「野茂英雄」とは?

関連ニュース

ラソーダ氏が退院=米大リーグ・ドジャース - 05月29日(月)10:13 

 【ロサンゼルス時事】米大リーグのドジャースは28日、入院していた球団会長特別アドバイザーのトミー・ラソーダ氏(89)が退院したと発表した。大リーグ公式サイトによると、26日に心臓のペースメーカーを交換する手術を受け、現在は自宅で療養している。 ラソーダ氏は1976年から96年までドジャースの監督を務め、97年に米野球殿堂入り。今年3月のワールド・ベースボール・クラシック準決勝の日本-米国戦では野茂英雄氏とともに始球式に登場した。 [時事通信社]
カテゴリー:

楽天・則本投手6戦連続2ケタ奪三振、日本タイ記録 - 05月26日(金)01:28 

 今から26年前、あの野茂英雄さんが偉大な記録を打ち立てました。それは6試合連続2ケタ奪三振の日本記録。25日夜、その伝説に1人のピッチャーが挑みました。
カテゴリー:

楽天・則本、6戦連続2桁奪三振=野茂以来のプロ野球記録 - 05月25日(木)20:54 

 楽天の則本昂大投手は25日のオリックス8回戦(ほっともっと神戸)で八回にこの試合10個目の三振を奪い、プロ野球記録に並ぶ6試合連続2桁奪三振を達成した。1991年に野茂英雄(近鉄)が記録して以来2人目。 [時事通信社]
カテゴリー:

ラソーダ氏が入院=米大リーグ・ドジャース - 05月21日(日)11:46 

 【ロサンゼルス時事】米大リーグのドジャースは20日、元監督で現在は球団会長特別アドバイザーを務めるトミー・ラソーダ氏(89)が入院したと発表した。容体など詳細は不明だが、公式サイトは来週半ばに退院する見込みと伝えた。 ラソーダ氏は1996年まで監督を21年務めた。95年に野茂英雄が入団した当時の指揮官で、退任後に米野球殿堂入りした。 [時事通信社]
カテゴリー:

【MLB】ダルビッシュ、6回2被弾3失点でメジャー50勝またお預け 6回7安打6奪三振 3勝2敗 2.96 - 05月11日(木)11:24 

レンジャーズのダルビッシュ有(30)が10日(日本時間11日)、本拠地でのパドレス戦に今季8試合目の先発マウンドに上がったが、6回を投げ2本塁打を含む3失点で、3-3の同点のまま降板 。勝ち負けがつかずに、日本人6人目となるメジャー通算50勝利は、またもお預けとなった。 5月6日のマリナーズ戦でも7回1失点の好投を見せながらも白星に恵まれなかった。 メジャー50勝を成し遂げれば、野茂英雄(123勝)、黒田博樹(79勝)、松坂大輔(56勝)、岩隈久志(63勝)、大家友和(51勝)に次ぐ6人目の偉業となる。 細かい制球に苦しんだ...
»続きを読む
カテゴリー:

<楽天>則本、6試合連続2桁奪三振 - 05月26日(金)06:05 

プロ野球東北楽天の則本昂大投手(26)が25日、神戸市のほっともっとフィールド神戸で行われたオリックス戦で10奪三振をマークし、野茂英雄投手(近鉄)が持つ6試合連続2桁奪三振のプロ野球記録に並んだ。試
カテゴリー:

楽天 則本6試合連続ふた桁奪三振 プロ野球記録に並ぶ - 05月25日(木)20:59 

プロ野球・楽天の則本※タカ大投手は25日、オリックス戦で8回までに10個の三振を奪い、6試合連続のふた桁奪三振を達成し、平成3年に当時、近鉄の野茂英雄さんが達成したプロ野球記録に並びました。※「日」の下に「迎」のしんにょうなし。
カテゴリー:

【MLB】ダルビッシュ、5回2失点で今季5勝目 MLB通算51勝目で日本人5位タイ浮上 - 05月22日(月)12:48 

 レンジャーズのダルビッシュ有投手は21日(日本時間22日)、敵地でのタイガース戦に先発し、 今季5勝目(2敗)を挙げた。5回までに105球を要す苦しい投球ながら5安打7奪三振4四球で2失点。 6戦連続クオリティー・スタート(QS、6回以上を投げて自責3以下)はならなかったが、我慢の投球で 大家友和に並んで日本人5位タイとなるメジャー通算51勝目(32敗)を挙げた。これで自身4連勝で、 タイガース相手には自身7戦7勝。試合は5-2で勝利し、ダルビッシュが投げた試合でレンジャーズは 6連勝となった。  レンジャーズは初回にル...
»続きを読む
カテゴリー:

則本、5戦連続2桁奪三振=プロ野球・楽天 - 05月17日(水)21:10 

 楽天の則本昂大投手は17日の日本ハム7回戦(岩手県営)で12三振を奪い、5試合連続2桁奪三振を達成した。パ・リーグではダルビッシュ有(日本ハム)が2010年にマークして以来で4人目。野茂英雄が1991年に記録した6試合連続が両リーグ最多。 [時事通信社]
カテゴリー:

【プロ野球】<「退場」は名誉の証しなのか、それとも愚行と呼ぶべきか?>1時間19分中断させた上田監督とベースを投げたブラウン監督 - 05月05日(金)12:34 

プロ野球の「退場」は名誉の証しなのか、それとも愚行と呼ぶべきか-。 広島の緒方孝市監督(48)が4月19日のDeNA2回戦(マツダスタジアム)で審判員への暴言で退場処分を受けた。同監督にとって現役時代を含めて初の退場劇。 一塁アウトの判定を不服として山路審判員に激しく詰め寄り、暴言を吐いたとされるが、ふだん冷静沈着で知られるクールな指揮官が烈火のごとく怒るシーンはカープファンを驚かせた。 しかし、いかなる抗議の手を尽くしても、プロ野球においてアウト、セーフを巡るビデオ判定はなく、判定が覆る可...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「野茂英雄」の画像

もっと見る

「野茂英雄」の動画

Wikipedia

野茂 英雄(のも ひでお、1968年8月31日 - )は、大阪府大阪市出身の元プロ野球選手投手)。NPBとMLBで活躍した。2016年2月からサンディエゴ・パドレスのアドバイザーに就任The Padres continue assembling a fantasy front office by hiring Hideo Nomo野茂氏「勉強になる」パドレスのアドバイザー就任【米国はこう見ている】野茂英雄氏が再び米球界へ パドレスのアドバイザー就任「非常に光栄」。

長男は北海道日本ハムファイターズの球団通訳野茂英雄氏の長男が日本ハム通訳へ 米国の大学を卒業【日本ハム】野茂氏の長男・貴裕氏、来季から通訳に日本ハム通訳に就任した野茂貴裕氏。父の背中に感じた「やり通せ」。。

経歴 プロ入り前

小・中学校時代は全くの無名選手であったが、この頃既に「体を捻って投げると直球の威力が増す」と考え、後のトルネード投法の原型となるフォームで投げていた。高校時代の監督はその投法を振り返り、トルネードほど捻らないがその片鱗を感じたという意味で「...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる