「選挙戦」とは?

関連ニュース

<衆院選宮城>希望の風に見切り 3、4区新人に危機感 - 10月20日(金)06:05 

「もう風は頼れない」。報道各社の衆院選情勢分析で希望の党の伸び悩みが伝えられ、宮城3、4区の公認2新人が危機感を強めている。両区とも自民党前議員に希望、共産党の新人が挑む構図。選挙戦終盤に向けて風に乗
カテゴリー:

衆議院選挙 ここまでの選挙戦を振り返って 10/20 2:51更新 - 10月20日(金)02:51 

衆議院選挙の投票日まで残すところ2日。突然の衆議院解散から新党立ち上げ、野党第1党の分裂などめまぐるしく変わった情勢と争点が定まらない選挙戦。日本大学の岩渕教授と共にこれまでの動きを振り返り、有権者は何をもとに投票先を選択すべきかを考える。
カテゴリー:

【話題】<長谷川豊元アナまた炎上!>「道交法違反で警察から呼び出し」を直撃すると…★2 - 10月19日(木)18:19  mnewsplus

衆院選千葉1区から日本維新の会の公認として選挙戦に臨んでいるのが元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏(42)だ。テレビ番組の司会で人気となった一方、「舌禍」でも知られる長谷川氏だが、今度は選挙期間中にもかかわらず「道路交通法違反で警察から呼び出しを受けた」として炎上している。長谷川氏を直撃すると、色をなして-。  騒動のきっかけは、千葉県警の掲示板に掲げられた公示に、道交法に関する聴取の対象者として長谷川氏の氏名と住所が記載された画像がツイッター上で拡散されたことだった。千葉県警で実物を確認す...
»続きを読む
カテゴリー:

【泉宏】小池氏は、安倍首相と並ぶ「独裁者」へとイメージを変えてしまった いまや「枝野コール」が巻き起こっている - 10月19日(木)18:09  seijinewsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171019-00193671-toyo-bus_all&p=1  「政界、一寸先は闇」との名言を残したのは故川島正次郎自民党副総裁だが、この稀代の寝業師も今回の解散、総選挙の目まぐるしい展開には草葉の陰で目を丸くしているはずだ。 中略 ■小池氏はヒールに転落、巻き起こる「枝野コール」  しかし、待っていたのは「首都の女帝」とも呼ばれた小池氏の「(全員を合流させる気は)さらさらない」「(理念の異なる人物は)排除します」という厳しい宣告。これが、希望に吹いていた追い風を逆風に変えるき...
»続きを読む
カテゴリー:

愛知県警察あんあん情報 「サラブレッド逃走中! パカラパカラ」 イラストつきのツイートが話題に - 10月19日(木)12:55 

なんとなく、ネタっぽくエロっぽい名称でおなじみの「愛知県警察あんあん情報」。 「あんあん」は安心・安全の頭文字です とのことで、 安心して安全に暮らすため有益な情報をつぶやいていきます という公式の『Twitter』アカウント(@AP_seian)が存在する。 その、あんあん情報が10月18日に 【お知らせ】10月17日午後5時頃から18日午前8時頃にかけて、瀬戸市片草町地内から馬(サラブレッド)1頭がいなくなりました。馬は、まだ発見されていません。■注意馬を見かけたときは近づかず、すぐに警察に通報してください。■特徴体高1.3m位、黒色、雄 とツイート。 サラブレッド逃走中! と、お笑いマンガ道場っぽい馬が「パカラパカラ」と走っているイラストをアップした。 なんとも味のある画像。話題となり、馬の行方を心配する返信の他に 「絵がかわいいw 」 「絵にまだ余裕を感じるw」 「画像が逃げた危機感ゼロww パカラパカラとかじわるw 」 といった返信が寄せられていた。中には 「選挙戦に出馬したいのかな 」 といった返信もあった次第である。 ※画像は『Twitter』より ―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』
カテゴリー:

安倍首相は本当に、米軍の北朝鮮攻撃にブレーキをかけられるのか - 10月20日(金)04:45 

選挙戦只中の今、自民系候補者の口からよく聞かれる「安倍政権なら他国の脅威から日本を守れる」という主張。果たしてそれは正しいのでしょうか。元全国紙の社会部記者の新 恭さんはメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』で、田原総一朗氏が防衛省幹部から入手した「トランプ大統領が北朝鮮に武力行使する可能性あり」という情報を紹介するとともに、平和を死守する空気が希薄な自民党ではかえって危険が増すだけではないかとの見方を示しています。 安倍首相はトランプ大統領の武力行使にブレーキをかけられるのか メディアの調査を信じるなら、選挙後も「安倍一強」が続きそうな気配である。森友・加計疑惑に象徴される政権の体質に国民は倦んでいるはずなのに。 小池都知事は国政のブラックボックスを攻めきれず、安倍首相は悪玉・北朝鮮の核ミサイル脅威を「国難」として、国民を味方につけたということだろうか。 どうやら多くの国民は、安倍首相、トランプ大統領の表面上の蜜月が、北朝鮮の脅威から日本を救うと幻想を抱いているようだ。そして、イージス艦やPAC3のミサイル迎撃システムが本当に有効だと信じ込んでいるのかもしれない。 だが、日米同盟の強化をはかる安倍政権なら日本を守れるという自民党の主張にどんな根拠があるのだろう。むしろ、危険ではないか。いわゆるハト派が影を潜めた今の自民党には、平和を死守する空気が希薄だ。安倍首相の心一つで、この国...more
カテゴリー:

【現代ISmedia】新聞社説の分析でわかった「民進党がデマの標的になる理由」[10/19] - 10月19日(木)22:55  seijinewsplus

2017.10.19 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53231?page=4 「安倍一強」下で変化した政治言説 このような新聞社説の変遷は、いわゆる「安倍一強」下における政治文化の一端を示しているように見えます。というのも、今回の選挙戦において、下記のような「事件」が起こっているからです。 弁護士ドットコム10月13日配信記事「韓国人フォロワー大量購入→立憲民主をフォローさせる→暴露して潰す これって違法?」https://www.bengo4.com/internet/n_6790/ 枝野幸男氏の「立憲民主党」の公式ツイッターアカウントは、開設後急...
»続きを読む
カテゴリー:

【希望の党】民進組「小池離れ」 民進党出身・小川淳也「寛容さなくして国民がついてくるはずがない」 - 10月19日(木)18:12  seijinewsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00050016-yom-pol  22日投開票の衆院選に臨む希望の党(代表・小池百合子東京都知事)の民進党出身者の一部で、「小池氏離れ」が進んでいる。  小池氏が民進党合流組を受け入れる際、安全保障政策などの一致を求め、選別を進める「排除の論理」を明言したことへの反発が選挙戦でも尾を引いているためだ。  民進党出身で希望から出馬した小川淳也前衆院議員(香川1区)は15日、高松市内で開かれた集会で、「排除の論理」発言について、「寛容さなくして国民がついてくるはずが...
»続きを読む
カテゴリー:

【速報】立憲民主と共産、自民に迫る勢い※ - 10月19日(木)12:56  news

立憲民主・共産、自民に迫る勢い(ツイッターでは)  22日投開票の衆院選で、ツイッター上の話題では第1党の自民党に、立憲民主党と共産党が迫る勢いとなっている。 日本中でツイッターに投稿されたすべてのつぶやきから党名に触れたものをみると、自民党が20万超、共産党も20万近辺。 2つの老舗政党に対し、結党間もない立憲民主党が一気に追い上げ、共産党との2位争いを演じている。 ツイッターでは「3強」の選挙戦  自民党と共産党への言及は、9月25日の安倍晋三首相の衆院解散表明から目にみえて増え始め、28日の...
»続きを読む
カテゴリー:

【アッキード/森友】「不都合な真実」説明不足=モリ・カケ、改憲素通り―安倍首相【17衆院選】◆4★899 - 10月19日(木)12:03  seijinewsplus

「不都合な真実」説明不足=モリ・カケ、改憲素通り―安倍首相【17衆院選】 10/17(火) 19:58配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000157-jij-pol  衆院選の投開票が22日に迫る中、安倍晋三首相(自民党総裁)が演説で、森友・加計学園をめぐる問題や、国論を二分しかねない憲法改正、痛みを強いる労働政策の見直しなどへの言及を避けている。選挙戦への影響を考慮してあえて触れない戦術のようだが、野党は批判している。  「国内総生産(GDP)は50兆円増えた。株価は21年ぶりの高値になった。海外からの観光客は2...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「選挙戦」の画像

もっと見る

「選挙戦」の動画

Wikipedia

  • 転送 選挙...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる