「選択肢」とは?

関連ニュース

【医療】AIDS(エイズ)薬剤耐性が世界で拡大 WHOが警鐘 - 07月21日(金)10:13 

国連(UN)の世界保健機関(WHO)は20日、AIDS(エイズ、後天性免疫不全症候群)の新規感染と死者数の増加、治療費用の急増を防ぐために、世界の国々はAIDS治療薬に対する薬剤耐性の拡大に歯止めをかける必要があると警鐘を鳴らした。 WHOによると、調査を行ったアフリカ、アジア、中南米の11か国のうち6か国で、AIDSを引き起こすHIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染して抗レトロウイルス治療を開始した患者の10%以上で、最も広く使われているAIDS治療薬の一部が効かないHIV株への感染を確認したという。 ウイルスが薬剤耐性を持つよ...
»続きを読む
カテゴリー:

あ~わかる…ママが「休日、憂うつになる」理由4つ - 07月20日(木)22:30 

出典:https://www.shutterstock.com 夏休みはもうすぐそこです。 しかしながら、全ての人が休日を楽しみにしているわけではありません。ママ友とのおしゃべりでも、「休みとはいっても、ママにとっては休みじゃないよね……。」といった声も聞こえてきます。 筆者もかつては、休日がやってくることを重荷に感じていたものです。ですからその気持ちはとてもよく分かります。 が、あるキッカケで心の持ち方が変わり、今では休日がやってくるのが楽しみに感じるようになりました。 今回は筆者の経験を元に、休日が楽しみになるメンタルを保つコツをご紹介します。 ママが「休日、憂うつになる」理由4つ 「休日が憂うつ」と感じるママはどんな理由でそう感じるのでしょうか。筆者のママ友から聞こえてきた声は以下となります。 (1)平日以上の負担が…! “三食の支度”や“夫の世話”など、普段よりも負担が増えるのが理由という方もいるでしょう。確かに普段から家事の全てを担う身にしてみると、休日が平日以上の仕事量なのは、割りに合わない気がしてしまいますよね。 (2)子どもの相手が大変 普段は幼稚園や保育園に通う子どもが休日家にいるのは、筆者も相手にするのが大変に思え、気が重くなったものです。 (3)戦力外通告!「夫が頼りにならない」 筆者は夫がとても頼りになるので、夫がいない休日が憂うつに感じました...more
カテゴリー:

【政治】政府が出国時の課税を検討。日本から出国する日本人や外国人を対象に - 07月20日(木)21:28 

この夏、海外旅行に出かける人も多いとみられるが、日本から出国する人に、新たに課税するという案が、政府内で検討されていることが、FNNの取材でわかった。 観光政策を充実させる財源にあてようというものだが、ヨーロッパなどには、すでに出国する人を対象に税金を導入している国があり、こうした事例を参考にしようというもの。 関係者によると、検討されている新たな税は、日本から出国する日本人や外国人を対象に、航空機や船の代金に税金を上乗せするというもの。 これは、成長戦略の柱である観光分野強化のため、必要な財...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】市川海老蔵「小林麻央さんの入院費は払わない」 病院と法廷闘争の可能性★4 - 07月20日(木)20:31 

歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が6月22日に乳がんで亡くなった妻・小林麻央さん(享年34)が通っていた病院に対して訴訟も辞さない構えであると発売中の『女性自身』(光文社)が報じ、波紋が広がっている。 海老蔵は麻央さんに対する検診や治療方針が間違っていたのではないかと不信感を募らせ、その再検証を求めるために3000万円以上の治療費の支払いをストップ。 病院側の対応が不十分なら訴訟準備を進めるつもりだというのだ。 ■「入院費3000万円払わない!」海老蔵が怒りの訴訟準備か 麻央さんは2014年2月に海老蔵と二人で受診...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】市川海老蔵「小林麻央さんの入院費は払わない」 病院と法廷闘争の可能性★3 - 07月20日(木)16:53 

歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が6月22日に乳がんで亡くなった妻・小林麻央さん(享年34)が通っていた病院に対して訴訟も辞さない構えであると発売中の『女性自身』(光文社)が報じ、波紋が広がっている。 海老蔵は麻央さんに対する検診や治療方針が間違っていたのではないかと不信感を募らせ、その再検証を求めるために3000万円以上の治療費の支払いをストップ。 病院側の対応が不十分なら訴訟準備を進めるつもりだというのだ。 ■「入院費3000万円払わない!」海老蔵が怒りの訴訟準備か 麻央さんは2014年2月に海老蔵と二人で受診...
»続きを読む
カテゴリー:

東京電力の法的整理に、債権放棄を嫌がるメガバンクが大反発!? - 07月21日(金)08:42 

 2011年の福島第一原発事故の処理費は、廃炉と賠償、除染等などで増大していくばかり。経産省による試算では、総額21兆5000億円に膨れ上がっている。この巨額の費用を誰が負担するのか。済産業省の専門委員会の議論では、東京電力の法的整理も選択肢のひとつしていたのだが、それに待ったをかけたのがメガバンクだ。  三井住友銀行の宮田孝一社長は昨年11月、「(法的整理は)金融市場の安定を脅かす可能性がある。私どもも東京電力を支えていく一員でありますから、引き続き支援していく」と発言。みずほや三菱UFJも東京電力の法的整理には賛成しない方向だ。 ◆法的整理をせずに、電気料金から処理費負担を上乗せし続ける  原発事故以降の東電を取材し続けるジャーナリストの木野龍逸氏は「事故直後からメガバンクを中心とした銀行団は4兆円以上を東電に融資し、国は東電を潰さないと決めました。東電の法的整理ともなれば債権放棄となりますから、反対しているのでしょう」と言う。 「しかし、銀行側、貸し手の責任もあります。原発事故原因の詳細や今後いくら処理費用がかかるか定かでないのに、リスク評価ができるわけないでしょう。それなのに、融資を続けた銀行が『債権放棄は嫌だ』と東電の法的整理に反対するのはおかしなこと。東電も資金が足りないならば、所有する発電所や送電網を売ればいいのです。  そうしたこともせず、なし崩し的に一般...more
カテゴリー:

【書評】北朝鮮に降伏?世界的戦略家が日本に迫る4つの選択肢 - 07月20日(木)22:03 

もはや強大な軍事力を手にしたといっても過言ではない北朝鮮。この国に対し日本は今、どんな手を打つべきなのでしょうか。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』では編集長の柴田忠男さんが、世界的戦略家による4つの選択肢と、日本が国連常任理事国入りするための秘策が記された書籍を紹介しています。 『戦争にチャンスを与えよ』 エドワード・ルトワック 著 奥山真司 訳/文藝春秋 エドワード・ルトワック『戦争にチャンスを与えよ』(奥山真司・訳)を読んだ。初めて聞いた話がいくつもあるが、中でもこれは知ったかぶりして友達に披露したいと思った二つの提案(byエドワード・ルトワック)がある。ひとつは差し迫った危機、つまり北朝鮮の二つの特異点への対応、もうひとつは日本人が誤解して大好きな「国連」の、常任理事国入り作戦だ。 まず、北朝鮮の特異点の1、それは「リーダーのヘアスタイルがひどい」ということ(たぶんジョーク)、その2は「軍事関連の技術力は侮れない」である。根本的に日本やアメリカ以上の底力があるらしい。人工衛星を打ち上げ、中距離弾道ミサイルを発射(潜水艦からも)、ミサイルに搭載可能の核弾頭の開発。 その爆発実験も成功させたらしい。日本が追いつくには15年はかかるとみる。北朝鮮の軍事開発力は極めて危険な域に達しており、真剣な対処が必要である。戦略家であり政治家ではないルトワック...more
カテゴリー:

義理の実家で里帰り出産するか迷っています - 07月20日(木)21:00 

出産後のママは、身体を休ませるためにも安静にして過ごすことが大切です。そのため里帰りして産後を過ごす人も多いようですが、上の子が学校や幼稚園へ通っている場合自宅を離れることが難しいケースもあります。義理の実家へお世話になるか、自宅で過ごすか迷っているという相談に対して専門家からはどのような声が寄せられたでしょうか。 里帰り出産についての相談:「2人目の出産、身体を休ませるため義理の実家へ行くべき?」 『妹の産後の里帰りについての相談です。妹は現在2人目を妊娠中ですが、私達の母は持病を患っており実家への里帰り出産は出来ません。上の子の出産時は、義弟の実家へ行き里帰り出産していましたが気を遣ってとても疲れた様子でした。義理の実家なので、じっとしていられなかったようです。そのため、妹は2人目の出産を前に身体のためにも義理のお家のお世話になるか、上の子の幼稚園もあるので自宅で過ごすべきか迷っています。どちらが良いのでしょうか。(30代・女性)』 身体を休めることと、ストレスを溜めないことを大切に 身体を休ませるには、里帰り出産が有効な方法の一つですが、ストレスが溜まってしまうのであればあまりおすすめできません。 『里帰り出産は、産後の休息のためには良いですが、家族に身体的な負担をかけてしまう・気を遣って休めない・お礼などはどうしたら良いか悩むなど何かと心配事も多いですよね...more
カテゴリー:

就活せず。周りから「現実逃避だ」と言われても、この道を目指した――勝率9割のプロギャンブラーのぶき氏がこの仕事を選んだワケ - 07月20日(木)18:16 

大学卒業後、ギャンブラーとして15年間、世界をさすらいながら生きてきた男がいる。 勝率は神の領域と言われる9割。出入り禁止となったカジノは数知れず。そんな破天荒な人生を生きる男の名はプロギャンブラー・のぶき。ギャンブルで勝ち続けるために必要な思考力、決断力、行動力はそのまま仕事や人生で成功するために必要不可欠な要素だ。事実、のぶきさんの元には様々な企業や学校、団体から就職や転職、ビジネスをテーマとした講演依頼が殺到している。今回は自らの人生を振り返りつつ、そこから得た、仕事や人生で勝ち抜くためのメソッドや人生の岐路に立った時の後悔しないための選択法などをたっぷり語っていただいた。 のぶき(本名:新井 乃武喜) 1971年、東京都出身。大学卒業後、25歳の時にプロギャンブラーを目指して単身アメリカへ渡り、修行を開始。2年後、無敵のプロギャンブラーとなりラスベガスをはじめとする世界中のカジノを周遊。ギャンブルの世界では神の領域とされる「勝率9割」を達成。ギャンブルだけで生活し続け、15年間で世界6周、今まで訪れた国は82ヵ国におよぶ。現在の主な活動はプロギャンブラー人生で得た経験や生き様を伝える講演や、『日刊SPA!』や『Lifehacker』での記事執筆、メディア出演など。著書に『勝率9割の選択』(総合法令出版)、『ギャンブルだけで世界6周』(幻冬舎)がある。 Faceb...more
カテゴリー:

なぜ女は、社会参加しても家庭に入っても満足できないのか? - 07月20日(木)14:43 

一億層活躍がうたわれ、女性の社会進出が進む現代。選択肢が広がり、女性の生き方はどんどん多様化しています。しかし、専業主婦を選んでも、会社で立派なキャリアを築いていても、どこか不満や迷いのあるひとは多いのではないでしょうか。そんな悩みを抱えた人のために、メルマガ『ちょめの成功脳トレ』の著者である投資家ちょめさんが、本当の成功とは何かについて、オリジナルの寓話で説明されています。 オリジナル寓話 【 2人の女 】 むかーしむかしある所に、デザイアとリタという、2人の女がおったそうな。 2人とも同じ田舎町の生まれで幼馴染、片や女優として、片やデザイナーとして、夢を追い掛け一緒に都会へ。お互い励まし合って日々を懸命に過ごしたそうです。 2人の出会いは高校に入学したての頃、同じ部活に入部したのがきっかけでした。たまたま同じ日に入部届を出しにいき、同じタイミングで部活説明を聞きました。いつも明るく前向きなデザイアと、ひたむきで真面目なリタは、お互い認め合い、いつしか夢を語り合える親友として、無くてはならない存在となっていきました。デザイアは演劇部の花形女優を目指し、リタは裏方として衣装を担当しました。 3年の卒業を前にデザイアは主演女優となり、リタはデザイナーの責任者として、文化祭を大成功させ、その成功体験は2人をさらに大きな夢へと駆り立てました。 高校を卒業するとデザイアは都会の大きな劇団へ...more
カテゴリー:

もっと見る

「選択肢」の画像

もっと見る

「選択肢」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる