「選挙権」とは?

関連ニュース

若者の1票(4)「意見が反映される町へ」式町文伽さん(18) - 03月24日(金)10:25 

昨年夏の参院選は、選挙権を持ちながら急な用事で1票を投じられなかった。残念とは思ったが、投票した友達に聞くと、国政選挙は若い有権者と候補者の距離がありすぎて、「誰を選ぶべきか判断が難しかった」と聞いた。 市長選は身近に感じる選挙。政策をよく理解して若い有権者として勇気をもって投票したい。市長選のあと、就職のため愛知県に住む。遠くに住んでいても、テレビやネットでふるさとの元気な姿を見られたら、...
in English
カテゴリー:

致遠館高で主権者教育 投票の大切さ学ぶ - 03月22日(水)10:08 

■「賛成」「反対」分かれ意見発表 佐賀新聞社は21日、佐賀市の致遠館高校で主権者教育の出前授業を開いた。1、2年生が18歳選挙権や社会問題を「賛成」「反対」に分かれて意見を発表し、投票することの大切さを学んだ。 体育館に1、2年の480人が集まった。「選挙権を持つ18歳は大人と思うか」には半数以上が「思わない」と回答。2年男子は「酒やたばこが禁止だから思わない」と意見を述べた。一方、2年女子...
in English
カテゴリー:

中国の大学で思想統制が強化 中央規律検査委の調査も - 03月20日(月)07:00 

 中国政府は今後、全国各地の大学で、習近平国家主席の個人崇拝を強化する方針を決定した。中国共産党の路線の実行や党紀の整頓、党員の腐敗などを監督する党中央規律検査委員会が、中国各地の主要大学を調査することが明らかになった。  思想統制の目的で、規律検査委が大学を調査対象にするのは異例。秋の党大会をにらんで、習氏の権威強化を図る狙いがあるが、大学内部では強い反発や抵抗が起きており、米国の大学当局が思想統制を嫌って、米国人学生の中国留学を中止するという動きも出ている。  中国共産党機関紙「人民日報」によると、王岐山・党中央規律検査委書記が同委の会議で、各大学の調査について、習氏の重要指示を伝達し、「党の指導を堅持し、党の建設を強化し、習近平同志を核心とする党中央の権威を守ることが最も重要な政治原則である」と強調。  そのうえで、王氏は「巡視は、対象の党委、党組が『四つの意識』をしっかりと樹立しているかどうか、終始中央の政治・中央の大局を考えているかどうか、自覚的に党の路線・方針・政策を貫徹、実現しているかどうか、そして党中央の権威と集中的で統一的な領導を守っているかどうかを重点的に検査しなければならない」と指摘した。  検査の内容については、具体的には、習近平指導部が2013年春、各地の大学の党委員会に対して徹底視するよう命じた「七不講(チーブジャン)」に基づいている。  七不講とは「七...more
in English
カテゴリー:

「投票の代筆者限定は違憲」=脳性まひの男性提訴-大阪地裁 - 03月16日(木)18:03 

 投票の補助者を公務員に限定した公選法の規定は憲法違反だとして、先天性の脳性まひで文字が書きにくい大阪府豊中市の中田泰博さん(44)が16日、希望する補助者による代筆投票を認めることと慰謝料など110万円を国に求める訴訟を大阪地裁に起こした。 訴状によると、中田さんは昨年7月の参院選投票日に、大川一夫弁護士やヘルパーと一緒に投票所を訪れ、2人のいずれかによる代筆投票を求めた。豊中市選挙管理委員会は、公選法の「投票所事務の従事者に投票用紙に記載させる」との規定を根拠に認めなかった。 補助者を公務員の投票所事務従事者に限定する規定は、成年被後見人に選挙権を付与した2013年の改正で設けられた。中田さん側は、改正前はヘルパーが代筆していたと指摘。補助者を自分で選べなければ憲法が保障した秘密投票とは言えず、障害を理由にした差別を禁じた障害者差別解消法にも違反すると主張している。 大川弁護士によると、この規定の合憲性を争う訴訟は初めて。中田さんは記者会見で「裁判は私の投票権を回復するためだが、障害者全体の投票の平等を確保するためでもある」と訴えた。 総務省選挙課の話 訴訟に関わるものであり、コメントは差し控えたい。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

安倍昭恵、文科省に圧力 「私人」に疑問符 - 03月14日(火)17:00 

 森友学園問題をめぐり、安倍昭恵総理夫人(54)に注目が集まっている。今月1日の予算委員会では、安倍総理から「妻は私人」「犯罪者扱いするのは不愉快」との発言も飛び出したが、以下の振る舞いをもってしても「私人」と言い張ることができるのか――。  *** 「全国高校生未来会議」なるイベントが衆院第一議員会館、そして総理公邸で行われたのは昨年3月のことだった。18歳選挙権の実施を前に模擬投票などを行う趣旨の催しだが、文部科学省と総務省が後援、優秀者には総務大臣・地方創生担当大臣、そして内閣総理大臣の各賞が贈られるという大盤振る舞いだ。  これほどの規模でイベントを行うことができた背景には、主催する一般社団法人「リビジョン」と昭恵夫人との密接な関係があった。 「安倍昭恵さんから、未来会議をバックアップしてほしいという打診があったのです」  と語るのは文科省の関係者である。昭恵夫人からは“文部科学大臣賞”を出してほしいとの要請があり、大臣賞までは出さなかったが、後援することに。 「実績に乏しい団体が主催するイベントを後援していいのかと、省内で議論になったのは事実です」  前出の大臣賞についても、“昭恵夫人からの要望で認められた”と別の関係者は明かす。  どこの世界に、賞を出してくれるようにと大臣に直接掛け合うことができる「私人」がいるというのだろうか――。今月27日と28日には「未来会議」...more
in English
カテゴリー:

割ったりつぶしたり、叫んだり 「うさばらし」イベント - 03月22日(水)14:30 

 何かとストレスの多い世の中。「上手にストレス解消を」なんていう言葉もよく目に耳にするけれど、それが簡単にできる世の中じゃないから、ストレスがたまるんだよね…。抱えているストレスの原因や種類は人それぞれだけれど、それらをいろいろな形で解消してもらおうと、テレビ愛知はストレス解消イベント「うさばらし」を名古屋PARCO西館8階パルコギャラリーで4月8日(土)から5月7日(日)まで開催する。 「皿割りコーナー」では、歪みや欠損のある廃棄物を破壊。リサイクル目的だから罪悪感を感じなくて大丈夫。「ボール投げコーナー」では、当たっても痛くないプラスチックボールのプールに入り、玉まみれになったり、投げたり。自由に遊ぶ中で童心に返れそうだ。ストレス解消の定番といえば、包装などに使われる緩衝材、通称「ぷちぷち」。ぷちぷち大好きな人は壁面全てがぷちぷちの「ぷちぷちウォール」で、無心につぶし作業をしよう。ストレス解消にはやっぱり叫ぶのが一番!という人は、防音の個室内で絶叫しよう。騒音レベルが記録され、ランキングも表示される。ほかにも様々な角度からストレスを発散するコンテンツが用意されている。10:00~21:00(最終日は20:00まで)、入場は閉場の30分前まで。当日券800円、前売券700円(ともに税込み)、3歳未満は入場無料。「うさばらし」詳細URL: http://tv-aichi.co.jp...more
in English
カテゴリー:

投票の大切さカードに 22日、小城、牛津高生へ配布 - 03月21日(火)08:29 

「投票は難しい?実は、出かけるついでにできちゃうよ!」「選挙権は選挙ごとに1回、一生使えます」-。小城市選挙管理委員会と市明るい選挙推進協議会(明推協)は、26日投開票の市長選の機会を捉え、市選管職員が考案した選挙権の大切さを訴えるメッセージカードを小城高と牛津高の1、2年生に配る。 メッセージカードは約10種類。蛍光ペンセットの透明なケースに差し込んでいる。「机の上に文具品を置いてもメッセ...
in English
カテゴリー:

さんま、東国原に「3年前の再々婚」を明かされア然 - 03月18日(土)07:05 

 3月14日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、タレントで元衆議院議員の東国原英夫(59)が出演。三度目の結婚をしていたことを告白し、明石家さんま(61)、オアシズの大久保佳代子(45)らを驚かせる場面が見られた。  この日、“なかなか他人には理解されない悩み”について、大久保が友人のいとうあさこ(46)の気遣いにイライラするとし、一緒に歩いていても道の段差に気をつけるよういちいち注意してくると苦情を述べた。すると東国原は「大切にしといたほうがいいよ~、そういう友達は。独身でしょ? ずっと」と大久保に忠告すると、これを聞いた大久保は「びっくりした。シンプルになんで?」と、東国原の突然の発言にイラッとした様子を見せていた。  ここでさんまが東国原に「言うな、そんなこと!」とツッコんで、「おまえも一人か? このまま」と聞くと、東国原は「いや僕、結婚してるんですよ」と答えた。この東国原の突然のカミングアウトにさんまは「誰と? いつ?」と真顔で聞き返し、驚きを隠せなかった。さらに「なんで言わへんかった、俺に?」と問い詰めると、東国原は「これといって発表してないんですよ。初めてメジャーな番組で言われたんで、僕は別に否定する必要はないんで」と、これまで結婚したことを公には発表していなかったと説明。これにさんまも「そう、結婚したんだ! どうする? カットしとく?」と、東国原を気遣っ...more
in English
カテゴリー:

佐野元春、35周年アニバーサリーライヴがCD化! 5月にリリース決定 - 03月15日(水)14:00 

2016年3月26日と27日の二夜にわたり東京国際フォーラムで開催された佐野元春の35周年アニバーサリーツアー最終公演がCD化。『佐野元春 & THE COYOTE GRAND ROCKESTRA』として5月31日にリリースされることがわかった。【その他の画像】佐野元春35周年のアニバーサリー公演となったこのライヴ。サポートメンバーにはこれまで佐野を支えてきた80年代のTHE HEARTLAND、90年代のTHE HOBO KING BAND、00年代のTHE COYOTE BANDからの選抜ミュージシャン9人が集結した。 ツアーは2015年12月に京都でスタートし、全国11ヶ所12公演を実施。25000人を動員したツアーの最終公演の歴史的ライヴ音源をライヴアルバム用にミックス&リマスタリングし、2枚組CDとしてリリースする。 DISC Oneには、佐野元春&ザ・コヨーテ・バンドによる最新レパートリーを集めた10曲を収録。DISC Twoには、これまでの代表的なヒットナンバーを集めた佐野元春クラシックスが収められるなど、80年代の代表的なヒットナンバーはもちろん、90年代から最新作『Blood Moon』まで、各時代を彩る厳選された楽曲を連ねたベスト・セレクション構成となっている。なお、SHM-CD、デジパック仕様(3面式)の生産限定盤となっているので、早めに予約しよう。■ア...more
in English
カテゴリー:

16年参院選:不在者投票、学生1773人できず - 03月13日(月)11:15 

 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられた昨夏の参院選で、進学先に転居後も住民票を移さずにいた72市町村の学生と生徒計1773人が不在者投票を認められなかったことが毎日新聞の調査で分かった。総務省は「住民票を移して転居先で投票するのが原則」との立場だが、「居住実態の確認は不可能」として容認する自治体の方が多い。若者の投票率の低さが問題化する中、専門家からは総務省の見解を疑問視する声が上がっている。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「選挙権」の画像

もっと見る

「選挙権」の動画

Wikipedia

選挙権(せんきょけん)とは参政権のうちの1つであり、選挙人の資格すなわち選挙に参加できる資格もしくは地位を指す。これは選挙において投票する権利(投票権)のみならず、選挙人名簿への登録や選挙の公示を受ける権利などを含み、広義では被選挙権(選挙の候補者となる権利)を含める場合がある。また、選挙における議員定数に著しい不均衡が生じた場合に、選挙人がその是正のための立法措置を求める権利も含まれるとされている。

選挙権の本質

今日では国民主権の原則から、国民は主権者としての主権行使の一環として選挙に参加できるとする選挙権権利説(せんきょけんけんりせつ)が有力であるが、古くは選挙人団(選挙人の集団)の一員としての公務の一環として選挙に参加する選挙権公務説(せんきょけんこうむせつ)も有力であった。

前者の解釈をとった場合には全ての国民は主権者としてそれぞれが平等の権利を有するために普通選挙が原則となるが、後者の解釈をとった場合には公務を執行するにふさわしいと認定された者にのみ選挙権の付与を限定してもよいとする...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる