「違法操業」とは?

関連ニュース

【一体なぜ】17年スルメイカ漁獲、最低更新 サケとサンマも半世紀ぶり不振 - 04月26日(木)23:50  newsplus

農林水産省が26日発表した2017年の漁業・養殖業生産統計によると、スルメイカの漁獲量は前年比13%減の6万1千トンにとどまり、 記録のある1956年以降では2年続けて過去最低を更新した。 サケ類とサンマも約半世紀ぶりの不漁だった。このまま好転しなければ値上がり傾向が加速し、食卓に影響しそうだ。 スルメイカの漁獲量は、これまで最低だった16年の7万トンを9千トン下回った。 主な産卵場所の東シナ海の水温が変化し、成長するイカが減った。 日本海の排他的経済水域(EEZ)内での北朝鮮船などによる違法...
»続きを読む
カテゴリー:

【兵器】無人機「ガーディアン」が尖閣を飛ぶ日 海上保安庁が関心 豪州まで往復可能 - 03月31日(土)12:01  newsplus

 近年急速に普及が進む無人航空機のドローンは、元をたどれば軍事用に開発された無人機にさかのぼる。アフガニスタン紛争やイラク戦争で活躍した米国の無人機「プレデター」は有名だが、これをもとに海上偵察用に開発されたのが「ガーディアン」だ。尖閣問題を始め、日本近海で中国や北朝鮮の活動が激しさを増すなか、海上保安庁が警戒監視の切り札としての可能性を慎重に見極めている。  ガーディアンは2009年に米国の無人航空機メーカー「ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ」社が開発した。機体は全長1...
»続きを読む
カテゴリー:

中国漁船の違法操業問題 韓中が2年ぶりに協議へ - 04月17日(火)07:00 

【ソウル聯合ニュース】韓国と中国が黄海上における漁業秩序の確立などを話し合う漁業協力会議を来週中にも中国で行うことで調整しているもようだ。複数の外交消息筋が17日、明らかにした。  両国外交部の当局者が首席代表を務め、水産、海上警備当局の関係者も出席し、黄海上での中国漁船の違法操業根絶を主な議題として話し合う見通しだ。  会議は中国漁船の黄海上での違法操業など漁業に関連する問題の円満な解決と漁業秩序の維持、持続可能な水産資源の開発などのため、両国が協力を強化することを目的に2012年6月に発足した。年
カテゴリー:

「違法操業」の画像

もっと見る

「違法操業」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる