「野球評論家」とは?

関連ニュース

がん手術から1年の大島康徳氏、1年ぶりのジンギスカン、一人新幹線、シウマイ弁当… - 10月14日(土)16:10 

現在がんの闘病記をアメブロにつづっている野球評論家の大島康徳氏。同氏がここ最近「一年ぶり」をいくつも経験していることをブログで明かしている。大島氏は2016年10月にステージ4の大腸がんになり、手術を受けていた。このがんは肝臓にも転移していた。そして、2017年2月にブログを開始した。 今回の「一年ぶり」は、件の手術以来、ということを意味している。北海道日本ハムファイターズの監督も経験しているだけに、ジンギスカンには馴染みがある。そのジンギスカンを12日に食べたことを報告した。 「すっごくすっごく食べたかったのです。去年の11月、札幌でのファイターズ優勝特番に出演予定でその時に絶対買ってこよう!と思いながら、その願いが叶わなかったジンギスカン。一年越しの願いが、今夜叶いました!本当に 本当に美味しかったです」 このように、ジンギスカンが食べられることに感謝して以降、次々と「一年ぶり」の経験を紹介。一つは、泊まりでのプロ野球CS(阪神 VS DeNA)の取材。大島氏は往年の名選手らで結成する「ドリームベースボール」の仕事で野球教室や野球の試合などを行っているが、これ以外の仕事は術後初めてのこと。これを妻が心配した。 「移動から宿泊までメンバーが一緒にいてくれるドリームベースボールとは違うのでこの“一年ぶり”が心配のようです」 さらには、甲子園球場まで行くために新幹線に乗った...more
カテゴリー:

「野球評論家」の画像

もっと見る

「野球評論家」の動画

Wikipedia

野球評論家(やきゅうひょうろんか)とは、野球を専門とする評論家日本においては主にプロ野球選手のOBが自身の経験に基づいて、実技・監督采配面についての評論を行うことが多く、統計学やスポーツ科学・経営学など学問的な観点、または文化的な観点から評論するものは少ない(実技・采配面以外を専門とする評論家については、後述参照)。

なお、放送メディア(テレビラジオ)において、解説を行うものについては野球解説者というが、野球評論家とは別に切り離した考えをする見方がある。

本項では、主に特定の印刷メディア(新聞雑誌)で活動している人物について記述していく。特定新聞(主にスポーツ新聞)に所属する人物については、新聞別所属評論家一覧を参照。特定の放送メディアで活動する人物については、他の該当項を参照。

実技・采...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる