「野村周平」とは?

関連ニュース

藤原竜也の“クズぶり”を比較!ソネ様と清丸の違いとは - 05月25日(木)17:30 

藤原竜也と伊藤英明が初共演を果たした映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』(6月10日公開)。藤原演じる曾根崎雅人のクズぶりが話題を集めているため、同じくクズ役を務めた映画『藁の楯 わらのたて』の殺人犯・清丸国秀役と比較してみた。入江悠監督が手がける『22年目の告白-私が殺人犯です-』は、1995 年、残忍な手口で5人の命を奪い世の中を震撼させた連続殺人事件の犯人が、事件から22 年後、自身の殺人を告白した本の出版記念会見を行うという前代未聞の衝撃的な展開から始まる。「被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつける」残忍な犯行を繰り返した殺人犯・曾根崎雅人は、出版した殺人の告白本「私が殺人犯です」を手に会見や握手会、TV 出演とキャンペーンを展開する。そんな犯人を22 年間追い続けてきた刑事・牧村航(伊藤英明)の気持ちとは裏腹に、加熱するマスコミ報道、SNS により美しい容姿とともに拡散された曾根崎は日本中から罵声と歓声を浴びながら、一躍時の人になっていく……。まず、清丸と“ソネ様”こと曾根崎が起こした殺人事件で比較。清丸は幼女殺害事件の罪で服役し、出所後、また幼女を暴行の末に殺害するという残忍な事件を起こした。一方のソネ様は22年前に、5人の命を奪った連続殺人事件の犯人。しかも無差別に殺すだけではなく、殺人における“3つのルール”があった。それは「被害者を後ろから縄で締め上げること」...more
カテゴリー:

菅田将暉、オーディションで声優初挑戦「勝ち取ってやったぜ」  広瀬すずは初めての公開アフレコに「新感覚」 - 05月25日(木)17:02 

 映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』公開アフレコイベントが25日、東京都内で行われ、声を務める広瀬すず、菅田将暉、宮野真守が出席した。 原作・岩井俊二氏、脚本・大根仁氏、総監督・新房昭之氏のタッグで制作された本作は、少女と少年たちによる“繰り返される夏の1日”の恋の奇跡を描く感動のラブストーリー。 3人は、昨年4月に行われた収録以来の再集結。広瀬演じるクラスのマドンナ・及川なずなに思いを寄せるクラスメイト・島田典道役で声優初挑戦した菅田は「今回はオーディションだったので勝ち取ってやったぜと思って」とうれしそうに笑い、「チャレンジの意味も含めて挑ませてもらって、楽しかったです」と充実感をのぞかせた。 「だんだん初体験って減ってくるもので、みずみずしい中学生の役も今やっておかないと後々できなくなるだろうなと思って」と語ったところで「あ、そんなこともないのか。おいくつでしたっけ?」と宮野に問いかけると、「33です。中学生をやっています。ぜひアニメーションの世界においでませ」と笑わせた。 公開アフレコ初挑戦で緊張の面持ちでマイクの前に立った広瀬は「手汗がすごい。すごく緊張しています」とつぶやき、菅田も「地獄とまでは言わないけど、エンターテインメントにおいてある種“未完成”なもの。そんな状態の自分を見られることもないのでどうしたらいいやら」と戸惑いを見せた。 頼りの大先輩宮野...more
カテゴリー:

菅田将暉、中学時代の悪事告白「学校全体を停電にさせてしまった」 - 05月25日(木)12:31 

 俳優の菅田将暉が25日、都内スタジオで劇場アニメ『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(8月18日公開)の公開アフレコを行った。作風になぞらえて中学時代の思い出を聞かれた菅田は「一回、学校全体を停電にさせる事件をしてしまった。本当に申し訳ないなと…」と切り出し、仰天秘話を告白した。 【写真】公開アフレコを行った広瀬すず&菅田将暉  当時、理科の授業を受けていた菅田は、近くにあったコンセントに「好奇心」を持ってしまったという。ピンセットを使ったイタズラで校舎全体が停電になると「なぜだか分からないけど涙が止まらなかった」といい「先生にも『菅田!』と怒られて、本当に申し訳ないことをしたなと思いました」と苦笑いしながら明かしていた。  映画監督・岩井俊二氏の名を世に知らしめた名作ドラマとして知られる同作は、1993年に放送され、95年に劇場公開もされた。とある海辺の町を舞台に、夏休みの花火大会の前、クラスのアイドル的存在・なずな(広瀬すず)に思いを寄せる男子中学生・典道(菅田)が、時間が巻き戻る不思議な体験に巻き込まれていく、“繰り返される夏の一日”の、恋の奇跡を描くラブストーリー。  菅田とともに公開アフレコに臨んだ広瀬は「手汗がすごい。緊張してます」。菅田も「地獄とまでは言わないけど、エンターテインメントの世界である種、未完成のものを見せることがない。どうしたらいいの...more
カテゴリー:

大学生世代にとって「スター」な男性芸能人ランキング! 1位はやっぱり…… - 05月25日(木)11:00 

若い人にカリスマ的な人気を誇る若手俳優や男性アイドルはたくさんいますよね。端正な顔立ちだけではなく、演技がうまかったり、CMにたくさん出演していたりとそれぞれ個性を発揮していますが、そんななかでも大学生が「一番スターとして輝いている」と思うのは誰なのでしょうか。今回は一番スターだと思う男性芸能人について、大学生のみなさんに聞いてみました。■あなたにとって一番のスターだと思う男性芸能人は誰ですか?第1位「菅田将暉」52人(12.9%)第2位「山崎賢人」40人(9.9%)第3位「神木隆之介」27人(6.7%)第4位「坂口健太郎」19人(4.7%)第5位「野村周平」17人(4.2%)●第1位「菅田将暉」・他にも好きな俳優さんはたくさんいるが、1番スター性があると思うから。どの役にも染まっていてすばらしいと思う(女性/19歳/大学2年生)・イケメンな上にノリがよく、みなの人気者という感じだから(男性/22歳/大学4年生)・今いちばん人気でよくテレビで観るから(女性/21歳/大学4年生)・役によって別人に見える演技力がすばらしいから(女性/21歳/大学4年生)●第2位「山崎賢人」・顔がかっこいい。映画とかドラマの役から好きになった(女性/20歳/大学2年生)・男からでも好感が持てるし、かっこいいと思ったから(男性/25歳/大学4年生)・いろいろな主演を演じていてすごい!(男性/21歳/大学4...more
カテゴリー:

甲斐翔真、笠菜月、平祐奈ら注目の若手集結「写真甲子園」映画化 - 05月23日(火)17:00 

全国高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」、通称「写真甲子園」を映像化した映画「写真甲子園 0.5秒の夏」が、11月に全国公開されることが決まった。 【写真を見る】主題歌&挿入歌は大黒摩季が担当 本作の舞台は、夏の北海道・東川町。葛藤や挫折に直面しながらも、一枚の写真に青春の全てを懸ける高校生たちの熱き姿を描いた青春ストーリー。 日本一を目指し「写真甲子園」に出場する東京・桜ヶ丘学園写真部メンバーには、「仮面ライダーエグゼイド」(毎週日曜8:00-8:30、テレビ朝日系)のパラド役で注目される甲斐翔真、「3月のライオン」(公開中)の萩原利久、そして現在北海道を拠点に活躍する中川梨花。 一方、ライバルとなる大阪・関西学園写真部メンバーを演じるのは、「早咲きの花」(2006年)以来二度目の菅原監督作品出演となる笠菜月、「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」(2016年)の白波瀬海来、「Sho-Comi プリンセスオーディション2014」グランプリの中田青渚。 さらに、ストーリーに重要なアクセントを与える“伝説の少女”役を主演最新作「ReLIFE リライフ」(公開中)が話題の平祐奈と、ブレイク必至の注目若手俳優陣が集結した。 ほか、関西学園写真部顧問役に秋野暢子、桜ヶ丘学園写真部顧問役に河相我聞を招くとともに、椅子工房の職人役に千葉真一をキャスティング。実...more
カテゴリー:

藤原竜也のクズぶりを比較!ソネ様と清丸の違いとは - 05月25日(木)17:30 

藤原竜也と伊藤英明が初共演を果たした映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』(6月10日公開)。藤原演じる曾根崎雅人のクズぶりが話題を集めているため、同じくクズ役を務めた映画『藁の楯 わらのたて』の殺人犯・清丸国秀役と比較してみた。入江悠監督が手がける『22年目の告白-私が殺人犯です-』は、1995 年、残忍な手口で5人の命を奪い世の中を震撼させた連続殺人事件の犯人が、事件から22 年後、自身の殺人を告白した本の出版記念会見を行うという前代未聞の衝撃的な展開から始まる。「被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつける」残忍な犯行を繰り返した殺人犯・曾根崎雅人は、出版した殺人の告白本「私が殺人犯です」を手に会見や握手会、TV 出演とキャンペーンを展開する。そんな犯人を22 年間追い続けてきた刑事・牧村航(伊藤英明)の気持ちとは裏腹に、加熱するマスコミ報道、SNS により美しい容姿とともに拡散された曾根崎は日本中から罵声と歓声を浴びながら、一躍時の人になっていく……。まず、清丸と“ソネ様”こと曾根崎が起こした殺人事件で比較。清丸は幼女殺害事件の罪で服役し、出所後、また幼女を暴行の末に殺害するという残忍な事件を起こした。一方のソネ様は22年前に、5人の命を奪った連続殺人事件の犯人。しかも無差別に殺すだけではなく、殺人における“3つのルール”があった。それは「被害者を後ろから縄で締め上げること」...more
カテゴリー:

広瀬すず、初共演の菅田将暉に「ドギマギしました」 - 05月25日(木)13:11 

岩井俊二監督、奥菜恵主演の青春ドラマを、「魔法少女まどか☆マギカ」のスタッフがアニメ映画化した『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(8月18日公開)の公開アフレコイベントが、5月25日にアバコクリエイティブスタジオで開催。声優を務める広瀬すず、菅田将暉、宮野真守が登場した。 【写真を見る】広瀬すずのハニカミ笑顔がかわいい 広瀬は菅田と初共演で、宮野とは2度目の共演となった。広瀬は菅田について「どんな雰囲気なのかなと思って、変に力が入って。正面を向いてお芝居するわけじゃないので不思議な感じでドギマギしてたんですが、宮野さんがいてくださって心強かったです」と感想を語った。 声優初挑戦の菅田は「だんだん初体験って減ってくるんです。今回オーディションだったんですが、勝ち取ってやったぜと。もうみずみずしい中学生の役はできなくなるのかなと」と言うと、宮野が「33歳で中学生やってます」とツッコミ、会場は大爆笑。 宮野が「是非、アニメーションの世界へおいでくださいませ」と菅田を迎える。菅田は「大先輩のおふたりが助けてくれて楽しかったです」と笑顔を見せた。 公開アフレコの感想について広瀬は「見られながらお芝居をするのは初めてだったので、すごい新感覚でした」と興奮しながらコメント。 菅田は「裸なのに『服着てます』みたいな顔をしたお芝居をしてるような恥ずかしさで緊張しました」と言うと、宮野も「...more
カテゴリー:

広瀬すず&菅田将暉、公開アフレコに緊張しきり「手汗がすごい」 - 05月25日(木)12:12 

 俳優の広瀬すず、菅田将暉が25日、都内スタジオで劇場アニメ『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(8月18日公開)の公開アフレコを行った。大勢の報道陣を前にしてマイク前に立った2人は終始緊張しきりだった。  多くのフラッシュを浴びた広瀬は「手汗がすごい。緊張してます」とぎこちない笑顔。今作で声優に初挑戦した菅田も「地獄とまでは言わないけど、エンターテインメントの世界である種、未完成のものを見せることがない。どうしたらいいのか」と初々しい表情を浮かべた。  アフレコ中も「(緊張で)ガチガチだね」と笑い合い、NGを出し“公開ダメ出し”を受けた菅田が「今後このようなことがないよう反省します!」と若手らしくハキハキと返答する一幕も。無事に終えると、広瀬は「新感覚でした」と白い歯を見せ、菅田も「なんか裸なのに服を着ていますみたいな顔をしてなきゃいけないような恥ずかしさがあった」と照れ笑いしていた。  映画監督・岩井俊二氏の名を世に知らしめた名作ドラマとして知られる同作は、1993年に放送され、95年に劇場公開もされた。とある海辺の町を舞台に、夏休みの花火大会の前、クラスのアイドル的存在・なずなに思いを寄せる男子中学生・典道が、時間が巻き戻る不思議な体験に巻き込まれていく、“繰り返される夏の一日”の恋の奇跡を描くラブストーリー。  収録時の秘話に話題が移ると広瀬は「菅田さんと...more
カテゴリー:

【芸能】Hey!Say!JUMP山田涼介は「校則破り」の常習犯だった? - 05月24日(水)10:48 

Hey!Say!JUMPはメンバー9人で、ジャニーズで1番人数が多いグループ。その9人のうち6人が、堀越高等学校の出身だ。 山田涼介、知念侑李、中島裕翔、八乙女光、薮宏太、有岡大貴は、元芸能活動コース(現TRAITコース)。アイドルと学業を両立しやすいが、かなり変わった校風のようだ。 取材経験が豊富なアイドルライターに話を聞いた。 「山田くんから聞いたところによると、学校の巨大な門の向こうには白い線が引いてあり、朝はそこでいったん止まって一礼。 学校の一日は、それから始まるそうです。さらに面白いのは、“堀越体操”...
»続きを読む
カテゴリー:

永野芽郁 映画『ピーチガール』で悪魔に!? 「いろいろ迷った」 - 05月23日(火)17:00 

女優の永野芽郁が5月22日、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。1ヶ月ぶりの登場ということで、近況を語りました。さらに出演している映画『ピーチガール』にちなみ、リスナーの質問に20秒で答える「ス・ピーチガール」という企画に挑戦しました。 (TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! GIRLS LOCKS!」5月22日放送分) 「この1ヶ月間は、わりとゆったりしてたんじゃないかと思います。出演している映画『PARKS』と『帝一の國』、そして『ピーチガール』が公開されましたー! 『ピーチガール』の撮影は『PARKS』より先に行われていたので、去年の4月とかですね。ちょうど1年くらい経ってからの公開なので、だいぶ前に感じますね。 私が演じる柏木沙絵は、ポスターにも書いてある通り悪魔なんですよ。最初はみんなにも“小悪魔”って言われてたんですけど、いつしかポスターまで“悪魔”になっていて、「あれ? やっぱり“小”はないのか」と思ったりしたんですけど(笑)。映画の中では結構いろんな事件を巻き起こしていく大事な役でもあるので、楽しみにしていてほしいなと思います!」 ――ここからは、20秒で映画を解説する「ス・ピーチガール」に挑戦! 『ピーチガール公開ですね。めいめいが意地悪な子の役って珍しくないですか!? いつもピュアな役をやっているイメージのめいめいが、どんな風に映画で...more
カテゴリー:

もっと見る

「野村周平」の画像

もっと見る

「野村周平」の動画

Wikipedia

野村 周平(のむら しゅうへい、1993年11月14日 - )は、日本俳優兵庫県神戸市出身。アミューズ所属。

略歴

2009年、父親が応募したアミューズ全国オーディション2009「THE PUSH!マン〜あなたの周りのイケてる子募集〜」で、応募者31514名の中からグランプリを受賞し、アミューズに所属。「賞金が出るから」と父親に諭されての応募だった男の履歴書 野村周平編|インライフ。

2010年2月12日に公式ブログを開設した。

芸能界デビュー前はスノーボード選手として活動し、数多くの大会で受賞。母親が中国人とのハーフである為、クオーターである。 幼少期から神戸華僑幼稚園・神戸中華同文学校と通ったため、中国語を話すことができる。

趣味は野球、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる