「那覇市」とは?

関連ニュース

那覇空港:全日空機、飛行中に煙?緊急着陸 乗客1人搬送 - 12月16日(土)00:08 

 15日午後9時40分ごろ、成田発バンコク行きの全日空805便が、飛行中に操縦席や客室で煙のようなものが出たとして那覇空港(那覇市)に緊急着陸した。那覇市消防局によると、乗客の60代女性1人が目の痛みを訴え病院に搬送された。
カテゴリー:

沖縄戦戦没者で国へ要望 慰霊塔保管の遺骨も鑑定を - 12月15日(金)18:05 

沖縄戦で亡くなった戦没者の遺骨を収集する市民団体「ガマフヤー」(那覇市)は15日、遺骨収集事業を担当する厚生労働省...
カテゴリー:

「ゆうなんぎい」のラフテーは、郷土料理の本当の意味を教えてくれた。 - 12月15日(金)16:59 

「本格的な郷土料理が食べたいなぁ」。沖縄入りする前、ぼくはそんなことをぼんやり考えていました。それは、いま思うと恥ずかしいくらい言葉通りの“ぼんやり”で、そこに知識もなければ、特別な想いもなく…。ゴーヤーチャンプル、ナーベーラー、ミミガー。なんとなく耳慣れない言葉がついている食事にさえありつければ、それが「=沖縄料理を食べたこと」になると思い込んでいたんです。でもそれは大きな間違いだった、というお話です。昔は「こんな料理でお金とるの?」って言われました「沖縄の郷土料理と言っても、そもそもはそれぞれのお家の家庭料理ですからね。味付けも違えば、仕込みも違う。うちのラフテーなんて、自家製の味噌で味付けをしていますから、沖縄でも珍しいと思いますよ」「ゆうなんぎい」のお母さん、辻野愛子さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味噌味は新鮮だったけど、これが最高にうまい。国際通りから少し入ったところにある「ゆうなんぎい」は、地元客も観光客も溢れる人気店。トリップアドバイザーの影響もあって、今では外国人も多く、時間帯によっては行列を覚悟する必要あり。ただ、ここでスルーしてほしくないのは「地元客も多い」ということ。もちろん立地の良さやお店の雰囲気、そして何より“おいしい&rdqu...more
カテゴリー:

フルーツとサンドのお店 La cuncina(ラ・クンチーナ) 那覇市樋川 - 12月15日(金)11:00 

 那覇市樋川の農連市場を継承する施設として、10月にオープンしたのうれんプラザ。飲食店も充実するこの施設の1階に「フルーツとサンドのお店 La cuncina(ラ・クンチーナ)」があります。  店名は、方言で根気やスタミナを意味する”くんち“と、イタリア語で?料理“や?台所“をさす?クッチーナ“をかけ合わせた...
カテゴリー:

「もし当たったら」=児童登校、保護者ら憤り-米軍ヘリ窓枠落下・沖縄 - 12月14日(木)11:46 

 沖縄県の宜野湾市立普天間第二小学校の校庭に、米海兵隊のCH53E大型輸送ヘリの窓枠が落下した事故から一夜明けた14日、同校は通常通り始業し、児童らが登校した。相次ぐ米軍機の事故に、保護者からは不安と憤りの声が上がった。 同校は米軍普天間飛行場に隣接し、複数のPTA関係者が登校を見守った。6年と3年の子どもを持つ女性(36)は「事故が続き、改善されていない」と嘆いた。落下事故が起きた13日、帰宅した子どもたちは「驚いた。怖い」と話していたという。女性は「基地移設を進めてほしい。県外が一番の希望」と訴えた。 同じ敷地にある普天間第二幼稚園に6歳の娘を通わせる与儀明日香さん(29)は「人に当たったら取り返しがつかない。事故は起こさないでほしい」と不安そうに話した。 自身と子ども3人が同校の卒業生という男性(52)は「なぜ立て続けに被害を起こすのか」。男性によると、米軍機の騒音のため卒業式などが一時中断することもあったという。「今まで起きなかったのは奇跡。必然的に起こった事故だ」と怒りを込めた。 「また起きたか」と話すのは、6年の娘がいる男性(43)。男性が通っていた当時から、同校の騒音被害は深刻だったという。「米軍は飛行機を飛ばさないでほしい」と語った。 普天間飛行場には、落下したとみられる窓枠部分をシートで覆ったCH53Eが駐機し、点検する米兵らの姿が確認された。 同飛行場からは14...more
カテゴリー:

在日米軍司令部:日本駐留全軍人の飲酒制限を解除 - 12月15日(金)19:42 

 在日米軍司令部は15日、那覇市で11月に米海兵隊員が起こした飲酒死亡事故を受け、日本に駐留する全米軍人に出していた飲酒の制限を解除したことを明らかにした。飲酒に関する全軍人への研修を終えたためとしている。解除は13日付。事故前から続いている午前0~5時の自宅を除く基地外での飲酒制限は継続する。
カテゴリー:

【沖縄】米軍、飲酒制限を緩和 基地外の店も可能に 沖縄の死亡事故受けた規制、段階的に解除 - 12月15日(金)17:24  newsplus

 在日米軍は14日までに、兵士らを対象に出していた飲酒制限と外出制限を緩和した。外出禁止時間を午前1~5時だけとし、飲酒は午前0~5時の基地外での飲酒だけを禁止とした。基地内外の住居では24時間飲酒が可能となり、基地外の店での飲酒も深夜を除きできるようになった。  13日の正午に緩和した。米空軍嘉手納基地のフェイスブックで周知している。このほか米軍準機関紙「星条旗新聞」などが報じた。  在日米軍は、11月に沖縄県那覇市で海兵隊員が飲酒運転をして死亡事故を起こしたことを受けて外出禁止、飲酒禁止...
»続きを読む
カテゴリー:

沖縄産の笑い追求 WUB沖縄定例会、山城氏が講演 - 12月15日(金)11:59 

 WUB沖縄(上江洲仁吉会長)の定例会が14日、那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューであり、舞台「お笑い米軍基地」などで知られる芸能事務所・FECオフィス社長の山城智二氏が「私とお笑いと沖縄」をテーマに講演した。  山城氏は2017年の年頭にテレビ出演し「チンダミするよ」のフレー...
カテゴリー:

【沖縄】米軍ヘリ窓落下 「次は何が落ちてくるのか…」悲痛な訴え - 12月15日(金)00:05  newsplus

沖縄の空から爆音は消えなかった。沖縄県宜野湾市の市立普天間第二小学校の校庭に米軍ヘリの窓が落下した事故から一夜明けた14日、米軍は同小に隣接する普天間飛行場で米軍機の飛行を再開させた。同小の上空でもオスプレイなどの米軍機が飛び交い、学校関係者や住民からは「安心して暮らせない」と悲痛な訴えが漏れた。  同小では昼過ぎ、福田達夫防衛政務官が現場となった校庭を視察した。視察中も周囲では米軍機が爆音とともに飛び交った。喜屋武(きゃん)悦子校長と福田政務官との面談は非公開だったが、宜野湾市教育委員会によ...
»続きを読む
カテゴリー:

「自衛隊のイベントに地元中学生が参加するのは問題だ」 沖縄・陸自「音楽まつり」中学吹奏楽部 村教委が「民意」汲んで参加認めず★2 - 12月14日(木)08:11  newsplus

2017.12.13 20:41更新 沖縄・陸自第15旅団「音楽まつり」への出演が急遽中止に、読谷中学吹奏楽部 村教委が「民意」汲んで参加認めず http://www.sankei.com/life/news/171213/lif1712130056-n1.html 16日に開催される陸上自衛隊第15旅団の「旅団音楽まつり」を告知するポスター。ゲスト出演する読谷中楽吹奏楽部も紹介されていた  陸上自衛隊第15旅団(那覇市)が16日に沖縄県読谷村で開催する「旅団音楽まつり」で予定されていた 沖縄県読谷(よみたん)村立読谷中学校吹奏楽部の出演が、 村教育委員会の判断...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「那覇市」の画像

もっと見る

「那覇市」の動画

Wikipedia

総領事館

  • 在那覇アメリカ合衆国総領事館 (所在地は浦添市
  • 台北駐日経済文化代表処那覇分処
軍事施設 専用施設 姉妹都市・友好都市

日本国内に2都市、国外に3都市との姉妹・友好都市をそれぞれ締結している 。

日本国内 日本国外

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる