「遣唐使」とは?

関連ニュース

【奈良】巨大な遣唐使船や輝く大極殿 平城宮を体感、新拠点誕生 - 03月24日(土)18:18  newsplus

 世界遺産の奈良・平城宮跡で24日、奈良県と国土交通省が「平城宮跡歴史公園」をオープンする。レストランが入る施設などを備えた「朱雀門ひろば」を整備し、復元した遣唐使船を公開。平城宮があった当時の暮らしなども紹介し、奈良観光の新たな玄関口と位置づける。  平城宮跡の朱雀門南側を朱雀門ひろばとして新たに整備し、北側も含めると敷地面積は約35ヘクタールになる。ひろばには平城京を南北に貫いた朱雀大路の一部(約250メートル)を復元し、両側に五つの施設が並ぶ。  県産食材の料理を提供するレストランやカ...
»続きを読む
カテゴリー:

「遣唐使」の画像

もっと見る

「遣唐使」の動画

Wikipedia

遣唐使(けんとうし)とは、日本に派遣した使節である。日本側の史料では唐の皇帝と対等に交易・外交をしていたとされるが、旧唐書新唐書の記述においては、「倭国が唐に派遣した朝貢使」とされる。中国では619年にが滅びが建ったので、それまで派遣していた遣隋使に替えてこの名称となった。寛平6年(894年)に菅原道真の建議により停止された。 上海万博に際し復元された遣唐使船

遣唐使の目的

海外情勢や中国の先進的な技術や仏教経典等の収集が目的とされた。旧唐書には、日本の使節が、中国の皇帝から下賜された数々の宝物を市井で全て売って金に替え、代わりに膨大な書物を買い込んで帰国していったと言う話が残されている。

第一次遣唐使は、舒明天皇2年(630年)の犬上御田鍬の派遣によって始まった。本来、朝貢は中国の皇帝...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる