「遠藤憲一」とは?

関連ニュース

リンクレイター監督『30年後の同窓会』中年男たちの絆を描く予告到着 - 04月21日(土)20:00 

 『6歳のボクが、大人になるまで。』のリチャード・リンクレイター監督がメガホンを取った最新作『30年後の同窓会』から、3人の中年男性が織りなす絆に思わずほっこりする予告編と、ポスタービジュアルが解禁となった。【写真】ローレンス・フィッシュバーンの姿も「第90回アカデミー賞」フォト特集 妻に先立たれ、更に戦地で最愛の息子を失い悲しみに暮れるドク(スティーヴ・カレル)。彼は亡くなった息子を故郷に連れて帰る旅に、30年間音信不通だった戦友・サル(ブライアン・クランストン)とミューラー(ローレンス・フィッシュバーン)を誘う。過去の事件でトラウマを抱え、その後の人生が大きく変わってしまった三人の再会がもたらしたものとは。 リンクレイター監督が12年の構想を経て実現した本作。アカデミー賞主演男優賞ノミネート経験を持つ3人の名優が集まり、過去と現在の苦しみに向き合いながら、仲間との交流を通して、空っぽの心を再生していく男たちの友情の物語を豊かに描き出す。 息子の遺体を運ぶ悲しい旅を描く物語ではあるものの、解禁された予告編では強い絆で結ばれた3人が交わす他愛の無い掛け合いや、ユーモア溢れるシーンが散りばめられている。アメリカ東海岸の風景がストーリーと馴染み、音楽ではMondo Cozmoの『Shine』とニール・ヤングの『Old Man』がしっとりと流れ、田口トモロヲによるナレーションも優しさを醸...more
カテゴリー:

「モンテ・クリスト伯―」ディーンの拷問シーンに衝撃【視聴熱TOP3】 - 04月20日(金)18:00 

webサイト「ザテレビジョン」では、4月19日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。 【写真を見る】「モンテ・クリスト伯―」第1回放送では、ディーン・フジオカ演じる暖が結婚式の最中に逮捕され、無実の罪で投獄されてしまう 1位「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)8716pt 日本では「巌窟王」として知られる、フランスの小説「モンテ・クリスト伯」を原作にして描く復讐劇が4月19日にスタート。 15分拡大で放送された第1話は、恋人のすみれ(山本美月)へのプロポーズに成功し、幸せの絶頂にいた漁師の暖(ディーン・フジオカ)が乗った漁船が遭難してしまう。暖はけがをしたものの生還するが、船長のバラジが亡くなる。退院した暖がバラジから託された手紙を東京の会社に届けようとすると、刑事の入間(高橋克典)が現れ…という内容だった。 すみれとの結婚式の最中に暖が逮捕され、無実の罪で投獄されてしまう。水責めされるなどショッキングな拷問シーンに大きな衝撃が走った。ディーンはそのシーンについて「あまりにきつくて、初めて自分からタップアウト(降参)して撮影を止めてしまったぐらいです」と語ったほど。15年もの投獄期間を経て、復讐鬼となる暖の今後に期待の声が寄せられている。 2位「花のち晴れ~花男Next Season~」(毎週火曜夜10:00-...more
カテゴリー:

波瑠主演『未解決の女』初回、『名探偵コナン』形式の取り調べが話題に - 04月20日(金)11:01 

 女優の波瑠が主演を務める『未解決の女 警視庁文書捜査官』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の初回が19日に放送された。これまでクールビューティーな役が多かった波瑠の新境地ともいえる“熱血刑事”役に対し、「新鮮」「意外性があって面白い」と、好評の声が多く寄せられている。また、取り調べのシーンに登場した、人気アニメ『名探偵コナン』に関するセリフが話題となっている。【写真】『未解決の女 警視庁文書捜査官』制作発表記者会見 原作は麻見和史の小説『警視庁文書捜査官』(角川文庫)。脚本は、波瑠の出世作である連続テレビ小説『あさが来た』を手がけた大森美香だ。  直感だけを頼りに突っ走る熱血刑事・矢代朋(波瑠)が配属されたのは、文書整理をする窓際部署「特命捜査対策室」第6係。そこで出会った、文章から書き手の性格を読み取る頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)とバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査していく。 第6係に持ち込まれたのは、連続変死事件の被害者である女性二人の「遺書」。その恋人でフリーライターのMizuki(風間俊介)は1日も早い犯人逮捕を望んでいる。その後の捜査で、Mizukiが、10年前に密室で殺された人気ミステリー作家・嶋野泉水(中山美穂)のゴーストライターだったことが分かり、事件は意外な方向へ…。 主演の波瑠は、正義感と情熱を武器に、なりふり構わず事件解決に奔走する熱血刑事役。...more
カテゴリー:

遠藤憲一が小学生の少女とコンビを組む元ヤクザの探偵に 「アウト&アウト」今秋公開 - 04月20日(金)07:00 

 遠藤憲一の主演で、木内一裕氏の小説「アウト&アウト」が映画化されたことがわかった。木内氏が自らメガホンをとり、映画はすでに完成。今秋公開を予定している。  原作小説は、「藁の盾」などで知られる木内氏が手がけたクライムエンタテインメント。小学2年生の少女、栞と2人で探偵事務所を営んでいる元ヤクザの矢能のもとに、一本の依頼の電話が入り、矢能は指定された場所に向かう。しかし、依頼人はすでに拳銃で撃たれて死体となっており、事態は思いもよらぬ方向へと転がっていく。「きうちかずひろ」名義で映画監督の顔も持つ木内氏が自らメガホンをとり、遠藤が主人公・矢能を男の色気たっぷりに演じた。元ヤクザの探偵と血のつながらない小学生の少女という異色のコンビが織り成す、思わずクスリとしてしまうほほえましい掛け合いなども注目で、バディムービーとして楽しめる一作になっているという。  普段は自分からアイデアを提案してみせることも多いという遠藤だが、今回の撮影については「監督の中でイメージが明確にあったようで、途中からはすべて監督の言うとおりに演じました。語尾の変更も許されません」と述懐。それだけに「ちゃんと演じきれているのかだんだん不安になったこともあります」という。しかし、完成した映画を見て「何といっても登場人物全員が魅力的。監督の言う通りに演じて良かった! 皆さんも是非、きうち監督の美学を楽しんで下さい!...more
カテゴリー:

「#NTEけZKおYU」 渋谷のスクランブル交差点に現れた『未解決の女』の広告が謎過ぎる!? - 04月19日(木)07:00 

4月19日(木)より15分拡大でスタートする「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系)の謎過ぎる広告に、『これは一体何なのか…』とつぶやく人が続出している。 【写真を見る】JR新宿駅の中央通路には、“ある人物”の若かりしころの写真が!?/(C)テレビ朝日 肉体派熱血刑事の朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・理沙(鈴木)がバディを組み、文字を糸口に未解決事件の真相を追うミステリーである本作の広告には、好奇心をくすぐる“未解決の謎”が散りばめられている。 東京・渋谷のスクランブル交差点では、ふと視線を上に向けると、波瑠&鈴木のまばゆい2ショットとともに、「#NTEけZKおYU」という謎の暗号が…。 一見すると意味をなさない文字列だが、ヒントは「パソコンのキーボード」らしい。果たして、この#(ハッシュタグ)は何を意味するのか。 一方、東京・JR新宿駅の中央通路には、メインキャストが勢ぞろいした本作のポスターが、まるで花道を作るかのように飾られている。だが、こちらもよく見ると、“ある人物”の写真のみ、若いころの写真に差し変わっているのだ。さらに、ここにも渋谷と同じく謎の暗号が…。 実はこれらのフレーズの謎を解いて、公式サイトのスペシャルコンテンツ「未解決の暗号~指定場所に隠された文字を解読せよ!~」で解答すると、正解か不正解かが判明。さらに、正解者には「ここでしか見られないスペシャ...more
カテゴリー:

『TVBros.』リニューアル第1号の内容が発表 表紙は細野晴臣&星野源 - 04月20日(金)19:09 

 『TVガイド』などのテレビ情報誌を発刊する東京ニュース通信社が、24日に『TVBros. 2018年6月号』(680円)を発売。1987年7月に創刊された同誌だが、この4月から番組表の掲載中止と隔週から月刊に移行すると発表。記念すべきリニューアル第1号として、本誌連載『地平線の相談』が“ほぼ連載10周年”ということにちなみ、 細野晴臣と星野源が約5年ぶりの表紙を飾ることがわかった。  細野と星野の連載は、巻頭特集としても組まれ、テレビや音楽の話、月刊化の感想などをトーク。第2特集では『Culture is Borderless』と銘打ち、遠藤憲一、川栄李奈、渡辺大知(黒猫チェルシー)、やついいちろう(エレキコミック)、夢眠ねむ(でんぱ組.inc)、岩井勇気(ハライチ)、戸田真琴、山田尚子監督といった、さまざまなジャンルの第一線で活躍する人物たちに、それぞれが注目する「CULTURE」を語る。  第3特集では、4月から放送がスタートしたアニメ『ひそねとまそたん』を編集部が総力をあげて取材。総監督の樋口真嗣氏や脚本を手がけた岡田麿里氏へのインタビューなどで、作品の魅力に迫る。今回の月刊化で大きく変化した部分である「番組表」が掲載されないかわりに、新たなポイントとして編集部がゴリ押しするのが番組解説の徹底充実。地上波、 BS、動画配信など、目まぐるしい視聴環境の変化に対応しながら、...more
カテゴリー:

波瑠主演ドラマ『未解決の女』初回14.7% 『捜査一課長』とのコラボが功奏 - 04月20日(金)11:24 

 女優の波瑠が主演するテレビ朝日系新ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』(毎週木曜 後9:00)の初回(15分拡大)が19日に放送され、番組平均視聴率が14.7%だったことが20日、わかった(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。直前まで放送された『警視庁・捜査一課長season3』(毎週木曜 後8:00)第2話に波瑠が出演し、『警視庁・捜査一課長』の内藤剛志が“一課長”として『未解決の女』にも登場するクロスオーバーも功を奏した。『捜査一課長』第2話も12.8%を獲得し、午後8時50分には14.1%(最高値)に上昇していた。 【写真】熱血刑事を演じる波瑠  『未解決の女』は、燃える正義感と情熱、直感を武器に事件捜査に奔走する熱血刑事・矢代朋を演じる波瑠と、わずかな文章から書き手の性格や思考を言い当てるという稀有な能力を持つ“文書解読のエキスパート”頭脳派刑事・鳴海理沙を演じる鈴木京香が、バディを組み、未解決事件に挑んでいくミステリー。  麻見和史氏の『警視庁文書捜査官』(角川文庫/KADOKAWA)を原作に、連続テレビ小説『あさが来た』などを手掛けた大森美香氏が脚本を担当している。未解決事件を継続捜査する「特命捜査対策室」第6係の女性刑事が、個性豊かなおじさま捜査官たちや、イヤ~な上司にもまれながら“文字”で未解決の謎を暴いていく。ほかに、沢村一樹、工藤阿須加、遠藤憲一、...more
カテゴリー:

『アウト&アウト』原作者自ら映画化 主演・遠藤憲一「きうち監督の美学を楽しんで」 - 04月20日(金)07:00 

 俳優の遠藤憲一が、今秋公開の映画『アウト&アウト』に主演していることが19日、わかった。原作は、『ビー・バップ・ハイスクール』で一世を風靡した漫画家である木内一裕氏の小説。監督として数々の犯罪映画を手がけてきた木内氏が、映画監督名義の“きうちかずひろ”として自ら映画化した。 【写真】顔にメイクも 衝撃コスプレを披露した遠藤憲一  小学2年生の少女・栞と2人で探偵事務所を営んでいる元ヤクザの矢能の元に、一本の依頼の電話が入る。指定された場所に向かうと依頼人はすでに拳銃で撃たれた死体となっていた。事件の容疑者にされかねない矢能は迅速に対応を始めるが、事態は思いもよらぬ方向へと転がっていく。  無愛想だが優しい元ヤクザの探偵・矢能役の遠藤は、「自分の癖で『監督、ここはこうやってみてもいいですか?』とアイディアを形にして見せることも多いのですが、今回は監督の中でイメージが明確にあったようで、途中からはすべて監督の言うとおりに演じました。語尾の変更も許されません」と、きうち監督のこだわりを明かす。ちゃんと演じきれているか不安もあったというが、試写を観て「何といっても登場人物全員が魅力的。監督の言う通りに演じて良かった!」と安心し、「皆さんもぜひ、きうち監督の美学を楽しんで下さい!」と呼びかけている。  同作が7本目の作品となるきうち監督は、「『原作者が自らメガホンを取った』などと言...more
カテゴリー:

遠藤憲一が小学生の少女とコンビを組む元ヤクザの探偵に 「アウト&アウト」今秋公開 - 04月20日(金)07:00 

遠藤憲一の主演で、木内一裕氏の小説「アウト&アウト」が映画化されたことがわかった。木内氏が自らメガホンをとり、映画はすでに完成。今秋公開を予定している。原作小説は、「藁の盾」などで知られる木内氏...
カテゴリー:

理想の上司・内藤剛志の優しさに、波瑠&鈴木京香も感激! - 04月18日(水)06:00 

テレビ朝日系では、4月19日(木)にスタートする新ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(毎週木曜夜9:00-9:54)と「警視庁・捜査一課長」(毎週木曜夜8:00-8:54)の相互コラボが実現。 【写真を見る】「未解決の女」の世界に、内藤剛志演じる大岩捜査一課長が登場!?/(C)テレビ朝日 同局史上初の試みで、「警視庁・捜査一課長」で捜査一課長・大岩純一を演じる内藤剛志が「未解決の女―」に、また、「未解決の女―」で主人公・矢代朋を演じる波瑠が「警視庁・捜査一課長」に、同じ役で同日出演を果たす。 「未解決の女」の舞台は『特命捜査対策室』第6係。その所属先は警視庁捜査一課で、捜査一課長の正体が、実は大岩捜査一課長だったことが今回のコラボで判明。 “理想の上司”として視聴者からも愛され続ける大岩は、「未解決の女」でもそのハートフルな魂をさく裂させ、ホシを上げるために奔走した朋や理沙(鈴木京香)をねぎらいにやって来る。 さらに「警視庁・捜査一課長」でも、腕を負傷した朋に対し、大岩が優しい上司ぶりを発揮。「未解決の女」へとバトンをつなぐ、遊び心の効いた軽妙な掛け合いを展開する。 波瑠は、「内藤さんが本当に優しくしてくださって、撮影もすごく楽しかったです。とてもリラックスして撮影に臨ませていただき、内藤さんご自身が理想的な先輩だな、と思いました」と初共演の内藤に尊敬のまなざしを送る。 一方、...more
カテゴリー:

もっと見る

「遠藤憲一」の画像

もっと見る

「遠藤憲一」の動画

Wikipedia

遠藤 憲一(えんどう けんいち、1961年6月28日 - )は、日本俳優声優ナレーター脚本家。愛称は「エンケン(さん)」。眼光鋭く、いかつい風貌から悪役を演じることが多い。

東京都品川区出身。アクターズカンパニーなどを経てエンズタワー所属。身長182cm、体重70kg。Distanceで第16回高崎国際映画祭助演男優賞を受賞した。

略歴 俳優業

横浜商工高等学校(横浜創学館高等学校)に入学。ところが入学してみると半数以上をツッパリが占め、ほとんどがリーゼントという高校だった。もともとまじめだった遠藤は、周りに影響されて徐々に遊びに染まっていってしまう。

常に机の中に教科書を入れっぱなしにしていた遠藤は、長期休暇中に「机の中に教科書を入れっぱなしにしている者は見つけ次第教科書を焼却処分にする」と言う校則により、担任に教科書を焼却処分にされてしまう。だが遠藤は教科書を焼かれても...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる