「都道府県知事」とは?

関連ニュース

沖縄の翁長知事に不正が発覚 国連人権理への参加費用に税金を不正支出 - 09月11日(月)13:24  news

沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事が、平成27年9月にスイス・ジュネーブの国連人権理事会で、参加資格が認められていない「県知事」の立場で演説し、交通費や宿泊費などの費用計約227万円を公費で支出していたことが分かった。 県の公文書公開請求で判明した。 翁長氏は協議資格を有するNGOから演説枠を提供されたため、費用は本来、このNGOなどに用立ててもらうか個人で賄うべきだった。 米軍基地反対を叫ぶ民間団体の国際世論工作に血税で加担した形だ。 翁長氏は27年9月21日のジュネーブの国連人権理...
»続きを読む
カテゴリー:

【厚労省】診療所の継承、相続税免除=過疎地の個人開設に - 08月23日(水)17:03  newsplus

厚生労働省は、過疎地などで診療所や病院を相続した後継者の医師が安定的に運営を続けられるよう、医療業務に必要な土地・建物などにかかる相続税を免除する方針を固めた。対象は 人開設の医療機関で、相続後に5年間継続して運営することが条件。2018年度税制改正要望に盛り込む。 近年、医師が都市部へ偏り、人口の少ない過疎地では医師不足が深刻化している。こうした地域で内科や外科などの医療を担ってきた医師も高齢化し、次世代への円滑な事業継承が喫緊の課題となっている。 しかし現状では、過疎地の医療機関を親族の...
»続きを読む
カテゴリー:

【沖縄】翁長知事、辺野古移設反対で2年前の国連人権理に公費227万円支出、“資格外”で演説 公開請求で判明 - 09月11日(月)06:33  newsplus

2017.9.11 01:00  沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事が、平成27年9月にスイス・ジュネーブの国連人権理事会で、参加資格が認められていない「県知事」の立場で演説し、交通費や宿泊費などの費用計約227万円を公費で支出していたことが分かった。県の公文書公開請求で判明した。翁長氏は協議資格を有するNGOから演説枠を提供されたため、費用は本来、このNGOなどに用立ててもらうか個人で賄うべきだった。米軍基地反対を叫ぶ民間団体の国際世論工作に血税で加担した形だ。  翁長氏は27年9月21日のジュネーブ...
»続きを読む
カテゴリー:

「都道府県知事」の画像

もっと見る

「都道府県知事」の動画

Wikipedia

都道府県知事(とどうふけんちじ)は、日本地方公共団体である都道府県首長である。単に知事ともいう。都道府県知事のもとに置かれる部局知事部局という。

以下、地方自治法については条数のみ記載する。

歴史

「知事」という呼称について、日本では古くは奈良時代の知太政官事などの例がある。この場合は「知」と「事」の間に被任命者が治める(治(し)る=知る)べき官職などの名前をはさむ中国語(漢文)式の呼称が用いられた。

近代の地方官の呼称としては王政復古後の1868年(慶応4年)閏4月に出された政体書において知府事知県事が設けられたのが最初である。これにより、以後、旧幕府領・旗本領や戊辰戦争における佐幕藩からの接収地などに順次府県が設置され、知府事・知県事が任命された。また、1869年(明治2年)6月の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる