「部科学省」とは?

関連ニュース

【お詫び】リテラ、林文科相「風俗通い」誤報で謝罪 訂正繰り返すも...「不正確」認め削除★2 - 04月25日(水)22:58  newsplus

 ウェブメディア「LITERA(リテラ)」が2018年4月25日、週刊文春が「林芳正文科相の性風俗通いを報じる」という誤った記事を配信したとして謝罪し、問題の記事を削除したと発表した。  発表によれば、リテラ編集部は該当の文春記事を確認せずに、上記のような間違った情報を掲載した。記事で「性風俗店」としていたヨガ店についても、「店舗名などの具体的な情報」は入手していなかったという。 ■記事の「書き換え」繰り返す  リテラが削除したのは、24日午前に「林芳正文科相の性風俗通いを文春がスクープ! 前川前次官の出会...
»続きを読む
カテゴリー:

キッズウィーク、都道府県の6割が導入または導入検討 - 04月25日(水)12:45 

 夏休みなど長期休業日の一部を平日に移し、学校休業日に合わせて保護者の有給休暇取得を促進する「キッズウィーク」について、導入済みまたは導入予定の都道府県は59.6%にのぼることが、平成30年4月24日開催のキッズウイーク総合推進会議で明らかになった。 キッズウィークは、地域ごとに学校の夏休みなどの長期休業日を分散化することで、大人と子どもが一緒にまとまった休日を過ごす機会を創出しやすくするための取組み。平成30年度よりスタートする。学校休業日の分散化、有給休暇取得の促進、休日における多様な活動機会の確保の取組みを官民一体として推進するもの。平成29年7月5日に内閣総理大臣決裁を受け、キッズウィーク総合推進会議が平成29年7月18日(第1回)と平成30年4月24日(第2回)に開催された。 キッズウィーク導入に向け、政府は平成29年9月13日に学校教育法施行令の一部を改正し、家庭や地域における体験的な学習活動のための休業日として「体験的学習活動等休業日」を新設。大人と子どもが共に体験的な学習活動に参加するため、夏休みなど長期休業日の一部を学期中の授業日に移すことで学校休業日を分散化させるよう、教育委員会へ求めた。 4月24日開催のキッズウィーク総合推進会議で公表された「学校休業日の設定の工夫状況等に関する調査結果」によると、体験的学習活動等休業日を設定予定または検討中の都道府県教育委員...more
カテゴリー:

2019年度スタートの専門職大学、既存大学との違いや卒業後の進路は? - 04月25日(水)10:15 

 「専門職大学」「専門職短期大学」「専門職学科」(以下、専門職大学等)が2019年度(平成31年度)に創設される。大学制度に新たな区分が創設されるのは、1964年度の短期大学以来、実に55年ぶりとなる。 専門職大学等は、「大学制度の中に、実践的な職業教育に重点を置いた仕組みとして制度化するものであり、産業界との密接な連携により、専門職業人材の養成強化を図り、また、大学への進学を希望する方にとっても新たな選択肢が広がるもの」とされており、従来の大学同様の高校卒業後の学生をはじめ、社会人学生など多様な学生を積極的に受け入れるという。 新たな進路の選択肢となった「専門職大学」についてみていこう。専門職大学で学べる分野 文部科学省では、医学、歯学、6年制の薬学、獣医学の分野を除き、職業分野は限定されないが、観光、食と農業、IT・コンテンツなど人材の育成が強く望まれる成長分野などが中心になると想定している。 2019年度開設を目指し認可申請しているのは専門職大学13校、専門職短期大学3校。いずれも私立で、分野は工科、ファッション、保険医療、医療福祉、看護保険などで医療系が目立つ。認可がおり次第、文部科学省のWebサイトに公開される予定で、その時期は2019年夏頃とされているが、秋になるのではないかという見方もある。既存の大学との違い 既存の大学は、比較的、学問的色彩の強い教育が行われる傾向に...more
カテゴリー:

<尚絅学院大>学部を改組 来年度、「人文社会」「心理・教育」「健康栄養」の3学群設置 - 04月25日(水)08:52 

尚絅学院大(宮城県名取市)が2019年4月から現在の総合人間科学部6学科体制を見直し、3学群・5学類制とすることが24日、分かった。文部科学省に26日、設置認可を届け出る。現在の1〜3年生は改組以降も
カテゴリー:

保育園と幼稚園の違いって?ママが「保育園のプロに任せて良い」こと - 04月24日(火)21:30 

source:http://www.shutterstock.com/ 保育園や幼稚園にわが子が入園し、職場復帰を果たしたママはこれまでの育児がメインの生活から大きく環境が変わり、疲れがでてきている頃かもしれません。 育児も仕事を全て上手くやっていこうとがんばっているママもいるかと思いますが、保育園には保育のプロがいます。 ここはしっかり任せるべきこと、家庭でママがすべきことについて保育士でママである筆者がお話したいと思います。 ▼保育園と幼稚園の違いって? まずは、管轄の省庁と施設名称が異なります。 保育園:厚生労働省、児童福祉施設 幼稚園:文部科学省、学校 保育園は福祉施設ですから、家庭で保育することが難しいお子さんを預かり、家庭の代わりとなる役割を担います。また、0歳~5歳児までのお子さんを預かる保育園は、一つの大きな家族のように異年齢児との交流も盛んなところが多いようです。 一方幼稚園は、3歳~5歳児がメイン。クラス活動や保育後の活動が盛んなところも多く、お子さんが通うプレ小学校といったイメージでしょうか。 保育園・幼稚園問わず、一日の活動は、一斉に行う歌や製作などの時間が多いところから、自由に遊ぶ時間が多いところなど、その園によって多種多様です。 しかし、どちらも集団生活を楽しみながら子ども同士が育ちあう場であり、心と体の健やかな成長を助ける場であることに変わりはあ...more
カテゴリー:

【お詫び】リテラ、林文科相「風俗通い」誤報で謝罪 訂正繰り返すも...「不正確」認め削除 - 04月25日(水)14:52  newsplus

 ウェブメディア「LITERA(リテラ)」が2018年4月25日、週刊文春が「林芳正文科相の性風俗通いを報じる」という誤った記事を配信したとして謝罪し、問題の記事を削除したと発表した。  発表によれば、リテラ編集部は該当の文春記事を確認せずに、上記のような間違った情報を掲載した。記事で「性風俗店」としていたヨガ店についても、「店舗名などの具体的な情報」は入手していなかったという。 ■記事の「書き換え」繰り返す  リテラが削除したのは、24日午前に「林芳正文科相の性風俗通いを文春がスクープ! 前川前次官の出会...
»続きを読む
カテゴリー:

「公用車でヨガ」報道で林文科相が謝罪「国会緊迫の中で混乱」 - 04月25日(水)10:35 

林文部科学大臣は、公用車を使ってヨガのレッスンに通っていたなどと一部週刊誌で報じられたことについて記者団に対し、公用車の使用は文部科学省のルールにのっとったものだとしたうえで、国会が緊迫する中で混乱を招いたとして謝罪しました。
カテゴリー:

【前川・前文科次官】講演会は大盛況!前川喜平・前文科省事務次官曰く「日本会議は害虫の巣」だって - 04月25日(水)09:02  seijinewsplus

「申し訳ございません。もう満員札止めでございます。4時から並んだ方も大勢いらっしゃって、578人しか入れないもので……。用意したお詫びの紙もなくなっちゃって……」  まだ開場前、しかも雨だというのに、東京・杉並区の「セシオン杉並」には多くの人だかり。前売り券はなく先着順のため、“札止め”と言っているにもかかわらず、夜7時の開演に合わせて、会場に人が増え続ける。なかには「区職労」なんて幟まであって、メーデーの日比谷公園と見紛うよう。  何ごとかと思えば、文部科学省の前事務次官・前川喜平氏(63)の講演会であ...
»続きを読む
カテゴリー:

中学校側が「いじめではない」とシラを切り続けたLINE画像の衝撃 - 04月25日(水)04:45 

以前掲載の記事「いじめの『学校調査』に闇。被害者の依頼で探偵が突き止めた真犯人」が大反響を呼んだ、数々の「いじめ」問題を解決に導いている現役探偵の阿部泰尚(あべ・ひろたか)さん。自身のメルマガ『伝説の探偵』の最新号では、問題を解決する気がまったく感じられない教師や学校が関わっていたある「いじめ問題」について、生々しいLINE画像も公開しつつ、その解決までの道のりを紹介しています。 いじめ謝罪の会、反省文はいじめ解消の印ではない いじめには解消の定義がある (いじめ解消の定義)いじめが止まっている状態が3ヶ月間(目安)継続しており、被害者が心身の苦痛を感じていないこと。 この定義は、2016年に青森県の中学2年生の女子生徒がいじめを苦にして自殺をした事件がきっかけになり見直されたものだ。この女子生徒は、いじめの相談を受けて加害生徒らを注意した教員が、その注意した時点で「解消」したと判断したが、いじめはその後も継続しており、安易にいじめが解消したと判断しないようにという教訓から見直しとなった。 つまり、それまでは、「謝罪の会」など何らかの形を設け、「はい、終わり!」で、いじめは解消したと判断していたのだ。実際、2017年10月、文部科学省発表によれば、いじめの解消率はおよそ9割とされている(2016年度)。 前述のいじめ解消の定義の見直しは2017年1月のことだから、今後の解消率がど...more
カテゴリー:

教育関係者向け「プログラミング教育明日会議」全国開催 - 04月24日(火)20:15 

 みんなのコードは、教育関係者向けシンポジウム「プログラミング教育明日会議(明日会議)」を全国で開催している。参加費は無料。事前登録制となっており、公式Webサイトより申込みを受け付けている。 2020年4月に施行される「新学習指導要領」ではプログラミング教育が必修化され、プログラミング教育の経験のあるなしに関わらず、全国約40万人の教員が指導にあたる。みんなのコードが教員に実施した「プログラミング教育を授業で取り入れる際の障壁に関するヒアリング」によると、約半数が「地方自治体および学校全体の取組みに課題がある」と回答している。 みんなのコードは、プログラミング教育全体のレベルの底上げを目指し、関係者が一丸となって、その地域にあった「プログラミング教育のあるべき未来」を描く機会を提供するため「プログラミング教育明日会議」を2017年6月より開催している。これまでに延べ1,000人以上が参加しており、参加者からは「これからどのようなことが求められているのか、どんな活用ができるのかすごくわかりやすかった」「すべてが参考になった」などの感想が寄せられているという。 明日会議には、文部科学省情報教育振興室長の安彦広斉氏、Appleが認めた83歳の新米エンジニアでiOSアプリ「hinadan」の開発者である若宮正子氏、みんなのコード代表理事で文部科学省「小学校段階におけるプログラミング有識者...more
カテゴリー:

もっと見る

「部科学省」の画像

もっと見る

「部科学省」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる