「野球評論家」とは?

関連ニュース

開幕前から要チェック!「2017年ブレイク確実選手」次世代スター候補リスト - 02月25日(土)14:30 

 球界を代表する名プレーヤーたちは、入団して間もない頃から、その片鱗を見せつけていた。将来のエースや4番を打つような“ダイヤの原石”を発掘、紹介しよう!  3月から始まるWBC。世界一奪還を目指す侍JAPANの主力メンバーを見ると、筒香嘉智25歳、昨年“神ってる”プレーを連発し、飛躍を遂げた鈴木誠也も22歳と、若返りが著しい。今回は、そんな“球界の顔”になった彼らに続く次世代のスター候補を紹介しよう。  まずは2016年、25年ぶりのリーグVを果たした広島。番記者によると、逸材はまだまだいるという。「16年はシーズンが始まる前から鈴木誠也がブレイクすると記者の間で囁かれていましたが、“第二の鈴木”は内野手の西川龍馬(22)でしょう」(スポーツ紙広島担当記者)  西川は、ルーキーイヤーとなった16年、開幕一軍入りを果たすと、最終的には62試合に出場し、規定打席には達しないものの打率.294という成績を残した。「ショート(田中広輔)とセカンド(菊池涼介)が鉄板なので、主に代走とかで出ていたんですけど、打撃センスが凄いといわれていて、コーチからは“打つことに関しては天才的”と絶賛されています。キャンプから猛アピールを果たせば、“タナキク”を脅かす存在になるかもしれません」(前同)  次々と若手野手が育つあたりは、さすが広島。他にも、外野の守備要員として主に出場していた野間峻祥(23)も、...more
in English
カテゴリー:

【野球】ノムさん、黒田永久欠番に「がっかりした」 なってしかるべきは「この私だ」 - 02月20日(月)18:30 

2016年シーズン限りで現役を引退した元広島カープの黒田博樹投手(42)の背番号「15」が永久欠番になったことについて、野球評論家の野村克也さん(82)が雑誌の連載コラムで「ぼやき」を連発した。 黒田投手の永久欠番は、日米通算203勝という通算成績に加え、メジャーからの高額オファーを蹴って古巣・広島に戻った「男気」が評価されたものだ。だが、この決定を知った野村さんは「プロ野球と関わりたくなくなったほどがっかりした」という。 永久欠番も安っぽくなった」 野村さんが永久欠番に関する「ぼやき」を連発したのは、2...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

野村克也氏 黒田の永久欠番に異議「俺を抜いてからにしろ」 - 02月20日(月)11:30 

昨年25年ぶりのリーグ優勝を果たし、現役引退した広島カープの黒田博樹投手(42)の背番号「15」が永久欠番となることが決定したが、それについて、野球評論家、野村…
in English
カテゴリー:

【野球】野村克也氏 黒田の永久欠番に異議「俺を抜いてからにしろ」 - 02月19日(日)18:22 

昨年25年ぶりのリーグ優勝を果たし、現役引退した広島カープの黒田博樹投手(42)の背番号「15」が永久欠番となることが決定したが、 それについて、野球評論家、野村克也氏(81)が、自ら連載している2月20日発売の月刊『本の窓』(3、4月合併号)の「野村の日本プロ野球史」のなかで異議を唱えている。 広島カープでの永久欠番は“ミスター赤ヘル”こと山本浩二の「8」、“鉄人”衣笠祥雄の「3」に続く三例目。 松田元オーナーは、「理由はふたつ。彼の残した成績と優勝したこと。それとお金だけではない価値観をいまの社会に示した」...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】張本氏、プロ野球キャンプの練習に苦言「ただの気分転換」 - 02月19日(日)09:23 

 野球評論家の張本勲氏(76)が19日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に出演し、キャンプ中のプロ野球選手の練習をバッサリと斬った。  ロッテの2015年ドラフト1位・平沢大河(19)は、スケート選手のような左右に滑るトレーニング。前足を傾斜に乗せてスイングを繰り返した。また、巨人のクルーズは、後ろ足を乗せ、阿部は、軸足を台に足を乗せて素振りをする映像を見て、ゲスト初出演の福島ホープスの岩村明憲兼任監督(38)は「内転筋を鍛えるトレーニング。(傾斜のトレーニングは)体重移動の...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【編集局から】須藤豊氏がカブス・マドン監督を直撃 上原投手とも旧交を温めた - 02月24日(金)11:51 

夕刊フジ野球評論家、須藤豊氏(79)は目下、米アリゾナ州スコッツデールの別荘に滞在中。期間の長短はありますが、毎年この時期の恒例となっています。先日は、21日発…
in English
カテゴリー:

ノムさん、黒田永久欠番に「がっかりした」 なってしかるべきは「この私だ」 - 02月20日(月)17:09 

2016年シーズン限りで現役を引退した元広島カープの黒田博樹投手(42)の背番号「15」が永久欠番になったことについて、野球評論家の野村克也さん(82)が雑誌の連載コラムで「ぼやき」を連発した。
in English
カテゴリー:

【野球】野村克也氏 黒田の永久欠番に異議「俺を抜いてからにしろ」 ★2 - 02月19日(日)20:57 

昨年25年ぶりのリーグ優勝を果たし、現役引退した広島カープの黒田博樹投手(42)の背番号「15」が永久欠番となることが決定したが、 それについて、野球評論家、野村克也氏(81)が、自ら連載している2月20日発売の月刊『本の窓』(3、4月合併号)の「野村の日本プロ野球史」のなかで異議を唱えている。 広島カープでの永久欠番は“ミスター赤ヘル”こと山本浩二の「8」、“鉄人”衣笠祥雄の「3」に続く三例目。 松田元オーナーは、「理由はふたつ。彼の残した成績と優勝したこと。それとお金だけではない価値観をいまの社会に示した」...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

野村克也氏 黒田の永久欠番に異議「俺を抜いてからにしろ」 - 02月19日(日)16:00 

 昨年25年ぶりのリーグ優勝を果たし、現役引退した広島カープの黒田博樹投手(42)の背番号「15」が永久欠番となることが決定したが、それについて、野球評論家、野村克也氏(81)が、自ら連載している2月20日発売の月刊『本の窓』(3、4月合併号)の「野村の日本プロ野球史」のなかで異議を唱えている。  広島カープでの永久欠番は“ミスター赤ヘル”こと山本浩二の「8」、“鉄人”衣笠祥雄の「3」に続く三例目。松田元オーナーは、「理由はふたつ。彼の残した成績と優勝したこと。それとお金だけではない価値観をいまの社会に示した」と話した。  また黒田は引退会見で、「話を聞いたときは鳥肌が立った。恐縮する気持ち。携わっていただいた方のお蔭。ぼく個人というよりも、皆さんの背番号かなと」と語った。このニュースを聞いた野村は、こう綴っている。 「メジャー球団から年俸二十億円ともいわれるオファーを受けながらも古巣に復帰し、二十五年ぶりのリーグ優勝に貢献した“男気”が評価されたということなのだろう。とはいえ──黒田に対しては何のうらみつらみもないものの──このニュースを聞いて、正直、思った。“永久欠番も安っぽくなったなあ……”」 たしかに、日本における永久欠番は、巨人軍・沢村栄治の「14」を嚆矢に、川上哲治、金田正一、長嶋茂雄、王貞治など、黒田以前にはわずか十四人しかいない。野村は続ける。 「黒田の功績にケ...more
in English
カテゴリー:

【野球】張本氏、160メートル弾の大谷に「打たしてくれているんだから。あんなの普通」 - 02月19日(日)09:06 

 野球評論家の張本勲氏(76)が19日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に登場。右足首痛の影響で別メニューでの調整が続く日本ハム・大谷翔平投手(22)が18日に沖縄・名護キャンプで、今季初めて屋外でのフリー打撃を行った際、推定飛距離160メートルの“スコアボード越え弾”を放ったことに、「いいっていったって、打たしてくれているんだから。あんなの普通」と話した。  大谷は41スイングで柵越え13本。左中間席後方の場外にある砂浜へと次々に運んだ。持ち前の長...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「野球評論家」の画像

もっと見る

「野球評論家」の動画

Wikipedia

野球評論家(やきゅうひょうろんか)とは、野球を専門とする評論家日本においては主にプロ野球選手のOBが自身の経験に基づいて、実技・監督采配面についての評論を行うことが多く、統計学やスポーツ科学・経営学など学問的な観点、または文化的な観点から評論するものは少ない(実技・采配面以外を専門とする評論家については、後述参照)。

なお、放送メディア(テレビラジオ)において、解説を行うものについては野球解説者というが、野球評論家とは別に切り離した考えをする見方がある。

本項では、主に特定の印刷メディア(新聞雑誌)で活動している人物について記述していく。特定新聞(主にスポーツ新聞)に所属する人物については、新聞別所属評論家一覧を参照。特定の放送メディアで活動する人物については、他の該当項を参照。

実技・采...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる