「野良犬」とは?

関連ニュース

犬のピュアな愛情が涙を誘う「僕のワンダフル・ライフ」予告完成 - 07月20日(木)10:00 

 「HACHI 約束の犬」「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」などで知られる名匠ラッセ・ハルストレム監督作「僕のワンダフル・ライフ」の予告編が、このほど披露された。愛する飼い主に再会するために3度転生を繰り返す、犬ベイリーのピュアな愛情が涙を誘う仕上がりとなっている。 ・【動画】「僕のワンダフル・ライフ」予告編  W・ブルース・キャメロン氏が、愛犬を亡くした恋人のために書いたベストセラー小説「野良犬トビーの愛すべき転生」が原作。ゴールデンレトリーバーの子犬ベイリーにとって“最愛の人”は、命を救ってくれた少年イーサン。1人と1匹は固い絆で結ばれていくが、犬の寿命は人間よりずっと短いため、ついにベイリーの旅立ちの日がきてしまう。  だが、ベイリーの愛は不死身だった。映像ではベイリーがイーサンに会いたい一心で転生し、ジャーマン・シェパード、コーギー、セント・バーナードと姿を変えていく。簡単にイーサンとは遭遇できず、3度目の転生で念願の対面を果たす。「この世界に君がいて、僕がいる。ただ今を、一緒に生きる」。犬と人間だからこそ育むことができる絆と無償の愛が、見る者の胸を打つ。  製作サイドの満場一致で、今作のメガホンが決定したというハルストレム監督。「この映画を撮るにあたって、ルールとして決めたのは、犬はカメラ目線で喋らないということ」と振り返り、「この作品のおかげで、僕は生まれ変わりと...more
カテゴリー:

野良犬を怖いくらい見掛けなくなったよね - 07月18日(火)21:51 

保健所マジ有能 ...
»続きを読む
カテゴリー:

京都って大都市なのに、大型の野良犬居るのかよ。 - 07月14日(金)20:05 

京都府宇治市で大型の野犬が鹿を襲う姿が繰り返し目撃され、警察が住民に注意を呼びかけています。 警察によりますと、先月24日、京都府宇治市白川植田で、大型の野犬が鹿を襲っているという通報が住民から寄せられました。 警察官が駆けつけたところ、体長1メートル50センチほどのシェパードのような黒と茶色の毛の犬が子鹿にかみついていて、 その後、山のほうに走り去ったということです。 さらに、14日午前8時すぎ、先月、目撃された場所の近くで再び鹿を襲っているという通報が寄せられ、警察官が駆けつけると 野...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】クラシックコンサートに現れたかわいいゲストに拍手喝采 トルコ - 07月01日(土)18:01 

クラシックコンサートに現れたかわいいゲストに拍手喝采、トルコ AFPBB NEWS:2017年07月01日 11:33 http://www.afpbb.com/articles/-/3134116?cx_part=txt_topstory (掲載元に写真が有ります) 【7月1日 AFP】国際的なオーケストラが名曲を大音量で演奏──クラシック音楽のファンはその瞬間のために生きているようなものだが、コンサート会場に突然現れた予想外のゲストが聴衆の心を奪ってしまった。  そのゲストとは、迷子になったかわいい犬だ。  トルコの古代都市エフェソス(Ephesus)で先月開催された野外コンサートで、...
»続きを読む
カテゴリー:

オードリー若林が1人でキューバを旅した理由『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』 - 07月20日(木)09:30 

2016年夏。オードリーの若林正恭は5日間の夏休みを海外で過ごすことにした。同行者はゼロ。初めての海外一人旅。航空券もホテルも自分のスマホで予約して、向かう先はキューバ。羽田空港から離陸する国際線のGを感じながら、若林は願う。「5日間、この国の価値観からぼくを引き離してくれ。同調圧力と自意識過剰が及ばない所までぼくを連れてってくれ」(P.40)『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』は、若林がキューバで過ごした5日間を記録した書き下ろしエッセイだ。20代のお前、残念だったな!そもそもなぜキューバだったのか。「アメリカとの国交が回復して、今のようなキューバを見られるのもあと数年だから」というのは建前の理由。きっかけは若林が1年前から雇っている家庭教師だった。時事問題に疎い若林は、東大の大学院生にニュースを解説してもらっていた。家庭教師の講義のなかで「格差社会」「超富裕層」について聞いた若林は、「新自由主義」という言葉を知る。勝ち組。負け組。競争を強いられるシステム。売れない20代のころ、世間と自分を比べて鬱屈していた時間は、誰かが作ったシステムの上の出来事に過ぎなかった。宇宙や生命の根源の悩みだと思ってたのに。なんだ、そんなことだったのかよ!「僕は家に帰って自分の著書『完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込』を取り出し、『おい、お前の悩みは全部人が作ったシステムの中でのことだっ...more
カテゴリー:

【海外/ネット】無料Wi-Fiの利用規約に「1000時間の地域奉仕」をこっそり盛り込む → 2万2000人が利用規約を読まずに同意! - 07月15日(土)18:38 

みなさんは、無料Wi-Fiを使用する際、利用規約をきちんと読んでいるだろうか? おそらく多くの人が利用規約を読まずに「同意する」ボタンをクリックしていることだろう。それを証明する実験がこのたび行われ、話題になっている。 英国Wi-Fiプロバイダー「Purple」は、無料Wi-Fiの利用規約に「1000時間の地域奉仕をする」という条項をこっそり盛り込んだ。しかし、2万2000人が利用規約をしっかり読まず、1000時間の地域奉仕に同意してしまったのだ! ・“地域奉仕” の驚愕の内容 Purpleが無料Wi-Fiの利用規約に盛り込んだ地域奉仕の...
»続きを読む
カテゴリー:

飼い犬に毛布を与えた寒い日の翌朝、庭へ出ると…心を打たれる光景 - 07月14日(金)08:27 

兄弟と一緒にいるところを保護された野良犬のラナは、数ヶ月前にスーザン・シャムレッフェルさん宅へと招き入れられました。 以来、彼女は飼い犬として、新たな生活を歩み始めていたのですが…。 外が寒くなってきたある日のこと。 スーザンさんはラナに1枚の毛布をあげました。 そして翌朝、庭へ様子を見に行くと ・ ・ ・ 彼女は、フェンスの外にいた1匹の野良犬と、毛布を分け合っていたのです。 以来、スーザンさんは家の近くで野良犬の姿を見かけるようになりましたが、近づくだけで逃げ出してしまうため、水と食料を置き与えるにとどまっているそう。 彼にとっては、同じ境遇にいたことのあるラナだけが心を許せる相手であり…ラナにとっても、未だに彼は大切な仲間なのでしょう。 スーザンさんは語ります。 ラナは今まで出会った中でも、一番優しい子だわ。 私たちは、誰かの人生を変えられる…忘れがちになってしまう大切なことを、彼女が思い出させてくれるの。 異なる環境に身を置いた今もなお、友達を想い続けるラナの姿に、強く心を打たれました。 (参照:the dodo)
カテゴリー:

「野良犬」の画像

もっと見る

「野良犬」の動画

Wikipedia

野良犬(のらいぬ)とは

;映画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる