「郷ひろみ」とは?

関連ニュース

ピアニスト野田あすかが岩谷時子賞奨励賞を受賞 - 06月16日(金)18:10 

越路吹雪の『愛の讃歌』やミュージカル『レ・ミゼラブル』などの訳詞、さらに加山雄三や郷ひろみら名だたる歌手たちへの作詞提供で知られる故・岩谷時子。その遺志を汲み、音楽・演劇関係の功労者と、新たな人材に向けて授与されるのが「岩谷時子賞」だ。第8回となる今年、受賞者の加山雄三や斉藤由貴らが顔を揃えるなかで「岩谷時子賞奨励賞」を受賞したのが、発達障害のあるピアニストとしてメディアでも注目の野田あすかだ。その受賞式が6月12日、都内ホテルで行われた。野田あすか チケット情報(PC)「発達障害」は生まれつきの脳機能障害だが、知的障害が伴わない場合は家族も気づかないことがあり、単に“人とコミュニケーションが出来ない人”“空気を読めず衝動的な行動をする人”として集団生活になじめないことが多い。その苦悩から、鬱病やパニック障害などの二次障害を引き起こすこともしばしばだ。野田も4歳からピアノを習い、宮崎大学に進学したが、それまでにいじめや転校、自傷などを経験。大学を中退し、ようやく「広汎性発達障害」の診断を受けたのが22歳の頃。その後は宮崎学園短期大学で本格的に音楽に取り組んだことで、見事に才能が開花した。24歳で受賞した第12回宮日音楽コンクールのグランプリを筆頭に、35歳になる今日まで受賞歴は多数。2015年と2016年にはCDブックを上梓し、今春、東京で行われた2日間のリサイタルは満員を記録し、...more
カテゴリー:

【芸能】芳村真理が振り返る、山口百恵さん最後の「ヒットスタジオ」舞台裏…「その日だけはシーンとしていた」 - 06月11日(日)21:11 

山口百恵さん最後の「ヒットスタジオ」舞台裏 芳村真理「その日だけはシーンとしていた」 http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/11/kiji/20170611s00041000362000c.html 2017年6月11日 20:15 「夜のヒットスタジオ」の司会を20年務めた芳村真理 Photo By スポニチ  女優の芳村真理(82)が11日、フジテレビ「フルタチさん」(日曜後7・00)に出演。1980年に芸能界を引退した山口百恵さんが最後に出演した「夜のヒットスタジオ」の裏側を明かした。  百恵さんが「夜のヒットスタジオ」へ最後に...
»続きを読む
カテゴリー:

「郷ひろみ」の画像

もっと見る

「郷ひろみ」の動画

Wikipedia

郷 ひろみ(ごう ひろみ、1955年10月18日 - )は、日本歌手俳優である。本名、原武 裕美 (はらたけ ひろみ)、男性。

福岡県出身(東京都育ちサワコの朝、TBS、2012年4月28日放送分)。所属事務所はバーニングプロダクション。2014年10月よりマネージメントをエヴァーグリーン・エンタテイメントに委託し業務提携。身長178cm。

来歴 幼少期
  • 1955年10月18日に生まれた。「ひろみ」という名前は祖父が付けた。「心が"美しく"、いろんな意味で"裕福"になるように」という意味が込められているという東京中日スポーツ55周年企画「郷GO!!インタビューおふくろに平手で殴られた」2010年5月11日。
  • 父は福岡県三潴郡三潴町出身、母は福岡県糟屋郡...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる