「選挙権」とは?

関連ニュース

【ま◯こ】日ころ→都ファ→自由党の鈴木ま◯こ「全ての公務員に選挙権は与えない!」 - 12月16日(土)06:59  news

‪自由党・鈴木まりこ「全ての公務員(特に自衛隊)に選挙権は与えない!」基本的人権を無視した無知蒙昧 http://ksl-live.com/blog12680‬ 自由党の鈴木麻里子(京都府第5総支部長)がとんでもない暴言をツイッターに投稿している。 なんと、すべての公務員から選挙権をはく奪するのが自分の政策だと主張し、基本的人権を無視しているのだ。 鈴木麻里子氏は昨年の参院選では保守政党「日本のこころ」から公認を受けて出馬したが落選、 しかし参院選直後の都知事選では党の方針に反し小池百合子氏の支持を...
»続きを読む
カテゴリー:

各所から絶賛の声! 20年間追ってきた「独立候補たちの選挙記録」ーー黙殺され続けた戦いの裏側とは - 12月12日(火)06:00 

日本の民主主義の根幹をなす「選挙」。建前では、すべての立候補者は法の下に平等に扱われることになっている。しかし、現実はそうではない。マスメディアは大政党の支援を受ける「主要候補」のみを大きく扱い、「それ以外の候補」は“黙殺”する。 『黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い』の著者である、フリーランスライターの畠山理仁(はたけやま・みちよし)氏は、“黙殺”された彼らを「無頼系独立候補」と敬い、彼らがひたむきに選挙に挑む姿を追うとともに、日本の民主主義のあり方に疑問を抱き続けてきた。 * * * ―いつ頃から無頼系独立候補の取材を始められたのですか。 畠山 20年前くらいからですね。当時、私は記者として『週刊プレイボーイ』のニュースページに携わっていました。その際、ネタ探しで新聞を読むのですが、そこには全国で行なわれる選挙の情報が載っていまして、その立候補者欄に「43歳無職」とか「革命家」など不思議な経歴の方がいることに気づいたんです。その頃、ちょうど大川興業の大川豊さんが政治をテーマにした連載をされていて、大川さんも彼らのことを「インディーズ候補」と呼んで取り上げていました。そこで、大川さんと一緒に取材を始めることになったんです。 取材を重ねていく...more
カテゴリー:

自由党・鈴木まりこ「全ての公務員(特に自衛隊)に選挙権は与えない!」 基本的人権を無視 炎上、支持者からも総スカン - 12月15日(金)18:21  seijinewsplus

http://ksl-live.com/blog12680 自由党の鈴木麻里子(京都府第5総支部長)がとんでもない暴言をツイッターに投稿している。なんと、すべての公務員から選挙権をはく奪するのが自分の政策だと主張し、基本的人権を無視しているのだ。 自由党・鈴木まりこ「全ての公務員(特に自衛隊)に選挙権は与えない!」基本的人権を無視した無知蒙昧 鈴木まりこツイッター 鈴木麻里子氏は昨年の参院選では保守政党「日本のこころ」から公認を受けて出馬したが落選、しかし参院選直後の都知事選では党の方針に反し小池百合子氏の支持を表明...
»続きを読む
カテゴリー:

【自民党神谷議員/公選法違反疑い】自民・神谷議員側、14市議へ現金配る 衆院選前 - 11月24日(金)07:49  seijinewsplus

自民・神谷議員側、14市議へ現金配る 衆院選前 2017年11月24日5時0分 http://www.asahi.com/sp/articles/ASKCQ7L3GKCQPTIL029.html  自民党の神谷(かみたに)昇衆院議員(68)=比例近畿ブロック=側が、衆院の解散が決まった直後の9月末ごろ、自らの選挙区内にある大阪府和泉(いずみ)市と岸和田市の市議計14人に、現金計約200万円を配っていたことがわかった。神谷氏は朝日新聞の取材に、趣旨は「政治活動費」で、自民党の市議へ20万円、その他の市議に10万円を渡したと認めた。公職選挙法違反(買収申し込み)...
»続きを読む
カテゴリー:

「選挙権」の画像

もっと見る

「選挙権」の動画

Wikipedia

選挙権(せんきょけん)とは参政権のうちの1つであり、選挙人の資格すなわち選挙に参加できる資格もしくは地位を指す。 これは選挙において投票する権利(投票権)のみならず、選挙人名簿への登録や選挙の公示を受ける権利などを含み、広義では被選挙権(選挙の候補者となる権利)を含める場合がある。また、選挙における議員定数に著しい不均衡が生じた場合に、選挙人がその是正のための立法措置を求める権利も含まれるとされている。

選挙権の本質

今日では国民主権の原則から、国民は主権者としての主権行使の一環として選挙に参加できるとする選挙権権利説(せんきょけんけんりせつ)が有力であるが、古くは選挙人団(選挙人の集団)の一員としての公務の一環として選挙に参加する選挙権公務説(せんきょけんこうむせつ)も有力であった。

前者の解釈をとった場合には全ての国民は主権者としてそれぞれが平等の権利を有するために普通選挙が原則となるが、後者の解釈をとった場合には公務を執行するにふさわしいと認定された者にのみ選挙権の付与を限定してもよいとする...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる