「都道府県知事」とは?

関連ニュース

【大麻】産業用大麻ピンチ 逮捕者相次ぎ「免許」厳しく 参入困難「文化廃れる」 - 03月22日(水)09:11 

https://www.agrinews.co.jp/p40419.html 横綱・稀勢の里関も締めた純白の綱が、存続の危機にある。原料の大麻草を作る農家が高齢化していることに加え、 産業用大麻の栽培者が大麻取締法違反で逮捕される事件が相次ぎ、栽培免許の取得が厳しくなったためだ。 新規参入が難しい状況が続けば、麻の技術継承が途絶え、伝統の綱が海外産に替わってしまう恐れもある。  地域おこしで移住した若者や、医療用大麻解禁を訴える活動家らが昨年起こした事件の波紋は大きかった。 所管する厚生労働省は昨年11月、各県に対して大麻の生産...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【たばこ】飲食店内は原則禁煙、違反すれば過料30万円以下…受動喫煙の防止対策、健康増進法改正案の原案を厚労省が公表★2 - 03月01日(水)20:57 

飲食店内は原則禁煙、違反すれば過料30万円以下 厚労省が法改正原案公表 2017.3.1 16:55 厚生労働省は1日、他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙の防止対策として、 今国会提出の健康増進法改正案の原案を公表した。焦点だった飲食店は原則、建物内を禁煙とする。 一方で小規模なバーやスナックを規制対象外とするなど、例外場所を盛り込んだ。 電気加熱式たばこも健康影響を判断し、影響があれば規制対象とする。 受動喫煙対策は2020年東京五輪・パラリンピックの開催などを目指して強化される。 喫煙室を新設する場...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【たばこ】飲食店内は原則禁煙、違反すれば過料30万円以下…受動喫煙の防止対策、健康増進法改正案の原案を厚労省が公表 - 03月01日(水)18:15 

飲食店内は原則禁煙、違反すれば過料30万円以下 厚労省が法改正原案公表 2017.3.1 16:55 厚生労働省は1日、他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙の防止対策として、 今国会提出の健康増進法改正案の原案を公表した。焦点だった飲食店は原則、建物内を禁煙とする。 一方で小規模なバーやスナックを規制対象外とするなど、例外場所を盛り込んだ。 電気加熱式たばこも健康影響を判断し、影響があれば規制対象とする。 受動喫煙対策は2020年東京五輪・パラリンピックの開催などを目指して強化される。 喫煙室を新設する場...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【豊洲汚染問題】東京都環境局、都内の土壌汚染状況の調査結果を公開 話題の豊洲や築地以外にも多数存在 - 03月21日(火)21:42 

■要措置区域等の指定状況 土壌汚染対策法では、土壌汚染状況調査の結果、土壌の汚染状態が指定基準に適合しない土地については、要措置区域または形質変更時要届出区域として指定する。 要措置区域 (法第6条) ・土壌汚染の摂取経路があり、健康被害が生じるおそれがあるため、汚染の除去等の措置が必要な区域 ・汚染の除去等の措置を都道府県知事が指示する(法第7条) ・土地の形質変更の原則禁止(法第9条) 形質変更時要届出区域 (法第11条) ・土壌汚染の摂取経路がなく、健康被害が生じるおそれがないため、汚染の除去...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【これは結構厳しい!】 飲食店内全面禁煙法、違反すれば最悪30万円の罰金!厚労省が改正原案公表へ - 03月01日(水)20:40 

厚生労働省は1日、他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙の防止対策として、今国会提出の健康増進法改正案の原案を公表した。焦点だった飲食店は原則、建物内を禁煙とする。 一方で小規模なバーやスナックを規制対象外とするなど、例外場所を盛り込んだ。電気加熱式たばこも健康影響を判断し、影響があれば規制対象とする。  受動喫煙対策は2020年東京五輪・パラリンピックの開催などを目指して強化される。喫煙室を新設する場合は、新基準の下で煙が漏れ出ないかなど審査した上で、都道府県知事らが指定する。  原案では...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【宿泊】「民泊」解禁どころか後退へ シェアリングエコノミー後進国に忍び寄る圧力 - 02月28日(火)17:48 

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/022400113/022700002/ 自宅を他人に貸すホームシェアリング、いわゆる「民泊」を国内でも合法的に実現しようと、 観光庁を中心に「住宅宿泊事業法案(民泊新法)」の整備が進む。法案は既に自民党による審査に入っており、政府は3月10日前後の閣議決定、今国会での成立を目指している。  この民泊新法について、一般には「民泊解禁へ」と報じられている。だが実態は解禁どころか、その逆。むしろ、国内に根付きつつある民泊が後退しかねない。  民泊業界からは、「シェアリングエコ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「都道府県知事」の画像

もっと見る

「都道府県知事」の動画

Wikipedia

都道府県知事(とどうふけんちじ)は、日本地方公共団体である都道府県首長である。単に知事ともいう。都道府県知事のもとに置かれる部局知事部局という。

以下、地方自治法については条数のみ記載する。

歴史

「知事」という呼称について、日本では古くは奈良時代の知太政官事などの例がある。この場合は「知」と「事」の間に被任命者が治める(治(し)る=知る)べき官職などの名前をはさむ中国語(漢文)式の呼称が用いられた。

近代の地方官の呼称としては王政復古後の1868年(慶応4年)閏4月に出された政体書において知府事知県事が設けられたのが最初である。これにより、以後、旧幕府領・旗本領や戊辰戦争における佐幕藩からの接収地などに順次府県が設置され、知府事・知県事が任命された。また、1869年(明治2年)6月の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる