「部科学省」とは?

関連ニュース

【奈良】小学校で北朝鮮弾道ミサイル想定した避難訓練 校長「子どもは宝」 - 10月18日(水)11:11  newsplus

北朝鮮のミサイル問題が連日報道される中、ミサイルの飛来に備えた防災訓練が全国各地の自治体で相次いでおり、学校でも児童らが訓練を行う様子がたびたび伝えられている。実際に訓練はどのように行われているのだろうか。今月、訓練を行った奈良市内の小学校の様子をのぞいてみた。 アラートからミサイル通過までたった4分 人はなぜすぐに行動できないか ■「北朝鮮による弾道ミサイル発射に係る対応」通知を受け実施 児童らは真剣な表情で訓練に臨んでいた 奈良市の「帝塚山小学校」では今月12日、この北朝鮮ミサイル発射に...
»続きを読む
カテゴリー:

ママ友トラブルで離婚の危機!? カギを握る「ボスママ」攻略法とは - 10月17日(火)22:30 

出典:https://www.shutterstock.com  “ママ友トラブル”、最近良く耳にしますね。 ママ友と聞けば“トラブル”というキーワードが紐付いてくるようなイメージもあるのではないでしょうか。 実はママ友トラブルの体験数としては意外と少ないようでして(※1)、数よりダメージの深刻さが本当の問題に思えます。 そこで今日は,臨床心理士として相談に応じている筆者が、ママ友トラブルの実態と対処法について経験をもとにご紹介したいと思います。 学校での「いじめの認知件数」は約12%、ママ友トラブルは…? 首都圏のママ友トラブル実態調査では実際にママ友トラブルを体験した人は17.5%でした(※1)。 この数字は少ないように見えます。 ちなみに学校でのいじめの認知件数は約12%(※2)(※3)です。 いじめを体験する生徒は実は少ないです。ただ精神を病む・自殺に追い込まれるなど、そのダメージの深さはよく知られていますよね。 ママ友トラブルも数より,その“ダメージの深さ”で考えなければなりません。 ママ友トラブルで「引っ越し,精神疾患,離婚危機」も! 出典:https://www.shutterstock.com  ママ友トラブルで最も怖いのは、えげつない攻撃がネチネチと繰り返されることです。 子どもが仲間はずれやイジメの対象になることもあります。ママが毎日のように集団マウンテ...more
カテゴリー:

教育困難大学に「不本意入学」した学生の実態 「授業に出ない」ことを認めた教員の考えは? | 学校・受験 | 東洋経済オンライン - 10月17日(火)08:00 

9月末、文部科学省は、東京23区内の大学・短大の定員を抑制する告示をした。2018年度には定員増を認めず、…
カテゴリー:

【小学校進学】公立コース「教育費の賢い貯め方」をFPが伝授! - 10月16日(月)22:00 

出典:https://www.shutterstock.com 2017年もいよいよ後半。学校そしてご家庭の双方で来年度の入学準備が進む時期になりました。 「うちの子もいよいよ小学生になるんだなぁ」という実感が生まれてきたのではないでしょうか? 子どもが学校へ通い出すと気になってくるのが「将来、どれくらい教育費がかかるのか?」ということ。 そこで今回の記事では、公立小学校に通う子ども向けに、調査データを元に今後の教育費をどのように貯めていくかなどをまとめてご紹介します。 小学校公立「低学年の学費」ってどれくらいかかる? 文部科学省の調査によると、公立小学校の学校外学習費を含めた総費用の平均は、321,708円(平成26年度)です。 過去記事『【FPが回答】世帯年収700万で「私立小学校受験」は現実的ですか?』で書かせていただきましたが、私立小学校は年間約154万円であることを考えると、抑えられた金額といえます。 小学校低学年に絞り、もう少し調査データを詳しく見てみましょう。 公立小学校の第1学年時の学習費総額は356,808円/年。 つづく第2学年では、243,844円/年。 第3学年では277,179円/年という結果に。 ランドセルや副教材費など入学初年度の臨時支出はあるものの、公立小学校進学の場合、月にならすと毎月2万円強というところでしょうか。 保育園や幼稚園でかかっていた...more
カテゴリー:

JAXA、次世代を担う若者を対象とした「Y-ISEF」参加者募集 - 10月16日(月)17:15 

 内閣府と文部科学省、経済産業省、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2018年3月3日に東京都内で開催される第2回国際宇宙探査フォーラム(ISEF2)に合わせて、次世代を担う若者を対象としたサイドイベント「Y-ISEF」を東京都内で開催する。18歳~35歳の参加者を募集している。 ISEF2サイドイベントは、宇宙探査に関する国民の認知度向上、宇宙産業の裾野の拡大、若手の人材育成を目的に開催する。サイドイベントは、若手(Young)をターゲットとする「Y-ISEF」と、産業界(Industry)を対象とする「I-ISEF」で構成される。 若手向け「Y-ISEF」は、国内外の18歳以上35歳程度までの学生や多様な分野で活躍するヤングプロフェッショナル約80名を幅広く募り、世界をリードする起業家や政策決定者などと今後の宇宙探査について議論し交流する場を提供する。2018年2月28日に宇宙関連施設へのツアー、3月1日に参加者によるワークショップ(アイデアソン)、3月3日にキャリア形成に関するメンタリング(相談会、希望者のみ)を実施する。 3月1日実施の「アイデアソン」は、2017年12月より各8~10名のチームを編成し、オンラインで準備を進める。当日(2月28日~3月1日)は、産業界・宇宙分野のリーダーなどからの講演に続けて、事前設定されたテーマに関するチームごとのブレーンストーミングを...more
カテゴリー:

「プロジェクトを停止して今すぐ帰りなさい」残業を撲滅した経営の決断 | 小室淑恵「働き方の賢者」に聞く~ワークスタイル改革の最新潮流 | ダイヤモンド・オンライン - 10月18日(水)08:05 

「プロジェクトを停止して今すぐ帰りなさい」残業を撲滅した経営の決断 | 小室淑恵「働き方の賢者」に聞く~ワークスタイル改革の最新潮流 | ダイヤモンド・オンラインワーク・ライフバランスコンサルティングを900社以上に提供し、労働時間の削減や有給取得率の向上だけでなく、業績の向上、社員満足度の向上、自己研鑽の増加、企業内出生率の向上を実現。長時間労働体質の企業を生産性の高い組織に改革する手腕に定評がある。安倍内閣 産業競争力会議民間議員、経済産業省 産業構造審議会、文部科学省 中央教育審議会などの委員を歴任。著書は 『労働時間革命』 (毎日新聞出版)、 『6...
カテゴリー:

【大学受験2018】H30年度私大医学部の入学定員9,419名、うち地域枠は316名 - 10月17日(火)13:15 

 文部科学省は10月16日、平成30年度(2018年度)からの私立大学医学部の収容定員の増加に係る学則変更認可申請一覧を公表した。平成30年度の医学部入学定員は9,419名、そのうち地域枠による定員は49大学316名。研究医枠と歯学部振替枠の増員はない。 平成30年度の医学部入学定員は9,414名と、平成29年度の9,420人より1名減少。学則変更認可の申請を行ったのは、岩手医科大学、自治医科大学、埼玉医科大学、順天堂大学、日本医科大学、関西医科大学、兵庫医科大学の私立大学7校。平成29年度からの実質的な増加は12名で、地域枠による定員増316名の中に含まれる。 医学部の入学定員については、昭和57年と平成9年の閣議決定により7,625名まで抑制されてきたが、平成18年の「新医師確保総合対策」で医師不足が深刻な10県で各10名、平成19年の「緊急医師確保対策」により全都道府県について原則各5名の入学定員を増員。以降も「経済財政改革の基本方針2008」や「地域の医師確保の観点からの定員増(地域枠)」「研究医養成のための定員増(研究医枠)」「歯学部入学定員の削減を行う大学の特例による定員増(歯学部振替枠)」を実施してきた。平成19年度から平成30年度までに、臨時定員1,010名および恒久定員544名(新設による増員を除く)の計1,554名の増員が行われてきた。 そのうち、「医師確保総合...more
カテゴリー:

来年度、医学部定員9419人 地域枠316人 - 10月17日(火)05:00 

 文部科学省は16日、2018年度の国公私立大81校の医学部入学総定員を、17年度より1人少ない9419人とする計画を公表した。
カテゴリー:

【朝日新聞】安倍首相 説明になっていない 説得力ある答えはない 「丁寧な説明」はまだない - 10月16日(月)18:16  seijinewsplus

http://www.asahi.com/articles/DA3S13175627.html?ref=editorial_backnumber [PR]  安倍政権の5年が問われる衆院選である。  安全保障関連法やアベノミクス、原発政策など大事な政策論議の前にまず、指摘しておかねばならないことがある。  森友学園・加計学園をめぐる首相の説明責任のあり方だ。  首相やその妻に近い人が優遇されたのではないか。行政は公平・公正に運営されているか。  一連の問題は、政権の姿勢を問う重要な争点である。  党首討論やインタビューで「森友・加計隠し解散だ」と批判されるたび...
»続きを読む
カテゴリー:

めざせ日本一の給食、第12回「全国学校給食甲子園」12/3決勝大会生放送 - 10月16日(月)13:15 

 21世紀構想研究会は12月2日と3日、東京の女子栄養大学駒込キャンパスで「第12回全国学校給食甲子園」の決勝大会を開催する。10月16日には、全国から応募があった2,025献立から6ブロック12代表が選出された。決勝大会のようすは、大会当日に全国学校給食甲子園Webサイト内で生放送予定。 ブロックは「北海道・東北」「関東」「甲信越・北陸」「中部・近畿」「中国・四国」「九州・沖縄」の6つ。第1次審査で47都道府県から146件、第2次審査で47都道府県・146件から59件を選定。続く第3次審査では、47都道府県を6ブロックに分け、その中から各ブロック4件を選定し、合計24件を選定した。さらに第4次審査で選ばれた12代表は今後、東京の決勝大会へ進む。 「全国学校給食甲子園」は、「食育」の重要な役割を担う学校給食の充実を図り、学校給食への理解を深めるきっかけとするために開催される全国的な大会。出場をきっかけに、献立内容の工夫や地場産物の生かし方、調理技術や衛生管理の改善向上のほか、調理員のチームワークや士気向上を促進し、おいしい学校給食の実現に貢献するねらい。 応募者は、地場産物を生かした「我が校の自慢料理」をテーマに、決勝大会実施日までに学校給食として提供したことのある献立を応募する。献立は文部科学省学校給食摂取基準や栄養量、分量、調理過程・衛生管理などの基準のほか、大会ルールに基づい...more
カテゴリー:

もっと見る

「部科学省」の画像

もっと見る

「部科学省」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる