「野球評論家」とは?

関連ニュース

阪神・金本知憲監督 「猫の目打線」批判を意に介さぬ理由 - 03月28日(火)07:00 

 沖縄・宜野座村営球場での阪神春季キャンプ。打ち上げ直前の2月27日、グラウンドでは紅白戦の後、選手による「リレー大会」が行なわれていた。  紅白戦で負けたチームが3組に分かれ、1周200メートルのグラウンドを全力疾走する。2位と3位はもう一度走り、最下位になった組が居残りで特打をするというルールだ。いまや阪神キャンプの名物行事になっているこのメニュー、考案したのは、脇で選手たちを見つめる金本知憲監督(48)である。 「自分で言うのも何ですけど、これ、相当キツいと思いますよ(笑い)。僕が現役だったら間違いなくリタイアしている(笑い)。でも、今回のキャンプではリタイアする選手がいなかった。それは褒めてやらないといけないかな」  目を細めつつ、こう続ける。 「ウチは若い選手が多い。だからある程度厳しいメニューを作り、強制しています。そうやって僕らが背中を押してやる必要がある。その代わりこっちには、最後まで見守る責任があると思っています」  今季、金本監督は就任2年目を迎える。鳴り物入りで監督に就任した昨季は「超変革」をスローガンに掲げ、一軍経験の少ない若い選手を積極的に起用した。ただ、序盤こそ勝率5割をキープしていたが、交流戦を境に低迷。結果的に4位に沈み、クライマックスシリーズへの出場すら逃してしまった。 「もちろん昨年も優勝を目指していましたよ。負けてもいいや、なんて思った試合は一...more
in English
カテゴリー:

【野球】川藤幸三氏 侍Jに苦言の張本氏に“喝”「おっさん、ガタガタ言っちゃアカン」 - 03月27日(月)06:06 

阪神のOB会長で野球解説者の川藤幸三氏(67)が26日、TBS系の情報番組「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に生出演。 今季初実戦で打線が沈黙した侍ジャパンに苦言を呈した野球評論家の張本勲氏(76)に「おっさん、ガタガタ言っちゃアカン」と“喝”を入れる場面があった。 「御意見番スポーツ」のコーナーでは、25日に行われた侍ジャパンの今季初実戦の結果を取り上げた。 投打で精彩を欠き黒星となったことに、張本氏が力を込めて「喝」。結果ではなく 「小久保監督には勝つ采配をしてほしい」とし、 その理由...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】大腸がん公表の大島康徳氏 抗がん剤治療のため入院「今回もきっと大丈夫だぁ~!」 - 03月26日(日)23:11 

2月に大腸がんを患っていることを公表した元プロ野球日本ハム監督の大島康徳氏(現野球評論家)が26日、 自身の公式ブログを更新し、27日からの抗がん剤治療に備え入院したことを明かした。 「入院しました」と題し、翌日からの治療に備え「採血も終わったしレントゲン検査も終わったし、 あとはのんびり過ごします」という文章とともに、パジャマ姿でプロ野球のオープン戦をテレビ観戦する写真がアップされた。 ブログでは「今回で5回目の抗がん剤治療」と明かし、「前回は点滴の翌日微熱とも言えないほどの微熱がでたけれ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ごめんなさい 正捕手小林、リーダー青木を見くびってました - 03月25日(土)16:00 

 侍ジャパンの皆様へ。第4回WBCの激闘、お疲れさまでした。世界一奪還はなりませんでしたが、面白い試合ばかりでした。メジャーリーガー投手の不在、大谷翔平(22)の辞退、強化試合の惨敗……様々なメディアが本番前に不安を報じましたが、予選リーグの連勝が始まると、しれっと手のひらを返しました。  でも、本誌・週刊ポストはきちんと謝ります──。 〈大谷なき侍ジャパン「予選ラウンド敗退」の最悪シナリオ〉(2月24日号) 〈予選突破したって“ただの運”──大谷不在は言い訳にならないぞ!〉(3月17日号)  いずれも本誌が掲げた見出しである。 ◆「正捕手・小林」を過小評価してました、ごめんなさい!  球界きっての爽やかイケメンで女性人気は高いが、巨人ではいまいち成績がパッとしない小林誠司(27)。招集された時は“どうせ練習で菅野(智之、27)のボールを受けるだけだろ”と思ってました。  ところが、まさかのスタメン起用で、しかもピーゴロがタイムリーになる(イスラエル戦)など、今大会のラッキーボーイに。  もちろん課題もあった。野球評論家の広澤克実氏は、「野村克也さんの受け売りですが、捕手というのは好投手をリードしている間は成長しない。問題はピッチャーが格上のバッターと対したときにどんな配球を組み立てるかなんですよ」というから格下相手の1次、2次ラウンドの活躍は差し引いて考える必要はある。  それで...more
in English
カテゴリー:

侍ジャパン 大谷抜きでも強かったです、ごめんなさい! - 03月25日(土)07:00 

 侍ジャパンの皆様へ。第4回WBCの激闘、お疲れさまでした。世界一奪還はなりませんでしたが、面白い試合ばかりでした。メジャーリーガー投手の不在、大谷翔平(22)の辞退、強化試合の惨敗……様々なメディアが本番前に不安を報じましたが、予選リーグの連勝が始まると、しれっと手のひらを返しました。  でも、本誌・週刊ポストはきちんと謝ります──。 〈大谷なき侍ジャパン「予選ラウンド敗退」の最悪シナリオ〉(2月24日号) 〈予選突破したって“ただの運”──大谷不在は言い訳にならないぞ!〉(3月17日号)  いずれも本誌が掲げた見出しである。 ◆「予選ラウンド敗退」と書いて、ごめんなさい!  東京ドームでの1次ラウンド、2次ラウンド敗退の可能性を本誌が報じたのは、本番前の強化試合などで阪神やソフトバンクの二軍相手に完敗し、5戦3敗という成績に終わったからだ。  フタを開ければ東京ドームでは6戦全勝。野球評論家・江本孟紀氏は対戦相手を「キューバ選手はデブばっかりだったし、イスラエルにしてもメンバーは2Aクラス。普通に戦えば勝てる相手でした」と評すものの、それも辛口の江本氏なればこそ。侍ジャパン史上初めて全勝で決勝ラウンド進出を決め、準決勝の米国戦も敗れはしたが緊迫した投手戦だった。 ◆大谷抜きでも強かったです、ごめんなさい!  日本中が落胆した“大谷の欠場”だが、「結果的にそれがチームを強くした」...more
in English
カテゴリー:

【お笑い】アメリカザリガニの平井、妻でタレントの有未と離婚したことを明らかに - 03月27日(月)21:27 

お笑いコンビ・アメリカザリガニの平井善之(44)が27日、妻でタレントの有未(35)と離婚したことを明らかにした。  平井は同日夜、所属の松竹芸能の先輩のよゐこ有野晋哉(45)とともに出演中の、ニコニコ生放送の インターネット番組「おとなもおもちゃ」に生出演。番組中に「元パートナーと…」となどと発言。有野から 「(そんなこと言って)奥さんに怒られるだろう?」と突っ込まれると「奥さんに怒られることもないから。 もともと、ドライな関係なんで」と発言。さらに「離婚した?」と聞かれると、「何でそれを知...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】張本勲氏、7回ノーヒットも開幕2軍のソフトバンク松坂を擁護「ものすごくバッシングされてるからそっとしておいてあげたい」 - 03月27日(月)05:31 

野球評論家の張本勲氏(76)が26日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)で、 右肩手術からの復活を目指すソフトバンク・松坂大輔投手(36)にエールをおくった。 松坂は25日、広島とのオープン戦(ヤフオクD)に先発し、変化球主体で7回無安打無失点の快投を演じた。 だが、若タカ軍団の先発陣は既に完備されており、松坂は試合後、まさかの2軍行きが決定。開幕ローテ入りを逃した。 張本氏は「松坂はよくやりましたね。3年12億円(の契約)で、ものすごくバッシングされてるから、そっとしておい...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】張本氏、侍ジャパン敗因は「コーチ人事と打線。青木は素晴らしい選手だけど、もう35、6歳でピークを過ぎている。」 - 03月26日(日)13:03 

張本流ベストオーダーも発表 野球評論家の張本勲氏(76)が26日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に生出演。 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝で米国に敗れた小久保裕紀監督(45)率いる侍ジャパンの敗因を分析し、“張本流”のベストオーダーを発表した。 米国戦のVTRを見た張本氏は「武士の情けで負けたチームを悪く言いたくないんだけれども、敗因は2つある」と明言。 「コーチも監督も経験がない小久保監督に代表監督という大役を与えたのだから、良いコーチを付けるべ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】侍ジャパン 大谷抜きでも強かったです、ごめんなさい! - 03月25日(土)09:11 

 侍ジャパンの皆様へ。第4回WBCの激闘、お疲れさまでした。世界一奪還はなりませんでしたが、面白い試合ばかりでした。メジャーリーガー投手の不在、大谷翔平(22)の辞退、強化試合の惨敗……様々なメディアが本番前に不安を報じましたが、予選リーグの連勝が始まると、しれっと手のひらを返しました。  でも、本誌・週刊ポストはきちんと謝ります──。 〈大谷なき侍ジャパン「予選ラウンド敗退」の最悪シナリオ〉(2月24日号) 〈予選突破したって“ただの運”──大谷不在は言い訳にならないぞ!〉(3月17日号)  いずれも本誌が掲...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】川上憲伸が引退表明 侍ジャパン奮闘見て「自信なくなった」 - 03月20日(月)10:52 

スポニチアネックス 3/20(月) 7:00配信  沢村賞や2度の最多勝を獲得し、中日のエースとして活躍した川上憲伸投手(41)が 19日、現役引退を表明した。名古屋のテレビ番組に出演し 「ユニホームを脱ぐ決意をしました。すっきりしています。重荷が下りた気もしますが、 寂しい気持ちもあります」と語った。15年9月に右肩を手術し、同年に中日を退団。 無所属のまま復帰を目指してトレーニングを積んでいた。  カットボールを武器にNPBでは通算117勝(76敗)をマーク。08年オフに FAでブレーブスに移籍し、...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「野球評論家」の画像

もっと見る

「野球評論家」の動画

Wikipedia

野球評論家(やきゅうひょうろんか)とは、野球を専門とする評論家日本においては主にプロ野球選手のOBが自身の経験に基づいて、実技・監督采配面についての評論を行うことが多く、統計学やスポーツ科学・経営学など学問的な観点、または文化的な観点から評論するものは少ない(実技・采配面以外を専門とする評論家については、後述参照)。

なお、放送メディア(テレビラジオ)において、解説を行うものについては野球解説者というが、野球評論家とは別に切り離した考えをする見方がある。

本項では、主に特定の印刷メディア(新聞雑誌)で活動している人物について記述していく。特定新聞(主にスポーツ新聞)に所属する人物については、新聞別所属評論家一覧を参照。特定の放送メディアで活動する人物については、他の該当項を参照。

実技・采...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる