「重松森雄」とは?

関連ニュース

ボストン・マラソン:川内、瀬古以来31年ぶりV - 04月17日(火)10:13 

 男子マラソンで世界選手権3度出場の川内優輝(31)=埼玉県庁=が16日、米ボストンで行われたボストン・マラソンを2時間15分58秒で制した。日本勢では1987年の瀬古利彦以来31年ぶり9度目の頂点で、過去の優勝者は65年の重松森雄や66年の君原健二ら。122回目を迎えた伝統のレースで公務員ランナー
カテゴリー:

「重松森雄」の画像

もっと見る

「重松森雄」の動画

Wikipedia

重松 森雄(しげまつ もりお、1940年6月21日 - )は、日本のマラソン選手。福岡県出身。1965年に世界最高記録を樹立した。

人物・来歴

福岡県立福岡工業高等学校を卒業して、1959年九電工に入社する。

九州一周駅伝などのレースに出場するが、1961年に病気に襲われ、療養を余儀なくされる。このとき、将来をことを考えて大学を出ておくべきだと決意し、九電工を退社。

1962年に福岡大学に入学するという異色の経歴の持ち主である。

1964年東京オリンピックの代表を逃したが、1965年4月のボストンマラソンに出場し、2:16:33の大会新記録で優勝。さらにそれから53日後の6月12日、イギリスの第45回ポリテクニック・ハリアーズ・マラソン(ウィンザーマラソン)に出場し、前年の東京オリンピックでアベベ・ビキラが作った世界最高記録を更新する2:12:00の記録で優勝した。

この記録は、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる