「野良犬」とは?

関連ニュース

「僕のワンダフル・ライフ」特別映像公開!原作誕生の陰にはあるカップルの愛の物語があった - 09月25日(月)12:00 

 「HACHI 約束の犬」「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」などで知られる名匠ラッセ・ハルストレム監督の最新作「僕のワンダフル・ライフ」の特別映像が、公開された。キャスト陣のインタビューや、犬と人間が触れ合う様子を収めた本編映像で構成されている。 ・「僕のワンダフル・ライフ」特別映像はこちら!  愛する飼い主に再会するために、50年の間に3度生まれ変わるゴールデンレトリーバーのベイリーの旅路を描く。ニュージーランド出身の新星K・J・アパ、「オーロラの彼方へ」のデニス・クエイド、「トゥモローランド」のブリット・ロバートソン、「ツイン・ピークス」のペギー・リプトンらが出演する。「アナと雪の女王」のオラフ役や「美女と野獣」のル・フウ役で知られるジョシュ・ギャッドが、4匹の犬の心の声を演じている。  本作の原作小説「野良犬トビーの愛すべき転生」を手がけたW・ブルース・キャメロンは、愛犬を亡くした恋人のためにこの物語を生み出したという。「カリフォルニアの高速で運転中だった。何度も生まれ変わる犬の話が頭に浮かんでね。恋人はその話を気に入り結婚してくれて、共同で脚本の執筆をしたのさ。真の友人は姿を変えて戻ってくる」と語るキャメロンは、「大勢に言われたよ。“飼い犬の考えていることがわかった”とね」と手ごたえを明かす。  キャメロンが語る“恋人”とは、共に脚本で参加しているキャサリン・ミション...more
カテゴリー:

AmazonのCM犬ゼウス×インスタ犬まる、夢のコラボ!「僕のワンダフル・ライフ」TVスポット公開 - 09月15日(金)12:00 

 「HACHI 約束の犬」「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」などで知られる名匠ラッセ・ハルストレム監督の最新作「僕のワンダフル・ライフ」のテレビスポットが、公開された。AmazonプライムビデオのCMで話題となったゴールデンレトリーバーのゼウスと、インスタグラムのフォロワー数約261万人を誇る柴犬のまるといったスター犬2匹が出演している。 ・「僕のワンダフル・ライフ」テレビスポットはこちら!  小説家W・ブルース・キャメロン氏が、愛犬を亡くした恋人のために書いたベストセラー小説「野良犬トビーの愛すべき転生」が原作。愛する飼い主に再会するために、50年の間に3度も転生を繰り返すゴールデンレトリーバーのベイリーの旅路が情感たっぷりに描かれる。ニュージーランド出身の新星K・J・アパ、「オーロラの彼方へ」のデニス・クエイド、「トゥモローランド」のブリット・ロバートソン、「ツイン・ピークス」のペギー・リプトンらが出演する。  テレビスポットでは、犬と飼い主の関係性にスポットを当て、劇中の感動シーンを織り交ぜつつ、飼い主と犬が寄り添い、抱き合うさまを収めている。ゼウスとまるがキュートな魅力を振りまいているほか、本作の日本語吹き替え版でベイリーの飼い主イーサンの声を担当した梅原裕一郎がナレーションを担当しており「僕は君といるのが最高に幸せ。君に出会えて、ありがとう」と優しく語りかけている。 ...more
カテゴリー:

4匹だけど同じ犬!キュートな名演収めた「僕のワンダフル・ライフ」特別映像公開 - 09月20日(水)11:00 

 「HACHI 約束の犬」「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」などで知られる名匠ラッセ・ハルストレム監督の最新作「僕のワンダフル・ライフ」の特別映像が、公開された。劇中に登場する4種の犬のキュートな姿を収めている。 ・「僕のワンダフル・ライフ」特別映像はこちら!  小説家W・ブルース・キャメロン氏が、愛犬を亡くした恋人のために書いたベストセラー小説「野良犬トビーの愛すべき転生」が原作。愛する飼い主に再会するために、50年の間に3度生まれ変わるゴールデンレトリーバーのベイリーの旅路が情感たっぷりに描かれる。ニュージーランド出身の新星K・J・アパ、「オーロラの彼方へ」のデニス・クエイド、「トゥモローランド」のブリット・ロバートソン、「ツイン・ピークス」のペギー・リプトンらが出演する。「アナと雪の女王」のオラフ役や「美女と野獣」のル・フウ役で知られるジョシュ・ギャッドが、4匹の犬の心の声を演じている。  今回登場した4匹の犬は、いずれも映画初出演。ハルストレム監督からキャスティングを託されたアニマル・トレーナーのマーク・フォーブスは、俳優犬ではなく、アニマルレスキューの団体やシェルター、ブリーダーなどをあたったという。映像中では、4匹が見事な演技を見せる姿が切り取られており、オリジナルのベイリーを演じたレトリーバーのトリップは「撮影後、盗もうかと思ったわ(笑)」(ジュリエット・ライラン...more
カテゴリー:

飼えなくなったら捨てるの? 命との向き合い方を考える絵本 - 09月12日(火)16:19 

 “ペット”というと、かわいがることが主体の愛玩動物というイメージが強いが、近年、動物を人生の伴侶、家族として共に暮らす“コンパニオンアニマル”という考え方が広まっている。それでも、動物虐待や捨て犬・捨て猫の存在はなくならない。9月20日~26日の動物愛護週間を前に、動物と人との付き合い方や命との向き合い方を考える1冊の絵本が登場した。淡路島の野良犬や動物保護に携わる人々への取材をもとに、人間の身勝手さによって野良犬がたどる悲惨な現状を訴え、人と動物との関係を問いかける「のら犬ボン」(たじまゆきひこ作、くもん出版、税別1,600円)だ。 作者の田島征彦氏は淡路島の自宅のそばで、前足が不自由な1匹を含む3 匹の野良犬と出会い、犬について取材を始めた。そして、同島では高速道路のサービスエリアなどに捨て犬が多く、「犬は橋を渡れないから戻れない」といった発想で島外からも捨てにきている可能性が高いことや、犬の屋外飼育が多い同島では犬の野生化や野犬の繁殖がなくならない現実を知る。 取材を重ね約 2 年の歳月をかけて完成したこの物語では、父親の東京への転勤が決まり、飼い犬「ボン」と別れなければならなくなった「としお」が登場。父親は友達に預けると嘘をつき、ボンを橋の向こうの島へ捨ててしまう。なんとか生き延びようするボンだが、車にひかれて瀕死の重傷を負い、愛護センターに引き取られていく。人間と動物の...more
カテゴリー:

「野良犬」の画像

もっと見る

「野良犬」の動画

Wikipedia

野良犬(のらいぬ)とは

;映画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる