「野田洋次郎」とは?

関連ニュース

SOIL & "PIMP" SESSIONS、晩秋の赤坂に野田洋次郎迎えた半年ぶりワンマン - 11月17日(金)12:45 

SOIL & "PIMP" SESSIONSが11月15日に東京・マイナビBLITZ赤坂にてワンマンライブ「晩秋のハリネズミ」を開催した。
カテゴリー:

秘蔵音源から無観客ライブ、ハプニングまで!イエモン復活の舞台裏をさらけ出す - 11月11日(土)10:10 

2016年、衝撃の解散から復活し多くのロックファンを歓喜させたTHE YELLOW MONKEY。バンドのフロントマン・吉井和哉が再結成後ライブで放った「THE YELLOW MONKEYは生涯解散することはありません」という宣言通り、17年にはカバーを含めた4曲のシングルをリリース、12月には東京ドーム、福岡ヤフオク!ドームでの公演が控えるなど勢力的な活動を展開中だ。そんな彼らの復活劇に密着したドキュメンタリー映画『オトトキ』が11月11日(土)より公開されている。 【写真を見る】数々のバンドが演奏してきたライブハウス「La.mama」。イエモンの原点とも言えるこの地で無観客ライブが行われた/[c]2017映画「オトトキ」製作委員会 ■ 最高に熱い50代バンドの素顔に迫る 本作は、16年5月から開催され全42公演・36万人を動員した全国ツアー「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016」の模様を中心に、バンド活動初期の映像やデモ音源、メンバーや関係者へのインタビュー、さらに彼らの原点、渋谷の老舗ライブハウス「La.mama(ラ・ママ)」での無観客ライブの映像で構成。迫力のライブシーンや舞台裏の貴重な映像、解散から復活に至る生々しい証言の数々からバンドの実像に迫る。 メガホンを取ったのは、世界で活躍する現代美術作家・ピュ~ぴるを追ったドキュメンタ...more
カテゴリー:

【芸能】吉高由里子 主演映画が大コケでいよいよ年末“強硬婚”へ - 10月19日(木)01:25  mnewsplus

 吉高由里子(29)が、主演映画大コケで芸能界に見切りをつけ、『関ジャニ∞』大倉忠義との年末「妊娠強硬婚」を決断したという。  「9月23日から公開され、吉高が初の殺人者役で主演している映画『ユリゴコロ』が低調なのです。同23、24日の週末動員ランキングが8位と惨敗。すっかりやる気をなくした吉高は、引退覚悟の結婚を強く決意したというのです」(芸能記者)  吉高は、来年公開予定の木村拓哉主演、二宮和也共演の映画『検察側の罪人』にも出演するが、すでにクランクアップしている。今後も大きな仕事が入っていない状況なの...
»続きを読む
カテゴリー:

深田恭子、沖縄で撮影の変わらない美肌を披露 カレンダー撮影を報告 - 11月13日(月)11:36 

 女優の深田恭子が、12日に自身のインスタグラムアカウントを更新し、カレンダー撮影で訪れたという沖縄でのショットを披露、変わらぬ美肌を存分に披露した。【関連】深田恭子の美肌がまぶしいショット 9月22日以来、久々の更新となるインスタグラムで、深田は右肩口から背中ににかけての美肌をたっぷりと見せ、ほかにも背中の大きく開いた衣装や緑色の爽やかなニットを着たショットなど計7枚を公開。「写真集ともまた違った気分で撮影できました」とコメントし、撮影を満喫した様子だ。 この写真には「もう悩殺です」「とってもナチュラルでどんどん可愛くなってる」「写真、激カワ!神様」「目の保養になります」「恐ろしく可愛い」と絶賛の声とともに、遅れながら2日に迎えた深田の誕生日への、祝福の声が続々と寄せられている。 さらに深田は、1月期の新ドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系/毎週木曜22時)で主演を務めることを報告。本作は脚本家・中谷まゆみによるオリジナルストーリーでさまざまな家族が個々の意見を出し合う集合住宅“コーポラティブハウス”を舞台に、現代的な悩みを抱えながら生きる家族たちの姿を描いたストーリー。 深田は、スキューバダイビングのインストラクターで活発な妻・五十嵐奈々役を担当。共演に、心優しいが頼りない夫・五十嵐大器役として松山ケンイチが名を連ねており、ドラマに期待する声も多く上がっている。引用:h...more
カテゴリー:

THE YELLOW MONKEYの再集結に密着したドキュメンタリー映画『オトトキ』松永監督インタビュー「彼らは音楽少年」 - 11月10日(金)20:00 

15年ぶりに再集結したロックバンド「THE YELLOW MONKEY」の2016年ツアーに密着し、彼の魅力に迫るドキュメンタリー映画『オトトキ』が11月11日より全国公開となります。 なぜ今彼らは再集結したのか? 「ザ・イエロー・モンキーはもう一生解散しない」、吉井和哉の言葉は本当なのか? 野田洋次郎(RADWINPS)主演の『トイレのピエタ』などを手がけた松永大司監督が、あまりにドラマティックに復活した彼らの記録を見事に紡いでいます。 今回は松永監督に本作の見どころや作り方について色々とお話を伺ってきました。 ――本作大変楽しく拝見させていただきました。コアなファンとライトなファンへの見せ方のバランスは考えましたか? 松永監督:特にファンの目線を意識して撮ったわけではなく、THE YELLOW MONKEYを全く知らない人が見て、何かメッセージのようなものが伝わる映画をと思って作りました。 撮っているうちにだんだんとメンバー間の家族のような関係性が浮き彫りになってきて、それがこの作品の大きなテーマにもつながっていきました。 ――監督にとってTHE YELLOW MONKYとはどの様な存在だったのでしょうか? 松永監督:実は、撮影前は特別思い入れのあるバンドではなかったのです。だからこそ、やりたいと思いました。もし彼らに強い思い入れがあったら、きっと僕はこの作品を撮らなかったと...more
カテゴリー:

「野田洋次郎」の画像

もっと見る

「野田洋次郎」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる