「郵便受け」とは?

関連ニュース

逆に契約する気なくす!「新聞のしつこい営業トラブル」3選 - 05月28日(日)09:00 

(Razvan/iStock/Thinkstock)昨今は、インターネットが普及して無料でニュースが読める時代になったこともあり、「新聞の購読者は減った」と言われる。そのため新聞販売店も必死なのか…しつこい勧誘をして、人々をイラッとさせることもあるようだ。しらべぇ取材班は、話を聞いてみた。(1)日中にしつこく営業電話をかけてくる「新聞を取って、解約しました。その後から『なんで解約したのかアンケートを取らせてくれ』だの『再契約しないか』だの、しつこい勧誘の電話が。しかもその電話も、普通に働いているってわかる時間であろう日中に平気でかけてくる。ただでさえそんな勧誘電話イラッとするのに…仕事でバタバタしている時にかかってくるから余計に腹立たしいし、本当に迷惑で、絶対に再契約なんてしないですね」(男性・26歳)(2)勝手に新聞を郵便受けに入れてくる「私も一度、新聞を取ってから半年弱で解約したんですが。数ヶ月後に、解約したにも関わらず郵便受けに、新聞が入っていたことがありました。『他の家のが間違えて配達された? 他人に勝手に契約された?』と焦り販売店に電話したら、どうやら再契約を期待して、お試しとして入れてきたようで…。それなら『お試しです』など一言くらいメモを添えてから郵便受けに入れるべきだし、わざわざこちらも電話をして無駄な労力やお金を使わされて、不快...more
カテゴリー:

まるで水族館のアシカショー!?お手伝いしたらお駄賃をあげるのはアリかナシかを考える - 05月28日(日)06:30 

郵便受けから新聞を取ってくる、風呂掃除、ゴミ捨て等のお手伝いを子どもにさせるとき、“お駄賃を与えること”についてどう思いますか? 「おこづかい」を自分で管理できる子に育てたい! 必要な3つのステップ 人間誰しも「○○したらお金がもらえる。それを貯めて好きなものを買う」ことは強い動機付けになりますね。 今回は、この是非について『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』の著者の立石美津子がお話しします。 “お手伝いしたらお駄賃”には賛否ある 賛成意見 労働対価としてお金を渡し、幼いうちから「お金を手にするのは大変なことである」ことを体験させたい。金銭感覚を身に付けさせたい。お駄賃を与えることによりお手伝いの習慣がつけば、それはそれでOK。金額を100円単位ではなく、1円単位ならばよい。玩具の片付け以外のこと。例えば子どもが本来やらなくてもよい“布団敷き”“皿洗い”ならば当然、お金を渡すべき反対意見 家事労働には費用は発生しない。ママも料理をしたからといって「ご褒美だよ」と給料をもらっていない。パパも買い物を手伝ったからといってお金をもらっていない。子どもだけにそれを与えるのはおかしい。お金をもらえないと手伝いをしなくなってしまう恐れがある。家事は家族のためにやるもの。無料奉仕は当然である。“餌で釣るしつけ”の是非 品物を与える お駄賃としてお金を渡...more
カテゴリー:

もう入れないで!「不要なチラシ投函」を撃退する方法3選 - 05月24日(水)09:00 

(AndreyPopov/iStock/Thinkstock)いくら「チラシお断り!」という張り紙をしても、投げ込まれてしまう不要なチラシ。捨てるのが面倒なのはもちろん、郵便受けからチラシが溢れていると放火に遭いやすくなったり、長期不在と思われて空き巣に狙われやすくなったりするなど、犯罪を誘因する可能性も指摘される。そこでしらべぇ取材班は、「実践して効果的だったチラシ撃退法」を調査してみた。(1)「チラシを着払いで返送する」と張り紙をする「家が繁華街に近かったこともあり、いくら『チラシお断り!』とシールを貼っても、近隣のお店のチラシがしつこく投函されて、1日で郵便受けは満杯に。そこで『チラシを投函したら、広告主のところに着払いで返送いたします』と記載した張り紙をしたら、ピタリと1枚もなくなりました。効果絶大だと思います」(男性・30歳)(2)郵便受けの付近に防犯カメラを設置する「別にチラシ投函を撃退しようと思ったわけではなかったんですが…セキュリティのために、防犯カメラを設置したら、チラシ投函がなくなりました。やっぱり投函する人もやましい気持ちがあるのか、『姿を見られたくない』と思って避けるんですかね。意外な効果でラッキーでした」(女性・36歳)(3)区域のポスティング会社にクレームを入れる「うちのマンションにも『チラシ禁止!』と貼ってあるのに、溢れんばかりのチラシが&...more
カテゴリー:

【国際】クマに追われ木に登った人を見て、「ふぅーっ」とため息、クスッと笑い、すぐさま興味をなくす撮影者がおそロシア(動画あり) - 05月18日(木)14:51 

こちらはとあるロシアの町の風景なのですが、遠くのほうではとんでもないことが起きています。 ところが撮影者は、いたって平然のリアクション。 「ロシアでは、これが日常なの!?」と戦慄されていた、カメラの先に映っていたものとは……。 動画:https://youtu.be/F5c_ZxigKqc 屋内にいる撮影者。 そこから外へ出ると……。 遠くの木に何かいる? うわああ! 男性がクマに追われて木の上に逃げてる! これはやばい、まずい、大変だと思っていたら…… http://labaq.com/archives/51883935.html 「ふうーっ」っと撮影...
»続きを読む
カテゴリー:

ショック!泥棒に入られた経験がある人の割合は?田舎でも被害の声多く - 05月28日(日)08:00 

住まいに対するこだわりは人それぞれ。見た目や外観にこだわる人もいれば、使い勝手のよいベランダなど、リラックスできる実用的な空間が欲しいと考える人もいる。また、安心して暮らせることも大切な要素である。泥棒に入られたりしたら、平和な生活が損なわれてしまい、大きなショックを受けるだろう。そのため、防犯対策も住まいを守るためには、大事なこだわりのひとつになる。(RainerFuhrmann/iStock/Thinkstock)実際、自宅が泥棒に入られたことがある人はどのくらいいるのだろうか。しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,336名を対象に調査を実施した。■「泥棒に入られたことがある」割合は?©sirabee.com泥棒に入られたことがあると回答したのは、14.6%。7人に1人も被害に遭った人がいるとは驚きだ。また、エリア別で集計すると、都会も田舎も関係なく泥棒被害の声があがっており、北関東住民は25%と少し目立つ。©sirabee.com少し前までなら、田舎はカギをかけずに寝るのも普通のことだった。しかし、調査によると地方でも被害が発生しているようだ。■被害に遭わないためには警視庁では、侵入窃盗の防犯対策として、1つのドアに錠を2つ以上取り付ける「補助錠」や、ドアの隙間を塞いでバールのこじ開けを防ぐ「ガードプレート」、防犯性能の高いカギへの交換を呼びかけて...more
カテゴリー:

もう入れないで!「不要なチラシ投函」を撃退する方法3選 - 05月24日(水)16:46 

いくら「チラシお断り!」という張り紙をしても、投げ込まれてしまう不要なチラシ。 捨てるのが面倒なのはもちろん、郵便受けからチラシが溢れていると放火に遭いやすくなったり、 長期不在と思われて空き巣に狙われやすくなったりするなど、犯罪を誘因する可能性も指摘される。 そこでしらべぇ取材班は、「実践して効果的だったチラシ撃退法」を調査してみた。 ①「チラシを着払いで返送する」と張り紙をする ②郵便受けの付近に防犯カメラを設置する ③区域のポスティング会社にクレームを入れる ??そもそもチラシは見...
»続きを読む
カテゴリー:

駅前に出没、フィリピン系「ニセ募金ボランティア」を追う。あの許可証は本物? - 05月19日(金)15:58 

 駅前や繁華街に出没する東南アジア系の募金集団を見かけたことはあるだろうか? SNS上では「詐欺」「ニセ募金」と指摘されているが、果たしてその実態は? 記者が街に出てその正体を調べてみた!! ◆募金箱も許可証も持たずに活動する怪しすぎる集団!  東京・新宿駅東口の駅ビルの通路で、フィリピン人とおぼしき東南アジア系の男性が人懐っこい笑顔で「スイマセ~ン」と声をかけてくる。立ち止まると、手に持ったカードを差し出した。カードには日本語で、こう書かれていた。 「わたしたちはアジアのめぐまれないこどもの、ためにかつどうしている。ボランティアです。よろしければしょめいとぼきんをおねがいします」(原文ママ) ⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1333689  しかし、募金箱らしきものは持っていない。「駅構内での募金活動の許可は取っているのか?」と尋ねると、たどたどしい日本語で「許可はある」と言う。許可証を見せてと言うと、折りたたんで手帳に挟んだA4サイズの白い紙を広げて見せてくる。「Children’s Joy Foundation Japan」と書かれた、登記簿謄本のコピーだ。  それは許可証ではないと指摘しても「違う、許可証。お巡りさんも許可してくれた」と言い張る。試しに笑顔でこう言ってみた。 「お巡りさ...more
カテゴリー:

「郵便受け」の画像

もっと見る

「郵便受け」の動画

Wikipedia

郵便受け(ゆうびんうけ、米語:mail box)とは、配達された郵便物や新聞などを受け取るための装置。

日本語でいう「郵便受け」は英語では通常""ないし""と呼ぶ。日本での「ドアポスト」にあたるものは""と呼ぶ。""というと、玄関の両脇の柱(ポスト)を指す。

「ポスト」と呼ばれることも多いが、郵便物を差し出す郵便ポスト(郵便差出箱)とは異なるものとして区別が必要である。

素材・設置形態

形態は様々である。壁面にとりつけられているもの、ドアにとりつけられたもの、独立した箱になっているもの(投入口と取り出し口を備えた)などである。設置場所は、玄関ドアに組み込まれたり、玄関や門の付近に設置される場合や、地区で共同で(住居から少し離れた場所に)設置される場合がある。建築時に作りつけになっているもの以外にも、郵便受け単体で購入できるものがある。材質も様々で、石材製、金属製(鋳物製、板金製)、プラスチック製、木製などがある。

各国の郵便受け

;米国

アメリカの映画やドラマ、漫画などを見ていると、半円柱様の形状をした郵便受けの側面に、小さな金属製の小旗(赤い場合が多い)がついていることがある。これは中に郵便物が入っている印であり、郵便配達員が郵便物を入れたときや家の住民が自分から出したい郵便物を入れた場合にはその小旗...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる