「遠藤憲一」とは?

関連ニュース

大先輩・米倉涼子と初共演 今年の「国民的美少女」 井本彩花、『ドクターX』で女優デビュー - 11月18日(土)18:00 

米倉涼子主演の大ヒットドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』の第9話(12月7日放送)に、「第15回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリに輝いた井本彩花がメインゲストとして出演する。■8万人以上から選ばれた新星井本は、今年8月に行われた本選大会において、応募総数8万150通の頂点に輝いた当時13歳の逸材。デビューからわずか3ヶ月で、早くも華々しいドラマ・デビュー、しかも事務所の大先輩・米倉との初共演となる。本格的な演技に初めて挑戦することになる井本は「本当にビックリしちゃって! 私にできるかなって、不安でいっぱいでした」と、出演が決まったときの心境を吐露。しかし、負けず嫌いの彼女は「自然な演技ができるように」との思いから、撮影に向けて猛特訓。「家族に練習している姿を見られるのは恥ずかしかったので(笑)、『練習中は見ないで』とお願いして、自分の部屋で何回もセリフを練習した」という。■井本の堂々たる初演技を、米倉涼子も絶賛 井本と共演した米倉は、「私がドラマに初出演したときは、たった一言のセリフだったのに、ものすごく緊張してしまって…。最低でも10回はNGを出しちゃったんですよ。でも、彩花ちゃんは堂々とセリフを喋ってお芝居をしていて…! まだ中学生なのに、すごくシッカリしていて根性があるし、スゴいなって思いました」と大絶賛。「『ドクターX』には錚々たる...more
カテゴリー:

カンニング竹山、ルール無視の「キレ漫才」を12年ぶりに披露 感動するファンも - 11月16日(木)09:00 

15日深夜放送『イッテンモノ』(テレビ朝日系)にゲスト出演したカンニング竹山(46)が、12年ぶりの漫才をテレビで披露。往年の「キレ漫才」にファンから歓声が上がっている。(画像はカンニング竹山Twitterからのスクリーンショット)■三四郎・小宮と竹山が漫才千鳥、サンドウィッチマン、三四郎、ゲストMCとして招かれた芸人をシャッフル。まったく新しいコンビが組まれ、10分間で「イッテンモノ」の漫才をつくり披露する。この日は、竹山がゲストMC。9歳でモデルデビュー、戦隊モノをはじめ数多くのドラマや映画に出演する女優・飯豊まりえ(19)のエピソードを題材に漫才が作られる。飯豊は広瀬すず(19)や遠藤憲一(56)との交友関係、「仲良くなるのに指相撲をする」など明かし、「言葉のチョイスが面白い」三四郎の小宮浩伸(34)と「漫才を見たことがない」竹山を指名。2人は10分間でネタ合わせを進めた。■即興キレ漫才に小宮困惑ネタ合わせもそこそこに舞台に向かう竹山に、小宮は不安を露わに。そしてその不安は的中する。センターマイクに立つと竹山は「打ち合わせでやったことなんて1つもやらない。何がイッテンモノ漫才だよ!」と叫び出す。「飯豊さんの話をしなきゃダメ」と番組のルールに従おうとする小宮の話に耳を貸さない。マイクを客席の飯豊に向け「めんどくせえ、お前がしゃべれ」。若手芸人に向けて「(漫才やコントで)タクシー...more
カテゴリー:

どんな役にもハマる俳優・阿部寛の意外な過去「20代は不遇の時代だった」 - 11月15日(水)06:00 

週刊ザテレビジョン創刊35周年のメモリアルとして、本誌を彩ってきたテレビスターたちがテレビとの思い出を語るSPインタビュー企画を連載中。 第10回はことしで俳優生活30年を迎える阿部寛が登場。“阿部ちゃん”の愛称で、ファッション誌の人気モデルだった青年が、ドラマ&テレビに活躍の場を移して30年。どんな役にもハマってみせる名俳優となった彼のキャリアを振り返ると、そこには役とひたむきに向き合った日々があった。 【写真を見る】阿部寛が選ぶ変わり者キャラNo.1は…「TRICK」上田次郎/撮影=西村康 ■ 「普通に就職しよう」と思っていた学生時代 大学2年生から雑誌のモデルを始め、カリスマ的人気を博した後、23歳で俳優業に進出。だが、当初は俳優になる気はなかったという。 「子供のころはよくドラマを見ていたのですが、自分が俳優になるとは思ってもいませんでした。当時好きだったのは、石立鉄男さん主演の『水もれ甲介』(1974~75年日本テレビ系)や、久世光彦さん演出の『寺内貫太郎一家』(1974年TBS系)、『ムー一族』(1978~79年TBS系)でした。萬屋錦之介さん主演の『子連れ狼』(1973~76年日本テレビ系)も好きでしたね。高校生になって衝撃を受けたのは、『ふぞろいの林檎たち』(1983年ほかTBS系)。というのも、皆さんの演技がいい意味で普通で。だから、これなら自分にもできるんじゃな...more
カテゴリー:

葵わかな、NHK朝ドラ『わろてんか』6週目を振り返る「てんちゃんに対して100%の愛に溢れた場所」 - 11月13日(月)17:36 

女優の葵わかなが12日、「藤岡てん」役でヒロインを務めるNHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』の第6週目の放送を振り返った。 葵は「6週目ありがとうございました。色んな人の色んな思いを受けて、てんちゃんと藤吉さんは自分たちの寄席を見つけることができました」と放送を振り返り感謝をつづった。 続けて「亀井さん、ステキな方ですよね。演じられている内場さんもとってもかっこいい方です!クスッとするような事を、いつも言ってくださる、現場を明るく支えてくださっている1人です」と主人公・てんが大阪で会った“おもろい”人たちの一人「亀井庄助」役を務める俳優の内場勝則の人柄にもふれた。 さらに「啄子さんも、2人の気持ちを認めてくれました。なんだかんだとっても優しくて、挑戦することを諦めない、諦めさせない、かっこいいお母さんなのだと私は思います」と女優の鈴木京香演じる、てんと駆け落ちした北村藤吉の母・啄子についてもつづった。 葵は「やっぱり、てんちゃんに対して100%の愛に溢れた場所でした。あたたかい!」と語り「てんちゃんと藤吉さんの寄席をやりたい!という強い思いが、笑いを大切にする2人の心が、これからどんな風に広がっていくのか。お楽しみに」とつづり、売れっ子芸人「リリコ」役を演じる女優・広瀬アリスとの2ショットを公開ししめくくった。 NHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』は、吉本興業の創業...more
カテゴリー:

「わろてんか」36話。真面目にコツコツやる人が報われる話をTBS日曜劇場に明け渡した朝ドラ - 11月13日(月)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第6週「ふたりの夢の寄席」第36回 11月11日(土)放送より。 脚本:吉田智子 演出:東山充裕36話はこんな話寄席を手に入れるためにはなんとしてでも500円(500万円)を用意しないといけない。てん(葵わかな)は京都の実家に頼ることにする。ダイジェストというかショートカット35話のレビューで、脚本家先生のことを「ダイジェスト師匠」とお呼びしたが、36話も、ダイジェスト師匠の才能がいかんなく発揮され、万策をすっとばしてすばやく手に入れた500円で寄席を買い取って、開業へと突き進む。500円を借りるためやって来た京都の実家・藤岡家で危うく門前払いされそうになったてんだったが、娘としてではなく、商人として来たと言って切り抜ける。だったらもうすこしきちんとした着物で行くべきと思うが、商人として云々は、てんのその場しのぎに過ぎないからうるさくは言うまい。お父さん・儀兵衛(遠藤憲一)は体調がすこぶる悪いにもかかわらず、その様子を見せないようにして、てんと向き合う。同じ嘘でも、お父さんのほうが格上だ。遠藤憲一、https://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20171111/E1510324036866.htmlダイジェストドラマでもしっかり演技していてすばら...more
カテゴリー:

【朝ドラ】葵わかな主演のNHK朝ドラ「わろてんか」第40話は20・7% 4回連続大台キープ - 11月17日(金)10:15  mnewsplus

11/17(金) 10:12配信  16日に放送された女優・葵わかな(19)主演のNHK総合の朝の連続テレビ小説「わろてんか」(月~土曜・前8時)の第40話の平均視聴率が、20・7%だったことが17日、分かった。  2日の初回は20・8%をマークし、前作「ひよっこ」の初回19・5%を上回る好発進。第2話は21・3%、第3話は22・3%、第4話は20・9%と推移。9日放送の第34話まで4回連続の20%超えを記録していたが、第35話から2話連続の20%大台割れ。今回は前回の21・0%から0・3ポイント微減した...
»続きを読む
カテゴリー:

カンニング竹山、約12年ぶりにTVで漫才披露! 全力キレ漫才に歓喜の声 - 11月16日(木)04:25 

11月15日深夜に放送されたバラエティー「イッテンモノ」(テレビ朝日系)で、カンニング竹山が約12年ぶりに漫才を披露した。 【写真を見る】キュート過ぎる飯豊まりえの姿に、芸人たちはメロメロ/(C)テレビ朝日 同番組は、千鳥、サンドウィッチマン、三四郎がMCを務め、話題のゲストを迎えてトークで近況や意外な経歴を調査。 トーク終了後、ゲストがその場でコンビに関係なく2人を指名し、トーク内容を基に即席ペアが制限時間10分でゲストのための“一点物”のオリジナル漫才を作成するというバラエティーだ。 今回は竹山がゲストMCとして出演。しかし登場するなり、竹山は「この番組は漫才師が出る番組でしょ? 俺、漫才師じゃないからね! 漫才は廃業してるから! やめているんですよ!」と漫才をやらない宣言をし、牽制する。 そんな竹山に、千鳥・ノブから「もし漫才をすると何年ぶりですか?」との質問が。これに、竹山は「テレビで漫才やるってなると12、3年ぶりかな」と答え、一同は騒然となった。 そこに、この秋もWOWOWの連ドラにレギュラー出演中で、ことしだけでドラマ・映画合わせて11本出演という売れっ子若手女優・飯豊まりえが登場。 「こういう番組は初めてなので、緊張します」と初々しく語る飯豊は、竹山が漫才していた12年前は小学校2年生だったそうで、竹山が漫才をしていた記憶はないという。 あらためて竹山のイメージを聞...more
カテゴリー:

朝ドラ『わろてんか』キース役・大野拓朗の誕生日を丸メガネケーキでお祝い - 11月14日(火)15:46 

女優の枝元萌が14日アメブロを更新。出演中のNHK連続ドラマ『わろてんか』で共演する俳優・大野拓朗の誕生日をお祝いしたことを報告した。 「『わろてんか』リハーサルの日 キース役大野君の誕生日という事でサプライズが行われました!」と「ワゴン車にのせられた大きなケーキ」の写真を公開した枝元は「『わろてんか』で歳を重ねるのですね~皆に祝ってもらって幸せそうです」とコメント。 自身のことを「周りにオカンかって突っ込まれながらも 良かったね~おめでとうね~って言いながらカメラパシャパシャ」とつづり、丸メガネがトレードマークの芸人・キース役を演じる大野のために「丸メガネが乗ってました」とケーキの前で笑顔の大野の写真も公開した。 写真を撮り慣れていないという枝元は「画像ぶれまくるし構図悪いし大野君ファンの皆様すいません」と一言謝ったうえで「今日も1日素敵な現場でございました!改めまして大野君おめでとうございます!」と祝福し、しめくくった。 NHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』は、吉本興業の創業者・吉本せい氏をモデルに、主人公・藤岡てん(葵わかな・新井美羽)が父・儀兵衛(遠藤憲一)から“笑い禁止”を言い渡されながらも風太(鈴木福)や青年・藤吉(松坂桃李)らと出会い、日本中に笑いを広める夢を叶えるために奮闘する物語。枝元は藤吉の芸人仲間・万丈目吉蔵(藤井隆)の嫁・歌子を演じる。 【関連...more
カテゴリー:

【視聴率】<わろてんか>第6週視聴率20.0%で3週連続大台キープ - 11月13日(月)11:33  mnewsplus

女優の葵わかなさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「わろてんか」の第6週「ふたりの夢の寄席」(6~11日)の週間平均視聴率が20.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べから算出・以下同)だったことが13日、明らかになった。 第4週(10月23~28日)から3週連続で20%の大台に乗せ、好調をキープした。  「わろてんか」は、京都の老舗薬種問屋の長女で、笑いをこよなく愛するヒロイン・藤岡てん(葵さん)が、大阪を日本一の笑いの都にしていく姿を描く一代記。主題歌は女優の松たか子さんが歌う「明日はどこから」。 脚...
»続きを読む
カテゴリー:

「ドクターX」『お姉ちゃんみたいな安心感』と米倉涼子が語る内田有紀との信頼の絆 - 11月13日(月)07:00 

テレビ朝日系で放送中のドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(毎週木曜夜9:00-9:54)で5年にわたって同士を演じてきた米倉涼子と内田有紀。11月16日(木)に放送される第6話で、ひょんなことから仲たがいすることになってしまう米倉と内田が2人の関係性などを明かした。 【写真を見る】未知子(米倉)と博美(内田)がケンカで仲違い!?/(C)テレビ朝日 今作で第5シリーズに突入した同作は、フリーランスの外科医・大門未知子(米倉)が活躍する人気シリーズ。麻酔科医・城之内博美(内田)は未知子と同じくフリーランスで、神原晶(岸部一徳)が所長を務める「神原名医紹介所」に所属。二人は第1シリーズでは対立しつつも、プロ意識という共通項を糸口に信頼関係を築き上げてきた。 ■ 米倉「(内田とは)深いこともサクッと言い合うことができる関係」 2012年の「ドクターX―」が初共演となり、第一印象について米倉は、「正直なところ、今の関係が自然すぎて、第一印象をハッキリと覚えていないんです(笑)」と笑顔に。内田も、「実は私たち、ちゃんとした“はじめまして”という場の前に、医療リハーサルに入ったんですよ。そこから怒涛のように撮影が始まって…。お互い自然にスーッと距離が縮まったよね?」と当時を振り返る。 さらに、内田について米倉は、「有紀ちゃんは気楽に話せる人だったんですよね。もちろん、性格的に似ているとこ...more
カテゴリー:

もっと見る

「遠藤憲一」の画像

もっと見る

「遠藤憲一」の動画

Wikipedia

遠藤 憲一(えんどう けんいち、1961年6月28日 - )は、日本俳優声優ナレーター脚本家。愛称は「エンケン(さん)」。眼光鋭く、いかつい風貌から悪役を演じることが多い。

東京都品川区出身。アクターズカンパニーなどを経てエンズタワー所属。身長182cm、体重70kg。Distanceで第16回高崎国際映画祭助演男優賞を受賞した。

略歴 俳優業

横浜商工高等学校(横浜創学館高等学校)に入学。ところが入学してみると半数以上をツッパリが占め、ほとんどがリーゼントという高校だった。もともとまじめだった遠藤は、周りに影響されて徐々に遊びに染まっていってしまう。

常に机の中に教科書を入れっぱなしにしていた遠藤は、長期休暇中に「机の中に教科書を入れっぱなしにしている者は見つけ次第教科書を焼却処分にする」と言う校則により、担任に教科書を焼却処分にされてしまう。だが遠藤は教科書を焼かれても...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる