「野村萬斎」とは?

関連ニュース

新作狂言「鮎」の魅力を知る。野村萬斎さんスペシャルインタビュー! - 11月16日(木)00:00 

◆新作狂言「鮎」の魅力を知る。野村萬斎さんスペシャルインタビュー!オズモールでは、2017年12月22日(金)、一夜限りで野村萬斎新作狂言『鮎』観劇プランをご用意しました。野村萬斎さんが自信を持ってお贈りする狂言の面白さとは? お話をうかがいました。◆出世を目指し都会へ出る青年に誰もが共感する新作狂言「鮎」とは?新作狂言「鮎」は、作家の池澤夏樹さんが自身の短編小説「鮎」を狂言台本に書きなおし、野村萬斎さんが主演・演出を務める新作狂言。ものがたりの舞台は手取川のほとり。人の将来を見通せる不思議な力をもつ才助は、ある日、鮎を釣っている最中に小吉(野村萬斎)という青年と出会う。才助は小吉にこの地で住むことを勧めるが、小吉は出世を目指し金沢へと向かっていった。そして数十年後、才助は大出世した小吉と再会することとなる…。12月、国立能楽堂の舞台で 縦横無尽に“鮎”が舞い泳ぐ!?国立能楽堂にとって10年ぶりの新作狂言となる「鮎」。作品づくりは、国立能楽堂が池澤夏樹さんに台本を依頼したことから始まった。実は、池澤さんは20代のころに萬斎さんの祖父である6世野村万蔵さんの追っかけだった縁がある。池澤さんが狂言台本を手がけるのは今回が初となるが、萬斎さんには確信めいた想いがあった。「池澤先生は狂言を愛してくださり、狂言の良さについてのお考えがあり、役者あってこそのものと思ってくださっています。そこが...more
カテゴリー:

【テレビ】『シン・ゴジラ』ついに今夜放送…!初見の人はここに注目★3 - 11月12日(日)21:13  mnewsplus

映画『シン・ゴジラ』がいよいよ今夜、地上波初放送! 昨年の大ヒット作ではありますが、興味がありつつまだ観られていないということもあるのでは? そんな初見の人は、まずここに注目! すごいリアリティー!  ゴジラは架空の生物。しかし、視聴者が「実際にゴジラが現れたら……?」とゾッとしてしまうほどのリアリティーが本作にはあります。巨大生物・ゴジラの出現という不測の事態に、日本はどう立ち向かうのか。映画製作にあたり政府関係者や自衛隊への徹底した取材がなされました。自衛隊が実際に使う用語や出動のプロセス...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】『シン・ゴジラ』ついに今夜放送…!初見の人はここに注目 - 11月12日(日)07:20  mnewsplus

映画『シン・ゴジラ』がいよいよ今夜、地上波初放送! 昨年の大ヒット作ではありますが、興味がありつつまだ観られていないということもあるのでは? そんな初見の人は、まずここに注目! すごいリアリティー!  ゴジラは架空の生物。しかし、視聴者が「実際にゴジラが現れたら……?」とゾッとしてしまうほどのリアリティーが本作にはあります。巨大生物・ゴジラの出現という不測の事態に、日本はどう立ち向かうのか。映画製作にあたり政府関係者や自衛隊への徹底した取材がなされました。自衛隊が実際に使う用語や出動のプロセス...
»続きを読む
カテゴリー:

『仮名手本忠臣蔵』を現代にも通じるラブストーリーでお届け!忠義な青年の後悔と懺悔…。 - 11月16日(木)00:00 

◆『仮名手本忠臣蔵』を現代にも通じるラブストーリーでお届け!“忠義な青年の後悔と懺悔…。”忠義な青年の後悔と懺悔。第28回 恋する歌舞伎は、『仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)五段目・六段目』に注目します! 日本の伝統芸能・歌舞伎。興味はあるけどちょっと難しそう…なんて思ってない? 実は歌舞伎はドキドキするような恋愛要素も豊富。そんな歌舞伎の世界に触れてもらうこの連載。古典ながら現代にも通じるラブストーリーということを伝えるために、イラストは現代風に超訳してお届け。◆恋する歌舞伎 第28回歌舞伎座・吉例顔見世大歌舞伎で上演中の『仮名手本忠臣蔵 五段目・六段目』に注目【1】過去の失敗のせいで今は田舎暮らし。狩の最中に事件は起こる塩谷判官(えんやはんがん)の家来、早野勘平(かんぺい)には、腰元のお軽(かる)という恋人がいる。勘平は厚い忠義心をもった男だが、主人が殿中で高師直を斬りつけるという一大事が起きた日に限って、お軽と逢い引をしていた。勘平はその身を恥じて自害をしようとするが、お軽に「今ここで死んでも誰のためにならない」と説得され、ひとまずお軽の故郷に身を寄せることにする。そうしてお軽の実家で、猟師として生計を立てている勘平。今日も火縄銃を手に狩にいそしんでいるが、猪か何かを仕留めた手応えがあったため、暗闇の中、獲物に近づいていき手探りで様子を確かめる。すると猪と思いきや、...more
カテゴリー:

【テレビ】『シン・ゴジラ』ついに今夜放送…!初見の人はここに注目★2 - 11月12日(日)12:26  mnewsplus

映画『シン・ゴジラ』がいよいよ今夜、地上波初放送! 昨年の大ヒット作ではありますが、興味がありつつまだ観られていないということもあるのでは? そんな初見の人は、まずここに注目! すごいリアリティー!  ゴジラは架空の生物。しかし、視聴者が「実際にゴジラが現れたら……?」とゾッとしてしまうほどのリアリティーが本作にはあります。巨大生物・ゴジラの出現という不測の事態に、日本はどう立ち向かうのか。映画製作にあたり政府関係者や自衛隊への徹底した取材がなされました。自衛隊が実際に使う用語や出動のプロセス...
»続きを読む
カテゴリー:

若手能楽師・大槻裕一&元宝塚・姿月あさと、能楽堂で競演 - 11月08日(水)10:18 

大阪生まれで同志社大学文学部に在学中、9月に20歳になったばかりの観世流能楽師・大槻裕一。文字を書くより先に謡(うたい)を謡っていて、初舞台は2歳。中学3年生の時にシテ方観世流能楽師で人間国宝の大槻文蔵の芸養子となり、グングン成長して、今や若手の注目株だ。師父・文蔵と「大槻文蔵裕一の会」を主催し、2014年には移動式能舞台を大阪城の本丸に設置、天守閣をバックに薪能も企画した。15年に続き、今年も10月7日(土)~9日(月・祝)に二十六世観世宗家の当代・観世清和や狂言師・野村萬斎らを迎えて開催。能の未来を切り拓き、広く一般に親しんでもらえるよう果敢に挑戦する若き能楽師が、大槻能楽堂でまた新たなイベントをスタートさせる。それが『能×アート 奇跡のセッションシリーズVOL.1 BORDERLESS』。第1回目のゲストには、元宝塚歌劇団宙組初代トップスター・姿月あさとを迎える。ふたりの思いを聞いた。「BORDERLESS」チケット情報(PC)「2歳からずっと能だけをやってきて、ほかの分野の方や自分とは違う一芸を極めている方とセッションしてみたいと思っていたんです。能楽堂のステキな空間を生かしながら、芸の世界で生きる辛いことや楽しいことのお話ができればと。お客様にも知っていただき、またこの企画によって、自分が新たに能を再確認することの意味も大きいと思っています」と裕一。彼は、母親がファンだっ...more
カテゴリー:

「野村萬斎」の画像

もっと見る

「野村萬斎」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる