャラリー 妊活を続ける奈々と大器は人工授精を行うことを決めた。それに合わせ、奈々は勤務先にシフト変更を申し出るも、上司の倉持(寿大聡)から、急な変更はほどほどにするように注意されてしまう。一方、ゲイであることを知られてしまった渉(眞島秀和)は、三沢建築事務所からの独立を決意。留美(橋本マナミ)から引き止められるが、渉の決意は変わらない。その頃、図書館で時間を潰していた真一郎(野間口徹)は、ダンスの練習をしている中学生の中に、長女の優香がいることに気付き…。 妊活がうまくいかず、辛い気持ちを抱えながらも、周りを思いやり寄り添う奈々の姿は大きな感動を呼び、ネットでは「ななちゃん、なんて良い人なの…私だったら耐えられないなぁ」「深キョン強いなぁ。私も考え方変えよう」といった声が相次いだ。 また、奈々&大器夫婦と並ん...more
カテゴリー:

メアリージュン&平山浩行が『隣の家族~』第5話の副音声に登場 - 02月14日(水)18:49 

 女優・高橋メアリージュンと俳優・平山浩行が、15日に放送されるフジテレビ系連続ドラマ『隣の家族は青く見える』(毎週木曜 後10:00)第5話で副音声を担当する。劇中では“子供が欲しくない女性・ちひろとバツイチ男性・亮司”のカップルを演じている2人だが、元妻の子供を引き取らざるを得ない状況になり、波乱の展開を迎えたちひろと亮司の行く末をリアル鑑賞で見守る。 【先週は…】北村匠海と眞島秀和が副音声に挑戦  同ドラマは、コーポラティブハウスと呼ばれる集合住宅で妊活に励む夫婦、子供を持たないと決めていたカップル、同性愛者のカップル、失業中の夫と虚栄心の強い妻などさまざまな家族が、それぞれの幸せを見つける物語。第4話では北村匠海と眞島秀和演じる同性カップルが劇中さながらの仲良し副音声で盛り上げた。  連ドラ副音声を初めて挑戦する高橋と平山は最初は無言で画面を見入ってしまうこともしばしばだったが、徐々に高橋が深田恭子演じる五十嵐奈々を見て「かわいい~」とつぶやくと、平山が「ちひろもかわいいよ」と軽口をたたくなど和気あいあい。2人の関係が大きく動く今回、撮影秘話や裏話、そして自分たちのラブシーンでは高橋が「きゃ~」と思わず声をあげて照れるなど収録を楽しんでいた。  第5話では、奈々と大器(松山ケンイチ)夫婦はついに人工授精にステップアップ。しかし職場の他のスタッフからは奈々による急なシ...more
カテゴリー:

深田恭子「隣の家族は青く見える」先妻との子どもと現在の婚約者、どっちを優先するべきなのか - 02月08日(木)09:45 

奈々「好きな人に無理させることほど、つらいことってないと思うから」2月1日(木)放送のドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系列)。コーポラティブハウスに住む4組の家族。そのうち、結婚を控えた川村亮司(平山浩行)と杉崎ちひろ(高橋メアリージュン)が別れの危機を迎える第3話。ちひろは五十嵐奈々(深田恭子)に悩みを打ち明けることになる。広瀬渉(眞島秀和)と青木朔(北村匠海(DISH//))は、キスをしているところを奈々に見られ、カップルであることがバレてしまう。「人と人は想いあうもの」という信頼こどもを持つことについて、それぞれ違った価値観を持つコーポラティブハウスのカップルたち。その中で、亮司とちひろは「こどもを望まない」立場の2人だ。亮司とちひろは、「こどもなんかいらない。二人でしたいことをして、死ぬまで一緒に生きていこう」と話して婚約したはずだった。しかし、亮司の元妻が亡くなり、息子の亮太(和田庵)を引き取ることになる。亮司「おれとしては、亮太を引き取って、この家で暮らしたいと思ってる。だから、もしちひろが嫌なら……」ちひろ「嫌ならなに? 引き取るのやめる? それとも、私と別れる?」亮司「亮太を引き取らないっていう選択肢はない。父親としての責任があるから」ちひろ「婚約者としての責任は?」約束が違うと取り乱すちひろに、亮司は「事情が変わったんだ」「本当にすまない」としか言えない...more
カテゴリー:

「隣の家族は青く見える」第4話、朔と渉の気持ちにすれ違い!? 2人のあま~いシーンも健在! ラブラブカットを大公開! - 02月07日(水)11:48 

ドラマ「隣の家族は青く見える」(フジ系)の第4話が2月8日(木)に放送。共有空間を共にするコーポラティブハウスを舞台に4つの秘密を抱えた家族の姿を描いていく。不妊治療を開始した奈々(深田恭子)&大器(松山ケンイチ)は、第3話にて妊娠の傾向が…!?しかし今回も受精は成功しておらず、「人の妊娠を喜べなくなっている自分が嫌だ」と涙する奈々を、大器がなぐさめた。一方、奈々が朔(北村匠海)&渉(眞島秀和)のキスを見たことを機に、奈々と大器は“2人は同性カップル”と知ることに。また、「子供は作らない」との約束で結婚式を控えた亮司(平山浩行)&ちひろ(高橋メアリージュン)は、亮司が亡き前妻との子供を受け入れると決断し、別れの危機に直面した。さらに、真一郎(野間口徹)&深雪(真飛聖)は、長女・優香(安藤美優)が深雪に内緒でダンスに打ち込んでおり、厳格な深雪が今後どう向き合うのか注目される展開となった。 【写真を見る】寝そべる朔(北村)の背後に寄り添う渉(眞島) 第4話では、カミングアウトしたくない渉と隠さない朔の気持ちにズレが生じ始める…?それでも、あま~い2人のシーンは健在!ということで潜入取材をスタート!この日は、料理中の渉に朔が甘えながら邪魔をする…というラブラブなシーンを撮影。リハーサルで北村は、監督から飲み物を出す仕草や振り向くタイミングまで細かな演技指導を受ける。北村は成人したばかりで...more
カテゴリー:

高視聴率ドラマ「BG」にどこまで迫れるか? 「隣の家族は青く見える」が4週連続で視聴熱第2位に【視聴熱】 - 02月16日(金)19:24 

2月15日の「視聴熱(※)」デイリーランキングで、同日に第5話が放送された「隣の家族は青く見える」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジ系)が3838pt(ポイント)を獲得。ドラマ部門の第2位にランクインを果たした。 【写真を見る】「隣の家族は青く見える」第5話(2月15日放送)より。SNS上では、「松ケンめっちゃいい旦那!」など、松山ケンイチ演じる大器を絶賛する声が相次いだ/(c)フジテレビ 入居希望者たちが意見を出し合いながら造り上げる“コーポラティブハウス”を舞台に、子供が欲しくて妊活に取り組む奈々(深田恭子)&大器(松山ケンイチ)の夫婦ら、さまざまな事情を抱える入居者たちの姿を通じて、現代の“家族のかたち”を描き出す本作。第5話では、奈々と大器の夫婦が、ついに人工授精を決める一方で、大器の妹・琴音(伊藤沙莉)が急に産気づき、奈々が出産に立ち会うことに…というストーリーが展開。SNSでは、奈々の優しさや、そんな奈々にそっと寄り添う大器の姿に、「微笑ましい」「すてき」といった声が多数寄せられた。また、コーポラティブハウスの住人で設計者でもある渉(眞島秀和)は建築事務所からの独立を決意、真一郎(野間口徹)は長女がダンスに夢中になっていることに気付き、亮司(平山浩行)の元には名古屋から息子が上京し…と、コーポラティブハウスの住人それぞれに変化が訪れる展開にも注目が集まった。 第1...more
カテゴリー:

平山&メアリージュンがラブシーンを実況解説!? 『となかぞ』第5話副音声に登場 - 02月15日(木)11:00 

 深田恭子と松山ケンイチが妊活に励む夫婦を演じる『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系/木曜22時)。今夜放送の第5話で、深田・松山夫婦と同じコーポラティブハウスに住むカップルを演じる平山浩行と高橋メアリージュンが、副音声企画に登場することが発表された。【写真】『隣の家族は青く見える』第5話場面写真フォトギャラリー 前回の放送では、ゲイカップルの渉と朔を演じる眞島秀和と北村匠海が担当し話題を呼んだ副音声企画。今回登場するのは“バツイチ男性と子どもが欲しくない女性”の事実婚カップル、亮司(平山)とちひろ(高橋)だ。 連続ドラマの副音声は、初挑戦となる平山と高橋。最初は無言でシーンに見入ってしまっていたものの、慣れてくると奈々(深田)を見て「かわいい~」とつぶやく高橋に、平山が亮司ばりのチャラさで「ちひろもかわいいよ」と軽口をたたくなど和気あいあいの雰囲気に。撮影秘話やぶっちゃけ裏話を展開するほか、自分たちのラブシーンに高橋が「きゃー」と叫び声をあげたり、互いに恥ずかしがったりする場面もあった。 今夜の放送では、人工授精にステップアップする奈々と大器(松山)夫婦、セクシャリティーを嘲笑する怪文書に事務所からの独立を決意する渉(眞島)、娘がダンスに夢中になっていることを知る真一郎(野間口徹)と深雪(真飛聖)夫婦など、どの家族もさまざまな問題に直面する。元妻との子どもを引き取らざるを得なく...more
カテゴリー:

「バイプレイヤーズ」テレビ東京がボクたちの需要を分かりすぎてて不安だ。おじさんたちイチャイチャで1話 - 02月14日(水)09:45 

昨年1〜3月に放送され、特に老け専でもない視聴者のハートをもときめかせてしまったおじさんドラマ『バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』の続編『バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』(テレビ東京・水曜21:54〜)がスタートした。確かに前作(全話レビュー)が終わった時には「もっとおじさんたちの生活を見続けていたかった! お願いだから続編やって!」とは思っていたけど、まさか1年も経たずに実現するとは……。しかも水曜22時台の1時間ドラマとして!ドラマなのか、ドキュメンタリーなのか、はたまたバラエティなのか、ハッキリとカテゴリー分けできない、とにかくバイプレイヤーのおじさんたちがキャッキャウフフとイチャついている姿を見ているだけで幸せな気分になってしまう不思議な番組。ある意味、深夜番組ならではの悪ノリ感も込みで成立していたと思うのだが、それをプライムタイムに昇格させたらどうなってしまうのか?バラエティ番組の場合、出演者は豪華になってるけど、企画がいちいち無難にアレンジされちゃってダメになってしまいがちなパターンだけど、『バイプレイヤーズ』は……今のところ、輪をかけて悪のりしていてサイコー!ドラマの主役となるバイプレイヤーの面々は前作から引き続き、遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研の5人。前作に出演していた寺島進は...more
カテゴリー:

『バイプレイヤーズ』板谷由夏はじめバイプレ女優も集結 - 02月07日(水)11:49 

 テレビ東京系新ドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』(7日スタート、毎週水曜 後9:54~10:48分、全5回※初回のみ15分拡大)の劇中劇として制作(?)される、朝の連続ドラマ『しまっこさん』のキャストが追加発表された。第3話から登場する婦人会長役を女優の板谷由夏、バイプレイヤーたちをおびやかす、島おじさんならぬ島マダム役を、数々のドラマを支える5人の女優・戸田菜穂、峯村リエ、ふせえり、馬渕英里何、大島蓉子が演じる。 【写真】徐々に海から上がってくるバイプレイヤーたち  『しまっこさん』は、過疎化が進む南の島にやってきた少女・花崎志麻子が、土地の守り神の精霊“しまっこ”たちと出会い、島民の優しさに触れ、やがて島を守るため、廃校寸前の学校を存続すべく教師になっていく、少しファンタジックな青春物語。ヒロイン・志麻子を演じるのは、本田望結。吉田羊、岡田将生、菅田俊、甲本雅裕、森下能幸、野間口徹、さらに小日向文世、役所広司、第2話より寺島しのぶ、でんでん、シークレットゲストで“元子役”俳優が登場する。  きょう7日放送の愛1話では、テレ東の朝ドラに、バイプレイヤーズ(遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、松重豊、光石研)も出演することに。ところが、なぜかロケ地を間違い無人島に漂着。5人は突然、南の島でのサバイバル生活を強いられる。一方、業界は5人の失...more
カテゴリー:

バイプレイヤー、ライバル過多で交通渋滞? 主役昇進、バラエティー…活路見出す名脇役たち - 02月07日(水)08:40 

 2月7日に2ndシーズンがスタートするドラマ『バイプレイヤーズ』(テレビ東京)。これまで主役に花を持たせる存在だった“脇役”たちが、一躍“主役”になる裏返しの企画が話題となり、ついには今シーズンでプライムタイムへの進出を果たした。名脇役と言えば、「主役を立てながらも存在感を失わない役者」のイメージがあるが、最近は、その脇役の方こそを楽しむ視聴者も増加。一方で、高まる需要に対して供給過多に? そんな“バイプレイヤー”たちが今後進むべき道とは? 【写真】“おじさま萌え”『バイプレイヤーズ』新シーズン、キャストが全員集合? ◆ドラマ『バイプレイヤーズ』効果も絶大 “おじさま萌え”する若年女性も急増  『バイプレイヤーズ』の1stシーズンは2017年1月に放送され、遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研という“名脇役”たちを起用した豪華キャスティング。さらに彼らが本人役で出演するという遊び心が視聴者の好奇心を刺激した。劇中では、彼らの私生活的な雰囲気が味わえ、ヤクザ映画などで見せてきたいつもの“鬼気迫るスゴミ”や“円熟のシブミ”などではない意外な一面を見せると、たちまち若い女性の間でも“おじさま萌え”とブームが発生。この2月に2ndシーズンが放送されるに至った。  脇役と言えば、これまで「見たことはあるけど、役名しか知らない」「いつも○○の役をやっている人だけど...more
カテゴリー:

もっと見る

「野間口徹」の画像

もっと見る

「野間口徹」の動画

Wikipedia

野間口 徹(のまぐち とおる、1973年10月11日 - )は、日本俳優

ダックスープ所属。福岡県出身。

略歴

1994年、信州大学農学部で学び、将来は教師になろうかと漠然と考えていたが、在学中に演劇サークルで芝居も会話も上手い先輩に出会ったことで演劇活動を開始。1999年、嶋村太一、竹井亮介とともにコントユニット「親族代表」を結成し、年に1 - 2回の公演を行う。舞台での活動を続けながらも30歳までにメディアの仕事が入らなければ辞めようと考えていたが、29歳でCMの仕事が入り始め、2007年のフジテレビ系のテレビドラマSP 警視庁警備部警護課第四係にレギュラー出演してからは次々と仕事が入るようになった。。

特技は水泳。既婚。。

出演 テレビドラマ

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる