「野茂英雄」とは?

関連ニュース

ダルビッシュが開幕投手=自身初、14年はけがで回避-米大リーグ・レンジャーズ - 03月26日(日)08:22 

 【サプライズ(米アリゾナ州)時事】米大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手(30)が、4月3日にテキサス州アーリントンの本拠地で行われるインディアンスとの開幕戦に先発することが決まった。バニスター監督が25日、発表した。 ダルビッシュが大リーグの開幕戦で投げるのは初めて。2014年にはキャンプ中に開幕投手に指名されたが、首を痛めて登板を回避し、故障者リストに入って開幕を迎えた。プロ野球の日本ハム時代は07年から5年連続で大役を担った。 日本選手では野茂英雄、松坂大輔、黒田博樹、田中将大(ヤンキース)の各投手に続き5人目。田中は今季、3年連続で開幕投手を務めることが決まっている。 [時事通信社]
in English
カテゴリー:

野茂氏が始球式、WBC準決勝・日本対米国の試合前に - 03月22日(水)11:53 

【3月22日 AFP】第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は21日、米カリフォルニア州ロサンゼルスで日本対米国の準決勝が行われ、野茂英雄氏が試合前の始球式を務めた。≫続きを読む
in English
カテゴリー:

吉田豪氏 スポーツ選手暴露本では愛甲猛著作を大絶賛 - 03月22日(水)07:00 

 これまで、数々のタレント暴露本が芸能界を震撼させてきた。タレント本収集家としても知られるプロインタビュアー・吉田豪氏はいう。 「スポーツ選手の暴露本にも名著は多いんです。元プロ野球選手の愛甲猛さんの『球界の野良犬』(2009年・宝島社刊)は、カラっとした馬鹿話が痛快ですね」  愛甲は横浜高校時代には「甲子園のアイドル」と呼ばれたイケメン選手。プロ入り後、ロッテや中日で活躍した愛甲は、プロ引退後に俳優デビューや失踪事件を起こすなど波乱万丈な人生を送った。吉田氏が愛甲氏の著書の魅力を語る。 「まず、本の帯が凄い。〈暴走族、アンパン、失踪、暴力、野球賭博、筋肉増強剤〉って、これが野球の本かと(笑)。  高校時代からシンナーとかボンド(接着剤)に明け暮れていて、その描写が今では考えられない。  今はドラッグに触れる場合は「決してマネはして欲しくない」とかエクスキューズを入れますが、それが全くない。 〈目の前に高層ビルが建った。逗子の山に新宿副都心のようなビルが乱立する〉  と、幻覚症状を緻密に描写するだけ。むしろ楽しさすら感じますから(笑)。  せっかく長嶋茂雄さんが登場するのに、触れるのは〈長嶋さんは大きな屁を放った〉っていうエピソードだけですから(笑)」 ※週刊ポスト2017年3月24・31日号 【関連記事】 王貞治インタビュー他プロ野球逸話を満載した二宮清純氏の本 オリックス球団...more
in English
カテゴリー:

【野球】元ドジャース野茂英雄氏がWBC準決勝で始球式! 日本-米国戦に花添える - 03月21日(火)18:37 

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日(日本時間21日)、いよいよ決勝ラウンドに突入。準決勝を戦うプエルトリコ、オランダ、アメリカ合衆国、日本が決勝ラウンドまで勝ち進んだことを記念して、4チームを代表する野球の偉人たちが始球式を行うことになった。21日(同22日)に行われる日本ーアメリカ合衆国戦の前には、日本を代表して元ドジャースの野茂英雄氏、アメリカ合衆国を代表して元ドジャース監督のトミー・ラソーダ氏が始球式のマウンドに上がる。野茂氏は、恩師でもあるラソーダ氏から始球式用のボールを手...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

野茂氏が日米戦始球式=WBC - 03月21日(火)08:57 

 【ロサンゼルス時事】ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の主催者は20日、米ロサンゼルスのドジャースタジアムで21日(日本時間22日)に行われる準決勝の日本-米国戦の始球式を、ドジャースなどで活躍した野茂英雄氏が務めると発表した。 野茂氏は1995年にドジャース入りし、メジャー7球団に所属して2度のノーヒットノーランを達成するなど通算123勝を挙げた。 [時事通信社]
in English
カテゴリー:

【野球】WBC 野茂英雄氏が始球式 侍背番16で暴投も大声援 - 03月22日(水)13:28 

<WBC:侍ジャパン-米国>◇準決勝◇21日(日本時間22日)◇ドジャースタジアム ドジャースなどで活躍した野茂英雄氏(48)が始球式を行った。 準決勝と決勝の会場はドジャースの本拠地で、日本選手が本格的に大リーグに挑戦する道筋をつくった野茂氏にとってなじみ深い球場。 日本代表の背番号16のユニホームの上着を着た野茂氏はドジャース時代の監督だったトミー・ラソーダ氏からボールを受け取って第1球を投じた 捕手を務めた鈴木誠也に向け、ボールは高めに大きく外れたが、大声援を浴びた。 https://headlines.y...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

野茂英雄氏、ドジャースタジアムで始球式 WBC - 03月22日(水)10:25 

 日米通算201勝を挙げた野茂英雄氏(元ドジャースなど)が21日、ドジャースタジアムで行われた第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝の日本―米国戦で、始球式を務めた。日本代表のユニホ…
in English
カテゴリー:

侍JAPAN戦士、メジャースカウトの「意外な査定」 - 03月22日(水)06:05 

「アメリカン・ドリーム」を実現する猛者はいるのか!? 第二のイチローや松井秀喜が今の日本にもいるはず!!  連日熱戦が続く、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(以下=WBC)。白熱した試合から目が離せないが、勝負とは別の視点から各試合を見ているのが、メジャー球団のスカウトたちだ。 「WBCは、選手の実力を見極める“世界のプレーヤーの見本市”でもあります。松坂大輔、ダルビッシュ有、前田健太など、WBCをきっかけに注目を浴びて、アメリカに渡った日本人選手は数多くいますからね」(ベテラン野球記者)  メジャーのスカウトがWBCでの“侍JAPAN戦士”たちにつけた「本当の評価」とは? 激闘のウラでの意外な査定に迫った!  最も高評価なのが、大谷翔平投手(22=日本ハム)。大会直前、右足首の不調を理由に出場を辞退したが、メジャーの動向に詳しい大リーグ研究家の福島良一氏は、「WBCに出場せずとも、大谷への高評価は変わりません。むしろ、“無理に出るより良かった”と、スカウトたちは胸を撫で下ろしているのが実情です」  今オフ、メジャーへ移籍するとみられる大谷。こんな大事なタイミングで、傷モノになったらたまらんということか、日ハムは“ケガが治るまで、今季の前半は打者に専念させる”との方針だが、それもメジャー球団に好都合だという。「イニング数や球数を増やして“無理に投げる”のは、肘に負担を強いる...more
in English
カテゴリー:

WBC:日本-米国戦の始球式に野茂英雄さん - 03月21日(火)11:28 

 野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の主催者は、21日にドジャースタジアムで行われる準決勝、日本-米国戦の始球式を、野茂英雄さんが務めると発表した。野茂さんは1995年にドジャース入りし、メジャー通算123勝(109敗)を挙げ、日本選手の大リーグ挑戦の道を切り開いた「パイオニア」。野茂さんとともにドジャース元監督のトミー・ラソーダさんも始球式に参加する。
in English
カテゴリー:

進撃の侍ジャパン メジャーの高評価は千賀、次いで筒香 - 03月19日(日)16:00 

 快進撃を続ける侍ジャパン、最も評価が高いのは誰か。MLBアナリストの古内義明氏がレポートする。  * * *  ワールドベースボールクラシック(WBC)が開幕し、日本中を熱狂させている。テレビ視聴率は20%を超え、ドル箱カードの連続。開幕から6連勝と破竹の勢いで、アメリカでの準決勝に4大会連続で進出を決めた。主催するMLB機構も笑いが止まらないだろう。  WBC開催の表向きの理由は、野球の国際化だが、メジャーの本音は、「選手の見本市」である。これまで、WBCからの「黄金ルート」でメジャー移籍した顔ぶれは過去、松坂大輔、ダルビッシュ有、田中将大、前田健太と、日本のエースばかりだ。  今大会もメジャーのスカウトが東京ドームから熱視線を送ったが、これまでのような高揚感はあまりない。最大の注目だった日本ハムの大谷翔平が不参加を表明し、トーンダウンは否めないからだ。もっとも、「大谷ロス」があっても、ポスティングシステムや海外フリーエージェントの際にチームが投資するだけの価値のある選手がいるかどうか、確認に余念はなかった。 「世界一奪還」を掲げる小久保ジャパンの雌雄を決する決戦前に、数々の名選手を発掘してきた旧知のメジャーのスカウトたちが侍戦士をどう分析しているか、彼らの声をもとに紹介したい。  まずは野手。再三に渡って日本のピンチを救っている広島の菊池涼介(26歳)。セ・リーグ二塁手部門で...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「野茂英雄」の画像

もっと見る

「野茂英雄」の動画

Wikipedia

野茂 英雄(のも ひでお、1968年8月31日 - )は、大阪府大阪市出身の元プロ野球選手投手)。NPBとMLBで活躍した。2016年2月からサンディエゴ・パドレスのアドバイザーに就任The Padres continue assembling a fantasy front office by hiring Hideo Nomo野茂氏「勉強になる」パドレスのアドバイザー就任【米国はこう見ている】野茂英雄氏が再び米球界へ パドレスのアドバイザー就任「非常に光栄」。

長男は北海道日本ハムファイターズの球団通訳野茂英雄氏の長男が日本ハム通訳へ 米国の大学を卒業【日本ハム】野茂氏の長男・貴裕氏、来季から通訳に日本ハム通訳に就任した野茂貴裕氏。父の背中に感じた「やり通せ」。。

経歴 プロ入り前

小・中学校時代は全くの無名選手であったが、この頃既に「体を捻って投げると直球の威力が増す」と考え、後のトルネード投法の原型となるフォームで投げていた。高校時代の監督はその投法を振り返り、トルネードほど捻らないがその片鱗を感じたという意味で「...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる