「野田洋次郎」とは?

関連ニュース

【芸能】大竹しのぶの還暦祝いに元夫さんま、元恋人野田秀樹…松潤、綾瀬ら豪華すぎる面々 - 07月23日(日)00:25 

明石家さんまが22日、パーソナリティを務めるMBSラジオ「MBSヤングタウン土曜日」に出演。17日に開催された元妻で女優・大竹しのぶの還暦パーティの詳細を明かした。17日の大竹の誕生日に都内のブルーノートで「還暦コンサート」形式で開催され、集まったのは「芸能界のそうそうたるメンバー」ら約200人。さんまと離婚後に数年間同居生活を送った元恋人の劇作家・野田秀樹も出席していた。 宴で「女々しくて」を歌ったゴールデンボンバーの鬼龍院翔がブログで「年末特番の頂点みたいな、FNS歌謡祭みたいな方々の前で…...
»続きを読む
カテゴリー:

蒼井優が美しき捕食者に! 衝撃の喰種姿を公開 - 07月18日(火)12:00 

窪田正孝を主演に、7月29日(土)に公開される実写映画「東京喰種 トーキョーグール」より、蒼井優演じるリゼの衝撃的な喰種姿が公開された。 【写真を見る】こんなに清らかな美しい女性が人を食べちゃうなんて…!/(C)2017「東京喰種」製作委員会 本作の舞台は、人の姿をしながら、人を喰らう怪人「喰種(グール)」が潜む東京。読書好きの平凡な大学生・金木研(カネキ/窪田)は通い詰める喫茶店「あんていく」で、自分と同じ作家の本を愛読するリゼ(蒼井)と出会い、思いを寄せる。 この出会いによって、カネキの運命が大きく変わることに…。半分人間・半分喰種になってしまったカネキが、人の命を奪い、喰い生き永らえる“喰種”の存在に疑問と葛藤を抱きながら、模索し生きる姿を描いた本作において、リゼは重要なキャラクターの一人だ。 このたび、そんなリゼの衝撃過ぎる喰種姿が解禁。リゼは、表面的には理知的で清らかな女性を振る舞っているが、本性は奔放かつ貪欲な大喰いの喰種という恐ろしい存在だ。 今回解禁された画像は、そんなリゼの2面性が一目瞭然。愛読本を手に持った画像では喰種とはとても見抜けない、人間と同じ姿をしているが、もう一方は目が赤く変化する=赫眼(かくがん)状態に。 赫眼は、人間を捕食するときなどに発動する喰種特有の姿であり、リゼが本性をあらわにした瞬間が切り取られている…。 ■ STORY 人を食らう怪人“喰...more
カテゴリー:

泣きたい時はこの10曲!でも、哀しい音楽で気持ちが晴れるのはなぜ? - 07月17日(月)17:17 

突然ですが、思いっきり泣いてしまいたい時ってありますよね?恋人、友人、家族など大切な人との離別や、学校や仕事でうまくいかなかった時などなど。でも、音楽を聴きながら感情にまかせて涙を流していたら、いつの間にかすっきり気分が晴れていた…なんて経験のある方も決して少なくないはず。個人的にも、かつて恋人と別れなければならなかったとき、当時ヒットしていたColdplayの「The Scientist」という曲が傷心したハートに染みて染みて、哀しみがきれいさっぱり消え去ったわけではないけれど、とても癒された思い出があります(昔々の、恥ずかしい記憶…)。これこそまさに、音楽の魔法。“魔法”だなんて、ちょっと大げさ?いや、でも実は、哀しい音楽のメンタルへの有効性は科学的にもちゃんと立証されているのです。哀しい音楽、その癒やしのメカニズムは?改めて、なぜ哀しい音楽を聴くと気持ちが落ち着いたり、あるいは晴れやかになったりするのでしょうか?Scientific Reportsに掲出された研究結果によれば、哀しくエモーショナルな曲は一時的に心拍数を上昇させ、その後、カラダの緊張状態を緩和しながら穏やでピースフルな境地へと導いてくれるそうです。音楽で涙を流すことによって、哀しみ・喜び、そして精神生理学的な「Catharsis」(浄化)という状態を同時に体験...more
カテゴリー:

二足のわらじのクリエイター、窪塚洋介と降谷建志による遅すぎる青春映画 - 07月16日(日)19:07 

() 【映画を聴く】『アリーキャット』後編 Dragon Ashとしてカリスマであり続ける降谷建志 役者と音楽の二足のわらじを実践している人として多くの人が思い浮かべるのは、福山雅治や小泉今日子、及川光博、原田知世、今ならディーン・フジオカや星野源、金子ノブアキ、野田洋次郎(RADWIMPS)あたりだろうか。このうち、ディーン・フジオカ以外は本業がミュージシャンで、キャリアの途中から役者の仕事にも進出した人たちだ(ディーン・フジオカも音楽活動にはもともと熱心で、香港のクラブでラップをしていたところをスカウトされたのだとか)。 本作『アリーキャット』で、本格的な役者デビューを飾った降谷建志も、実は2013年のNHK大河ドラマ『八重の桜』などで役者としての仕事をいくつか経験済み。そもそも父親が俳優の古谷一行で、Dragon Ashのフロントマンとしてカリスマ視されている人だから、今回の役者進出に違和感を覚える人はそういないだろう。本作ではリリィという掴みどころのないキャラクターを、堂に入った落ち着きぶりで演じている。 そんな窪塚洋介と降谷建志が主演するとなれば、どちらかの楽曲が主題歌に使われそうな気がするが、本作ではふたりとも音楽にはまったく関わっていない。劇中曲および主題歌を担当するのは、榊英雄監督の妻でシンガー・ソングライターの榊いずみ。現在30〜40代の人には“橘いずみ”...more
カテゴリー:

石田スイ『東京喰種』主題歌・野田洋次郎に感謝「映画にとても合っている」 - 07月13日(木)19:50 

 人気コミック『東京喰種 トーキョーグール』で知られる漫画家の石田スイが、12日に自身のツイッターを更新。窪田正孝が主演を務める実写映画の主題歌を担当している野田洋次郎に言及し、「映画にとても合っていると思います。野田洋次郎さん、ありがとうございました」と感謝の気持ちを綴った。【関連】『東京喰種 トーキョーグール』ジャパンプレミアフォトギャラリー 映画『東京喰種 トーキョーグール』は、人を喰らう怪人“喰種(グール)”が跋扈(ばっこ)する東京を舞台に、平凡な大学生から半喰種になってしまった主人公のカネキ(窪田正孝)が、苦悩しながらもあるべき世界のあり方を模索する姿を描くSFアクション。 石田はカネキに扮する窪田を描き下ろしたイラストを添えて、「『BANKA』完成試写会で聴きたいなと思って、一切情報を遮断してましたが、先日のジャパンプレミアで実際に耳にしてまいりました」と報告。また「映画にとても合っていると思います。野田洋次郎さん、ありがとうございました。それにしてもたのしいイベントでした。あれがレッドカーペットかー」と感謝の気持ちを綴っている。 投稿を受けたファンからは、「『BANKA』良いですよね」「先生の絵とてもお美しいです」「同じ空間にいたと思うととても嬉しいです」「先生レッドカーペット歩かれたんですか? それにしても、窪田研くん素敵です、綺麗、、、!」「洋次郎の絵も描いて欲し...more
カテゴリー:

illion(RADWIMPS 野田洋次郎)による映画『東京喰種 トーキョーグール』主題歌「BANKA」全世界配信スタート! 特別SPOT映像も公開!! - 07月21日(金)11:16 

illion「BANKA」 野田洋次郎(RADWIMPS)のソロプロジェクト、illion(イリオン)が手掛けた映画『東京喰種 トーキョーグール』主題歌「BANKA」が全世界配信! 各国で公開される映画『東京喰種 トーキョーグール』に先駆け、世界110の国と地域で配信がスタートした。 また、『東京喰種』の映像をフィーチャ...
カテゴリー:

蒼井優が人を食らう怪人に…!実写「東京喰種」リゼの喰種化写真披露 - 07月18日(火)12:00 

 窪田正孝主演で石田スイ氏の人気漫画を実写映画化した「東京喰種 トーキョーグール」で、蒼井優演じるリゼをとらえた写真が披露された。表面的には理知的で清楚な女性だが、本性は奔放かつ貪欲な人を食らう怪人“喰種(グール)”であるという役どころ。写真では、そんな2面性が全面に押し出されている。 ・【動画】「東京喰種」特別予告映像  世界37の国と地域での累計発行部数が3000万部を誇る同名漫画が原作。喰種の臓器を移植され“半喰種”になってしまった大学生カネキ(窪田)が、喰種を駆逐しようとする行政機関「CCG」とのし烈な戦いに、苦悩しながらも身を投じるさまを描く。  読書好きの平凡な大学生だったカネキは、行きつけの喫茶店「あんていく」で自身と同じ作家を愛読するリゼと知り合い、思いを寄せていく。この出会いがカネキの運命を大きく変えるきっかけとなるだけに、リゼが劇中で果たす役割は非常に大きい。写真は本を抱えほほ笑む様子と、人間を捕食する時などに目が赤く変色する喰種特有の“赫眼(カクガン)”状態を切り取っている。  「東京喰種 トーキョーグール」は、7月29日に公開。 【作品情報】 ・東京喰種 トーキョーグール 【関連記事】 ・【動画】「東京喰種」特別予告映像 ・実写「東京喰種」LAで世界初上映!窪田正孝のマスク姿に観客1000人興奮 ・「東京喰種」本編完成前に世界23カ国で配給決定!...more
カテゴリー:

SOIL & "PIMP" SESSIONS×野田洋次郎のシングル全容公開、フル尺OAも決定 - 07月17日(月)17:00 

SOIL & "PIMP" SESSIONSと野田洋次郎(RADWIMPS)のコラボレーションシングル「ユメマカセ」が8月23日にリリースされる。本作の収録内容とジャケット写真が公開された。
カテゴリー:

星野源、宇多田ヒカル、ミスチル、三浦大知、DISH//、RAD野田洋次郎etc.2017年夏ドラマ主題歌 【テレビ局別まとめ】 - 07月14日(金)17:36 

夏ドラマの季節がやってきた。毎クール、ドラマだけでなく主題歌も話題。 昨秋にはいうまでもなく星野源による『逃げるは恥だが役に立つ』主題歌「恋」が大ヒット、今年の冬にはドラマ『カルテット』限定ユニットDoughnuts Hole(松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平)の「おとなの掟」(椎名林檎書き下ろし)が...
カテゴリー:

大泉洋、マドクレ役にピッタリの声に「うれしいけどちょっと違うんだよな」 - 07月11日(火)07:00 

窪田正孝を主演に、7月29日(土)に公開される実写映画「東京喰種 トーキョーグール」のジャパンプレミアが、10日に東京・丸の内ピカデリーにて開催。主演の窪田をはじめ、鈴木伸之、桜田ひより、蒼井優、大泉洋、小笠原海、白石隼也、相田翔子、柳俊太郎、前野朋哉、そして萩原健太郎監督が登壇した。 【写真を見る】石田スイ先生が描いた窪田正孝のカネキ描き下ろしイラスト/(C)2017「東京喰種」製作委員会 (C)石田スイ/集英社 有楽町マリオン9Fフロアにキャストたちがエスカレーターで次々と降り立つと、割れんばかりの黄色い声援が上がる。 続いて監督が合流すると、全員映画の世界観をイメージしたブラックのコーディネートがそろい、その壮観さに会場からは再び大歓声が沸き起こった。 そして窪田の掛け声「この夏、世界は!」に会場中が「東京喰種!」と応えると、それを合図に登壇者陣のバックに映画特製ビジュアルがあしらわれた巨大幕が出現。さらに、メタルテープが盛大に打ち上がり、会場は大興奮に包まれた。 続いてプレミアらしく、キャスト・監督たちがこの日のために用意されたレッドカーペットを歩き、メディア取材や来場したファンとの交流を行った。常に会場から黄色い声援が鳴りやまぬ中、キャストたちはいずれも笑顔で手を振り時にサインに応じながら、熱狂的「東京喰種」ファンたちとの和やかなやりとりを楽しんだ。 レッドカーペットでの...more
カテゴリー:

もっと見る

「野田洋次郎」の画像

もっと見る

「野田洋次郎」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる