「選手権」とは?

関連ニュース

卓球 わずか2日間の練習で初優勝 - 01月19日(金)01:44 

卓球 わずか2日間の練習で初優勝:卓球の全日本選手権。...
カテゴリー:

【プロレス】内藤哲也2年連続MVP「ベルト越え」存在感訴える 東スポプロレス大賞授賞式にて[18/01/18] - 01月19日(金)01:07  mnewsplus

内藤哲也2年連続MVP「ベルト越え」存在感訴える 2018年1月18日13時43分 日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/m/battle/news/201801180000608_m.html?mode=all 2017プロレス大賞受賞者たち。後列左から最優秀タッグ賞諏訪魔、MVP内藤、年間最高試合賞オカダ、前列左から女子プロレス大賞紫雷、特別賞松井珠理奈(撮影・中島郁夫) 東京スポーツ新聞社制定17年度プロレス大賞授賞式が18日、都内のホテルで行われ、2年連続MVPの内藤哲也(35=新日本)が、「ベルト越え」の存在感を訴えた。 史上5人...
»続きを読む
カテゴリー:

フィギュア:SPはザギトワ首位、メドベ2位 欧州選手権 - 01月19日(金)00:35 

 フィギュアスケートの欧州選手権第2日は18日、モスクワで女子ショートプログラム(SP)が行われ、グランプリ(GP)ファイナルで初優勝した15歳のアリーナ・ザギトワ(ロシア)がほぼミスなしの演技を見せ、世界歴代2位の80.27点をマークして首位発進した。
カテゴリー:

弟名義で禁止薬物購入=鈴木選手、関与隠しか-カヌー - 01月18日(木)22:15 

 日本カヌー連盟は18日、鈴木康大選手(32)がライバル選手の飲み物に禁止薬物を混入した問題で、同選手がインターネットで薬物を購入した際に弟の名義を使っていたことを明らかにした。自身が薬物を入手した事実を隠す意図があったとみられる。スポーツ庁で同日開かれた会合で、日本連盟の古谷利彦専務理事が問題の詳細を説明した。 古谷専務理事によると、鈴木選手は世界選手権のためチェコに滞在していた昨年8月、ネットを利用してハンガリーから薬物を購入した。これを千葉県内の実家へいったん送った後、石川県小松市へ郵送。同市内でスプリント日本選手権が開催された9月に、すりつぶした状態の薬物を会場に持ち込んでライバル選手がレース中に飲み物へ混入した。 鈴木選手は弁護人を通して薬物混入を認めており、石川県警は偽計業務妨害などの容疑で書類送検する方針を固めている。 [時事通信社]
カテゴリー:

【石川遼・復活優勝へ】プロ転向から現在まで、10年の軌跡を振り返る - 01月18日(木)19:42 

高校1年でプロ転向後、圧倒的な存在感を見せ付けてきた石川遼。2013年からは米国を主戦場として戦ってきたが、6年ぶりに日本に帰ってくる。 石川遼の新章幕開けの舞台は、初上陸となるシンガポール。国内ツアー第1戦「SMBC シンガポールオープン」が開幕し、石川は首位と4打差の2アンダー暫定11位タイで初日を終えた。18年はかつての存在感を再び示すことができるのか。これまでの石川の遍歴を振り返る 中嶋、松山、石川の豪華3ショット! <2008年> ●1月 記者会見を行い、プロ転向を宣言。 16歳3ヵ月24日、史上最年少プロゴルファーとなる。 日本プロゴルフ協会のプロゴルファー資格は2008年4月に取得。 ●4月 「東建ホームメイトカップ」で国内ツアーデビュー。 5位Tで終わったが、第2、3ラウンドでは首位に立つなど優勝争いに加わる大健闘を見せた。 ●8月 「関西オープン」でプロ転向後初優勝。 ※92年から08年まで同大会はツアー競技外だったが、翌年09年よりツアー競技として復活した。 ●11月 「マイナビABCチャンピオンシップ」でプロ転向後ツアー初優勝 →2010年までのシード権を獲得。 賞金ランク5位に入り、17歳で獲得賞金1億円を突破 <2009年> ●4月 「マスターズ」 2008年最後の世界ランクが60位(出場権は年末の50位まで)だったため、 出場権を得られなかったが...more
カテゴリー:

卓球 世界一ペアが準決勝で敗退 - 01月19日(金)01:42 

卓球 世界一ペアが準決勝で敗退:卓球の全日本選手権。...
カテゴリー:

15歳ザギトワ、歴代2位で首位=欧州フィギュア女子SP - 01月19日(金)01:02 

 フィギュアスケートの欧州選手権は18日、モスクワで女子ショートプログラム(SP)が行われ、昨年12月のグランプリ(GP)ファイナルを制した15歳のアリーナ・ザギトワ(ロシア)が、世界歴代2位となる80.27点で首位に立った。浅田真央が2014年にマークした78.66点を上回った。女子SPの80点台は、エフゲニア・メドベージェワ(同)に続き2人目。 右足のけがから復帰した世界選手権2連覇中のメドベージェワが、78.57点で2位。14年ソチ五輪銅メダルのカロリナ・コストナー(イタリア)が78.30点で3位につけた。フリーは20日に行われる。 [時事通信社]
カテゴリー:

【卓球】平野美宇、張本との“不仲説”否定「そこまで話さないわけじゃない」 - 01月18日(木)22:33  mnewsplus

「卓球・全日本選手権」(18日、東京体育館)  女子シングルス前回覇者の平野美宇(17)=エリートアカデミー=が初戦の4回戦を危なげなく突破した。試合後の取材では、前日まで混合ダブルスでペアを組んでいた男子の張本智和(14)との“不仲説”について「そこまで話さないわけじゃない」と否定した。  取材エリアで、平野は何かを思い出したように頬を膨らませた。「誰ですか、書いたの(笑)」。混合ダブルスの試合後、張本とは同じエリートアカデミー所属なのに“会話が一切ない”というネット記事が自身の目に入ったとい...
»続きを読む
カテゴリー:

森薗、伊藤組が初優勝=ジュニアで張本が最年少V-全日本卓球 - 01月18日(木)20:02 

 卓球の全日本選手権第4日は18日、東京体育館で行われ、2020年東京五輪で新たに採用される混合ダブルスは決勝で森薗政崇(明大)伊藤美誠(スターツ)組が軽部隆介(シチズン時計)松本優希(サンリツ)組を3-0で下し、初優勝した。昨年の世界選手権優勝の吉村真晴(名古屋ダイハツ)石川佳純(全農)組は準決勝で敗退した。 男子シングルスは10度目の頂点を狙う水谷隼(木下グループ)、張本智和(エリートアカデミー)らシード勢が4回戦から登場して順当勝ち。女子シングルスでは昨年優勝の平野美宇(同)、石川らが初戦の4回戦を突破し、13歳の木原美悠(同)も5回戦に進んだ。 ジュニアの男子シングルスは張本が制し、最年少優勝記録を14歳205日に更新した。これまでの記録は2004年の水谷の14歳211日。女子は長崎美柚(エリートアカデミー)が勝った。 [時事通信社]
カテゴリー:

会見する森保監督=サッカー - 01月18日(木)19:27 

サッカーのU23アジア選手権で、2020年東京五輪世代のU21で連覇を狙う日本は、19日に中国江蘇省の江陰で行われる準々決勝でウズベキスタンと対戦する。写真は記者会見する森保一監督=18日、中国・江陰
カテゴリー:

もっと見る

「選手権」の画像

もっと見る

「選手権」の動画

Wikipedia

選手権(せんしゅけん)あるいはチャンピオンシップ(championship)とは、ある競技の中で最も優れた個人あるいはチームを決めるために行なわれる大会や試合のこと。選手権大会や選手権シリーズ例えば野球日本選手権シリーズ。、選手権試合(タイトルマッチ)、王座決定戦などがある。また選手権は、それらの大会・試合の優勝者(チーム)に与えられる称号(タイトル)でもありこの場合「選手権を獲得する」「選手権を奪取する」などと表現される。、その保持者は選手権者(チャンピオン)と称される。なお、大相撲のトーナメントでは「選士権」という場合もある(出場者が選手ではなく力士であることから)。

選手権の形式

フィギュアスケートなどの採点競技や自転車競技のような記録競技の選手権大会では、トップレベルの競技者が一堂に会して競い合い、最も優れた成績を収めた者が新たなチャンピオンとなる。こ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる