「野球評論家」とは?

関連ニュース

元楽天社員のトレエン斎藤、楽天戦で始球式 ピッカリ投法もノーバンならず - 04月25日(火)19:15 

 お笑いコンビ・トレンディエンジェル・斎藤司が25日、東京ドームで行われた楽天対ロッテ戦で始球式を行った。元楽天社員の斎藤はマウンドで“ピッカリ投法”を披露したが、投球は惜しくもツーバウンドという結果に終わってしまった。  「楽天で2年働いた後に人気芸人になった」という紹介で登場した斎藤は、相方のたかしが審判を務める中、大きく振りかぶると帽子がぽろり。近鉄などで活躍した現野球評論家の佐野慈紀氏の投球法でおなじみの“ピッカリ投法”を披露したが、ボールは地面に直行。ツーバウンドで捕手のミットに収まった。  それでも斎藤はマウンド上でガッツポーズ。自信満々でダグアウトに引き上げていった。斎藤は「ブルペンでの練習では、投球のコツをつかみかけたのですが、うまく投げれず悔しいです。ボテボテのツーバウンドでしたが、コースは外れなかったので良しとします。また、本格的にお笑いをはじめる前に勤めさせていただいた楽天の試合で始球式まで投げれたことは、本当にうれしいですね」とコメントした。さらに「楽天イーグルスはもちろん、個人的には好調のペゲーロ選手を、『ぺ』繋がりで、熱く応援します!」とエールを送っていた。  また、歌手のMay J.が国歌斉唱を行った。同じく球団を通じて「以前も楽天イーグルスの試合で、コボパークでも歌わせていただきましたが、きょうの国家斉唱は大変緊張しました。楽天イーグルスは、東...more
in English
カテゴリー:

新井、阿部、鳥谷ら、おじさん選手活躍それぞれの理由 - 04月24日(月)11:00 

 散り際が美しい桜の季節が終わっても、いまだ「満開」の成績を残す男たちがいる。いずれも、“老境”にさしかかった選手たちである。今季のプロ野球の主役たちは、揃いも揃って「おじさん」ばかりだ。加齢とともに成績が残せなくなるのはスポーツ選手の宿命だが、それに抗う活躍には、彼らの若かりし頃を知るファンほど胸を熱くしてしまう。 「『灯火消えんとして光を増す』という言葉があるように、ロウソクが消える寸前にパッと明るく輝くことがある。まさにそれやないですか」と、野球評論家の江本孟紀氏は拍手を送る。 「僕は2桁勝てなくなったら34歳でさっさと引退しましたが、ベテランの置かれる環境は厳しい。シーズン序盤に頑張らないと、後半になればなるほど若手に出場機会を奪われる。そうしたなかで、限られたチャンスを掴んだベテランの活躍が目立っている」  その一人が広島・新井貴浩(40)だ。昨季は2000本安打を達成し、25年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献。阪神で出場機会を減らした印象を拭い去るかのような「復活劇」は、今季も続いている。 「2つ歳上の黒田博樹が引退し、チームリーダーとしての自覚が強くなった。緒方(孝市)監督には『補強はせずチーム力を底上げする。打線の中心として4番を打ってほしい』とキャンプ中に告げられたといいます。開幕から4番に座り、4月12日の試合では、チームでは衣笠祥雄以来30年ぶりとなる40歳以上で...more
in English
カテゴリー:

【話題】張本氏、電撃引退の真央は「いいときに引退した。この人を日本全国で『嫌い』という人はいない」 - 04月16日(日)11:26 

サンケイスポーツ 4/16(日) 9:32配信 張本氏、電撃引退の真央は「いいときに引退した。この人を日本全国で『嫌い』という人はいない」/フィギュア 浅田真央(写真:サンケイスポーツ)  野球評論家の張本勲氏(76)が16日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に登場。電撃引退を表明した、2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート女子銀メダルの浅田真央(26)=中京大=について「スポーツの先輩としてね、いいときに引退したと思いますよ。この人を日本全国で『嫌い...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【芸能】桑田真澄氏次男Matt 小遣いゼロも…買い物は「家族カード」 - 04月09日(日)09:43 

元プロ野球・巨人の投手で野球評論家の桑田真澄氏(48)の次男Matt(22)が8日放送の日本テレビ「メレンゲの気持ち」(土曜正午)に出演。 ブライダルモデルとしての現在や、桑田家の小遣い事情について明かした。 桑田氏とは似ていない顔立ち。この日は、髪の毛、まゆげは染めており、まつげもエクステを付けていることを明かした。 大学を卒業し今春から専属でブライダルモデルを務めているが「相手(の女性)の方がハーフ、カメラマンも外国人で、僕だけ日本人。 少しでも近づけるように撮影では努力している」と説明し...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】江本孟紀、金村義明、岡田彰布がプロ野球順位予測に挑む! - 04月06日(木)13:51 

プロ野球の順位予測は、いつものことながら難しい。名将・野村克也氏も「優勝は巨人。あとは……わからん」と苦笑いしながら答えるほどだ。その難問に、野球評論家の江本孟紀、金村義明、岡田彰布の3氏が挑んだ。 ●各氏の順位予測 【江本孟紀氏】 セ・リーグ(1)巨人(2)阪神(3)広島(4)ヤクルト(5)DeNA(6)中日 パ・リーグ(1)ソフトバンク(2)オリックス(3)日本ハム(4)ロッテ(5)楽天(6)西武 【金村義明氏】 セ・リーグ(1)巨人(2)広島(3)阪神(4)中日(5)ヤクルト(6)DeNA パ・リーグ(1)ソフトバン...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】WBC後遺症が不調の要因となるか/里崎智也コラム - 04月24日(月)17:48 

元ロッテの里崎智也氏(野球評論家)の「ウェブ特別評論」を掲載中。 39回目は「WBC後遺症が不調の要因となるか」です。     ◇   ◇   ◇ WBCで侍ジャパンの先発ローテとして活躍した石川が勝ち星なしの0勝3敗となり、先日2軍再調整となった。 本人がWBC疲れをコメントした記憶はないのだが、同大会が開催された開幕まもないこの時期には、「WBC後遺症」を指摘する声もたまに聞こえてくる。 しかし本当にそうなのか。23日現在、侍ジャパンのメンバーの成績を調べてみた。 <WBC日本代表メンバ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】巨人・村田 「暇すぎ!まじで暇すぎるんですよ!」 .200 1本 3打点 15打数3安打 - 04月23日(日)05:23 

巨人・村田修一内野手(36)が22日、日本テレビ系情報番組「ズームイン!!サタデー」(土曜、前5・30)内のコーナー「プロ野球熱ケツ情報」に出演した。 村田はMCの野球評論家・宮本和知氏(53)を見つけると「Long time no see」(久しぶり)と英語であいさつしていた。 熊本での収録ということで、ご当地クイズに挑戦。熊本城を築城した戦国大名を問われ「加藤清正」と即答した。 宮本氏から「格好いいですね!」と褒められると「暇すぎて。勉強できるんで」とまさかの応答。 焦った宮本氏から「いや...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

WBCの魔法が解けた? 巨人好調でも「小林誠司」「菅野智之」に不安 - 04月13日(木)05:57 

 国内で唯一「軍」を名乗り、かつ常勝まで義務付けられるとは、球界の盟主も大変だ。昨季は広島の独走を許した巨人が、開幕で好スタート。それでもWBC特需は去り、数多の不安が立ち込めて……。  ***  オープン戦は勝率2割6分3厘と、12球団のしんがりを務めた「巨人軍」。戦地では名誉となるものの、グラウンドにあっては名折れと言うほかない。  3月24日に開かれた激励会では、渡辺恒雄・読売新聞主筆も、こう痛打した。 〈ケガしちゃいかんと、由伸君(監督)は計算ずくで負けたんじゃないか〉  フタを開けてみれば、31日からの開幕3連戦で中日を3タテ。とりわけ阿部は2試合連続決勝アーチなど大活躍で、君子ならぬ盟主豹変す、といった趣なのだが、ともかく道は長い。スポーツ紙デスクが指摘する。 「今季の巨人は不安だらけです。オフには陽岱鋼、吉川、山口俊、森福、そして海外からはカミネロにマギーと、即戦力になりそうな選手を片っ端から買い集めました。ところが陽も山口もいきなり故障。山口はずっと右肩が悪く、長期化必至と言われています」  球速160キロ以上が武器の「新守護神」カミネロも万全ではないものの、 「澤村が開幕戦から外れてしまい、どんな状態であれ使わざるを得なくなった。楽天優勝に貢献したマギーも、4番候補とされながらオープン戦は1割台と散々。そのマギーと村田で三塁のポジションを争うのだから“億プレー...more
in English
カテゴリー:

【野球】張本氏、日本ハム・大谷は「野球生命だめになるかも分からんよ」 - 04月09日(日)09:30 

野球評論家の張本勲氏(76)が9日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に登場。 8日のオリックス2回戦(京セラドーム)後、大阪市内の病院で精密検査を受け、「左大腿二頭筋肉離れ」と診断された日本ハム・大谷翔平投手(22)について、 「心配だね。これね、野球生命だめになるかも分からんよ、練習不足で。前からいってるでしょ」と苦言を呈した。 アクシデントは一回に起きた。二死から打席に入った大谷は、カウント3-2からボテボテの三ゴロを放った際に一塁へ激走。 首...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】張本氏、守乱の阪神に喝!「金本の顔を見られないよ、気の毒で」 - 04月02日(日)09:17 

 野球評論家の張本勲氏(76)が2日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に出演し、阪神のお粗末な守備を嘆いた。  1日に行われた広島―阪神(マツダ)は球史に残る泥仕合となった。9回で両軍合わせて26四球のプロ野球記録に並び、延長の末、27四球と1死球が乱発した大乱戦は、延長10回に広島がサヨナラで勝利した。  阪神は、3月31日の開幕戦3失策に続き、2戦目も4失策。張本氏は「喝だ!阪神の守備、金本(監督)の顔を見られないよ、気の毒で。両チームの投手も26四球。ゲームにならないよ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「野球評論家」の画像

もっと見る

「野球評論家」の動画

Wikipedia

野球評論家(やきゅうひょうろんか)とは、野球を専門とする評論家日本においては主にプロ野球選手のOBが自身の経験に基づいて、実技・監督采配面についての評論を行うことが多く、統計学やスポーツ科学・経営学など学問的な観点、または文化的な観点から評論するものは少ない(実技・采配面以外を専門とする評論家については、後述参照)。

なお、放送メディア(テレビラジオ)において、解説を行うものについては野球解説者というが、野球評論家とは別に切り離した考えをする見方がある。

本項では、主に特定の印刷メディア(新聞雑誌)で活動している人物について記述していく。特定新聞(主にスポーツ新聞)に所属する人物については、新聞別所属評論家一覧を参照。特定の放送メディアで活動する人物については、他の該当項を参照。

実技・采...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる