「遠藤憲一」とは?

関連ニュース

米倉涼子、10月から『ドクターX』 「もう一度最後のつもりで」 - 07月19日(水)06:00 

 女優の米倉涼子演じる“失敗しない女”が今年も帰ってくる。テレビ朝日系ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』が10月期(毎週木曜 後9:00~9:54)に放送されることが決定。連続ドラマシリーズとしては5度目となり、米倉は「自分の出演作で、第5シリーズまで続く作品は初めて! 『ドクターX』は反響の大きい作品だからこそ、私自身は続編を作るたび、余裕よりも不安を感じてきました」と言いながらも、「もう一度『最後のつもりでやろうか!』と思いました。みんなで力を合わせ、また“新しい大門未知子シリーズ”を作り上げていきたいです」と、やる気は十分だ。 【写真】遠藤憲一演じる海老名がレギュラーに復帰  同ドラマは、目の前の患者を救うというポリシーのもと、圧倒的な腕で数多くの命を救いながら、金と欲にまみれた医療界にも鋭いメスを入れてきたフリーランスの天才外科医・大門未知子の活躍を描いた医療ドラマ。これまで放送された4本の連続ドラマおよびスペシャルドラマはいずれも高視聴率を記録し、橋田賞や向田邦子賞などの受賞歴を誇る。未知子の決めぜりふ「私、失敗しないので」のごとく、“失敗しない大ヒット・シリーズ”となっている。  今月、米ニューヨーク・ブロードウェイで上演されたミュージカル『シカゴ』で、2度目の主演を務め、その後、滞在していた米ロサンゼルスで代表取材を受けた米倉。「とにかく、楽しみにしてい...more
カテゴリー:

米倉涼子、ドクターX第5シリーズ決定にもう一度「最後のつもりで…」 - 07月19日(水)06:00 

米倉涼子主演の大ヒットドラマ『ドクターX』(テレビ朝日系列、毎週木曜21:00〜)待望の第5シリーズが、この秋登場することがわかった。さらに、200以上の国と地域で、最新作を含む全シリーズの配信も決定。群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけを武器に突き進むフリーランスの外科医・大門未知子。「いたしません」「私、失敗しないので」という名セリフでおなじみの、米倉演じる“異色・孤高・反骨の天才外科医”が今年の秋も帰ってくる。この作品は、主人公・未知子が病院組織で数々の騒動を巻き起こしながらも、外科医の本質である手術や治療を成し遂げるため、一切の妥協を許さず突き進む姿を描いた医療ドラマ。これまで放送された4シリーズおよびスペシャルドラマはいずれも圧倒的な高視聴率を記録し、橋田賞や向田邦子賞をはじめとする錚々たる各賞も総なめにした。そんな失敗しない大ヒット・シリーズが今年10月、日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、待望の第5シリーズへと突入。未知子が所属する「神原名医紹介所」の仲間を演じる内田有紀(城之内博美・役)や岸部一徳(神原晶・役)、縦社会の医局で“御意軍団”を形成する外科医を演じる遠藤憲一(海老名敬・役)や鈴木浩介(原守・役)、さらに前作で「東帝大」院長の座を追われた権力の権化・蛭間重勝を演じる西田敏行ら、唯一無二の個性と実力を誇る常連...more
カテゴリー:

米倉涼子、“ドクターX”第5シリーズ決定にもう一度「最後のつもりで…」 - 07月19日(水)00:01 

米倉涼子主演の大ヒットドラマ『ドクターX』(テレビ朝日系列、毎週木曜21:00〜)待望の第5シリーズが、この秋登場することがわかった。さらに、200以上の国と地域で、最新作を含む全シリーズの配信も決定。群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけを武器に突き進むフリーランスの外科医・大門未知子。「いたしません」「私、失敗しないので」という名セリフでおなじみの、米倉演じる“異色・孤高・反骨の天才外科医”が今年の秋も帰ってくる。この作品は、主人公・未知子が病院組織で数々の騒動を巻き起こしながらも、外科医の本質である手術や治療を成し遂げるため、一切の妥協を許さず突き進む姿を描いた医療ドラマ。これまで放送された4シリーズおよびスペシャルドラマはいずれも圧倒的な高視聴率を記録し、橋田賞や向田邦子賞をはじめとする錚々たる各賞も総なめにした。そんな失敗しない大ヒット・シリーズが今年10月、日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、待望の第5シリーズへと突入。未知子が所属する「神原名医紹介所」の仲間を演じる内田有紀(城之内博美・役)や岸部一徳(神原晶・役)、縦社会の医局で“御意軍団”を形成する外科医を演じる遠藤憲一(海老名敬・役)や鈴木浩介(原守・役)、さらに前作で「東帝大」院長の座を追われた権力の権化・蛭間重勝を演じる西田敏行ら、唯一無二の個性と実力を誇る常連...more
カテゴリー:

福士蒼汰主演『愛してたって、秘密はある』初回8.2% - 07月18日(火)09:44 

 俳優・福士蒼汰が主演する日本テレビ系連続ドラマ『愛してたって、秘密はある』(毎週日曜 後10:30)の第1話が16日に放送され、初回平均視聴率が●%だったことが18日、わかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 【画像】ドラマ『愛してたって、秘密はある。』相関図  作詞家で音楽プロデューサーの秋元康氏が、AKB48関連以外では約12年ぶりに手がけたテレビドラマ。父親を殺した秘密を抱える主人公で司法修習生・奥森黎(福士)は、その秘密を母・晶子(鈴木保奈美)と共有して生きてきた。11年後、交際している同期の司法修習生・立花爽(川口春奈)からプロポーズされた黎は結婚を決意するが、「秘密」を知る何者かからの不気味なメッセージが届き始める。  第1話では、結婚の報告をするため爽の実家を訪れた黎は、爽の父親が自身が検察修習をしている神奈川地検の検事正・立花弘晃(遠藤憲一)であることを知る。どんな凶悪犯も落としてきたコワモテ検事、立花から取り調べのように詰問された黎は、「父親は4年前に病死した」と思わず嘘をついてしまう。そんななか、黎のもとに差出人不明のメールが届く。それは黎が父を殺したこと、父の遺体を庭に埋めたことを知っているように思える内容だった。 【関連記事】 【写真】プールサイドで大人の色気…くびれを披露した川口春奈 【写真】川口春奈、ビーチに寝転びスレンダーボディ披露 【写...more
カテゴリー:

【芸能】滝沢カレンの“四字熟語あだ名”が面白い 堂本光一は「感情不明」、東野幸治「薄情大王」宮迫博之「男前意識」など - 07月17日(月)12:16 

https://mdpr.jp/news/detail/1701119 2017.07.17 11:19 モデルでタレントの滝沢カレンが16日放送の日本テレビ系バラエティ番組「行列のできる法律相談所」(毎週日曜よる9時~)に出演。四字熟語であだ名をつけるという特技を披露した。 おかしな日本語が話題となりブレイク中の滝沢。最近では四字熟語にハマっているそう。 滝沢が四字熟語であだ名をつけることができ、「芸風過多」とつけられたことを渡部建が明かすと、その的確な四字熟語センスにスタジオは「ドンピシャや」と絶賛。この日の出演者たちにも滝沢があだ名をつけ...
»続きを読む
カテゴリー:

米倉涼子主演『ドクターX』世界へ! 新シリーズ10月放送&200ヵ国配信決定 - 07月19日(水)06:00 

 米倉涼子主演の人気ドラマシリーズ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の第5弾が10月から放送されることが決定した。さらに世界200ヵ国で最新作を含む全シリーズが配信されることも明らかになった。【関連】ロスで『ドクターX』世界配信決定を喜ぶ米倉涼子 本シリーズは、目の前の患者を救うというポリシーのもと、圧倒的な手腕で数多くの命を救いながら、金と欲にまみれた医療界にも鋭いメスを入れるフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉)の活躍を描く医療ドラマ。2012年から3年連続で放送されいずれも高視聴率をマーク。昨年2年ぶりに放送された第4シリーズでは、平均視聴率が21.5%と同年の民放連続ドラマ1位を記録している。(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区) そして1年ぶりの復活となる第5シリーズは、日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」が舞台。主演の米倉はもちろん、未知子が所属する「神原名医紹介所」の仲間・城之内博美を演じる内田有紀や、神原晶役の岸部一徳、縦社会の医局で“御意軍団”を形成する外科医・海老名敬を演じる遠藤憲一、原守役の鈴木浩介、さらに前作で「東帝大」院長の座を追われた権力の権化・蛭間重勝を演じる西田敏行ら、唯一無二の個性と実力を誇るおなじみのメンバーが再集結。 「『ドクターX』は反響の大きい作品だからこそ、私自身は続編を作るたび、余裕よりも不安を感じてきた」と打...more
カテゴリー:

米倉涼子「ドクターX」最新シリーズが10月に放送決定! 200以上の国と地域での配信も発表 - 07月19日(水)05:00 

米倉涼子が主演を務めるテレビ朝日系の大人気シリーズ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(毎週木曜夜9:00-9:54)の第5シーズンが決定。フリーランスの天才外科医・大門未知子が2017年、10月に帰ってくる。 【写真を見る】米倉はミュージカル「シカゴ」で2度目のブロードウェイ主演という快挙も達成!/(C)テレビ朝日 同ドラマは、「いたしません」「私、失敗しないので」という名ぜりふでおなじみの天才外科医・大門未知子(米倉)が、病院組織で数々の騒動を巻き起こしながらも、外科医の本質である手術や治療を成し遂げるため、一切の妥協を許さず突き進む姿を描いた医療ドラマ。これまで放送された連続ドラマの4シリーズおよびスペシャルドラマはいずれも圧倒的な高視聴率を記録し、橋田賞や向田邦子賞をはじめとするそうそうたる各賞も総なめにしてきた。 新シリーズでは、新たな権力争いが渦巻く日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」に未知子が再度乗り込んでいく。汚い院内政治を操ってきた蛭間の失脚から1年経過し、「東帝大学病院」は新時代に突入。“患者ファースト”を掲げる初の女性院長が誕生し、クリーンな医局を取り戻すべく大改革を進めていた。 しかし、病院に巣食う権力者たちは自らの“旨味”を奪還すべく、絶対的権力と縦社会で統制された“真っ黒な巨塔”を復活させようと、暗躍し始める。一度は都落ちした蛭間(西田敏行)も怪しい動き...more
カテゴリー:

蓮佛美沙子、吹き替え声優初挑戦に悪戦苦闘「自分のなかで打ち砕かれた」 - 07月18日(火)16:18 

 女優の蓮佛美沙子が18日、都内で行われたNHK総合で放送される海外ドラマ『女王ヴィクトリア 愛に生きる』(毎週日曜 後11:00※初回70分拡大、全8回)の会見に出席した。主人公・ヴィクトリア女王役で吹き替え声優に初挑戦した蓮佛は「10年以上この仕事をさせていただいて、今までで一番むずかしい仕事だった」と悪戦苦闘したことを告白。「最初お話をいただいた時に迷いがあったんですけど、ここで逃げたら駄目だと自分を奮い立たせてヴィクトリアをなんとか生き抜く覚悟をもって演じさせていただきました」と達成感をにじませた。 【全身ショット】肩出し衣装で登場した蓮佛美沙子  大英帝国時代に63年に渡って女王として君臨したヴィクトリア女王の波乱に満ちた半生を、史実を基に愛というテーマで描く同ドラマ。蓮佛は「監督を含めて収録の前に一度(吹き替えを)やってみようという時間を設けさせていただいて、その時に自分のなかで打ち砕かれた。自分で録った声を聞いて、間に合わないかもと思った」と危機感をつのらせたそう。  そこからは「ほとんど、毎日引きこもって、英語でしゃべっている元の動画をみながら、ずっと右手にリモコンを持ってヴィクトリアの表情を全部記憶する勢いで、向こうの女優さんの声の抑揚を細かいところまで探って。日本語に落とし込んだときに違和感のないように一致させようと、ワンシーンごとに自分の声を撮っては見て...more
カテゴリー:

遠藤憲一が、あの名監督を胸ぐらをつかんで号泣!? - 07月17日(月)14:09 

7月16日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に遠藤憲一が出演。テーマは「あの時だけは泣きましたSP」で、遠藤が三池崇史監督とのエピソードを告白した。 【写真を見る】おかしな日本語で大ブレーク中の滝沢カレンは“泣きエピソード”を告白 かつて、あらゆる俳優が三池監督を絶賛しているのを聞き、気になった遠藤は、人づてに「作品に出演したい旨」を訴えたが、その後3年たってもオファーが来なかったそう。三池監督への思いが募る中、ある結婚式で偶然監督に会った遠藤は、酔った勢いで胸ぐらをつかみ「なんで俺を映画に使わない! テメェどこに目をつけてんだ!」と絡んだ末、監督の膝の上で「なんで俺を使わないんだよぉ~」と泣き崩れたまま寝てしまったという。そして1週間後、三池監督から、映画「天国から来た男たち」出演のオファーが。これ以降、遠藤は21本もの三池作品に出演している。 「なぜ遠藤を使わなかったのか?」という番組の直撃取材を受けた三池監督は、「酒癖が悪いといううわさを聞いていたから、身の危険を感じていた」と回答。しかし結婚式の出来事があって「使うと危険だが、使わないともっと危険だと身をもって知った(笑)。(遠藤を起用することは)ある意味復讐(ふくしゅう)でもあり、現場に入れば役者と監督、台本にないことでも自由に演出できる」とエッヂの聞いたコメントを。さらに「これからも、やりたい役でもイマイチ...more
カテゴリー:

福士蒼汰主演『愛ある』第1話、ラスト10分の展開に反響「想像を上回る怖さだった」 - 07月17日(月)11:40 

 俳優の福士蒼汰が、過去に秘密を抱える主人公を演じる新ドラマ『愛したって、秘密はある。』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)が、16日に放送スタートし、視聴者からは「面白い~でもめちゃめちゃ怖い!」と第1話のクライマックスに引き込まれたという声が続出している。【関連】「福士蒼汰」フォトギャラリー 『愛してたって、秘密はある。』は、秋元康原案により「愛する人の秘密をどこまで許せるか?」をテーマにした“自問自答”ラブミステリー。弁護士を目指す黎(福士蒼汰)には、11年前、父・皓介(堀部圭亮)からDVを受ける母・晶子(鈴木保奈美)を助けるため、父を撲殺しその遺体を母と共に自宅の庭に埋めたという秘密があった。 第1話では、黎は秘密を胸に抱えながら、地検で検察修習生として真剣に事件に向き合う一方で、同期の爽(川口春奈)と交際。プロポーズを受け結婚を決意する。しかしその報告を爽の両親に報告しに行く際に、爽の父が地検の検事正・立花弘晃(遠藤憲一)であることを知る。その立花に黎は「父親は4年前に病死した」と思わず嘘をついてしまう。 そんな中、黎のもとに、あきらかに秘密を知っていると思われる者から「庭のお父さんには彼女を紹介しないの?」と書かれた不気味なメールが届く。更に庭の父を埋めた場所には花が供えられてていた。そしてある朝、家の庭から母の悲鳴が。黎が庭に向かうと、かつて父を埋めた箇所が掘り起こ...more
カテゴリー:

もっと見る

「遠藤憲一」の画像

もっと見る

「遠藤憲一」の動画

Wikipedia

遠藤 憲一(えんどう けんいち、1961年6月28日 - )は、日本俳優声優ナレーター脚本家。愛称は「エンケン(さん)」。眼光鋭く、いかつい風貌から悪役を演じることが多い。

東京都品川区出身。アクターズカンパニーなどを経てエンズタワー所属。身長182cm、体重70kg。Distanceで第16回高崎国際映画祭助演男優賞を受賞した。

略歴 俳優業

横浜商工高等学校(横浜創学館高等学校)に入学。ところが入学してみると半数以上をツッパリが占め、ほとんどがリーゼントという高校だった。もともとまじめだった遠藤は、周りに影響されて徐々に遊びに染まっていってしまう。

常に机の中に教科書を入れっぱなしにしていた遠藤は、長期休暇中に「机の中に教科書を入れっぱなしにしている者は見つけ次第教科書を焼却処分にする」と言う校則により、担任に教科書を焼却処分にされてしまう。だが遠藤は教科書を焼かれても...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる