「道路交通法違反」とは?

関連ニュース

栃木県警:酒気帯び元警官有罪 「本流外れた…」気が緩み - 09月20日(水)19:41 

 飲酒運転で道路交通法違反(酒気帯び運転)の罪に問われた栃木県警の元巡査長(33)=宇都宮市=の被告に対し、宇都宮地裁(柴田誠裁判官)は20日、懲役5月、執行猶予3年(求刑・懲役5月)の即日判決を言い渡した。被告は公判で、刑事課から交番勤務に異動になって「本流から外れてしまった」と思い、禁酒していたお酒を飲みに行くようになった経緯を証言し、「気持ちに緩みがあった」と、肩を落とした。
カテゴリー:

危ない傘さし運転、事故った女性が主張するあきれた「被害者意識」 - 09月18日(月)05:00 

メルマガ『ジャンクハンター吉田の疑問だらけの道路交通法』の著者で交通ジャーナリストの吉田武さんが、現役の警察官であるTさんへのインタビューで「自転車の取り締まり」に関する裏話を暴露する当シリーズ。「逆走警官に復讐した民間人の活躍」について語られた前回に続き、今回は前回の最後に触れられた「自転車同士の衝突事故の顛末」で、自転車に傘をさして乗っていた加害者女性の呆れた言い訳について紹介しています。 軽車両の自転車はどこまで車両や歩行者と共存できるのか? その12 【関連記事】警察官の「自転車逆走」を激写。PTA女性理事の執念が生んだ謝罪 吉田:Tさんは撮影されたことあります? Tさん:ええ、ありますよ。私の場合は自転車対自転車の接触事故現場でですね。交差点での出会い頭での接触事故だったんですが、当時は雨が降ってまして、被害者側の自転車に乗っている男性は優先道路を走行。加害者側の女性は自転車運転中に傘をさして片手運転で一時停止無視での飛び出し。男性は女性が一時停止無視で飛び出してくるとは思わず衝突した被害者だったんですが、その女性の自転車の真横へ激突したもんですから女性は数メートル先へ飛ばされてカラダを全身打っていた様子だったんですね。 吉田:男性はケガはなかったんですか? Tさん:なかったですね。女性の自転車の左側面から衝突する感じでしたのでフロント部分の前輪箇所がぐにゃって曲がってま...more
カテゴリー:

3車線の真ん中で止まっていた車、熟睡の運転手を逮捕 - 09月15日(金)23:52 

 片側3車線の真ん中で止まっていた乗用車。警察官が車内をのぞくと、運転手は熟睡中――。 愛知県警一宮署は15日、岐阜県笠松町の会社員の男(29)を道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕し、発…
カテゴリー:

警視庁:上野署員が誤認逮捕 交通反則切符の交付のケース - 09月14日(木)13:12 

 警視庁は14日、上野署員が道路交通法違反(無免許運転)容疑で現行犯逮捕した20代の男性について、誤認逮捕だったと発表した。交通反則切符の交付で済むケースだったという。男性は逮捕の2日後に釈放された。
カテゴリー:

【社会】10代の警察官、19歳の消防士が飲酒運転する車に同乗して帰宅。山梨県警 - 09月13日(水)15:49  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170913-00000256-fnn-soci 山梨県警の10代の警察官が、飲酒運転に同乗した疑い。 山梨県警の10代の男性巡査が、10日未明に山梨市で、酒気帯び運転で事故を起こし 逮捕された19歳の男性消防士と、事故の前に一緒に酒を飲み、この消防士が運転する 車で帰宅していたとみられることがわかった。 男性巡査は、警察学校に入校中で、山梨県警は、未成年による飲酒と、飲酒運転に 同乗した道路交通法違反の疑いもあるとみて、事実関係を確認し、解明された時点で 厳正に対処するとし...
»続きを読む
カテゴリー:

香川で町職員が逮捕、町上層部が連名で裁判所に減刑を依頼するクズっぷりに住人もうどん引き - 09月18日(月)05:02  news

 酒を飲んで車を運転したとして、道路交通法違反に問われた香川県三木町職員、松家俊樹被告(39)に対し、 高松地裁は12日、懲役8月、執行猶予2年(求刑・懲役8月)の有罪判決を言い渡した。  町長を含む町職員約120人が寛大な判決を求め地裁に嘆願書を提出したが、湯川亮裁判官は判決で 「同種の事案の中でも犯情は良くない」と述べ、失職が免れられる罰金刑を求めた弁護側の主張を退けた。 町はこの日「司法判断が出たので厳正に対処した」と松家被告を懲戒免職にした。  判決等によると、松家被告は2月4日夜、同僚らと飲食店...
»続きを読む
カテゴリー:

【愛知】3車線の真ん中で止まっていた車、警察官が車内をのぞくと…熟睡の運転手(29)を逮捕 - 09月16日(土)01:16  newsplus

 片側3車線の真ん中で止まっていた乗用車。警察官が車内をのぞくと、運転手は熟睡中――。  愛知県警一宮署は15日、岐阜県笠松町の会社員の男(29)を道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。呼気からアルコールが検知され、男は「まちがいありません」と容疑を認めているという。  署によると、男は15日午後0時35分ごろ、愛知県一宮市丹陽町の国道22号で、酒気帯びの状態のまま乗用車を運転した疑いがある。  同日午後0時30分ごろ、巡回中の署員が、同県清須市内の国道22号で止まって...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】堀川神泥麗羅・苦烈殴派闘羅…富山の暴走族、なぜ消えた - 09月15日(金)08:26  newsplus

 集団でオートバイの排気音を大音量で出したり、道路をふさいだりする「暴走行為」が原因とみられる110番通報が、富山県内で激減している。県警によると、今年1~8月の通報は42件で昨年同期(143件)の3分の1以下。少子化や暴走行為への社会の視線が厳しくなったことなどで暴走族が消滅し、現在、暴走行為をしているのは30人前後しかいないという。  県警によると、オートバイの集団暴走行為の摘発は、昨年8月、魚津市で4台に乗った7人を道路交通法違反(共同危険行為)容疑で検挙したのが最後。現在、県内で改造車...
»続きを読む
カテゴリー:

免許条件違反なのに…無免許運転容疑 警視庁が誤認逮捕 - 09月14日(木)13:03 

 警視庁は14日、千葉県に住む貿易業の20代男性を誤って道路交通法違反(無免許運転)の疑いで逮捕した、と発表した。本来は、行政処分で済む同法の免許条件に関する違反だったという。 交通執行課によると8日…
カテゴリー:

【香川県三木町】町長らの嘆願書効果なし、飲酒運転した職員、有罪…懲戒免職 - 09月13日(水)11:48  newsplus

 酒を飲んで車を運転したとして、道路交通法違反(酒気帯び運転)に問われた香川県三木町職員、松家俊樹被告(39)に対し、高松地裁は12日、懲役8月、執行猶予2年(求刑・懲役8月)の有罪判決を言い渡した。  町長を含む町職員約120人が寛大な判決を求めて地裁に嘆願書を提出していたが、湯川亮裁判官は判決で「同種の事案の中でも犯情は良くない」と述べ、失職が免れられる罰金刑を求めた弁護側の主張を退けた。町はこの日、「司法判断が出たので厳正に対処した」と松家被告を懲戒免職にした。  判決などによると、松...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「道路交通法違反」の画像

もっと見る

「道路交通法違反」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる